>>自分の恋愛の問題点、理解できてますか?

酔った勢いで連絡してくる男性の心理を徹底解説!酔って電話する男は何を考えているの?

酔った男性から連絡がきた女性が考えごとをしている様子

あなたは、酔った勢いで電話してくる男性からの連絡を受けたことはありますか?

本気・遊びに関係なく、お酒が一つの恋愛を進めることは実際に多いのですが、相手が酔っている状態では、「何を考えているのか分からない…」と、酔った勢いで連絡してくる男性の心理に戸惑うこともあると思います。

お酒に酔った男性からの電話は、どんな意味を持っているのでしょうか?
酔って電話してくる時の脈ありと脈なしの違いは?

この記事では、「酔った勢いで連絡してくる男性の心理」についてじっくりと考えていき、女性の「酔って電話する男は何を考えているの?」という疑問を解決してみたいと思います。

もし、「好きな人が酔っ払って電話してきた」とか「酔ったら電話してくる男性がいる」という女性は、参考にしてみて下さい。良い意味も悪い意味も両方あるので、酔った男性の連絡について徹底解説します。

Contents(目次)

脈ありサイン!「恋愛感情がある場合」の酔った勢いで電話してくる男性の特徴とは?

まず、電話を受けた女性が一番気になる「酔ってる男性が電話してくる時の脈ありサイン」から解説してきます。

お酒に酔った男性が「あなたが好きだから酔っ払った勢いで連絡してきた」という状態について解説するので、酔った勢いで連絡する男性の脈ありサインをチェックしてみましょう。

酔って電話してくる男性が、あなたに「恋愛感情があるかないか」を知りたいなら、こんなところをしっかり見ておくべきです。

先にLINEやメールで探りが入るのは脈ありサイン

男性が好きな人に「酔った勢いで連絡する」なら、いきなり電話をかけずにLINEやメールで探りを入れてから電話に発展することが多いです。

飲んで連絡をするわけですから遅い時間の連絡になるため、「好きな人」だからこそ酔っていても遠慮や気遣いの気持ちが見えるんですね。

先に送ったLINEやメールがすぐに返ってくるなら相手は時間がある状態と判断できますので、そのまま通話ボタンを勢いで押してしまいます。酔っていても流れを作ってくるなら恋愛感情がある可能性を持っていて、これから紹介する特徴に当てはまるものが多いほど脈ありサインになり得ます。

最初のポイントは、LINEやメールで「あなたの迷惑を考えてくれるのかどうか」ですので、ここに意識しながらこれから紹介するサインを確認してみてください。

電話してきたのに謝る態度、機嫌を取ろうとする態度があるか

常識的に言って、「酔った人」はシラフの人からするとタチの悪い人という印象を与えてしまうことが多いです。それは本人である酔った男性も何となくイメージがあるため、あなたを都合のいい女として扱うわけじゃないなら、「電話してきたのに謝る」とか「機嫌を取ろうとする」という態度が見えるはずです。

恋愛感情があって、あなたのことが好きだから酔った勢いで電話したということであれば、男性がいくら酔っていようがあなたから嫌われたくない心理を忘れず、勢いで電話しつつもフォローをするでしょう。

もし愛情や思いやりを全く感じない連絡がきたという場合は脈なしで、あなたをただ仲の良い異性の友達としか思っていない可能性が高まります。

男性が「話し相手がほしかった心理」で連絡をしてきただけだとすれば、話せて嬉しいという気持ちだけでなく失礼な態度が増えるはずですので、電話を切った後の印象はそのまま男性の気持ちを表していることが多いです。

本気か遊びか分からないけど口説かれる

お酒に酔った男性が連絡してきた時、「口説かれる」ような電話になるなら基本的に脈ありと思ってください。

酔ったら誰でもいいという心理になりやすい男性心理も無視できないのですが、酔って電話する相手はやっぱりそれなりに選んでいるのが本当のところで、これだけで完全に脈ありだと言い切れない部分があるものの、それでも最低限「あなたのことを女として気に入っている」というところまでは言えます。

酔っている時の男性の電話は話を半分に聞くので十分だと思いながらではありますが、「何を言いたいか」だけはしっかり判断すると「酔った勢いの電話の意味」がはっきりします。本気か遊びかと言った部分の見分けは難しくなってしまうにせよ、口説かれることはストレートに脈ありサインとして受け取るべきでしょう。

詳しくは後述しますが、酔っ払って連絡してくる男性の気持ちを知りたい時は、電話の後の男性の態度で判断すると良いです。彼がシラフになっても口説かれた電話の印象のままあなたに接するなら文字通り「お酒の力を利用しただけ」という意味であり、本気だからこそ勢いがほしかったという心理で連絡してきたものと推測できます。

もう2点、本気か遊びかをはっきりするポイントがあります。解説していきましょう。

酔って電話することが頻繁にあるのは脈ありサイン

酔って電話してくる男性に「継続性」を確認できたら恋愛感情を疑って下さい。何度も酔って電話してくる男は、電話相手に脈ありサインを送っています。

友達っぽい雰囲気であっても、酔った勢いとは言え同じ女性に何度も電話してくるのは完全に脈ありサインで、どんどん素の自分を見せてくるなら恋愛の意味の好意を持っているはずです。

仲の良い友達と好きな人との違いは見分け方が難しいですが、「親密な関係が続くこと」は確度の高い脈ありサインとなります。何度か電話がかかってくるというのはなかなか友情関係ではないことなんですね。LINEが主流となった今は「通話する関係」が非常に貴重な関係性になっていて、ただコミュニケーションを取りたいだけならLINEやメールで十分です。

男性は、女性よりも「目的意識」が高い傾向があり、友達同士でコミュニケーションだけを目的にした連絡をあまりしません。女性に連絡する時も、一定期間関係が続くなら「女として興味を持っている可能性が高い」と言え、女性から男性に連絡をする時の意味と違っている場合が多いんです。

1ヶ月、2ヶ月と、何度か酔った時に連絡をくれる男性はあなたに女としての興味を持っているからこそ、本能的になる「酔った時」にあなたへ連絡をしてくるのでしょう。酔っ払った時に電話をかけてくる回数に注目しましょう。

酔って電話してきた翌日のフォローは脈ありサイン

「酔って電話する男は何を考えているの?」という疑問を最も分かりやすく解決する方法は「翌日(又は次回)のコミュニケーション」で男性の態度を見極めるのがコツです。

フォローがあるかないか、だけでなく、どんなフォローをしてくるかに注目してみてください。

もし酔っ払って好きな人に電話してしまった男性だったら、「迷惑だったんじゃないか」という心配をします。男性心理でも恋愛感情を持った相手には不安を持つので、分かりやすいフォローじゃなかったとしても、探りくらいはあるでしょう。

加えて、電話したことであなたとの話題ができましたから、話しかけやすい状態にもなっているので、何の絡みもなく数日連絡がこないのは強めの脈なしサインになります。この場合は「酔って誰でもいいから連絡してきた」というのが答えになります。

とにかく酔っ払いの電話は「その後の態度」に分かりやすいサインが出るので、電話の内容や話題よりも、男性がその後にどんな態度を取るのかを判断材料にする方が、脈ありと脈なしの違いが分かります。

からかってきたりいじってくるだけでも、あなたの反応やリアクションを確かめている可能性があるので、いずれにしても「男性主導の絡みがあるかないか」という視点は重要になります。

酔ってるのに質問が多い男は、脈あり

酔ってる男性は気が大きくなっていることもあって普段よりよくしゃべるのですが、もし「質問が多い電話・LINE」になったのなら脈ありサインとなります。電話相手の女性のことが気になっているから、酔った勢いで聞きたいことを聞いているんですね。

特に、女性が答えにくいことを聞いてくる場合や、恋バナなど「恋愛に関すること」を聞いてきた時は、酔ってる心理でストレートな質問をしていると判断できます。

酔った勢いで電話する、酔った勢いでLINEすると言った積極的な態度を取る男性は脈なしの時ほど一方的な話をしてくるので、「質問する」などしてあなたに踏み込む態度が発見できたら「もしかしたら気になっているのかな」くらいは疑ってみても良いでしょう。

気遣いなく訳の分からない話しをしてくる男性は酔って話し相手を探していただけなので、女性が相槌ばかりしている会話になったら連絡する相手に選ばれた意味はそれほどないはずです。

【酔った勢いで連絡する理由】なぜ、男は酔うと好きな人に連絡したくなるのか

男性の脈ありサインを察知して未来に期待する女性。

よく考えてみると、女性が好きな人に酔った勢いで連絡してくるって話を聞きませんよね?

なぜ男性は酔った勢いで好きな人に連絡したくなるのでしょうか。

酔った時の男性心理を前提にしながら、このパートで少し掘り下げて解説します。

男性の恋愛観が理由:「自分から好きな人にアプローチしなければならない」と思っているから

これまで男性も女性も本当に多くの人から色々な恋愛観を聞いてきましたが、「好きな人からのアプローチを待っている」という心理は女性の方がすごく強い傾向があります。肉食女子が増えた今も、女性は本音のところで「白馬の王子様を待っている」というのが心理上の特徴です。

一方、男性の恋愛観は言うと「自分から好きな人にアプローチしないとダメだ」って心理が本当に強いんですよ。恋愛が苦手な男性も内心は同じで、ここは「できるかできないか」というのが大きいところです。

つまり、酔った勢いで好きな人に連絡したくなる男性心理というのは、お酒の力で本来の願望が現実の行動に移されたと表現できます。本当はいつもチャンスさえあれば話しかけたいし恋愛成就のためには自分から話しかけないといけないって思っているところ、お酒に酔うことで文字通り「力を得るイメージ」で好きな女性に連絡するわけです。

そういう意味では、勢いで連絡した後に、実際に女性の声を聞くことでその勢いが失われて話が持たないってことも少なくないので、酔った勢いで電話してくる男性に照れや恥ずかしさを感じるようであれば、気軽にかけた電話ではないはずですよ。

男性の照れ隠しが分からない女性は、下の記事を読んでみてくださいね。

お酒に酔ったテンションを利用したいから

多くの人はお酒に酔うとテンションが上がって会話しやすい状態になります。やっぱり男性心理でも好きな人とは「話したいけど緊張してしまう」ってことがあるので、お酒に酔った男性が好きな女性に連絡したくなるのは、この「酔ったテンション」が関係しているんですね。

普段は話しかけにくい好きな女性に、「今ならうまく会話できるかもしれない」と思って、酔った勢いで連絡します。

誰でも恋愛感情を持った相手には気軽に接しにくいものですよね。「LINEを送ろうとして好きな人のトーク画面を開いても、結局送れなくてそのまま閉じた経験」などはほぼ全員が心当たりがあるところでしょう。

お酒に酔った時はその際に「えい!」っと送信ボタンや通話ボタンが押せてしまうので、普段のブレーキをかけているアクションにアクセルが踏めるイメージです。奥手な男性だと酔った時でもこのアクセルがなかなか踏めないので、ここぞの勇気を出す際「お酒の力を借りる時は意外に多い」のが現実の恋愛です。

お酒で酔っていると会話は続けやすいイメージを持てるので、付き合う前ではたびたび「酔った時」に恋愛が進むエピソードが生まれています。

お酒に酔うと本能的になるだけじゃなくて素直になれるから

アルコールで酔った男性の電話で甘えられた経験はないですか?

恋愛では「素直になること」がすごく大事ですが、プライドの高い男性心理ではお酒の影響でそうなれることが多くなっています。普段の男性心理は強がりややせ我慢が大好きなので、好きな人に連絡したくても我慢することが多く、話してもなかなか素直に甘えられないんですね。

男性がお酒に酔って電話する時は夜遅い時間ですし、酔うと眠くなる作用もあるので、酔ってかけてきた電話やLINEでは、男性が素直に甘えることができます。酔って電話し来るときは甘える男性が少なくないんですよね。ちょっといい感じになっている彼からの電話なら、「いつもと違うよ?」と聞きたくなるようなテンションの場合もあるでしょう。

甘える雰囲気は誰でもいいと思うような相手には出さない雰囲気なので、もしそんな通話があったら脈ありサインです。上で説明したハイテンションではなく、ちょっと暗めのテンションで通話してきた時は「酔っている時」であっても意外に恋愛の雰囲気なんですよね。

もし好きな人が甘える雰囲気を出すようなら、「どうしたの?」と質問せず、思い切り甘えさせてあげる方が恋愛成就は近づくので、ポイントになっています。

普段相手がどんな男性かを問わず、男性心理にも「甘えたい」って気持ちがあることを知っておいてください。酔った時の電話であっても、そのまま寝てしまうような電話になったらやっぱり特別な電話ですよね。もしそんな連絡になったのなら、下の記事もよんでおいてくださいね。

何を考えてるの?酔った勢いで連絡する男性が感じていること

次に、酔った男性があなたからどんなことを感じているのか、ちょっと深めに「酔った時の連絡」を考えてみます。

甘えたい心理について解説しましたが、他にはどんな男性心理が隠されているのでしょうか。

声が聞きたい

声フェチの女性は共感できると思うのですが、恋愛では「声」ってすごく大事なんです。「声が聞きたかった」なんてセリフはさすがに日常ではあまり伝えられることがないのですが、片思いの時でも「好きな人の声が聞きたい」という心理を男性も持っています

「酔った勢い」と言う言葉をこの記事では連発してしまっていますが、恋愛している男性の心理はやっぱり複雑なので、「素直になるためのきっかけ」とも表現でき、「何の電話だったの?」という通話の方が、声を聞きたい心理を考慮するとむしろ脈ありと言えます。

酔った男性は人恋しい気持ちにもなりますが、あなたを選んで連絡してきてくれたなら、「酔って電話するのは失礼でしょ!」とならずに、少し甘いトークにチャレンジしてみてほしいです。

心配してほしい

普段ノリのいい会話が多い彼なら、「心配してほしい」という気持ちで女性に電話することがあるはずです。「もう、何でそんなに飲んだの!?」と言いたくなるような電話がかかってくるなら、少年の心理を持った男性らしい電話ですね。

女性は「酔った時の姿を見られるのが恥ずかしい」という心理を持つこともありますし、「ちゃんとしてない自分じゃ好きな人と話したくない」という気持ちにもなりますが、男性心理ではこういった部分があまりありません。

それよりも優先するのが「俺ってすごいでしょ」という女性から見たらわけわからない自分アピールだったりしますし、男性は女性から心配されたいって心理が結構強めなんですよね。

せっかくの電話なので怒っちゃうのもあれですが、心配する気持ちを表現するのは彼も喜んでくれるはずなので、じゃれ合うイメージで話してみても良い雰囲気になると思います。

飲んだ後に感じる寂しさ

飲み会の帰りに電話してきた場合、あなたの好きな人は「寂しさ」を理由に連絡してきたのかもしれません。騒いだ飲み会の後ほど解散した後で寂しさを感じるので、彼の気持ちにあなたが浮かんだのは恋愛の意味で悪くない意味があったはずです。

時々、「この電話は私じゃなくてもいいんじゃないの?」と感じてしまうような雑な電話がありますが、酔った時でも通話相手は選んでいるはずです。仲が良いという理由だけで連絡してくる男性もいますが、もし寂しさを理由にあなたに通話してきたのなら、脈ありと言えるでしょう。

「最寄り駅から自宅の間」だけの通話だったり、特に意味のない会話だったとしても、何度か酔った後に電話してくるなら、相手が酔っていることを言い訳に「他にも電話する相手いるでしょ?」と、ちょっと探りを入れてみてもわかりやすいリアクションがあるかもしれません。

彼が本気であなたを好きなら、酔っているだけに焦る気持ちを隠し切れないはずです。

酔った勢いで連絡する男性、脈なしサインは?

ここでは、酔った勢いで連絡する男性の脈なしサインについて解説します。

相手が酔っているだけに脈ありと脈なしの違いが分かりにくいと思うので、典型的な脈なしサインを知っておいてください。

彼の気持ちがもっとはっきりするはずです。

他の女性の話が出てくるのは脈なしサイン

酔った男性の電話であっても、他の女性の話が出てくる電話なら脈なしサインです。酔った時に丁度いい相手があなただっただけで、話を聞いてほしい心理だけでかけてきた通話となってしまいます。LINEの場合も同じですね。

ここら辺を勘違いする女性は「照れ隠し」をイメージする場合があるのですが、酔った男性は好きな人に対してストレートな表現が多くなっており、そこまで積極的な男性でなかったとしても、他の女性の話をすることで好意をカモフラージュすることはありません。

長く通話した際に他の女性の話がちょっと出るくらいなら問題ないですが、男性の方から話題を出してくる場合は脈なしパターンとなりやすいです。

もし思わせぶりな態度を取られていると感じるなら下の記事で男性の心理を確かめてみましょう。酔った勢いの電話やLINEも思わせぶりな態度と言えるので、他にもそんな態度や行動があるなら、下の記事で男性の気持ちがもう少しはっきりするはずです。

何人かに連絡していることが分かった場合は脈なし

酔った勢いで連絡してくること自体は恋愛の意味で脈ありなのですが、「不特定多数の内の一人」だと分かった場合は脈なしです。言い訳で他の女性にも連絡したことをほのめかすパターンがあるので、彼の言い方やニュアンスで本音か建て前かを判断するようにしてください。

男性はやっぱりお酒に酔うことで「誰でもいい」という感覚を持つことが少なくありません。もともと男性の本能がそういった心理を持つようにインプットされているため、あなたにかかってきた電話は何人かに連絡した後だったかもしれません。

確かめるのも勇気がいるので、脈ありサインが見えるかどうかの方を意識する方が前向きに恋愛できそうですが、不特定多数の内の一人だと判明した時点でアプローチの方向を考えないと、あなたの気持ちを利用されている可能性もあるため、きちんと対処するようにしましょう。

自分に好意を持っている女性は、男性が恋愛感情を持っていなくても「甘える対象」にしがちなので注意してくださいね。本命の彼女になれないタイプの女性は下の記事も参考にしてみましょう。

連絡に連続性がないパターンは脈なし

男性の恋愛には「一時的な感情」がよく含まれるため、「酔っ払って電話してきた」というのが久しぶりの連絡であっても脈ありパターンがあり得るのですが、男性からの連絡に連続性が見られない場合は、「酔って気まぐれに連絡してきただけ」という可能性が濃厚です。

あなたが相手男性の気になる女性だった場合、酔った勢いを利用して連絡してきた後も、その勢いを利用するかのようにアプローチ全体に勢いがつきやすい状態になります。

特に、遊びでなく本気の好意なら酔った勢いの通話や連絡に「意味を持たせたい」と考えるので、連絡後に何の音沙汰もないということなら、逆に脈なしがはっきりするんですね。

前半で「酔った電話のフォロー」について解説していますが、今述べている部分はその逆の態度が見えるので、「誰でも良かった」という可能性も上がります。いずれにしてもフォローなし・その後のLINEやメールも特になしという状態では、酔った時の態度を無視して脈ありと脈なしの違いを見るべきでしょう。

あなたが好きバレしていると感じる場合は「酔ったから」という理由だけで気持ちを利用されたという意味合いが強いように思います。久しぶりの連絡が酔っていた場合であっても、その後の態度に積極性が確認できれば本気の恋愛感情もあり得るので、「酔ってる時は連絡しないでほしい」とは思わずに、もう少し優しく彼の気持ちを受け止めてみてもいいと思います。

本音を言っている?酔った男性の言葉の意味

酔った男性は本音を言っているのか、電話が終わった後で彼のことを考えている女性。

酔った勢いで電話する男性は「冗談か本気か」とか「本音か社交辞令か」と言った、本心が分からないことに悩む女性が多いようです。はたして、彼は本音でしゃべっているのでしょうか。

私の経験や日々の取材を総合して考えますと、「酔った男性はいつもよりも本音を言いやすい」というところまでしか言えません。相手の心理はやはり個別的に判断する必要があります。

ただ、いつもよりも本音を言いやすいというのは恋愛的にとても重要な意味を持ってまして、お酒が勢いをつける恋愛の形はあなたにぜひ理解しておいてほしいことです。

例えば、友達関係だったり同じ会社や職場の関係など、多くの恋愛は「共通の何か」を介して知り合うことが多いですよね?

そうすると、友達から恋人、知り合いから恋人になるのが恋愛成就になりますから、今の関係を壊す勇気を出すために、お酒の力を借りる恋愛というのは珍しくないんです。

もしあなたが好きな人から酔った勢いで電話された場合は、話を半分に聞きながらも「本音を言っているのかもしれない」と思ってたくさんの言葉を引き出してみるべきです。

普段誘えないカレがお酒の勢いで誘ってくれることだってきっとあるはずですよ。

好きな人から酔った時に電話が来たなら、女性からアプローチしてみましょう。下の記事で女性からデートに誘う方法を解説しています。

酔った勢いで告白する男性は本気なの?嘘なの?

酔った勢いで電話する男性は時々勢いがつきすぎて「告白」に至るケースがあります。割合は低いものの、告白にお酒の力を借りるタイプも少なくないんですね。

そこで確認したくなるのが「酔った勢いの告白は本気なのか、嘘なのか」です。酔った勢いで告白する男性は、本気で告白しているのでしょうか。

この答えは「ほとんどの場合で本気の告白」だと思ってOKです。

なぜなら、嘘で告白する男性は、ほとんどが「キスなどの関係を進めるため」に本当は好きじゃないのに好きだと告白するので、離れた場所で嘘の告白することがほぼほぼ無いんです。

特にここまで解説した脈ありパターンに当てはまっていて、下の3つにも当てはまる場合は、たとえ酔って告白された場合であっても本気だと思ってください

  • 緊張している
  • 今までアプローチを受けていた
  • 言いたいけど言いにくい雰囲気を感じた

酔った男性にとっても、好きな人に告白するのは一大事です。簡単に言えませんし、フラれた時のことも考えますから、本当に勢いだけの告白はあまりありません。

それよりも、やはり緊張感を感じますし、言いにくい雰囲気はあなたにも伝わるでしょう。ただし、今までアプローチっぽいことがあったことは前提ですね。色々吹っ飛ばしていきなり告白する男性は酔った勢いで告白することもできませんから、告白までに何のアクションもない場合は、本気の告白を疑う必要があるかと思います。

これを書いている私自身も、実は酔った勢いで告白したことがあります。

その時は友達期間が長くなって「付き合ってほしい」というのがどうしても恥ずかしかったんです。結果的に、お酒の力を借りて、お酒の勢いを借りて、やっと告白しました。

当時を思い出すと、やっぱり相手の女性は私からのアプローチに薄々気づいていたと思います。友達としての好意なのか、恋愛感情がある好意なのかというのは確信が持てなかったと思いますが、それでも告白された瞬間「まさか」とは思わなかったと思います。

そんな経験も踏まえて、酔った勢いで本気で告白する時というのは、以下の特徴があります。

  • 友達期間が長い
  • 告白するタイミングを失っている
  • 学校、グループ、サークル、職場などなど、同じコミュニティーに所属している
  • 気まずくなることにリスクが大きい関係

簡単に告白できない相手の時こそ、勢いが必要になりますし、勢いを失っている恋愛はお酒の勢いで必要なパワーを得ることもあります。

上に当てはまる恋愛は、本気の告白であっても酔った勢いで告白することが多いパターンなので、もしあなたが当事者になった際は参考にしてみてください。酔って告白された場合に相手の男性が本気なのか気になる女性は、下の記事で男性心理を理解してみましょう。

酔った勢いで電話してくる元彼は何を考えている?

最後に、「元カレから酔った勢いで電話がきた」という女性向けに解説します。

やっぱりと言いますか、酔った男性は元カノに連絡することが多いですね。私の周りでも実際に電話しているのを見たことがありますし、私自身にも経験があります。

なぜ酔った勢いで元彼が連絡してくるかと言えば、理由は5つ考えられます。

  • 昔の関係に甘えている
  • 今元気なのか気になったから
  • 久しぶりに声が聞きたくなって
  • ずっと忘れられなかったから
  • 今カノと別れたから

元カノに連絡する理由は、脈ありも脈なしも両方考えることができます。酔った男性心理は「甘える」という発想があるので気を付けてほしいのですが、それでも本気の気持ちがあってお酒の力を借りるパターンがないわけではありません。

もし実際にあなたが経験した場合は、以下の3つのポイントで「どんなつもりで連絡してきたか」を考えてみると、彼の気持ちが分かるかもしれません。

  • 深い話になる
  • 会おうと誘われる
  • 次の連絡がある

元カレと元カノの関係は過去に深い関係になっているので、片思いの時とは違って本心は見えやすいはずです。たださみしくなって連絡してきた場合は遊ばれる可能性がありますが、そう感じずになんか重たい雰囲気を感じる場合は「その後の態度」を見てみるべきかと思います。

ただ、男性心理にとって「元カノ」という存在は、「ずっと好きでいてくれることを期待する気持ち」を持つものなので、遊びの気持ちや気分だけで電話してきた可能性を考えなくてはいけません。

「会おう」と言われた場合はすぐに会わず、酔いが冷めた男性の態度をきちんとチェックしてみましょう。久々の連絡だった場合は、本気ならその後に継続的なアプローチを受けるはずです。

酔った男性心理は下心もやっぱりありますので、懐かしさを感じさせながらも少し冷たい態度くらいのニュアンスで応対して、元カレの本気度をチェックする方が間違いを減らせると思います。

付き合う前とは違って「昔の関係に甘える、期待する」という心理がありますから、男性心理をよく理解した上で対応を決めましょう。

まとめ

今回は、「酔った勢いで連絡してくる男性の心理を徹底解説!酔って電話する男は何を考えているの?」ということで、お酒が絡む男性からの連絡についてじっくり解説しました。

恋愛では「酔った時」に色々なことが起こっていますが、勢いがつく気持ちには遊びの意味も恋愛感情の意味も両方含まれるので、もし好きな人からの連絡であれば客観的に彼の気持ちを一度考えてみましょう。

連絡の内容や話題も重要な意味を持つことがある一方、より大切になるのが「その後の態度」であるため、一つのきっかけという捉え方をして彼の態度を見極めてみると勘違いを防止できるはずです。

確かに酔った男性は女性から見るとタチが悪い印象を持つこともあると思うのですが、あなたの恋愛観が「待ち」だった場合、相手の男性は勇気を出す瞬間にそこそこ苦労しているのも事実です。

好きな人が酔った勢いで連絡してくる時は、恋愛が進む時のきっかけにあまりこだわらないよう、縮めていくべき距離の方を意識してみましょう。好きバレしている女性や都合いい女になってきていることを自覚する女性は、お酒が絡む勢いで遊ばれないようにも気を付けて下さい。

酔ってLINEしてきたのがあなたの好きな人からであったなら、その連絡の意味を知るために自分から踏み込むのも一つです。誘い方が分からない女性は下の記事を参考にしてみましょう。

酔った勢いの連絡がもし脈ありだったら、他にも脈ありサインが出ているはずです。好きな男性の気持ちを知りたいなら下の記事でチェックしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました