LINEで押し引きするメリットとデメリット

LINEで押し引きするメリットとデメリットを考えている

あなたは好きな人や気になる人とのLINEで「押し引き」をしますか?

自分を意識してもらうために色々と工夫をするタイプの人は一方的にLINEしてガンガン押していくより押し引きをしながら上手に距離を縮める人も多いでしょうが、そもそもLINEで押し引きするメリットとデメリットにはどんなことがあるのでしょう。

今回は「LINEで押し引きするメリットとデメリット」をまとめてみるので、LINEを使って好きな人と仲良くなりたいと思う人は是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

LINEで押し引きするメリット

LINEは気軽に送れるからこそ押し引きが大事だという人がいます。押し引きと言うと悪い意味で小手先のテクニックと思いがちですが、上手く恋愛する人は相手の気持ちを考えて心地よいLINEの頻度や感覚を敢えて調整しています。

まずは、LINEで押し引きするメリットから確認してみましょう。

LINEの頻度を調整するからしつこいと思われない

好きな人と仲良くなると、自分が暇な時や何か連絡を取りたいと思う時、我慢するのもなかなか大変です。中には我慢できないというタイプもいて、好きな人から「しつこい!」と思われると嫌われる原因となり、LINEを使ったアプローチで一番嫌われる可能性の高い原因となっています。

LINEで押し引きすることが念頭にある人は、押し過ぎたときに「引く」という選択肢を持っているので、しつこくならないのがメリットです。要は、好きな人の嫌いな人になりにくいということですね。現実的にはここら辺の感覚が疎い人が多くて、せっかく仲良くなってきたところでしつこくしてしまい、既読スルーされるのをきっかけにアプローチをやめてしまう恋愛が数多くあります。3日連続で送った後は1日間と空けて…みたいに、押し引きをナチュラルに行うことで受け取る相手の印象が変わってくるのが一つのメリットになっています。

好きな人からLINEが来るようになる

未来で付き合うようになる二人のLINEでも、片思いの時は役割分担みたいなものが自然に形成されることが多いです。LINEを例にすると、LINEを送る方と受け取る方という立場に分かれやすいんですね。「好きな人と頻繁にLINEするのに、相手からLINEが来ない…」と悩むパターンが多いんです。

LINEで押し引きすると、頻繁にLINEをするのですが、「引いている期間」が一定数あるので、気になった相手が「自分からLINEする機会」を作ることができます。好きな人からLINEが来ないと悩む時って結構自分からまた送っちゃっているんですよね。押し引きする人は敢えて送らない日を作るので、本当に仲良くなってくると、引いている期間に好きな人からLNEがくるようになってお互いにLINEをする仲に発展していきます。

実際押し引きすると自分のことを気にさせる効果がある

恋愛は一緒に居る時間や連絡を取り合っている時間だけで進むものではありません。一人で相手のことを考えている時間や思い出している時間にも進んでいきます。

LINEで押し引きすると、仲良く連絡を取り合う期間を作れる一方で、引いている期間にポツンと連絡が空き、自分のことを考えさせる時間が作れます。しっかり押していけることが前提条件となってきますが、仲良くしてくれていた人が急に引いた態度を取ってきたら、あなたも気になってしまうと思いませんか?

これは実際に私の経験でもそうで、多分あなたの経験でもそうだと思うのですが、頻繁に連絡をくれていた人が急に態度を変えたときは、つい気になってしまうものなんです。押し引きするメリットとして一番有名な効果かもしれませんが「自分のことを気にさせる効果」はしっかり押していればいるほどその効果の高さが期待できます。

LINEで押し引きするデメリット

LINEで押し引きする場合、やっぱりデメリットもあるのが現実です。押し引きが下手な人もいると思うので、メリットだけでなくデメリットをしっかり確認することで好きな人とのLINEで実際に押し引きするのかしないのかを判断してみて下さい。

思わせぶりだと思われる

LINEで日常的に連絡する仲になると、一定のところであなたから好きな人へ「気持ち」が伝わっていきます。どんな言葉を交換するかとか二人の関係で変わってくると思いますが「アプローチされているかも…」ってくらい思う場合も少なくないですよね。そういう意識をした状態で連絡を取り合ってると、好きだと言う気持ちが好きな人の気持ちを刺激して恋愛を進めていくことも多いのですが、押し引きをすると相手から見て「あなたの本当の気持ち」が分からなくなって「思わせぶりな態度を取っている」と悪い印象を持たれる可能性があるのがデメリットです。

誰かにアプローチされる際は多くの人がストレートにアプローチしてほしいと思うのですが、それは思わせぶりな態度でからかわれるようなアプローチが嫌だからです。特に女子の場合は、LINEでもどんどんアプローチする男子に魅かれるという人が多く、押し引きされると「チャラい」とも映ってマイナスになる場合も多いんですよね。思わせぶりな態度だと思われると、結局本当の気持ちがよく分からなくなって「適当に色々な人と連絡を取り合うタイプの人だ」などと思われることがあります。

テクニックに走るようにLINEで押し引きするのが良くないのは、相手にも気持ちがあるからです。仲良くなってきて押し引きする必要がない恋愛の場合は、ストレートにデートを重ねる方が上手くいきます。

押し引きしているのがバレたらめんどくさい

恋愛は、純粋な気持ちで進めていく方が付き合うべき人とは付き合えます。誰かを好きになって、どうしてもその人と付き合いたいと思うときはテクニックも使うべき関係性がありますが、惹かれあう恋愛をしたいときは小細工なしの方が気持ちが近づきやすいんですね。

好きな人から見たあなたの気持ちって、自分が思うよりも分かりにくくて、意外と現実の恋愛は自然に押し引き状態になっていることが多いので、敢えてテクニックとして押し引きをすると相手にバレやすいです。

もしLINEで押し引きをするなら、「自然に押し引きしているみたいになっていないか」を考えてみるといいです。敢えてやる必要の無い人が多いんですよ。小手先感が出てしまって好きな人にテクニックを使っていると思われたら効果は半減するどころか「めんどくさい」と嫌われかねません。

恋愛をするときは必ず「相手の気持ち」を考えて、良かれと思ったことを続けて下さい。自分がされて嫌なことをしないのも基本になります。押し引きされるとめんどくさいと思う人は基本的に向いていないと思うので、デメリットが目立つくらいならやらない方がいいです。

引きっぱなしになってしまって疎遠になる

好きな人にどんどん押していける人って実は少ないですよね?LINEを送るのにも頑張って送る人って本当に多いんですよ。

そんな人が「LINEで押し引き」しようとすると、「この間押したから今度は引いてみよう」と結局好きな人に頑張らない理由にしてしまうパターンが増えてしまいます。恋愛が下手な人って「今は引いているんだよ」と言いながら全然アプローチできてない人を見かけませんか?

せっかくLINEする仲になれたなら、その関係を続けていくことも大事なことです。特に好きな人だと意識してしまって気軽にLINEできない人は押し引きしようとしてそのまま疎遠になっていく人を多く見てきたので注意が必要です。連絡を取り合う仲から引いてしまうと、「再開する」ことにハードルの高さを感じる場合があって、せっかく進んできた恋愛をそこでストップしてしまうことがあるのがデメリットです。押し引きがアプローチに頑張らない理由になってしまう点に注意をしましょう。

まとめ

今回は「LINEで押し引きするメリットとデメリット」を紹介しました。恋愛するときにテクニックを使うべきかどうかも触れて行ったので、ぜひあなたの恋愛の進め方を振り返ってみて最適な好きな人とのLINEの方法に昇華してみて下さい。

好きな人と連絡を取り合う仲になったら、基本的には日常的にコミュニケーションを取り合う仲になっていくことを考えてみて下さい。LINEで押し引きするのが必要な時と言うのは、友達になってしまってなかなか進まない時や、相手が自分を恋愛相手として見てくれないと確信があるときです。

距離を縮めつつ連絡を取り合っていればデートや食事に誘えるタイミングも出てくるので、しつこくならないように気を付けるのも大切なんですが、基本はストレートにアプローチするようにしましょう。