何でなの?男性が思わせぶりな態度を取る理由と心理|思わせぶりな男の本音とは?

男性の思わぶりな態度に微妙な距離を感じる女性が差し出す手

「男性の思わせぶりな態度」って、女性の立場からすると色々と考えてしまったりして複雑な気持ちになることがありますよね。

気がありそうな態度を見せたり、口説くような思わせぶりな言葉を使うのに、何だかはっきりしない男性。煮え切らない男に、ついイライラする女性もきっと多いと思います。

しかし、なぜ男性は女性に思わせぶりな態度を取るのでしょうか?

この記事では、「男性が思わせぶりな態度を取る理由と心理」ついて解説するので、「何で男は思わせぶりな態度を取るの?」と、思わせぶりな男の本音が気になる女性は、参考にしてみてください。

「場を盛り上げたい」という心理で思わせぶりな態度を取る男

「可愛いね!」と男性に言われて怒るようなリアクションをする女性もいるのですが、真意は別にして、基本的には笑顔になる女性が多いです。お世辞や社交辞令として受け取っていることを表現するためにも、女性は男性のほめ言葉を笑って流すことが実際には多いですよね。

それは男性も予想している返しなので、思わせぶりな態度にはある種の「場を盛り上げる効果」があります。男性が女性に思わせぶりな態度を取る心理には「思わせぶりな態度を取ることで場が盛り上がるから」という理由が絡んでいるんですね。

いわゆる恋愛アプローチに感じるような思わせぶりな態度ではなく、ノリが良い感じで明るいトーンの思わせぶりな態度を取る男性の場合は、あなたを笑わせて「場を盛り上げたい」から思わせぶりな態度を取ったのかもしれません。

その場だけの態度は思わせぶりな態度の特徴であるため、勘違いしないように気を付けましょう。

場を盛り上げたい心理で思わせぶりな態度を取る男の本音

場を盛り上げたい心理で思わせぶりな態度を取る男性は、2つの本音を持っています。

  • リップサービス
  • その場限りのノリ

口説くような感じと違い、明るいトーンの思わせぶりな態度には「相手の女性を騙したい」という男性心理はありません。

それより、リップサービスをその場限りのノリで行っていることが多く、態度もそれに同調しながらも、踏み込んでくる様子がない状態なので、初対面や飲み会の場で「みんなの前」で思わせぶりな態度を取る男性は、「盛り上げるためにやっている」というイメージを持っておくと良いです。

もし好意を持っている場合や恋愛感情を持っている場合は、二人きりになった時により積極的な態度を取るはずです。

女性を「からかい男性心理」が思わせぶりな態度の理由に

上の理由に付随して、男性の思わせぶりな態度は、わざと思わせぶりに見える態度を取ることで、「女性をからかっている」ことがある点にも注意です。

モテるチャラ男に多いのが特徴ですが、あなたに思わせぶりな態度を取った男性が恋愛経験の多い男性の場合、恋愛の意味はなく、あなたをからかっているだけかもしれません。

特に意識したいのが「好きバレしている女性」です。好きな人に好意がバレている可能性があるなら、思わせぶりな態度を取られた時に「からかわれているかもしれない」と相手男性の心理を考えてみるのが重要になってきます。

意識していること、気になっていることも同様なので、あなたが相手の男性に対して好意を伝えている場合は、相手が心理的に優勢となるため、からかわれることも珍しくありません。

男性は女性に比べて「モテること」に価値観が高いです。男性は不特定多数の異性から自分のことを好きになってもらいたいと思う生き物ですから、自分の価値観だけで相手の心理を読まないようにしましょう。

女性をハントしているわけではないでしょうが、それこそ遊び半分で自分のことを気に入っていそうな女子に思わせぶりな態度を取ることが男性には多くなっています。

からかう心理で思わせぶりな態度を取る男性の本音

女性をからかう男性は女性とのコミュニケーションが苦手なタイプも多いのですが、この理由で思わせぶりな態度を取るのは、明らかな「心理的余裕」を持っていて、本音では「本来の好意を持っていない」のが大きな特徴です。

よく女性から「思わせぶりな態度を取る男性とは付き合わない方がいいの?」と聞かれるのですが、頻繁にからかうように思わせぶりな態度を取る男性からは離れた方が良いです。

男性には、いたずらする心理や何の気もないのにちょっかいを出す心理があるため、女性が可愛いリアクションをしていると結局は男性を喜ばせることになってしまうので、突き放すのが正解となります。

思わせぶりな態度で女性の気を引こうとする男性心理

思わぶりな態度を取る男性をつい気にしてしまう女性は少なくないと思うのですが、その心理自体が男性の狙いになっているケースも散見されます。

つまり、思わせぶりな態度を取ることで、あなたの気を引こうとしているわけです。

この場合は、相手の男性の心理が恋愛的に「遊びたい」という気持ちなのか、「好きだから」という気持ちなのか、好意の有無はこれだけだと正直曖昧です。女性の気を引こうとして思わせぶりな態度を取る時はほぼ恋愛アプローチと変わらないような態度になることも多いため、相手の心理が見抜きにくいのが特徴なんですね。

好きな人だったり気になる人から思わせぶりな態度を取られた場合は、相手の人間性や思わせぶりと感じる態度の継続性、ほかの女性と自分への態度の違いなどで、相手の心理・理由を見抜きましょう。

恋愛の雰囲気を漂わせながら思わせぶりな態度を取る男性は、女性からすると非常に厄介なタイプと言えますが、恋愛アプローチそのものが「思わせぶりな態度」との違いがないため、本気で好きになってくれた可能性がある点には注意が必要です。

なんでもかんでも「勘違いしたくない」と言って警戒心バリバリになってしまうのはモテない女性の特徴になっているので、せめて「その後の態度を見極める」という態度で男性を評価するべきでしょう。

もちろん、好きじゃない・タイプじゃない男性からなら、一貫して冷たい態度を取って脈なしだと気付かせるのが正解になります。

女性の気を引くために思わせぶりな態度を取る男性の本音

思わせぶりな態度を取る理由が「女性の気を引くため」だった場合、男性の本音は「自分に好意を持ってほしい」という気持ちです。

ただ、前述したように「本気か遊びか」との問題があるので、チャラ男や遊び人の男性には注意をしましょう。

恋愛アプローチは、男性でもなかなか男らしくストレートにできないものなので、本気であっても思わせぶりな態度みたいになってしまうことがあります。相手男性の真意を確かめたいなら少し時間を置いて複数のサインを確認したいですね。

思わせぶりな態度が「本気じゃない」と心配な女性は、下の記事で確認してみてください。

思わせぶりな態度は「探り」の可能性アリ!脈ありか脈なしか確かめたい男性心理

上で説明した女性の気を引くという理由・心理に付随して、相手の男性が本気の場合は思わせぶりな態度を取ることで「探り」を入れている可能性がある点もぜひ知っておいてほしいことです。

思わせぶりな態度は、相手に確信を与えずに自分の好意を伝える行為なので、言い換えれば、異性に探りを入れているような状態になります。

先ほども「冷たい態度を取って脈なしだと気づかせましょう」と言いましたが、もし思わせぶりな態度を取っても相手の女性が自分へ好意的に接してくれる場合は脈ありサインとしてみることができることから、気になる女性・意識する女性への「初期の恋愛アプローチ」として思わせぶりな態度を取って様子を見るタイプの男性がいます。

そもそも、好きな人ができた時や気になる女性ができた時に、ストレートなアプローチをしてくる肉食男子はそこまで多くありません。最初は探りを入れつつ、自分が相手の女性に取って「アリかナシか」を確認するのは言葉で言う以上に普通の恋愛の仕方なので、あまりにもブラックに思わせぶりな態度を受け取るのも恋愛では間違いですよね。

今回のテーマはどうしても「遊びの恋愛」にも多い態度なので、悪い意味で書くべき事項が多いのですが、真面目にあなたを意識して探りを入れる男性もいるので、きちんと見抜くことが大切になってきます。

特に大人の恋愛は学生恋愛のように猪突猛進でアプローチできない場合が多いので、徐々に距離を縮めたいという心理で探りを入れた結果、相手の女性から「思わせぶりな態度を取られた!」と思われてしまうことがあります。

ひどいことをされたなら別ですが、ちょっとしたアプローチだった場合は、お互いに様子を見ながら相性を確認してみるのも一つかもしれません。下の記事もぜひ参考にしてみてください。

思わせぶりな態度で探りを入れる男性心理

思わせぶりな態度はやり方を間違わなければ「ノリや冗談」として流すことが可能です。気になる女性に、探りで思わせぶりな態度を取る男性の本音は「脈なしなら狙わない」というもので、「本気でアプローチする前に自分の印象を確かめたい」と思っています。

ただし、男性はもう少し純粋な好意が理由になることもあって、本気で好きになる前に探りを入れたい心理は女性に比べて高め。もし好きな人や気になる人から探りを入れられた時は、シャットアウトせずにそれなりのリアクションをしておきたいところです。

下の記事も参考にしてみてくださいね。

「好きだけど、まだ煮え切らない男性心理」が思わせぶりな態度の理由に

思わせぶりな態度が真剣な想いを理由にしていても、付き合いたいと本気で思っているかはまた別の話です。「両想いなら付き合える」という考え方は、複雑な気持ちを抱える恋愛においてちょっと単純すぎる考え方となることがあって、色々な事情から「好きだけど、まだ煮え切らない」という心理状態で、男性が女性に思わせぶりな態度を取ることがあります。

「煮え切らない程度の『好き』なら思わせぶりな態度を取らないでほしい」という女性がいますが、好きって気持ちが事実であれば、自分の感情をコントロールしきるのは難しいことです。男性は、つい「近くにいたから思わせぶりな態度を取ってしまった」という心理になることもあって、付き合う前後の男女にすれ違いを誘発する場面が多々あります。

思わせぶりな態度をとり続ける男性は、あなたのことが真剣に好きである可能性も十分にある一方、順調な恋愛であるかといえばその期間や事情によって変わってきます。「なかなか告白してこない」という事実もある以上、付き合えない未来もある状態なので、恋愛が苦手な人はたとえ両想いでも恋愛成就が最後の段階で難しくなるんですね。

女性は、男性の思わせぶりな態度に強がりで返したり、維持を張ってしまうこともあると思うのですが、もし最後の段階で「男性の迷い」が出てきている場合は、すれ違うことがないように気を付けましょう。

はっきりしない男性の方が悪いとは思うものの、恋愛は二人でするものですから、お互いの歩み寄りが何より大切です。

煮え切らないのに思わせぶりな態度を取る男性の本音

煮え切らない男性は、「迷い」が理由になっているから思わせぶりな態度に留めて「告白」までは至らない状態です。はっきりしない理由は様々あるのですが、この状態から「やっぱり付き合いたくない」と思うこともあるので、最後の一歩が意外に遠い恋愛は本当に注意してください。

アプローチに積極的な男性であっても、告白に消極的なタイプもいますから、片思いから両想いになったサインが出ている時は、女性からアプローチしていくことも大切です。しっかり好意を伝えて、はっきりしない男に対策しましょう。

片思いか両想いか分からない女性は下の記事を読んでみてください。

告白する直前の微妙な男性心理

思わせぶりな態度に真面目な恋愛の雰囲気を感じる場合は、「告白の前兆」かもしれません。「はっきりしてくれない!」とイライラする気持ちも、順調な恋愛が叶いそうで叶わない時に抱きがちですよね。

思わせぶりな態度を取る男性の人間性に信用が持てる場合は、彼が告白してくるように雰囲気作りをした方が良いパターンもあります。

上の見出しとちょっと矛盾するように感じるかもしれませんが、男性にとっても「告白」は一大イベントであるため、たとえ両想いに確信が持てそうな場面でも自信を失うことがよくあります。

本気の恋愛感情を持っている男性は、告白する直前に思わせぶりな態度を取る傾向があります。

好きな人への愛情はすごく大切な気持ちなので、伝える際は「迷い」も「不安」も色々と抱えるのがむしろ普通です。近づいた分、今度は失うのが怖いという心理になるのが片思いから両想いの移行期に付きまとう問題なので、いい感じの雰囲気が継続しているなら、あなたから彼に自信を持ってもらうための行動が必要になっているかもしれませんね。

いずれにしても、恋愛は焦るとまず失敗するので、距離が縮まった二人は「言いたくても言えない気持ちのやり場」を意識しておいてください。片思いでも、告白の直前はカップルと変わらないような関係になることもあるため、複雑な恋心を原因に末期的なケンカが起こり得ます。

もし、いい感じの男性から思わせぶりな態度を取られているなら、あなたも傷つく覚悟を持って誠意ある態度で好きな人に気持ちを伝えていきましょう。付き合う直前のすれ違いは一気に関係を壊すことがあります。ぜひ、良いコミュニケーションをとって恋愛成就を目指してほしいと思います。

告白する直前に思わせぶりな態度を取る男性の本音

告白したいけどできない男性心理は、女性心理と同じようにとても複雑です。告白しない以上、好きな人に思わせぶりな態度を取ってしまっているのですが、もちろん罪悪感みたいな気持ちも抱いていますし、告白できない自分を責めたりもします。

ただ、やっぱり本気で好きな人には勢いだけじゃ告白できないものなので、告白するのに時間がかかるのも仕方ない部分がありますよね。真面目な恋愛観を持っている男性が特定の女性に思わせぶりな態度を取る時は強い脈ありサインであることが多いので、イライラしたりせずにもう少し時間をあげましょう。

告白の前兆で思わせぶりな態度を取られるのは、付き合う前にあるあるとなっている部分があります。

キープ・セカンドに対する思わせぶりな態度

男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由で、最もブラックなのが「キープ・セカンドの女の気持ちを維持するため」という理由です。

思わせぶりな態度には、女性に取って良い心理や純白のホワイトな理由も絡んで「男性の本音や真意が見抜きにくい」ものであるため、一定の距離を取りつつ、気持ちをキープするのに有効な手段となっています。「付き合うわけでもなく、付き合わないわけでもない」といった感じでダラダラ関係が続いている場合は、キープされている・セカンドになっている可能性があります。

ここは恋愛の本当に難しいところですね。

対処法も様々ありますし、その方法ごとにメリットとデメリットがあって複雑ですが、「関係が進んでしまっている」なら二人の関係をはっきりさせるべきでしょう。そのままでは、女性に取って幸福が訪れる可能性がかなり低い状態なので、どこかで覚悟を決めてきちんと問題と向き合う必要があるかと思います。

一方、特に大きな問題がなく付き合わないか付き合うか微妙な関係になった場合は、様子を見ながらも女性から踏み込む選択肢を模索するべきかもしれません。ここら辺は、「相手の男性とどうなりたいのか」という点についてメリットもデメリットも両方考えて結論を出さないといけないので、なかなか答えが出ない場合も多いかと思います。

いずれにしても、キープやセカンドの気持ちをキープするために為される思わせぶりな態度には真剣な気持ちがないので、相手男性が他に本命の彼女を作るなら、「都合のいい女」にならないことが大切です。

見極めには十分の時間をかけながら、確信した時はきちんと対処法を選べる人でいてください。

キープするために思わせぶりな態度を取る男性の本音

キープするため、セカンドにするために思わせぶりな態度を取るのは、「女性の気持ちをつなぎたいから」です。付き合いたいわけじゃないので微妙な距離感を保ちますが、かと言って冷たい態度を取ると女性の気持ちが自分から離れてしまうので、気持ちをつなぎとめるために思わせぶりな態度を取ります。

女性が意を決して関係をはっきりさせるための行動を取れば彼が離れていってしまう可能性が高いのですが、そのまま都合のいい女になると余計に付き合える可能性を減らすことも事実。難しい問題になるものの、タイミングの問題になってきますので、キープされている自覚がはっきりした際はどこかで思い切った行動を取りましょう。

相手に合わせているだけだと幸せになれる可能性を自分から放棄することになってしまいます。

思わせぶりな態度だと思ってない男性心理も

最後に、「恋愛観の違い・価値観の違い」にも触れます。思わせぶりな態度が完全に勘違いだったパターンについてです。

男性が女性に接するとき、すごくナチュラルに思わせぶりな態度を取るタイプがいます。加えて、恋愛経験のない女性はちょっとした男性の積極的な行動を「思わせぶり」だと感じて、ある男女に認識の違いが発生している場合が今回のテーマではよくあります。

例えば「レディーファーストの考え方」のように、男性が女性に優しくするのはある意味常識にもなっていることですし、ほめ言葉を言うことで相手の女性が機嫌を良くすることも実際に多いので、天然の男性じゃなくても自然に「女性からは思わせぶりだと思われる態度を取る男性」がいます。

みんなにやっていることなら「あなたが特別ではない」ということなので、彼の心理からしたら特に意味のない態度だったのでしょう。女性からすると文句を言いたくなる時もあるんだと思いますが、意識してしまったなら「勘違いした」という状態と同じになります。

男性の免疫がない女性(=恋愛経験がない女性)も、イケメンに褒められたり優しくされるとつい「特別な意味」を考えやすいので、男性心理に疎いならできれば冷静な第三者(=友達)に恋愛相談してみるといいですね。

男性の心理では人間関係を良くするために女性に優しくすることも多いので、いつも恋愛の方向で考えてしまう人は気を付けたいところです。お互いの認識の違いは、恋愛でよく問題となることなので、それこそ経験によって学ぶことも多いと思います。

「自分だけ勝手に舞い上がった」と思うとすごくムカつきますが、意識してない男性はそれにも気づかないものなので、ストレスを消化したら友達として良い関係を築きましょう。

もし、好きだから思わせぶりな態度を取ったという場合、きちんとその後の態度もアプローチと思えることがたくさんあるはずですから、最初から相手の気持ちを深読みしないこともポイントになりそうです。

男性に自覚がない場合の思わせぶりな態度の本音

男性に自覚がない思わせぶりな態度は、男性側としては「こんなことで勘違いされると思っていなかった」というのが本音です。常識の範囲内だと思っているので、罪悪感はなく、女性が自分を意識する可能性にも考えが及んでいない状況です。

こんなタイプはあなた以外の他の女性にも同じ態度を取っているはずなので、「特別な態度」というのは、自分だけじゃなく、相手の価値観も勘案して考えないといけませんね。

自分に思わせぶりな態度を取る男性の心理を知りたい場合は、必ず「周りとの比較」の視点を持つようにしてください。

まとめ

今回は、「男性が思わせぶりな態度を取る理由と心理」について解説しました。それぞれの見出しに「男性の本音」を紹介しているので、より深く男性心理を理解してもらえたらと思います。

気になる男性や好きな人から思わせぶりな態度を取られたらなかなか冷静に受け取ることはできませんが、勝手に期待して空回りするような「自己完結型の恋愛」はなるべく早めに卒業してください。

一つの行動や態度、一つのエピソードでは、相手の気持ちがはっきり分かることはありません。

「どんなつもりであんな態度を取ったのだろう?」と思うときは、相手の理由や心理を色々考えてしまいますが、「その後の態度」にはきちんと答えが示されているはずです。

その答え合わせも「たった一つ」に拘ることなく、いくつかの視点で判断すれば間違いはないと思うので、どこか冷静になろうと意識しながら、相手男性の心理を読んでみてほしいなと思います。

ただし、確かにブラックな理由でわざと思わせぶりな態度を取る男性がいるのも事実ですから、悪い関係になりそうなら警戒するべきですし、もう悪い関係になっているならどこかで覚悟を決めて相手の気持ちを確かめるべきです。

ケースバイケースであなたの答えが変わりますが、「自分の幸せ」はどんな時も忘れないでくださいね。いい雰囲気の恋愛を付き合うまで進める時も、常に思い込みを排除して、きちんと相手と向き合いながら幸せに向かって前進することが重要です。

思わせぶりな態度を取られた時にどんな対応をしたら良いか分からな人は下の記事も参考にしてみてください。

積極的に男性の気持ちを確かめたいなら「女性からデートに誘う方法」を実践してみましょう。どうしたらいいか分からない女性は下の記事を読んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました