酔った勢いで連絡してくる男性の心理を徹底解説!酔って電話する男は何を考えているの?

酔った男性から連絡がきた女性が考えごとをしている様子

あなたは、酔った勢いで電話してくる男性からの連絡を受けたことはありますか?

本気・遊びに関係なく,お酒が一つの恋愛を進めることは実際に多いのですが、相手が酔っている状態では、「何を考えているのか分からない…」と、酔った勢いで連絡してくる男性の心理に戸惑うこともあると思います。

お酒に酔った男性からの電話は、どんな意味を持っているのでしょうか?
脈ありと脈なしの違いはどうでしょう?

この記事では、「酔った勢いで連絡してくる男性の心理」についてじっくりと考えていき、女性の「酔って電話する男は何を考えているの?」という疑問を解決してみたいと思います。

もし、「好きな人が酔っ払って電話してきた」とか「酔ったら電話してくる男性がいる」という女性は、参考にしてみて下さい。良い意味も悪い意味も両方あるので、酔った男性の連絡について徹底解説します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

恋愛感情があるという理由で「酔った勢いで電話してくる男性」の特徴とは?

まず、お酒に酔った男性が「あなたが好きだから酔っ払った勢いで連絡してきた」という状態について解説します。

酔って電話してくる男性に「恋愛感情があるかないか」を確かめてみましょう。

先にLINEやメールで探りが入る

男性が好きな人に「酔った勢いで連絡する」なら、いきなり電話をかけずにLINEやメールで探りを入れてから電話に発展することが多いです。飲んで連絡をするわけですから遅い時間の連絡になるため、「好きな人」だからこそ酔っていても遠慮や気遣いの気持ちが見えるんですね。

先に送ったLINEやメールがすぐに返ってくるなら相手は時間がある状態と判断できますので、そのまま通話ボタンを勢いで押してしまいます。酔っていても流れを作ってくるなら恋愛感情がある可能性を持っていて、これから紹介する特徴に当てはまるものが多いほど脈ありサインになり得ます。

最初のポイントは、「あなたの迷惑を考えてくれるのかどうか」ですので、ここに意識しながらこれから紹介するサインを確認してみてください。

電話してきたのに謝る態度、機嫌を取ろうとする態度があるか

常識的に言って、「酔った人」はシラフの人からするとタチの悪い人という印象を与えてしまうことが多いです。それは酔った男性も何となくイメージがあるため、あなたを都合のいい女として扱うわけじゃないなら、「電話してきたのに謝る」とか「機嫌を取ろうとする」という態度が見えるはずです。

恋愛感情があって、あなたのことが好きだから酔った勢いで電話したということであれば、男性がいくら酔っていようがあなたから嫌われたくない心理を忘れず、勢いで電話しつつもフォローをするでしょう。

もし愛情や思いやりを全く感じない連絡がきたという場合は脈なしで、あなたをただ仲の良い異性の友達としか思っていない可能性が高まります。話し相手がほしかった心理で連絡をしてきただけだとすれば、話せて嬉しいという気持ちだけでなく「失礼な態度」が増えるはずですので、電話を切った後の印象はそのまま男性の気持ちを表していることが多いです。

本気か遊びか分からないけど口説かれる

お酒に酔った男性が連絡してきた時、「口説かれる」ような電話になるなら基本的に脈ありと思ってください。酔ったら誰でもいいという心理になりやすい男性心理も無視できないのですが、酔って電話する相手はやっぱりそれなりに選んでいるのが本当のところで、これだけで完全に脈ありだと言い切れない部分があるのですが、それでも最低限「あなたのことを女として気に入っている」というところまでは言えます。

酔っている時の男性の電話は話を半分に聞くので十分だと思いながらではありますが、「何を言いたいか」だけはしっかり判断すると「酔った勢いの電話の意味」がはっきりします。本気か遊びかと言った部分の見分けは難しくなってしまうにせよ、口説かれることはストレートに脈ありサインとして受け取るべきでしょう。

詳しくは後述しますが、酔っ払って連絡してくる男性の気持ちを知りたい時は、電話の後の男性の態度で判断すると良いです。彼がシラフになっても口説かれた電話の印象のままあなたに接するなら文字通り「お酒の力を利用しただけ」という意味であり、本気だからこそ勢いがほしかったという心理で連絡してきたものと推測できます。

もう2点、本気か遊びかをはっきりするポイントがあります。解説していきましょう。

酔って電話することが頻繁にある

酔って電話してくる男性に「継続性」を確認できたら恋愛感情を疑って下さい。友達っぽい雰囲気であっても、酔った勢いとは言え同じ女性に何度も電話してくるのは完全に脈ありサインで、どんどん素の自分を見せてくるなら恋愛の意味の好意を持っているはずです。

仲の良い友達と好きな人との違いは見分け方が難しいですが、「親密な関係が続くこと」は確度の高い脈ありサインとなります。何度か電話がかかってくるというのはなかなか友情関係ではないことなんですね。LINEが主流となった今は「通話する関係」が非常に貴重な関係性になっていて、ただコミュニケーションを取りたいだけならLINEやメールで十分です。

男性は、女性よりも「目的意識」が高い傾向があり、友達同士でコミュニケーションだけを目的にした連絡をあまりしません。女性に連絡する時も、一定期間関係が続くなら「女として興味を持っている可能性が高い」と言え、女性から男性に連絡をする時の意味と違っている場合が多いんです。

1ヶ月、2ヶ月と、何度か酔った時に連絡をくれる男性はあなたに女としての興味を持っているからこそ、本能的になる「酔った時」にあなたへ連絡をしてくるのでしょう。

酔って電話してきた翌日のフォロー

「酔って電話する男は何を考えているの?」という疑問を最も分かりやすく解決する方法は「翌日(又は次回)のコミュニケーション」です。フォローがあるかないか、だけでなく、どんなフォローをしてくるかに注目してみてください。

もし酔っ払って好きな人に電話してしまった男性だったら、「迷惑だったんじゃないか」という心配をします。男性心理でも恋愛感情を持った相手には不安を持つので、分かりやすいフォローじゃなかったとしても探りくらいはあるでしょう。

加えて、電話したことであなたとの話題ができましたから、話しかけやすい状態にもなっているので、何の絡みもなく数日連絡がこないのは強めの脈なしサインになります。この場合は「酔って誰でもいいから連絡してきた」というのが答えになります。

とにかく酔っ払いの電話は「その後の態度」に分かりやすいサインが出るので、電話の内容や話題よりも、その後にどんな態度を取るのかを判断材料にしてみてください。からかってきたりいじってくるだけでも、あなたの反応やリアクションを確かめている可能性があるので、いずれにしても「絡みがあるかないか」という視点は重要になります。

なぜ、男は酔うと好きな人に連絡したくなるのか

よく考えてみると、女性が好きな人に酔った勢いで連絡してくるって話を聞きませんよね?
なぜ男性は酔った勢いで好きな人に連絡したくなるのでしょうか。

ここを少し掘り下げて解説します。

男性は恋愛すると「自分から行かないといけない」という心理を強く持っている

これまで男性も女性も本当に多くの人から色々な恋愛観を聞いてきましたが、「好きな人からのアプローチを待っている」という心理は女性の方がすごく強い傾向があります。肉食女子が増えた今も、女性は本音のところで「白馬の王子様を待っている」というのが心理上の特徴です。

一方、男性は言うと「自分から好きな人に行かないとダメだ」って心理が本当に強いんですよ。恋愛が苦手な男性も内心は同じで、ここは「できるかできないか」というのが大きいところです。

つまり、酔った勢いで好きな人に連絡したくなる男性心理というのは、お酒の力で本来の願望が現実の行動に移されたと表現できます。本当はいつもチャンスさえあれば話しかけたいし恋愛成就のためには自分から話しかけないといけないって思っているところ、お酒に酔うことで文字通り「力を得るイメージ」で好きな女性に連絡するわけです。

そういう意味では、勢いで連絡した後に、実際に女性の声を聞くことでその勢いが失われて話が持たないってことも少なくないので、照れや恥ずかしさを感じるようであれば気軽にかけた電話ではないのでしょう。

お酒に酔ったテンションを利用したい

多くの人はお酒に酔うとテンションが上がって会話しやすい状態になります。やっぱり男性心理でも好きな人とは「話したいけど緊張してしまう」ってことがあるので、お酒に酔った男性が好きな女性に連絡したくなるのは、この「酔ったテンション」が関係しているんですね。文字通り酔った勢いで連絡します。

誰でも恋愛感情を持った相手には気軽に接しにくいものですよね。「LINEを送ろうとして好きな人のトーク画面を開いても、結局送れなくてそのまま閉じた経験」などはほぼ全員がしているところでしょう。

お酒に酔った時はその際に「えい!」っと送信ボタンや通話ボタンが押せてしまうので、普段のブレーキをかけているアクションにアクセルが踏めるイメージです。奥手な男性だと酔った時でもこのアクセルがなかなか踏めないので、ここぞの勇気を出す際にお酒の力を借りる時は意外に多いのが現実の恋愛です。

お酒で酔っていると会話は続けやすいイメージを持てるので、付き合う前ではたびたび「酔った時」に恋愛が進むエピソードが生まれています。

お酒に酔うと本能的になるだけじゃなくて素直になれる

アルコールで酔った男性の電話で甘えられた経験はないですか?

恋愛では「素直になること」がすごく大事ですが、男性心理ではお酒の影響でそうなれることが多くなっています。普段は強がりややせ我慢が男性は大好きなので、好きな人に連絡したくても我慢することが多く、話してもなかなか素直に甘えたりはできないんですね。

お酒に酔って電話する時は夜遅い時間ですし、酔うと眠くなる作用もあるので、酔ってかけてきた電話やLINEでは、甘える男性が少なくありません。ちょっといい感じになっている彼からの電話なら、「いつもと違うよ?」と聞きたくなるようなテンションの場合もあるでしょう。

甘える雰囲気は誰でもいいと思うような相手には出さない雰囲気なので、もしそんな通話があったら脈ありサインです。上で説明したハイテンションではなく、ちょっと暗めのテンションで通話してきた時は「酔っている時」であっても意外に恋愛の雰囲気なんですよね。

もし好きな人が甘える雰囲気を出すようなら、「どうしたの?」と質問せず、思い切り甘えさせてあげる方が恋愛成就は近づくので、ポイントになっています。

普段相手がどんな男性かを問わず、男性心理にも「甘えたい」って気持ちがあることを知っておいてください。

酔った勢いで連絡する男性が感じていること

次に、酔った男性があなたからどんなことを感じているのか、ちょっと深めに「酔った時の連絡」を考えてみます。甘えたい心理について解説しましたが、他にはどんな心理がかくされているのでしょうか。

声が聞きたい

声フェチの女性は共感できると思うのですが、恋愛では「声」ってすごく大事なんです。「声が聞きたかった」なんてセリフはさすがに日常ではあまり伝えられることがないのですが、片思いの時でも「好きな人の声が聞きたい」という心理を男性も持っています。

「酔った勢い」と言う言葉をこの記事では連発してしまっていますが、恋愛している男性の心理はやっぱり複雑なので、「素直になるためのきっかけ」とも表現でき、「何の電話だったの?」という通話の方が、声を聞きたい心理を考慮するとむしろ脈ありと言えます。

心配してほしい

普段ノリのいい会話が多い彼なら「心配してほしい」という気持ちで女性に電話することがあるはずです。「もう、何でそんなに飲んだの!?」と言いたくなるような電話がかかってくるなら、少年の心理を持った男性らしい電話ですね。

女性は「酔った時の姿を見られるのが恥ずかしい」という心理を持つこともありますし、「ちゃんとしてない自分じゃ話したくない」という気持ちにもなりますが、男性心理ではこういった部分があまりありません。

それよりも優先するのが「俺ってすごいでしょ」という女性から見たらわけわからない自分アピールだったりしますし、男性は女性から心配されたいって心理が結構強めなんですよね。

せっかくの電話なので怒っちゃうのもあれですが、心配する気持ちを表現するのは彼も喜んでくれるはずなので、じゃれ合うイメージで話してみても良い雰囲気になると思います。

飲んだ後に感じる寂しさ

飲み会の帰りに電話してきた場合、あなたの好きな人は「寂しさ」を理由に連絡してきたのかもしれません。騒いだ飲み会の後ほど寂しさを感じるので、彼の気持ちにあなたが浮かんだのは恋愛の意味で悪くない意味があったはずです。

時々、「この電話は私じゃなくてもいいんじゃないの?」と感じてしまうような雑な電話がありますが、酔った時でも通話相手は選んでいるはずです。仲が良いという理由だけで連絡してくる男性もいますが、もし寂しさを理由にあなたに通話してきたのなら、脈ありと言えるでしょう。

「駅から自宅までの間」などであって特に意味のない会話だったとしても、何度か酔った後に電話してくるなら、相手が酔っていることを言い訳に「他にも電話する相手いるでしょ?」と、ちょっと探りを入れてみてもわかりやすいリアクションがあるかもしれません。

彼が本気であなたを好きなら、焦る気持ちを隠し切れないはずです。

酔った勢いで連絡する男性、脈なしパターンは?

最後に、酔った勢いで連絡する男性の脈なしパターンについて解説します。

相手が酔っているだけに脈ありと脈なしの違いが分かりにくいと思うので、典型的な脈なしサインを知っておいてください。

彼の気持ちももう少しはっきりするはずです。

他の女性の話が出てくる

酔った男性の電話であっても、他の女性の話が出てくる電話なら脈なしサインです。酔った時に丁度いい相手があなただっただけで、話を聞いてほしい心理だけでかけてきた通話となってしまいます。

ここら辺を勘違いする女性は「照れ隠し」をイメージする場合があるのですが、酔った男性は好きな人に対してストレートな表現が多くなっており、そこまで積極的な男性でなかったとしても、他の女性の話をすることでカモフラージュしません。

長く通話した際にちょっと出るくらいなら問題ないですが、男性の方から話題を出してくる場合は脈なしパターンとなりやすいです。

何人かに連絡していることが分かった場合

酔った勢いで連絡してくること自体は恋愛の意味で脈ありなのですが、「不特定多数の内の一人」だと分かった場合は脈なしです。言い訳で他の女性にも連絡したことをほのめかすパターンもないわけじゃないですが、言い方やニュアンスで本音か建て前かを判断するようにしてください。

男性はやっぱりお酒に酔うことで「誰でもいい」という感覚を持つことが少なくありません。もともと男性の本能がそういった心理を持つようにインプットされているため、あなたにかかってきた電話は何人かに連絡した後だったかもしれません。

確かめるのも勇気がいるので脈ありサインが見えるかどうかの方を意識する方が前向きに恋愛できそうですが、不特定多数の内の一人だと判明した時点でアプローチの方向を考えないと、あなたの気持ちを利用されている可能性もあるため、きちんと対処するようにしましょう。

連絡に連続性がないパターン

男性の恋愛には「一時的な感情」がよく含まれるため、「酔っ払って電話してきた」というのが久しぶりの連絡であっても脈ありパターンがあり得るのですが、男性からの連絡に連続性が見られない場合は、「酔って気まぐれに連絡してきただけ」という可能性が濃厚です。

あなたが相手男性の気になる女性だった場合、酔った勢いを利用して連絡してきた後もその勢いを利用するかのようにアプローチ全体に勢いがつきやすい状態になります。特に遊びでなく本気なら、その通話や連絡に意味を持たせたいと考えるので、その後に何の音沙汰もなしということなら、ある意味逆に脈なしがはっきりするんですね。

前半で「酔った電話のフォロー」について解説していますが、今述べている部分はその逆の態度が見えるので、「誰でも良かった」という可能性も上がります。いずれにしてもフォローなし・その後のLINEやメールも特になしという状態では、酔った時の態度を無視して脈ありと脈なしの違いを見るべきでしょう。

あなたが好きバレしていると感じる場合は「酔ったから」という理由だけで気持ちを利用されたという意味合いが強いように思います。久しぶりの連絡が酔っていた場合であっても、その後の態度に積極性が確認できれば本気の恋愛感情もあり得るので、「酔って電話は失礼」とは思わずにもう少し優しく彼の気持ちを受け止めてみてもいいと思います。

まとめ

今回は、「酔った勢いで連絡してくる男性の心理を徹底解説!酔って電話する男は何を考えているの?」ということで、お酒が絡む男性からの連絡についてじっくり解説しました。

恋愛では「酔った時」に色々なことが起こっていますが、勢いがつく気持ちには遊びの意味も恋愛感情の意味も両方含まれるので、もし好きな人からの連絡であれば客観的に彼の気持ちを一度考えてみましょう。

連絡の内容や話題も重要な意味を持つことがある一方、より大切になるのが「その後の態度」であるため、一つのきっかけという捉え方をして彼の態度を見極めてみると勘違いを防止できるはずです。

確かに酔った男性は女性から見るとタチが悪い印象を持つこともあると思うのですが、あなたの恋愛観が「待ち」だった場合、相手の男性は勇気を出す瞬間にそこそこ苦労しているのも事実です。

恋愛が進む時のきっかけにはあまりこだわらないよう、縮めていくべき距離の方を意識してみましょう。好きバレしている女性や都合いい女になってきていることを自覚する女性は、お酒が絡む勢いで遊ばれないようにも気を付けて下さい。