デートの誘いで返事が遅いのは脈なし?LINEでOKの返信が来ない理由

デートの誘いをした女性が好きな人の返信が遅いことを心配している様子。

「好きな人をデートに誘ったんだけど、返信が来ない…」

デートの誘いをした時、LINEの返事が遅いと脈なしを心配すると思うのですが、返信が遅い場合であっても、十分に脈ありの可能性が残っています。

なぜなら、脈ありパターンでも「デートの誘いに返事が遅い理由」があるからです。

相手の気持ちを考えないで、「デートの誘いに返信が遅い」だけで脈なしを決めつける方が恋愛では問題となるため、冷静に対処できるようになりましょう。デートに誘われた人の心理が分からないことが問題になっている人も多くいるはずです。

この記事では、「デートの誘いで返事が遅いのは脈なし?」と不安な人に向けて、LINEでOKの返信が来ない理由を解説します。

デートの誘いに返事が遅いと脈なしなの?

デートの誘いは脈ありであっても「返事の仕方」に困ることがあって、返事が遅いだけで脈なしだと決めつけるのは明らかな間違いです。

「なんで返事がこないんだろう?」と考えてみることが大切であり、相手の心理や事情を色々と想像してみると、案外「すぐに返信できない理由」というのが色々とあることに気づくはずです。

しかし、そもそも「デートの誘いに返事が遅い」という状況はどのくらいの時間を見るべきなのでしょうか。

まずは、デートの誘いに返信するまでの時間と、デートの誘いを既読無視されたと言えるまでの時間を整理します。

デートの誘いに返信するまでの時間は?:いつからが既読無視されたのか問題

デートの誘いに返信するまでどのくらいの時間がかかったら返信が遅いという状況なのか」という問題は人それぞれ感じ方が違うと思います。

加えて、「デートの誘いが既読無視された」と感じる時間もまちまちですよね。

まずは、デートに誘った人が「返信が来ない!」と、脈なしを考えるまでの「時間」におおむねのイメージを一般化しておきましょう。ただ焦っているだけなら落ち着く必要もあります。

LINEの返信は相手の性格やLINEの仕方も考慮する必要があるものの、LINEでデートの誘いをした場合、返信するまでの時間はだいたい半日過ぎたら「返信が来ない」という状況だと判断してください。

  • お昼にデートに誘った=その日の夜に返事が来ないと既読無視された状態
  • 夜にデートに誘った=次の日のお昼までに返信が来ないと既読無視された状態

好きな人をデートに誘うとすぐにOKの返事を期待してしまいますが、2時間や3時間返信が来ない状況はまだ既読無視された状況とは言えません。確かに「返事が遅い」と言える時間が経っているのですが、デートの誘いに対する返信については色々な理由で遅くなるものです。

次に、デートの誘いをした時に返信が遅い理由を網羅的に理解してみましょう。デートの誘いに返事が遅い理由が分かると、なぜ返事を待たないといけないのかわかります

デートの誘いにLINEの返信が遅い理由

好きな人にデートの誘いをして、LINEの返信を待っている女性。

デートの誘いをしたのに返信が遅い時には必ず理由があります。なるべく全てのケースに当てはまるようにポイントを解説していくので、脈なしか脈ありか判断する材料にしてみましょう。

突然のデートの誘いに戸惑うから

LINEの返信が遅い理由に「返信しにくいLINEを送ったから」というケースがありますが、デートの誘いはその返信しにくいLINEの一部です。

特に初デートの誘いであったなら相手は戸惑いを隠せないでしょう。「なんて返信したらいいんだろう?」と、つい返信するまで時間がかかることも往々にしてあります。

LINEは返信するタイミングを失うと時間を置く人が多いので、突然のデートの誘いに戸惑った人は「数時間待たないと返事が返ってこない」という状況になります。

わざと返信を遅らせる

デートの誘いは二つ返事ですぐに返信するタイプがいる一方で、わざと返信を遅らせるタイプの人もいます。

相手の心理としてはいわゆる「恋愛の駆け引き」をしているような感じになるので、あなたがデートの誘いをして返信を待っている間の時間は、相手が強制的に作った時間である可能性があります。OKするのはもう決めているけど、わざと待たせている状態ですね。

なぜデートの誘いに返事を遅らせるかと言うと、大きく3つの理由が絡んでいます。

わざと返信を遅らせる人の心理

  • 即答して好きバレしたくない
  • 自分に興味を引き付けたい
  • 強い脈ありサインを出したくない

デートに誘った相手がわざと返信を遅らせてきた場合は基本的に脈ありサインとなりますが、すぐに返信して脈ありだと思わせないように配慮している場合もあります。すぐにOKすると「もしかしたら両想いなのかも!」と期待させてしまうので、まだそこまで気持ちがない場合は少し返信を遅くして、自分の気持ちをそれとなく伝えるんですね。

しかし、デートの誘いに駆け引きするタイプは8割近くが脈ありの気持ちから派生しているので、デート中の態度に脈ありサインが出るなら「返信が遅いのは駆け引きだったのかも」と疑ってみても良いと思います。

デートの誘いにどんな返事をするか迷うから

デートの誘いに返事が遅い理由の最もストレートな理由は「相手が迷っているから」というものです。OKするか決め手に欠けている場合も多いです。

そこには戸惑いの心理やあなたの気持ちを勘繰るような心理が働いていることもありますが、純粋に「デートに行くか行かないか迷うから」という理由で、すぐに返事しないパターンがやっぱり一番多いです。

初デートの誘いだとどうしてもまだまだこれから距離を縮める時期なので、デートしたい相手とあなたとの間に気持ちの上のギャップがある場合がほとんどです。LINEでデートの誘いをした以上これは避けて通れないところがあるので、検討する時間を与えるのも優しさということになるでしょう。

ただし、脈ありでもデートの誘いに返事が遅くなる人もいるので、「迷っている=脈ありじゃない」と言うことは確定しません。相手の性格やデート経験でも変わってくることですので、デートの誘いに返事が遅い場合でも諦めないようにしましょう。

返事の仕方に迷う場合も…

LINEでデートの誘いをされた人はOKしたいと思っても返事の仕方に迷うこともあります。

「ぜひ!」って乗り気になっている気持ちを伝えた方がいいのか迷ったり、「いいよ!」と簡単に返事する方がいいのか迷ったり…。

相手は相手で突然のデートの誘いに驚いていることが多いので、返事の仕方にも迷いが出るのです。考えている内に時間が経つと返信のタイミングを失うので、より返事をするまでの時間がかかってしまうパターンに陥ってしまうタイプがいるのも事実ですね。

しかし、LINEでデートに誘われた人が返事の仕方に迷うのは「相手を想う気持ち」が源泉にあるため、広義の意味で脈ありパターンと言えます。どうでもいい相手なら適当に返事をするので構わないはずですから、返信の仕方を考えてくれているなら脈ありです。

デートの誘いに返事が遅い場合であっても、前向きに待ってみる姿勢が大切ですね。

スケジュールを確認している、調整している

LINEでデートの誘いをした際は、相手が前向きに検討しているからこそ「返事が遅い」という状況になっていることがあります。

その典型的なパターンが、「スケジュール確認と、スケジュール調整」です。

たとえば、「来週の火曜日か金曜日空いてない?ご飯行こうよ!」とデートの誘いを下とします。その時、相手はどっちの日ならデートできるかスケジュールを確認しないと分かりませんし、もしどちらも空いてないならスケジュールの調整をしないといけません。

こんなことを言うと「だったらそれを返事して!」と言われるのですが、付き合う前の男女の距離感は意外と複雑なので、「調整してから返事をしよう」と思う相手の心理とギャップができる場合がよくあります。

LINEで会話中にデートに誘ったのに急に返信が来なくなったという場合であっても、相手はスケジュール調整のために誰かに連絡を取っているのかもしれません。

仕事や急用の可能性

LINEでデートの誘いをする時は相手が見えない状況なので、相手の急な変化には気づけません。「仲良くLINEで会話していたからデートに誘った」という場合であっても、仕事やバイトなどの問題で返信が遅くなることもありますし、友達や家族など「急用が入った」ということも起こり得ます。

デートに誘う人の心理はどうしてもいっぱいいっぱいになってしまうことがあるので、「デートに誘ったのに返事が返ってこない」という場合であっても、必ず相手の事情を検討してみましょう。案外、次の日になって「ごめんね!」なんて入りから良い返事がもらえることもありますよ。

脈なしパターン:断り方を検討している

LINEでするデートの誘いに返事が遅い場合は、当然ながら脈なしのパターンがあります。ダメならダメですぐに返信が欲しいところですが、もし断ろうとしている場合でも相手としては断り方の問題があるため、デートの誘いが断られる時はどうしても返信が来るまで時間がかかる傾向があります。

デートの誘いに返事が遅い場合は不安や心配が大きくなりますが、LINEで誘う方法を選んだのなら相手からの返事を待つしかありません。焦って追撃LINEを送ると「しつこい!」とか「めんどくさい人!」と思われるので、たとえ脈なしだったとしても返事が来るまで待ちましょう。

次からは、デートの誘いに返事が来た場合の完全な脈なしパターンについて解説します。

デートの誘いに返信が遅い時、「脈なしの返信パターン」とは?

好きな男性をデートに誘ったけど、脈なしの返事が返ってきて悲しい気持ちに包まれている女性。

デートの誘いになかなか返事が返ってこない状況になったら「待ち」が基本だと説明してきましたが、いざ返事が返ってきた時にOKがもらえなかった場合は、脈ありか脈なしかどう判断したら良いのでしょう?

5つのポイントを解説するので、脈ありを脈なしだと勘違いしないようにぜひ理解しておいてください。

2日~3日経ってから返信が来た

前述している通り、LINEでデートの誘いをした際に「既読無視された」と判断する時間は長く見積もっても「翌日」です。

お昼に誘ったのならその日の夜、夜に誘ったのであれば次の日の午後に返信が来ないパターンは後日返信が来たとしても完全な脈なしパターンとなるので注意をしてください。

相手にも返事ができない色々な事情があるのかもしれませんが、脈ありであったなら何かしらのアクションを起こすのが普通です。急病などでない限りは長い時間を置くことで脈なしサインを送っているので、次の誘いをするなら最低限仕切りなおすのが正解です。

1日待っても返事がこない時は脈なしだと判断しましょう。

デートの誘いを断る理由を説明しない

デートの誘いを断る際、もし脈ありなのにデートに行けない理由が相手にある場合は必ず「言い訳」としてその事情をあなたに伝えてきます。

意識している場合やいいなと思っているなら「あなたを嫌いで断るんじゃない」ということを伝えてくるんですね。そうしないと、一方的に脈なしサインを送ることになるので、デートに誘ってくれた気持ちに「行けない理由」を説明することで応えようとします。

したがって、もし社交辞令のように思ったとしても、相手が断る理由を詳細に説明する場合は脈なしだと断定しないようにするのが正解です。もう一度誘うべきパターンなので、押すと決めた人はきちんと押していきましょう。

もちろんこれは断る言い訳だけだったパターンがあるものの、デートの誘いはよくタイミングがずれるものなので、簡単に諦めると叶う恋すら叶いません。

スケジュールの問題ので無理な時は、代替案があるかないかで判断する

デートの誘いを断られる時はスケジュールの問題が絡むことが多いですが、もし「忙しいから無理」と返事をされた際は、相手が「○○日なら!」などと他の候補日を言ってくるかどうかで脈ありと脈なしの違いを判断するようにしましょう。

あなたが相手の好きな人になれていない時期でも、脈ありの人からデートに誘われたら「忙しくて行けない」という自分の状況を残念に思うものです。「〇日だったら空いてるのに!」と思うでしょうし、「今月は無理だけど来月なら!」と思う方がやっぱり普通ですよね。

LINEだとなかなか細かいことまで言わないタイプもいるのですが、ただ断るだけの時は完全な脈なしパターンになるので、デートの候補日を伝えてくるかどうかはチェックしてみましょう。忙しいと断るくせに日時の提案がないのは脈なしの返事です。

話を逸らすのはデートしたくないから

デートの誘いをした際に「どうしたの?」と聞かれたり、「なんの話?」と質問されることがありますが、「話を逸らされる」のは脈なしサインになります。

特に、質問に答えたのに次の質問が来るときは相手に話をそらしたい心理が明確になるので、話自体が盛り上がったとしても強めの脈なしサインになってしまいますね。質問から他の話題に移ろうとすると気まずい雰囲気にならずに脈なしの気持ちを伝えることができます。

相手が戸惑っている時は、質問することで返事をするまでの時間稼ぎをしていることもあるのですが、デートの誘いに対する返事がOKするでも断るでもない時は、話を逸らしたいからストレートな返事を避けています。

これはデートの誘いを断るのが気まずい心理の時に出る態度なので、デートの話がそらされる時や前に進まない時は脈なしサインだと判断してください。

お金がないのはあなたにお金を使いたくないと思っている

デートの誘いを断られるときに、「お金がない」という言い訳をされたら脈なしサインだと判断しましょう。お金がないという言葉は、あなたにお金を使いたくないという心理で出る言葉です。

もし脈ありであれば「今月は金欠だから来月でもいい?」などと、自分の都合を伝えつつもデートの誘いを保留するような感じにします。お金がないとだけ伝えるのは「おごりなら行く」という心理もあり得ますが、ごり押ししてデートを成立させたとしてもおごらされて終わりというパターンなので、初デートの誘いにお金がないと返事されたら一旦引くべきですね。

「おごって!」と言ってくる場合もあると思いますが、脈ありの態度ではないので、デートで距離を縮めたいと思う人だけおごりデートをしましょう。脈なしの人とのデートはたとえおごりであっても行きたくないと思うものなので、おごりなら行くという返事はあなたの恋愛観によって対応の仕方が変わります。

デートの返事が遅いのは誘い方に問題があった?

デートに誘った時に「今ならいける!」という感触があったのなら、返事が遅い理由はあなたの誘い方に問題があったからかもしれません。

「遠回しな誘い方だったからよくわからなかった」
「いきなりデートに誘われて意味が分からなかった」

実は初デートの誘いは空振りに終わることが少なくありません。2回目のデートや3回目のデートであれば二人にデート歴があるので阿吽の呼吸でデートが決まることもあるのですが、初デートはそれまでデートしなかった二人がデートすることになるため、はっきり誘わないと誘われているか分からないということが起こるんですね。

もし「断られるのが怖い」と思って曖昧な誘い方をしてしまっている人は下の記事を読んでみてください。分かりやすい誘い方をするべき相手もいるので、すれ違いで悲しい恋にしないようにしましょう。

まとめ

今回は「デートの誘いで返事が遅いのは脈なし?」と悩んでいる人に向け、LINEでOKの返信が来ない理由を解説しました。

デートの誘いは特にそれが初デートの誘いだった場合は返信が来るまで時間がかかることも多いので、相手の心理を踏まえつつ対応するようにしましょう。

デートの誘いに返事が遅い場合でもその事実だけをもって脈なしだと判断するのは間違いです。返事を焦って催促したり追撃LINEを送るとそれが原因でデートがダメになるので、落ち着いて対処しましょう。

もしデートに行けることなったら盛り上がる会話をして少しでも片思いから両想いに近づけていきましょう。デートをきっかけに脈ありの恋愛になることもあるので、返事の内容にこだわるよりも、デートができるならデートを盛り上げるように頑張りましょう。

もし脈なしの返事が返ってきた際は好きな人を諦めるか迷うものですよね。下の記事で諦めるべき恋のサインを解説しているので参考にしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました