好きな人を忘れる場合、LINEなどの「連絡」はどうする?連絡を取りながら忘れることはできる?

好きな人を忘れると決めた場合、連絡はどうしたらいいか

好きな人を忘れたいと思った時、問題となるのが「LINEの連絡はどうするか」という点です。好きな人から連絡が来るのは嬉しいのですが、もう忘れると決めた場合はどのように対処したら良いでしょう。ちょっと迷う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「好きな人を忘れる場合、LINEなどの連絡はどうする?」という質問に答えてみたいと思います。連絡を取りながら好きな人を忘れることはできるのでしょうか。

いくつかの角度からあなたの答えを考えてましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

好きな人の忘れ方で一番大事なのは「好きな人に接触しないこと」、だけど…

好きな人を忘れる場合、その目的だけを考えるなら、好きな人とはLINEしないのが正解です。好きな人を忘れる方法で一番大事になるのが「好きな人に接触しないこと」なので、連絡を取り合いながら忘れることは、「難しい忘れ方」と言えます。

ただ、恋愛に絡む問題はそう単純なお話ではありません。

好きな人と仲良しだった場合や、好きな人と一緒に日常を送っている場合、仕事や学校関係での絡みがある場合などなど、できれば好きな人との関係を壊さずに忘れたいと思う場合もあるため、「好きな人を忘れる方法のみ」を追求するのでは、あなたの答えにならない場合があるはずですよね。

従って、この部分でポイントになるのは下の通りです。

  • 好きな人のことを忘れる目的に真っすぐ進むなら「好きな人とは連絡しない」のが正解
  • 好きな人との関係を壊さずに恋愛感情を忘れたいなら「好きな人と連絡を取り合いながら忘れる」のが正解

どの程度好きだったかにもよると思いますし、好きな人の忘れ方をメインにするのか、時間がかかっても好きな人とうまくやっていきながら忘れたいのか、でも違ってくるでしょう。

ここで、一つ明確にするべき問題が出てきました。

「好きな人と連絡を取り合いながら忘れることは本当にできるのか」

という点です。次で詳しく解説していきます。

好きな人と連絡を取り合いながら忘れることはできるのか

「どれだけ好きだったか」という問題を一度忘れて、好きな人と連絡を取り合いながら忘れることはできるのかという問題を考えてみます。

ここは、好きな人と付き合っていたのか、それとも片思いなのかで違ってくるので、見出しを分けて解説しましょう。

付き合っていた彼氏、彼女と連絡を取り合いながら忘れることはできるのか

私の場合、付き合っていた彼女と連絡を取り合いながら忘れることはほぼ不可能でした。何度もチャレンジした経験があるのですが、関係を戻すためには「一定の距離を置く期間」がどうしても必要で、「じゃ、今日から友達ね」というわけにはいかないものです。

恋愛の仕方や付き合い方にも寄ってきそうですが、週に1度から2度会う関係で、毎日連絡を取り合いながら付き合うようなオーソドックスな付き合い方だった場合、連絡を取りながら忘れることはすごく難しいと伝えておきます。

もし、友達関係に戻りたいと思うなら、一度距離を置いてから友達に戻る方が結局近道になるはずです。

「割り切れる恋愛だったかどうか」を考えて、それが無理だった場合、別れた後で連絡を取り合うのは忘れるための期間を無駄に引き延ばすことになると思います。

自分の恋愛の仕方が「好きな人を忘れるのに時間がかかる」という自覚がある場合は、きちんと関係を無くす方が結局お互いのためになります。

片思いだった好きな人と連絡を取り合いながら忘れることができるのか

私の場合、片思いを諦める形で好きな人のことを忘れようとしたとき、連絡を取り合いながら忘れることは可能でした。付き合っていない片思いの場合は、きちんと節度を持ってやり取りをすることを条件に、連絡を取り合いながら好きな人を忘れることはできるはずです。

忘れるのに時間がかかるというデメリットがあるものの、この選択肢のメリットは「好きな人にも周囲にも特別な迷惑をかけずに片思いを諦めることができること、気づかれずに忘れることができること」です。

好きな人を忘れようとするときに、あえて無視するような態度を取るなら気まずくなってしまいます。忘れるためにはこれが一番良いのですが、人間関係がぎくしゃくしますし、色々な人に迷惑をかけてしまうので、現実問題「選べない」という場合だってあるはずです。

それでも無視する・コミュニケーションを取らない選択肢も恋愛では付き物になっている現実がある一方で、もっとソフトに好きな人を忘れたい場合は「好きな人のことを忘れる場合の連絡の取り方(詳しく後述)」をしてみましょう。

どちらかと言えば辛い忘れ方にはなってしまいますが、付き合っていないなら自分の中で忘れることは連絡を取りながらでも可能です。

では、好きな人を忘れる場合の連絡の取り方とは、どんな連絡の仕方でしょうか。詳しく解説します。

好きな人を忘れるための連絡の取り方

片思いの好きな人を忘れたいと思いながらも人間関係を壊さずに穏便に忘れようと思うなら、連絡を取りながら忘れるのが正解になると思っています。

しかし、連絡を取り合いながら忘れるのはやっぱり難しいこと。それを意識しつつ、3つのポイントを解説するので、参考にしてみてください。

自分からLINEしない

好きな人と連絡を取りながら忘れる際は、自分のルールを作ってそれを守ることが基本になります。好きな人を諦める理由はそれぞれですが、「もう忘れる」と決めたなら、ふわふわせずに気持ちに整理をしていきましょう。ズルズル好きでいるのが一番幸せから離れる行為です。

自分からLINEしないと決めるのは、「好きな人にLINEする」という自分の選択肢をなくすためです。恋愛感情を無くすためにはプライベートの付き合いをしないことが前提条件となるので、好きな人との接触を控えるという意味でも徹底してください。

好きな人を忘れると決めたら自分からLINEしない。
好きだった頃と行動を変えることが、自分の気持ちの切り替えにつながるはずです。

好きな人からLINEがきたら返信まで時間を空ける

片思いの頃からLINEが双方向のやり取りになっている場合もあると思いますが、好きな人からのLINEを返信する形で「連絡を繋ぐ」のが、忘れるための連絡の仕方です。

しかし、返信にもルールを設けない限り、好きな人とのLINEが楽しみになってしまって結局忘れることはできなくなるはずです。苦しむ期間が長引かないように、好きな人から来たLINEには、一定の時間を置いてから返信するようにします。

時間を空けることで以下の3つの効果があります。

  • 会話が長くなりにくくなる
  • 今までの態度に若干でも変化が付けられる
  • 既読が付くのは遅い人との印象になってLINEが減る

今やろうとしている目的は「好きな人に変に気づかれずに忘れる方法」なので、空ける時間の長さはそこまで長い時間じゃなくてもOKです。それぞれでLINEのやり方が違うので、好きな人が自分からフェードアウトしていくような感じでイメージしてください。仲の良い友達から普通の友達に戻る感じで連絡を捉えるようにします。

「こんなことをしたら嫌われるかも…」と心配する人がいますが、好きな人を忘れる時期は多少仕方ない面もあります。気まずさを最小限にするためにLINEは続けるのですが、今まで通りのLINEの仕方では、必要以上に好きな人と接しながら忘れようとすることになるのでしんどすぎます。忘れることができるかも微妙となってしまいます。

LINEの返信までの時間は脈ありと脈なしを見分けるためのサインになったり、案外気にしている部分なので、今までとの変化があれば何となく好きな人も気づくはずです。きちんと気持ちの整理をしてからなら関係を修復することはできるので、一定期間はこのような対策をしてみて下さい。

会話を長引かせない

返信するまでの時間を長くしたのは会話を長引かせないためでもあります。好きな人を忘れたいならコアなコミュケーションは避けるべきなので、長い会話もやめるようにしましょう。

そこで問題となるのが「会話の切り方」ですが、おすすめはスタンプです。夜なら「おやすみ」のスタンプ、昼間なら「またね」のスタンプなどを使うようにし、会話を切るタイミングを分かりやすくしてみてください。必要な連絡ならいくらでもLINEして問題ないです。

連絡を取りながら好きな人を諦める場合は、連絡を連絡として「つなぎ」のようなイメージでやり取りするのが正解です。関係を切らずに、友達としての連絡には応じますが、プライベートなやり取りを避けて、忘れるための期間を作っていきましょう。

きちんと気持ちの整理ができてからは、他の異性の友達と同じようにLINEすれば良いので、まだ気持ちが残っている内は業務連絡に徹すると、連絡を取りながら忘れることができます。

好きな人とLINEを続ける中で諦めることの是非

最後に、今回の選択肢に迷う人へ向け、メッセージを綴ってみたいと思います。

好きな人を忘れると決意した人が「LINEを続けるべきか、やめるべきか」と迷うのは、好きな人との関係性を考えてのことだと思うのですが、普段から付き合う友達だったら、なるべく波風を立てないように忘れる方法をおすすめします。

私は長らく恋愛と向き合ってきて思うのですが、恋愛感情を持ったがために失われる関係がすごく切なく感じます。両想いになって付き合ったなら、一度一線を越えた以上、友達に戻れないのも仕方ないと感じるのですが、片思いなら自分の気持ち次第で好きな人と友達を続けることはできます。関係を壊すべきか守るべきか、この選択肢はきっちり吟味してほしいと思います。

と言うのも、好きな人というのは、あなたが好きになるほど素敵な人ですから、せっかく友達になったのに関係が切れてしまうのが寂しいと思うからです。どうでもいい人ならLINEを無視して距離を置くことに何らデメリットを感じる必要はないのですが、自分が素敵だと思った人と切れてしまうようなことは避けるべきだと思うんですね。

好きな人とLINEを続けながら気持ちを忘れていくのは辛いことなので、結局は「どの程度好きだったか」で答えは決まってきそうですが、チャレンジしてみたいと思えるなら頑張る方が後悔もないのかなと思うのです。

私も10代の頃は自分の気持ち優先で、好きになった人ほど疎遠にしてしまったことがあります。また、その逆に、自分を好きになってくれた友達が自分から離れていった経験も何度もあります。

そんな体験の中で思うのは、意地を張ったり、一時の感情に流されて大事な決定をするべきじゃなかったということなんです。

人と人の信頼関係は壊れる時は本当にあっと言う間で、元に戻るのにそれまでの倍以上の時間と労力が必要になります。

好きな人と連絡を取りながら少しずつ忘れていくなら、相手との関係は末期的に悪くならないので、時間が経った後にまた笑い合えます。好きな人が本当に素敵な人だと思ったなら、友達として大切にする考え方もしっかり検討してみてください。

「とにかく、もう忘れたい」って思うほどつらい場合は、忘れることへ全力になるので問題ないとも思っているので、「どんな恋愛だったか」で答えを出してみましょう。

新しい恋をすることが一番簡単に好きな人を忘れるコツでもあるので、あまり一人で考え込まないように、自分の意識を他に向ける努力も一緒にしてみてくださいね。

まとめ

今回は、「好きな人を忘れる場合、LINEなどの連絡はどうする?」という問題と、「連絡を取りながら忘れることはできる?」という問題についてまとめました。

基本的には、気持ちを整理するのに好きな人との接触は逆効果となるものですし、つらい・しんどい思いも多くなるので、好きな人のことを忘れることへ特化する場合は「連絡をやめる」のが恋愛的に正解となります。

しかし、好きな人に気持ちがバレていないなら、あなたが急に相手へ冷たい態度を取ることで人間関係にヒビを入れることになるため、できたら穏便に忘れる方法を選ぶ方が後々困らないのは確かです。「気持ちに整理を付けたら友達に戻る」というのも、ちょっとわがままな感じがするので、もしそれを望むなら、関係を保ちつつ、失恋のつらさは我慢するべき時期ということになります。

自分の関係者を好きになって諦める際は、友達関係を続けながら忘れるのがほんとにしんどいですが、先々のことまで考えるなら気まずい人を作らないのが正解でしょう。

どのくらい好きだったかに寄る部分が大きいので、あなたの恋愛に当てはめて考えてみて下さい。