女性からデートに誘う方法!男性心理を踏まえた「誘い方のコツやポイント」とは?

女性からデートに誘う方法を実践した女性が好きな人とデートている様子。

女性から男性にデートのお誘いをするのは、とても勇気がいることですよね。一般的なデートをイメージすると、「デートは男性が女性を誘うもの」と考えている女性が多いかもしれません。

だからこそ、女性は、「断られたらどうしよう…」「私から誘うの恥ずかしいな…」「ガツガツしてる女だって思われたらどうしよう…」って不安に感じて、自信をなくすことも多いと思うんです。

でも、本気で「気になる彼とデートがしたい!」と思った時に、自分からどうやってデートに誘えばいいのかわからなくて、アプローチできないことに悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

片思いの相手によっては、女性からデートに誘うべきシチュエーションもあるので、待っているだけで進まない片思いなら、女性から誘う必要があります。

そこで今回は、「女性からデートに誘う方法」を徹底解説します。

女性からデートに誘われる男性心理を踏まえながら、お誘いが上手くいくように「誘い方のコツやポイント」を紹介するので、「好きな人がデートに誘ってくれない」という女性や、「自分からデートに誘うべき?」と悩む女性は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

女性にデートに誘われた男性心理!女性からデートに誘われたら男性はどう思うの?

職場で女性からデートに誘われた男性。嬉しいという心理になっている。

とある男性心理についての調査で、「女性からデートに誘われたら嬉しいですか?」という質問を男性に投げかけたところ、「嬉しい」という回答をした人が約9割いました。

この結果は恋愛の専門家である私の知見とも合致しており、女性からデートに誘われた場合、非常に多くの男性が「嬉しいと感じる」ということを女性はまず理解しておいてほしいと思っています。

男性はいつもデートに誘う側だからこそ、「きっと、勇気を出して誘ってくれたんだ」と自然と好感を持ってくれるのです。

それに、最近の男性は昔に比べて草食化してきている事から、恋愛にも消極的になってきています。「自分からデートに誘う勇気がない」と思う男性ほど、女性からデートに誘われると嬉しいと感じます。

ただし、相手の男性のタイプを見極めて、デートの誘いを待ってみることも必要です。

例えば、積極的なタイプの男性だったら、女性からデートに誘われるとプライドが傷つくこともあり得ます。「いつデートに誘おうかな?」と思っていた矢先に…というように、悪いタイミングで誘ってしまったら、男性も女性に対して色々思うことが出てきます。

ガツガツしている肉食系女子だと思われたら、「合わないな」とか「女らしくない」とか思われることもあるでしょう。

では、どのように女性からデートに誘うタイミングを間違えないようにすると良いかと言えば、「デートに誘う下準備」をする方法をおすすめします。デートの誘いにOKしてもらう確率を上げることもできるので、失敗しない誘い方をしましょう。

女性からデートに誘う前にしておきたい5つの下準備

女性からデートに誘って海に来たカップル。

女性からのデートのお誘いを成功させるためには、事前にしておいたほうが良い準備があります。

誘いたい男性と仲が良かったり、男性の方もあなたに気がありそうな場合は誘いにOKしてくれる確率が高いですが、お互いの事をあまり知らなかったり、そんなに親しくない男性を誘おうとしているなら、断られてしまうことも多いですよね。

まだ相手との距離が遠いと感じる人にとっては、とても重要な段階です。相手との距離を縮めてからお誘いに挑むのが、男性からのOKをもらえる近道になるんです。

下準備をしている内に「男性からデートに誘われる」ということも起こり得るので、しっかり好きな男性とデートができる状況を作っていきましょう。女性からデートに誘うタイミングを計ることもできます。

好きな人と連絡先を交換する

女性からデートに誘うにはまず好きな男性の連絡先を交換しないといけません。そもそも、デートに誘う相手の連絡先を知らないのはとても不便ですし、会う以外のコミュニケーションツールがないため、仲良くなる機会も必然と少なくなりますよね。

女性なら「自分からLINEを聞くなんてできない…。」と連絡先を聞く勇気が出せずにいる人も多いと思いますが、「どうやって連絡を聞き出したらいいの?」って思っている女性は下の記事を参考にしてみてください。

自然に連絡先を交換する7個の方法|さりげなく聞き出したいなら

連絡先の交換は、きちんと知り合った関係ならきっかけ次第です。女性から聞くのも問題ないですし、LINEの交換はむしろ女性主導であることも多いので、方法を学んで実践してみましょう。友達を巻き込んでみるとか、仕事や学校関係の用事をきっかけにしたりと、いくらでも方法はあります。

特に社会人の職場恋愛にありがちなのですが、連絡先が分からないことで相手と親しくなることができず、デートの誘いがダメになってしまうことがよくあります。LINEを聞いて、コミュニケーションを少しずつでも取れば、成功確率アップに繋がるので、早めに交換してしまいましょう。

好きな彼とできるだけ接触する

デートの誘いを受けてもらうためには、好きな彼と接触する時間を増やすことが重要です。今までよりも接触する時間が増えることで相手にも意識してもらえる可能性が広がるので、コミュニケーションの内容よりも接触の頻度を意識して、話しかける機会を意識的に増やしてください。

職場や学校で相手の男性と会うことができるのであれば、自分から積極的に話しかけに行ってみましょう。そこから、何かデートに誘うきっかけとなるような会話が生まれることもあります。

一方で、自分から話しかけるのが苦手という人もいると思います。そんな人は、無理に会話をしようとせず、「おはよう」「お疲れ様」など一言でもいいので、声を掛けてみることから始めてみると良いですよ。少しずつ打ち解けてくる方法を選ぶと、会話するチャンスも自然と出てきます。

会えない場合はLINEやメールでコミュニケーションを取る

好きな男性になかなか会えない時には、LINEやメールなどで連絡をとってみましょう。何気ない日常的な会話でいいので、なるべく相手に接触しておくことが大切です。

ここで注意したいのは、しつこく連絡しすぎないことです。意識してもらおうとたくさん連絡したとしても、相手に「うるさいな」「しつこいな」と思われては逆効果です。適切な頻度で連絡することがとても重要なポイントになってきます。

好きな人にLINEする時、既読無視や未読スルーが怖い人は、下の記事を読んでみてください。返信しにくいLINEをすると逆効果になります。

デートに誘う男性の好みや趣味を知る

男性には、自分に共感してくれたり、同調してくれたりする人に好感を持つという心理があります。連絡先を交換した後は、彼の趣味や、好きな食べ物や音楽などをさりげなく探ってみましょう。

まずは、「何が趣味なのー?」「好きな◯◯って何―?」というように質問して少しずつ相手のことを知ります。その後は、彼の好みとか趣味の話題を軸に会話をして、あなたが彼の趣味や好みについて興味を持っている事をアピールすると良いです。

会話中に、「もっと教えて!」というように興味を持った反応をしたり、「◯◯って、どうなのー?」みたいに彼の話に質問しましょう。しっかりとしたリアクションは良い印象を与えてくれるので、とても効果的ですよ。

もし、あなたが彼の好みとか趣味に興味がなかったとしても、「うんうん、そうだよね。」という風に会話に同調したり、「それすごいね!」って共感したりすれば、「自分のこと考えてくれているんだなあ」と男性心理が働いて、あなたが好印象の女性になることができます。

2人の共通点を見つける

お互いのことで何か共通しているものが見つかれば、より盛り上がる会話ができるようになります。デートのお誘いに繋がるネタにもなるため、好きな人との会話では「2人の共通点」を見つけるように話題を展開してみましょう。男性がデートをOKしてくれるきっかけの一つになってきます。

例えば、食べたい物、行ってみたい場所など、直接デートに繋がりそうな共通点をみつけられるとベストですね。このような話題をあなたから提供してあげれば、会話が弾んで、もっと話していたいと彼に思わせることも可能です。

見つかった共通点をきっかけに急激に仲良くなると、男性からデートに誘われることもあり得ます。デートの誘い方に悩むこともなくなると思うので、いろいろな話題から二人が盛り上がる話題を見つけてみましょう。

デート中の会話にも使えますよ。

女性からデートに誘うタイミングとシチュエーション

ここまで説明した「女性からデートに誘う準備」をしている間に男性からデートに誘われない女性は、自分からデートに誘うタイミングに来ています。

出会ってからの期間より、自然と話せるようになってからの期間で考えましょう。仲良くなってきて1か月から2か月が妥当です。デートに誘う男性は仲良くなってから1か月以内に誘うので、この時期を過ぎたら待っている恋愛の仕方では進展がありません。

男性にも自分からデートに誘えないタイプがいるため、シャイな男性が相手であれば友達が確定してしまう前に女性からデートに誘うのが正解です。デートに誘われるのを待っているだけの女性はなかなか片思いを叶えるチャンスがこないので、自分から動きましょう。

連絡先の交換をして、頻繁に話しかけながらLINEをして、趣味や好みを知って共通点を見つけたという時期は、デートできる関係になれています。自信をもってお誘いをしてみてくださいね。

具体的な方法は、次から解説します。

女性からデートに誘う方法

自分からデートに誘った女性が好きな人と笑顔でデートしている様子。

ここからは「女性からデートに誘う方法」を解説します。女性からする「お誘いの本番」が上手くいくコツやポイントを男性心理を踏まえて紹介するので、きちんと準備できた女性は実際の行動を取りましょう。

どのように誘われたら男性はOKしてくれるのか、できるだけ自然に誘える方法を解説していきます。

「女性からデートに誘うのは恥ずかしい…。」
「自分から誘って失敗したらどうしよう…。」

こんな心配を抱える女性がほとんどでしょうから、勇気を出して好きな彼をデートに誘えるように全力でサポートします。

緊張しない誘い方:LINEやメールで気軽に誘う方法

LINEやメールを使ってデートに誘うのは、直接誘うよりも比較的簡単に誘えるのでおすすめです。その際のメッセージはできるだけシンプルかつ気軽さを意識した内容にしましょう。そうすることによって、誘われた男性も気軽な気持ちでOKできるので、成功率が自然とアップします。

デートに誘うときに、電話を使ったり直接伝えるのは緊張してしまうので、ハードルが高いですよね。誘われた側も突然のことで戸惑って、反射的に断ってしまうこともあります。しかし、LINEやメールなどの連絡手段を使えば、メッセージの内容をしっかり考えてから相手を誘えるので、難易度がかなり下がります。相手も返事の猶予ができますし、プレッシャーを感じさせずに済むというのもメリットですよね。

女性からの誘い方で一番大事なポイントは、メッセージの内容をシンプルで気軽さが出るようにすることです。「〇〇くんのことが気になってるから、一緒にご飯行きませんか?」というように、あからさまな好意を示してしまうと、相手もあなたに好意を抱いてない限りは断られてしまう可能性が高いです。

また、思いのこもったメッセージは相手の負担にもなってしまうので、できるだけシンプルで気軽な感じのメッセージでデートに誘いましょう。

「来週って3連休だよね!埋まってなかったらこの間話してたイタリアンのお店行かない?」

会話の流れを作って気軽に誘えば、相手も構えずに返信してくれるはずですよ。詳しくは下の記事を読んでみてください。女性からご飯に誘う方法をまとめています。

デートの誘いは具体的に予定や候補日を伝える

女性は好きな男性のことを気遣って、相手の都合のいい日に予定を合わせてしまいがちですが、それはデートに誘う上で逆効果です。出かける日取りが曖昧になることでデートの話が流れてしまうので、具体的に予定や候補日を提示して誘う方が成功確率が高い方法となります。

「私はいつでもいいよ」「〇〇くんの暇な日に行こう」などと、具体的な日時を示さずに誘ってしまうと、いつまでも好きな彼とのデートが引き延ばされてしまいます。せっかく勇気を出して出かけようという提案をしても、なかなか実現せずに終わってしまうこともあり得るかもしれません。

そんなことにならないように、「来週の〇曜日か〇曜日空いてる?」「もし都合が合えば、〇日か〇日一緒に食事とかどうかな?」など、具体的な曜日とか日にちを出して誘えば、相手も誘いに乗りやすいので、良い返事をもらえる可能性が高くなります。

ちょっとしたポイントなのですが、女性から男性にデートに誘うときは、忙しくてある程度予定が埋まっていることを伝えると効果的です。そうすることで、「早く返事しないと予定埋まっちゃうかも…」「これ逃したら次がないかも…」というように気持ちが掻き立てられる男性心理が働くので、ちょっとだけ忙しさをアピールしてみるとデートの誘いが成功する確率が上がるはずですよ。

女性からデートに誘う際は、好きな男性に自分を追わせる努力も同時に行っておくと、付き合える可能性を引き上げることができます。

女性から誘う時は、目的や理由をつける

デートに誘う時は、目的や理由をつけた誘い方をしましょう。男性が誘われた意味を深く考えなくてもOKを出しやすくなるため、より一層効果的です。

いくら気軽な感じで相手に配慮した誘い方をしても、何か理由や目的がないと不安だし、構えてしまいますよね?自然にデート誘えるような口実を作ることによって、お誘いの成功率も上がるので、是非実践してみましょう。

例えば、男性へのプレゼントを一緒に選んでほしいと誘うのは「男性の意見を欲している」と理解してもらえるので、自然な口実になります。また、相談に乗ってほしいと誘うのも効果的です。悩んでいる女性を前にすると男性も断りづらいですし、自分が頼りにされていると感じて嬉しいはずです。

これらの例は男性の「頼られたい」という心理を利用したもので、男性の欲求を満たすことができるのでおすすめです。この誘い方で成功すると、デートした後も「この前のデートのお礼がしたいから食事にでもどうですか?」と次のデートに誘う口実にもできちゃいますよ。

男性の趣味に便乗する誘い方

相手の男性が「そこなら行きたい!」と思えるようなデートプランにすれば、お誘いにOKしてくれる可能性が高まります。女性からデートに誘う際は、彼の趣味に沿ったプランを練っておくと良いです。

ここでは、デートに誘う前にしておきたい下準備として先ほど紹介したことが役立ってきます。相手の好みや趣味を事前にリサーチしてデートを計画しておくことによって、彼のデートに対するモチベーションが高められるので、成功率もアップします。

相手の好みや趣味だけじゃなくて、あらかじめ自分と相手との共通点を見つけておいて、それもデートプランに組み入れるとさらにいいですね。彼が会話中に「俺(僕)、あのお店行ってみたいんだよな」なんて言った時は大チャンスです。「私も行きたい」「連れてって」とその場ですぐに反応すれば、自然な会話の流れでデートの約束ができることもありますよ。

自分の趣味や好みを理解してくれる女性に男性はときめきを感じるので、好きな人のことを知っておくことはとても重要になってきます。

女性専用の誘い方:おねだりして誘う方法もおすすめ

もし今までの手法にしっくりこなくて、本気でデートの誘い方に悩んでいるなら、男性の「頼られたい」心理を最大限に利用して、「~して欲しいなあ」とおねだりしてデートに誘う方法がおすすめです。

この方法は、男性が使うと気持ち悪い誘い方になるため「女性専用の誘い方」なのですが、好きな人から「可愛い!」と思ってもらえる方法になっています。

女性に何かをお願いされたら男性は断りにくいものです。しかも、男性は頼まれた側として気軽にOKできる誘い方ですし、普段はめんどくさがりの男性も誘いを受けてくれるでしょう。

しかし、この方法では注意しなければいけない点があります。「~して欲しい」とおねだりする時には、女性のあざとさが見えてしまうことがあるので、そこを上手くカバーしなくてはいけません。

「○○に連れてって~」などとおねだりした時は、「この子は俺(僕)に奢らせるために誘ったんじゃ…」と思われてしまうことがあります。女性に下心がなくても、そういう受け取り方をされてしまうこともあるので、誤解されないように細心の注意を払ってデートに誘いましょう。

心理学を使うと、断られない誘い方ができる

女性からデートに誘う際は、猪突猛進にアプローチできる男性よりも「失敗したくない」という気持ちが強いと思うのですが、「断られない誘い方」したいなら心理学を利用する方法がおすすめです。

【心理学】断られない誘い方!7つのテクニックとコツを徹底解説!これであなたも「デートに誘う方法」が分かります

上の記事で心理テクニックを紹介しているので参考にしてみてください。恋愛テクニックは逆効果になることも多いですが、あまりデメリットがない方法を紹介しています。ちょっとした工夫や誘い方の違いでOKしてくれる確率が変わるので、おすすめです。

恋愛の雰囲気を出すコツ:デート感をさりげなくアピール

女性から気軽にデートに誘うと好きな人からOKをもらえる可能性が高いのですが、相手の男性はデートだと気づかないで、友達同士で遊んでいるという感覚になってしまうのが問題点です。

そこで必要になるのが、あなたが相手の男性に好意を持っていることをさりげなく伝えることや、デートであることをアピールすることです。

恋愛におけるいい雰囲気とは自分から作るものなので、ちょうどいいアピール方法を実践してみましょう。

男性は女性からあからさまに好意を示されたり、「デート」という言葉をつかったデートの誘い方をされると戸惑ってしまうので、露骨でない方法でアプローチします。例えば、「テーマパークのチケットが2枚あるから一緒にどう?」と理由をつけて誘う場合にでも、「◯◯くんと一緒に回れたら楽しいと思って!」などと一言付け足すことで好意をアピールできます。

彼と今後付き合いたいのなら、友達としてではなく女性として意識してもらうことが重要なので、さりげなく好意を示してアプローチしていきましょう。「どんなデートの仕方をすればいいの?」と悩んでしまう女性は、下の記事が参考になります。

女性からデートに誘う際の注意点

女性から男性をデートに誘う時は大きく2つの点に注意をしてください。間違った誘い方をするとたとえ「いいな」と思われていてもデートの成立が非常に難しくなります。

駆け引きはNG

なかなか好きな人を誘えない女性は、男性からデートに誘われたいと思って「押してダメなら引いてみろ」という具合に駆け引きしがちなのですが、片思いに駆け引きを持ち込む女性は男性から嫌われる傾向が顕著です。

相手の男性からすると何を考えるか不気味に感じますし、気持ちをもてあそばれているようなイメージを持つんですね。男性心理は恋愛に単純なので、ストレートな恋の仕方が合っています。

あからさまなアピールになると「男性の方からデートに誘ってほしい」という気持ちがバレて逆効果ですし、駆け引きしている間にライバルが現れると彼を持って行かれてしまう可能性だってありますよね。

少しでも彼があなたに好意を持っていた場合でも、女性の下心が見え見えだと男性の心も冷めます。好意を持ってないのならば、特に効果は見込めない作戦ですし、デメリットが大きいので注意しましょう。

忙しい時に誘うのはNG

彼がどうしても忙しくて、予定を入れるのが難しそうな状況の時は、デートのお誘いは控えましょう。いくら上手にデートに誘ったとしても、断られてしまう可能性が高いです。誘い方も大事ですが、同じくらい誘うタイミングや誘う時間帯なども重要なポイントになっています。

もちろん、彼が忙しい時期にわざわざデートに誘う女性は少ないと思います。ですが、あなたがデートのお誘いをする時間に彼が忙しいかどうかを意識できていますか?

失敗しないデートの誘い方をしても、彼が仕事中だったり友達と遊んでいたりすれば、「忙しいからまた後で」「今度ゆっくり連絡するね」と言われてしまう可能性が高いので、せっかく勇気を出して誘っても、デートの話が流れてしまうことがあります。

彼に時間がある時を見計らって連絡をとってお誘いすれば、高確率でデートの約束に繋がりますよ。

まとめ:女性からデートに誘う方法を知れば、自分から片思いを進められる

今回は、女性からデートに誘う方法を男性心理を交えて解説しました。

女性からデートに誘う方法が分かれば、自分から恋愛を進めることができます。

シャイな男性や奥手な男性が増えた今、幸せを掴む女性はさりげなく自然な方法で恋愛をリードしている状況なので、ぜひあなたも幸せになれる恋愛の仕方をしてみてほしいと思っています。

「女性から男性をデートに誘うのは一般的ではない」という印象を持っている人もいると思いますが、男性は誘われたら嬉しいと感じます。仲良くなるためのアプローチが終わってもデートに誘われない時は、女性からデートに誘ってみるのが正解なので、待っているだけの片思いは早めに卒業しましょう。

女性からデートに誘うのは勇気がいることですし、緊張すると思いますが、この記事を参考にデートに誘う勇気を出してくれたら嬉しいです。世の中には色々な男性がいますから、その男性がOKしてくれるような誘い方を考えて、実践してみましょう。

初デートは会話が重要です。好きな人をデートに誘えたら初デートが沈黙にならないように下の記事も読んでおいてください。

デート後には脈ありなのか脈なしなのか気になると思います。下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました