何でなの!?男性が思わせぶりな態度を取る理由と心理

男性の思わぶりな態度に微妙な距離を感じる女性が差し出す手

「男性の思わせぶりな態度」って、女性の立場からすると色々と考えてしまったりして複雑な気持ちになることがありますよね。

気がありそうな態度を見せたり、口説くような言葉があるのに、何だかんだはっきりしない男性。ついイライラする女性もきっと多いと思います。

しかし、なぜ男性は女性に思わせぶりな態度を取るのでしょうか?

この記事では、「男性が思わせぶりな態度を取る理由と心理」ついて解説するので、「一体何でなの!」と気になる女性は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

場を盛り上げている

「可愛いね!」と男性に言われて怒るようなリアクションをする女性もいるのですが、真意は別にして基本的には笑顔になる女性が多いです。お世辞や社交辞令として受け取っていることを表現するためにも、男性のほめ言葉を笑って流すことが実際には多いですよね。

それは男性も予想している返しなので、思わせぶりな態度にはある種「場を盛り上げる効果」があります。男性が女性に思わせぶりな態度を取る心理には「思わせぶりな態度を取ることで場が盛り上がるから」という理由が絡んでいるんですね。

いわゆる恋愛アプローチに感じるような思わせぶりな態度ではなく、ノリが良い感じで明るいトーンの思わせぶりな態度を取る男性の場合は、あなたを笑わせて場を盛り上げたいから思わせぶりな態度を取ったのかもしれません。

その場だけの態度は思わせぶりな態度の特徴であるため、勘違いしないように気を付けましょう。

からかっている

上の理由に付随して、男性の思わせぶりな態度は、わざと思わせぶりに見える態度を取ることで、「女性をからかっている」ことがある点にも注意です。

モテるチャラ男に多いのが特徴ですが、あなたに思わせぶりな態度を取った男性が恋愛経験の多い男性の場合、恋愛の意味はなく、あなたをからかっているだけかもしれません。

特に意識したいのが「好きバレしている女性」です。その可能性があるなら、からかわれているかもしれないと考えてみるのは重要になります。意識していること、気になっていることも同様なので、あなたが相手の男性に対して好意を伝えている場合は、相手が心理的に優勢となるため、からかわれることも珍しくありません。

男性は女性に比べて「モテること」に価値観が高いです。男性は不特定多数の異性から自分のことを好きになってもらいたいと思う生き物ですから、自分の価値観だけで相手の心理を読まないようにしましょう。

女性をハントしているわけではないでしょうが、それこそ遊び半分で自分のことを気に入っていそうな女子に思わせぶりな態度を取ることが男性には多くなっています。

気を引こうとしている

思わぶりな態度を取る男性をつい気にしてしまう女性は少なくないと思うのですが、その心理自体が男性の狙いになっているケースも散見されます。

つまり、思わせぶりな態度を取ることで、あなたの気を引こうとしているわけです。

この場合は、相手の男性の心理が恋愛的に「遊びたい」という気持ちなのか、「好きだから」という気持ちで本気なのかは曖昧です。女性の気を引こうとして思わせぶりな態度を取る時はほぼ恋愛アプローチと変わらないような態度になることも多いため、相手の心理が見抜きにくいのが特徴です。

好きな人だったり気になる人から思わせぶりな態度を取られた場合は、相手の人間性や思わせぶりと感じる態度の継続性、ほかの女性と自分への態度の違いなどで、相手の心理・理由を見抜きましょう。

恋愛の雰囲気を漂わせながら思わせぶりな態度を取る男性は、女性からすると非常に厄介なタイプと言えますが、恋愛アプローチそのものが「思わせぶりな態度」と違いがないため、本気で好きになってくれた可能性がある点には注意が必要です。

なんでもかんでも「勘違いしたくない」と言って警戒心バリバリになってしまうのはモテない女性の特徴になっているので、せめて「その後の態度を見極める」という態度で男性を評価するべきでしょう。

もちろん、好きじゃない・タイプじゃない男性からなら、一貫して冷たい態度を取って脈なしだと気付かせるのが正解になります。

脈ありか脈なしか確かめている

上の理由・心理に付随して、相手の男性が本気の場合は「探り」を入れている可能性がある点もぜひ知っておいてほしいことです。

思わせぶりな態度は、相手に確信を与えずに自分の好意を伝える行為なので、言い換えれば、異性に探りを入れているような状態になります。

先ほども「冷たい態度を取って脈なしだと気づかせましょう」と言いましたが、もし思わせぶりな態度を取っても相手の女性が自分に好意的に接してくれる場合は脈ありサインとしてみることができることから、気になる女性・意識する女性への「初期の恋愛アプローチ」として思わせぶりな態度を取って様子を見るタイプの男性がいます。

そもそも、好きな人ができた時や気になる女性ができた時に、ストレートなアプローチをしてくる肉食男子はそこまで多くありません。最初は探りを入れつつ、自分が相手の女性に取って「アリかナシか」を確認するのは言葉で言う以上に普通の恋愛の仕方なので、あまりにもブラックに思わせぶりな態度を受け取るのも恋愛では間違いですよね。

今回のテーマはどうしても「遊びの恋愛」にも多い態度なので悪い意味で書くべき事項が多いのですが、真面目にあなたを意識して探りを入れる男性もいるので、きちんと見抜くことが大切になってきます。

特に大人の恋愛は学生恋愛のように猪突猛進でアプローチできない場合が多いので、徐々に距離を縮めたいという心理で探りを入れた結果、相手の女性から「思わせぶりな態度を取られた!」と思われてしまうことがあります。

ひどいことをされたなら別ですが、ちょっとしたアプローチだった場合は、お互いに様子を見ながら相性を確認してみるのも一つかもしれませんね。下の記事もぜひ参考にしてみてください。

好きだけど、まだ煮え切らない

思わせぶりな態度が真剣な想いを理由にしていても、付き合いたいと本気で思っているかはまた別の話です。「両想いなら付き合える」という考え方は、複雑な気持ちを抱える恋愛においてちょっと単純すぎる考え方となることがあって、色々な事情から「好きだけど、まだ煮え切らない」という心理状態で、男性が女性に思わせぶりな態度を取ることがあります。

「煮え切らない程度の『好き』なら思わせぶりな態度を取らないでほしい」という女性がいますが、好きって気持ちも事実ですから、自分の感情をコントロールしきるのは難しいことです。つい「近くにいたから思わせぶりな態度を取ってしまった」という心理になることもあって、付き合う前後の男女にすれ違いを誘発する場面が多々あります。

思わせぶりな態度をとり続ける男性は、あなたのことが真剣に好きである可能性も十分にあると思うのですが、だからと言って順調な恋愛であるかといえば、その期間や事情によっては分かりません。「なかなか告白してこない」という事実もある以上、付き合えない未来もある状態なので、恋愛が苦手な人はたとえ両想いでも恋愛成就が最後の段階で難しくなるんですね。

男性の思わせぶりな態度に強がりで返したり、維持を張ってしまうこともあると思うのですが、もし最後の段階で「迷い」が出てきている場合は、すれ違うことがないように気を付けましょう。

はっきりしない男性の方が悪いとは思うものの、恋愛は二人でするものですから、お互いの歩み寄りが何より大切です。

告白する直前の微妙な心理

思わせぶりな態度に恋愛の雰囲気を感じる場合は、「告白の前兆」かもしれません。「はっきりしてくれない!」とイライラする気持ちも、順調な恋愛が叶いそうで叶わない時に抱きがちですよね。

上の見出しとちょっと矛盾するように感じるかもしれませんが、男性にとっても「告白」は一大イベントであるため、たとえ両想いに確信が持てそうな場面でも自信を失うことがよくあります。

好きな人への愛情はすごく大切な気持ちなので、伝える際は「迷い」も「不安」も色々と抱えるのがむしろ普通です。近づいた分、今度は失うのが怖いという心理になるのが片思いから両想いの移行期に付きまとう問題なので、いい感じの雰囲気が継続しているなら、あなたから彼に自信を持ってもらうための行動が必要になっているかもしれませんね。

いずれにしても、恋愛は焦るとまず失敗するので、距離が縮まった二人は「言いたくても言えない気持ちのやり場」を意識しておいてください。片思いでも、告白の直前はカップルと変わらないような関係になることもあるため、複雑な恋心を原因に末期的なケンカが起こり得ます。

もし、いい感じの男性から思わせぶりな態度を取られているなら、あなたも傷つく覚悟を持って誠意ある態度で好きな人に気持ちを伝えていきましょう。付き合う直前のすれ違いは一気に関係を壊すことがあります。ぜひ、良いコミュニケーションをとって恋愛成就を目指してほしいと思います。

キープ・セカンドに対する思わせぶりな態度

男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由で、最もブラックななのが「キープ・セカンドの女の気持ちを維持するため」という理由です。

思わせぶりな態度には、女性に取って良い心理や純白のホワイトな理由も絡んで「男性の本音や真意が見抜きにくい」ものであるため、一定の距離を取りつつ、気持ちをキープするのに有効な手段となっています。「付き合うわけでもなく、付き合わないわけでもない」といった感じでダラダラ関係が続いている場合は、キープされている・セカンドになっている可能性があります。

ここは恋愛の本当に難しいところですね。

対処法も様々ありますし、その方法ごとにメリットとデメリットがあって複雑ですが、「体の関係」があるなら二人の関係をはっきりさせるべきでしょう。そのままでは、女性に取って幸福が訪れる可能性がかなり低い状態なので、どこかで覚悟を決めてきちんと問題と向き合う必要があるかと思います。

一方、特に大きな問題がなく付き合わないか付き合うか微妙な関係になった場合は、様子を見ながらも女性から踏み込む選択肢を模索するべきかもしれません。ここら辺は、「相手の男性とどうなりたいのか」という点についてメリットもデメリットも両方考えて結論を出さないといけないので、なかなか答えが出ない場合も多いかと思います。

いずれにしても、キープやセカンドの気持ちをキープするために為される思わせぶりな態度には真剣な気持ちがないので、相手男性が他に本命の彼女を作るなら、「都合のいい女」にならないことが大切です。

見極めには十分の時間をかけながら、確信した時はきちんと対処法を選べる人でいてください。

思わせぶりな態度だと思ってない男性心理も

最後に、「恋愛観の違い・価値観の違い」にも触れます。思わせぶりな態度が完全に勘違いだったパターンについてです。

男性が女性に接するとき、すごくナチュラルに思わせぶりな態度を取るタイプがいます。加えて、恋愛経験のない女性はちょっとした男性の行動を「思わせぶり」だと感じて、ある男女に認識の違いが発生している場合が今回のテーマではよくあります。

例えば「レディーファーストの考え方」のように、男性が女性に優しくするのはある意味常識にもなっていることですし、ほめ言葉を言うことで相手の女性が機嫌を良くすることも実際に多いので、天然の男性じゃなくても、自然に「女性からは思わせぶりだと思われる態度を取る男性」がいます。

みんなにやっていることなら「あなたが特別ではない」ということなので、彼の心理からしたら特に意味のない態度だったのでしょう。女性からすると文句を言いたくなる時もあろうかと思いますが、意識してしまったなら「勘違いした」という状態と同じになります。

男性の免疫がない女性(=恋愛経験がない女性)も、イケメンに褒められたり優しくされるとつい「特別な意味」を考えやすいので、できれば冷静な第三者(=友達)に恋愛相談してみるといいですね。

男性の心理では人間関係を良くするために女性に優しくすることも多いので、いつも恋愛の方向で考えてしまう人は気を付けたいところです。お互いの認識の違いは、恋愛でよく問題となることなので、それこそ経験によって学ぶことも多いと思います。

「自分だけ勝手に舞い上がった」と思うとすごくムカつきますが、意識してない男性はそれにも気づかないものなので、ストレスを消化したら友達として良い関係を築きましょう。

もし、好きだから思わせぶりな態度を取ったという場合、きちんとその後の態度もアプローチと思えることがたくさんあるはずですから、最初から相手の気持ちを深読みしないこともポイントになりそうです。

まとめ

今回は、「男性が思わせぶりな態度を取る理由と心理」について解説しました。

気になる男性や好きな人から思わせぶりな態度を取られたらなかなか冷静に受け取ることはできませんが、勝手に期待して空回りするような「自己完結型の恋愛」はなるべく早めに卒業してください。

一つの行動や態度、一つのエピソードでは、相手の気持ちがはっきり分かることはありません。

「どんなつもりであんな態度を取ったのだろう?」と思うときは、相手の理由や心理を色々考えてしまいますが、「その後の態度」にはきちんと答えが示されているはずです。

その答え合わせも「たった一つ」に拘ることなく、いくつかの視点で判断すれば間違いはないと思うので、どこか冷静になろうと意識しながら、相手男性の心理を読んでみてほしいなと思います。

ただし、確かにブラックな理由でわざと思わせぶりな態度を取る男性がいるのも事実ですから、悪い関係になりそうなら警戒するべきですし、もう悪い関係になっているならどこかで覚悟を決めて相手の気持ちを確かめるべきです。

ケースバイケースであなたの答えが変わりますが、「自分の幸せ」はどんな時も忘れないでくださいね。いい雰囲気を恋愛成就まで進める時も、常に思い込みを排除して、きちんと相手と向き合いながら幸せに向かって前進することが重要です。

思わせぶりな態度を取られた時にどんな対応をしたら良いか分からな人は下の記事も参考にしてみてください。