本気で言う「好き」と適当な「好き」の違い|好きじゃない人に好きと言う心理

男性から好きだと言われた女性が本気か遊びか分からないで悩んでいる様子。

「男性は好きじゃない人に好きと言うことがある」って理解してますか?

恋愛には「本気と遊び」という概念があり、好きって言ってくる人に対しては「本気で好きなのか」を考えないといけない場面があります。

付き合う前の「好き」には、いろいろな意味があるということですね。その中には、女性が残念に思う適当な恋愛感情が存在します。

そこでこの記事では、「本気で言う好きと適当な好きの違い」を解説し、好きじゃないのに好きという男性心理をまとめます。

好きと言える人に惹かれる女性は多いのですが、好きだと言われる時は相手の本気を見極める必要がある局面もあるため、女性は軽い男に引っかからないように恋愛力を高めましょう。

スポンサーリンク

なぜ男性は好きじゃない女性に好きだと言うのか

男性は好きじゃない人に好きだと言うことがあるのですが、なぜ好きじゃない女性に好きと言うのかと言えば、好きだと女性に伝えることが「気を引く手段」になるからです。好意を伝えることが好意を得ることに結び付くんですね。

男性から口説かれた経験が少ないとピンとこない人もいるかもしれませんが、誰かから好きだと言われたら、ほぼ全員が「相手が気になる」という心理状態になります。恋愛対象外であったり、嫌いな人であればその限りではないものの、「本当に好きなの?」と考える時間も相手を気にしてる時間になりますし、「なんで好きっていうの?」と考えている時間も同じですね。

これは、男性との会話中にも起こることで、単純に人は人から好かれたいという心理を持っているので、好きだと伝えることが実際に女性を口説く時に有効な手段になっています。女性に好きだと言えば、たとえそれが本気じゃない好きであったとしても、女性は心を動かされてしまうことが往々にしてあるのです。

遊び人の男性はこのような女性心理を理解していて、可愛いなと思った程度の女性に、さも本気で好きかのように「好きだよ」と言ってくるわけですね。

ただし、女性に好きだという男性心理には、本気の恋愛感情も当然含まれていて、「本気か遊びか」を見極めるのが恋愛力の高い女性のあり方です。全てが嘘の好きじゃないので、男性心理の見極め方や見抜き方が大事になってきます。

では、どのような見方をすれば良いか、本気じゃない好きの特徴を解説していきます。

何度も好きという男性は本気で好きではない

何度も好きって言ってくる男の様子。

付き合う前なのに「何度も好き」という男性は本気の好きを伝えていません。本気で好きなら、その大事な気持ちを伝えるのに「機会」を選ぶのが当たり前で、短い時間の中で何度も好きだと言うのは本気じゃない証拠です。

なぜ何度も好きだと言うか気になる女性もいると思うのですが、多くの場合で付き合う前の「好き」は相手の女性が信じてくれないからです。「え!」って驚く場合が多いですし、「なんで?」って受け入れられない感じになるので、信じてもらえるように何度も好きだと言うのですね。

しかし、本気の好きであれば自分の告白を信じない女性に対し、複雑な感情を抱きます。勇気を出して告白したのにその言葉すら信じてもらえないのですから当然です。多少の説明と言うか、本気で好きだと言っていることを理解してもらおうとする態度を取りながらも、「本気だけど、信じてくれないならそれでもいい」などと、投げやりな態度を取ることもしばしばです。

少なくても、本気で好きなら何度も好きだと言わないので、「付き合う前の複雑な関係性」を前提に考えると、本気の好きと適当な好きの違いはかなり見えやすくなると思います。真剣な気持ちを見抜くという意識を持ちましょう。

誰にでも好きと言う男性心理は「釣り」をイメージする

世の中には「誰にでも好きという男性」がいます。その場で相手にしているのは一人の女性であるため、好きだと言われる女性は「自分だけに言っている」と思うものなのですが、簡単に好きと言う男性は誰にでも好きだと言っている男性なので注意が必要です。

なぜ誰にでも好きだと言うのかについては、「釣り」をイメージすると理解してもらえるかと思います。好きだと伝えることが魚釣りで言う「餌」になっていて、食いついてくる女性を探しているんですね。

女性を口説き時によく「誰にでも言ってるんでしょ?」と聞くのは、質問することが本気の好きを見抜く方法だと理解しているからですよね。男性はどんなにモテる男であったとしても本気で好きな女性に余裕を持てないものなので、妙な余裕を感じる男には気を付けましょう。

本気で好きなのと適当な気持ちで好きなのでは相手の重要性が違うので、誰にでも言っているような雰囲気がある時は本気じゃないサインとなります。

すぐに好きと言う男性は本気じゃない

男性の恋愛感情は女性の恋愛感情に比べて「熱しやすく冷めやすい」のが特徴であるものの、やはり本気で好きになるにはある程度の時間と接触の機会が必要です。「いいな」と思う女性と会話している中で本気で好きになるんですね。

したがって、「すぐに好きだと言う男」は本気で好きじゃないサインになります。女性が「私の何を知ってるの?」と思う時期に好きだと伝えてきた男性に対しては、警戒心を持つべきですね。

男性であっても、本気で好きになるまでには時間がかかりますし、エピソードやきっかけが必要です。もちろん一目ぼれは否定しないのですが、一目ぼれする時は男性本人にも戸惑いがあるため、やはり本気で好きになったら告白するまで時間がかかるものです。

付き合う前に「目を見て」堂々と好きと言う男性には注意が必要

付き合う前の告白は、基本的にうつむきながら目を合わせないで「好き」だと伝えることがほとんどです。少なくても、目を見てはっきり言える人は、遊びだからそんな堂々とした態度を取っていると考えるべきです。

一般的に嘘をつく時は相手の目が見れないと言われますが、恋愛の場合は「逆」になっています。好きだと言うことで女性の気を引こうとしてるので、より高い効果を期待して「目を見て」言うことが多くなっています。

このポイントだけで「嘘で好きだと言ってる」と決めつけるのは勘違いの元なのですが、本気で好きな人に目を見て好きと言える男性はかなりの少数派であることは間違いありません。見つめられるとドキドキすると思うのですが、相手男性が「堂々と言える理由」を考えた際、「遊びだから」と言うのが答えになりやすいことを知っておいてください。

LINEで好きだと言われたら、本気の好きなのか見極める意識が必須

LINEで好きだと言われた女性が、男性の本当の気持ちを考えている様子。

本気かウソか分からない「好き」はLINEの会話中にもありがちです。もしLINEで好きだと言われたら、本気に好きなのか見極める意識を持ちましょう。

なぜなら、LINEで好きだと言う方が男性は簡単だからです。相手の女性ではなく携帯の画面を見て文字を入力するだけなので、罪悪感が少なく、遊び人の男性ほどノリや勢いで言えてしまいます。

ただし、こちらにも当然ながら本気の好きをLINEしてくる場合があるため、「本気か疑う」というニュアンスで理解しておいてください。本気で好きな人に告白するのはどんな男性もすごく勇気がいるので、特に最近は「LINEで告白する男性」が増えているのも事実です。

もし本気で好きならこれまでのLINEのやり取りで本気のサインが出ているはずなので、下の記事でチェックしてみましょう。

酔っている時に好きだと言われた場合も「本気の好き」はあり得る

恋愛が進む時と言うのは「お酒に酔っている時」に多いのですが、酔っている男性から好きだと言われたら本気じゃないように感じて流してしまう女性が多いかと思います。

しかし、男性の恋愛は女性ほどキレイなイメージがあるわけじゃないので、お酒の勢いで進む片思いもリアルな恋愛では往々にして起こっています。酔っている時であったとしても、本気の好きがあり得るということですね。

しかし一方で、男性がお酒に酔った時は「適当な気持ちの好き」も多くなります。誰でもいいという心理になりやすい面は否定の余地がないため、後述する「本気かどうか見極める方法」を実践してみてください。

お酒に酔うと普段より素直になれる面が「本気の片思い」と相性が良いものの、遊びたい心理になる男性が増えるのは間違いないところなので、しっかりとした「本気の見極め方」が重要になってきます。

本気の好きは「緊張」がキーワード

本気の好きと適当な好きの違いを見極めるのに最も重要な視点は「緊張感」だと私は考えています。本気で好きな人の前では誰もが緊張するものですし、好きだと言うならなおさら緊張するのが人の心理ですよね。

したがって、緊張感のない「好き」は適当な気持ちであり、「口ごもる」とか「なかなか言葉がでない雰囲気」を感じるような態度を取る男性を信じるようにしましょう。「大事な気持ちなのかな?」と思わない告白は本気じゃないから緊張感を感じないのです。

「モテる男性だから」「年上の男性だから」「女慣れしている男性だから」と、色々な話を女性から聞くのですが、恋愛は「たった一人の大好きな人から好かれたい」と思うところに最大の難しさがあります。緊張しないで「自分の気持ち」を言える男性は世の中に1%もいないので、簡単に言えてしまう余裕がある態度を「素敵!」と思うべきではありません。

嘘の好きを本気にすると遊ばれるのですから、見抜き方には細心の注意を払いましょう。

本気で好きなら女性の内面を知っている

恋愛感情には人それぞれレベルみたいな概念があり、「ちょっと好き」→「普通に好き」→「本気で好き」のように、ある一定期間の中で感情の盛り上がりがあります。

では、何がきっかけで好きのレベルが上がっていくかと言えば、それは「好きな人の色々なことを知る」中でどんどん好きになるから本気の恋へと発展していくわけです。これが1日で起こることもあるものの、それなら長時間いい雰囲気で一緒にいることが条件となるでしょう。「意味が分からない」と感じるようなエピソード不足の片思いは、少なくても時間がかかっているはずです。

男性心理は女性心理よりも単純ですから、一気に好きになることもあるとしても、「好き」という感情にレベルみたいな概念がある以上、女性の内面を知らないで「本気だよ」と言われても信じられません。

適当に言っている好きを真に受けると今度は女性の方が彼に本気になってしまうので、注意したいところです。フィーリング恋愛が多くなっている女性は、下の記事も読んで本当の恋ができるようになりましょう。

なかなか好きって言えないのが本気の好き

本気で好きだからなかなか好きって言えない男性の真剣な表情。

先ほど「時間の概念」を少し説明していますが、「知り合ってから長い」とか「友達期間が長い」という男性から好きだと言われた場合は、本気の好きが確定するパターンです。適当に好きだと言う時は相手の女性をだますようなところがあるので、知り合ってから短い場合がほとんどであり、友達になってから短いのが特徴です。

恋愛で遊ぶタイプの男性心理にも、女友達を大事にする心理はあります。遊ぶ相手を選ぶという意味ですね。近場で済ませる男もやっぱりいるのですが、仲の良い友達になったのなら通常は遊ばれるリスクが低下していると言えます。

なかなか好きって言えないのが「男性の本気の時」なので、きちんとした知り合い方をして、時間をかけて関係作りをしたのであれば、どれだけラフな雰囲気で好きと言われたとしても信じてあげるべきパターンですね。

特に、相手の男性も含めた「グループ」が存在していたり、身近な男性であれば本気だからこそ「本気であることを隠す」ために適当な感じを出したのかもしれません。

しかし、パターンだけで男性の気持ちを見抜くのには問題点があるのもまた事実です。最後に、「本気の好きか適当な好きか確かめる方法」を解説します。

本気の好きか適当な気持ちか、確かめる2つの方法

「本気で好きなのかな?」とつい思ってしまうような告白は女性に信じられない理由がある場合も多いはずですよね。そんな時は「本気の好きか適当な好きか確かめる方法」を実践してみてください。

本気と嘘の違いがかなりはっきりするはずです。

男性の言う「好き」を否定してリアクションを見る

正式な告白の雰囲気じゃない時、もし男性から軽い感じで「好き」だと言われたら、まずは「否定する」のが女性の返事の仕方で基本となる態度です。相手によっては「え!ほんと?」ってなってしまう気持ちは理解できるのですが、そのリアクションだと男性の気持ちを見抜くのが困難になってしまいます。

男性の好きを否定する際は、男性のリアクションを見てみると本気の好きと適当な好きの違いを見抜くことができます。

男性が本気で相手の女性が好きだったら、その気持ちにプライドを持っているので、否定されたら雰囲気が悪くなるような態度を取るのが特徴です。

「怒る」のが最も強い本気のサインで、がっかりする場合や真顔で「なんで信じないの?」と聞いてきたり、とにかくそれまであったはずの甘い雰囲気が消えるのです。

一方で、適当な気持ちで好きだと伝えてきた男性の取る態度はと言うと、男性の気持ちを否定する女性に甘い言葉をかけてくるのが特徴です。

その男性の目的は女性を口説くことなので、ネガティブな態度を取らず、口説き落とそうと甘い雰囲気を崩さないんですね。

男性心理は女性心理よりも頑なでストレートなものなので、「本気の好きを否定される」というのがつらいもの。ごまかす男性もやっぱりいるのですが、その際は話題を変えようとして来るので、「口説き落とそうとしているか」をチェックポイントにしておくと勘違いすることはないでしょう。

ちなみに、男性が本気だった場合に「好きを否定するのが間違いではないか」と思う女性もいると思うのですが、好きな人から好きだと言われたなら「否定」よりも弱い「質問」を投げかけるのが正解です。

「本気なの?」「なんで?」「いつから?」などなど、好きだと言ってきたその会話を長引かせることで様々な本気のサインが出るので、彼の話し方に注目してみましょう。次の確かめ方も参考にしてください。

「その場限りの好き」を確認するために「継続性」へ注目する

男性が嘘で好きと言う時は、恋愛的に勢いがついた時か、雰囲気が良い時です。その場限りの好きというのが存在しているところに「本気と嘘の違い」が見えにくくなる最大の問題点があるのですが(=その場では本気で好きな状態に近いため)、継続性に注目することでその場限りの恋愛感情を見抜くことができます。

付き合う前に好きと言える男性は、本気で好きなら後日にもまたアプローチしてきます。好きと言えるくらいまでは関係が深まったわけですので、むしろアプローチの度合いは高めてくるのがセオリーですね。その場の雰囲気に流されないようにとりあえず否定しておいて、その後の男性の態度から本気か適当かを見抜けば良いのです。

男性が本気で好きなら女性が逃げるような態度を取っても追いかけてきます。もし離れていくような雰囲気を感じた時は女性から話しかけることで自分が出した脈なしサインを否定することができるので、簡単な女に思われない効果にも期待しつつ、真に受けないリアクションから彼の本心を見破ってみましょう。

恋愛力が高い女性は男性の自分を追わせることができているので、本気の好きと適当な好きの違いを見極めるだけでなく、男性を追わせる方法としても考えてみてくださいね。

まとめ:本気の好きと適当な好きの違いを見極めよう

今回は、「本気の好きと適当な好きの違い」を徹底解説しました。男性心理には「好きじゃないのに好きと言う心理」があるので、好きだと言われて気になる自分の気持ちとは別に、相手の男性の本心を知るための恋愛知識を持っておきましょう。

どんなにモテる男性であっても、誰からでも好かれそうなカッコいい男性であっても、本気で好きになったら好きな人の前で緊張します。特に付き合う前はまだお互いに二人で一緒にいることに慣れていないのですから、妙な余裕を感じる態度は本気の好きではないと考えるべきです。

恋愛で遊ぶタイプの男性は女性に適当な気持ちで好きだと言える心理を持っているので、気を引こうとするためだけに言う「好き」には引っかからないようにしましょう。

しっかりとした見極め方、見破り方を知っていれば、男性が本気で言っている「好き」が分かるようになります。恋愛経験と言うか、口説かれた経験の差異で見極めの信頼性は変わってくると思いますが、この記事では男性の気持ちを確かめる方法についてもまとめてあるので、迷う際は参考にしてみてください。

デートに誘われた時の脈ありと脈なしの違いについては下の記事でまとめてあります。こちらも参考にしてみてくださいね。

付き合う前から好きだと言ってくる男性は「思わせぶりな態度」も多いはずです。本気で好きか知りたいなら下の記事を読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました