【付き合う前】初デートの会話で沈黙にならない会話術!話題やネタから、注意点まで初デートの会話を徹底解説!

付き合う前、初デートの会話が盛り上がっている二人の様子。

初デートは、9割が「会話」で決まります。

楽しいデートができる条件の筆頭は「盛り上がる会話ができること」なので、初デートの会話が続かない人は、好きな人と付き合うまで片思いを発展させることができてないのではないでしょうか?

「初デートで話題がなくなるから、すぐに沈黙になる」
「初デートの会話が盛り上がらない…」

もしあなたがこんな悩みを持っているなら、この記事を読んでみてください。

今回は、初デートの会話が続かない人に向け、付き合う前の初デートで沈黙にならない会話術を解説します。

緊張をほぐす会話の仕方や、初デートの会話の話題・ネタ初デートの会話における「注意点」など、初デートの会話を盛り上げる会話の仕方を徹底解説するので、きっと沈黙にならないデートの仕方ができるようになるはずです。

初デートが楽しいデートにできれば、2回目のデートが見えてきます。ぜひ、初デート成功のヒントにしてくださいね!

Contents(目次)

  1. 初デートの会話が盛り上がらない理由と原因
    1. 基本的な会話力がない
    2. はじめて二人きりになった緊張
    3. 自分でいっぱいいっぱいになる
    4. 会話を膨らませることができない
  2. 初デートの会話で緊張をほぐす方法
    1. 待ち合わせで会った瞬間に最初の一言を言う
    2. 「なんか、緊張しちゃうね」と、本音を言って共感し合う
    3. 些細なことでもとにかく笑う、笑わせる
    4. 好きな人を褒める
  3. 初デートの会話7つの話題とネタ
    1. 初デート当日の天気
    2. 初デートの場所
    3. 季節の話題、時事ネタ
    4. お互いの近況
    5. 恋バナ、恋愛トーク
    6. 悩みの相談
    7. 初デート中に起こったこと
  4. 初デートの会話に困ったら5つの質問を!
    1. 自分の得意なこと、趣味のことを質問する
    2. デート相手の得意なこと、趣味のこと
    3. ○○に行ってみない?(デートの場所を変えるため)
    4. 初デート相手のSNSから質問する
    5. 好きな食べ物、好きなお酒
  5. 初デートの会話を盛り上げる会話術6つのコツ
    1. オーバーリアクションで会話する
    2. 沈黙、無言になっても笑顔でいる
    3. 「楽しい」を伝える
    4. 相手の話に興味をもって聞く
    5. 「気が合うね!」と共感の気持ちを伝える
    6. 素敵だなと思ったら素直に褒める
  6. 初デートの会話で「注意点」は?NGな話題
    1. 過去の恋愛は聞かない
    2. 結婚の話題はタブー
    3. 家族や親友のこと
    4. 服装、体型、髪型をいじらない
    5. 「つまらない?」と聞かない
  7. まとめ:初デートの会話は、盛り上がる会話術で沈黙に対策しよう

初デートの会話が盛り上がらない理由と原因

まず最初に、初デートの会話が盛り上がらない理由と原因から解説します。「初デートが苦手」という人がいますが、「初めてのデートならではの問題」とはどんなことでしょう?

基本的な会話力がない

初デートはまだまだこれから二人の関係が発展していく段階なので、基本的な会話力が試される機会となります。お互いに相手のことを深く理解できてないですし、好きな人の情報も乏しいですよね。

初デート前後では「まだ好きな人と仲良くなれてない」という人も多いと思いますので、基本的な会話力に自信がない人は「好きな人の話に一言加えて話を膨らませること」を常に念頭に置いて会話するようにしましょう。

たとえば、デートの相手が「この間、映画見たんだけどさ」という話題を出したとき、相槌を打つだけでは盛り上がる会話ができません。この場合のリアクションで間違っている場合と、正解の場合を比較してみましょう。

✖ 「へー、そうなんだ」
〇 「え!私もこの間映画館行ったよ!何見たの?」

すごく基本的な部分ではありますが、初デートで沈黙になる人は「相槌だけ」になっていることが多く、好きな人の話を「自分の話を通じて盛り上げる」ことができてません。なるべく会話のキャッチボールが盛り上がるように、「あと一言」を付けてみましょう。

それだけで、グッと初デートの会話が盛り上がります。

片思いしている好きな人との会話が苦手な人は、下の記事も参考にしておいてください。

はじめて二人きりになった緊張

初デートは、はじめて二人きりになった緊張が「会話が盛り上がらない原因」になっています。初デートの緊張のほぐし方は後述しますが、初デートでは「自分だけじゃなく、お互いに緊張している」という事実を知っておいてください。

初デートの相手も、あなたと同じように緊張していることを事前に頭に入れておきましょう。この視点がないと、いつまでも初デートで沈黙するデートの仕方をしてしまいます。「自分だけ緊張してる…」と思っていると、恥ずかしいですし、不自然な感じがして初デートに積極性も持てないですよね。

初デートははじめて二人きりで長時間過ごす緊張が盛り上がらない会話の原因になっているので、「二人の雰囲気を盛り上げていくこと」がすごく重要になっています。対処の仕方は後述するので、ここでは原因を押さえておきましょう。

自分でいっぱいいっぱいになる

初デートの会話が盛り上がらない人は、自分の気持ち的にいっぱいいっぱいになっているのが特徴です。デートは二人きりでするものなので相手への気遣いが欠かせないのですが、自分の気持ちにばかり意識が行くと相手への思いやりを表現できません。

お互いに緊張している初デートだからこそ、自分のことでいっぱいいっぱいにならず、相手の気持ちやデートを盛り上げる方向に頭を動かしましょう。

デート慣れしてない人は難しいと思いますが、「相手のことを考える」と意識しておけばだいぶ変わってくるので、一つの心配事である「初デートの会話のコツ」をこの記事で押さえたら、初デート当日はなるべく好きな人に気遣いの態度がとれるようになりましょうね。

会話を膨らませることができない

初デートの会話はまだまだ表面的なものが多いので、「話題を膨らませることができない人」は沈黙デートをしがちです。先ほど「映画」の話題で例を出してますが、最近映画を見てない人はそれだけで話題の広がりが限定されますよね?

このように、会話を膨らませることができる人というのは、「経験と知識の多い人」です。初デートまで期間がない人は対策が難しいですが、それでもこれまでの経験や知識から初デート当日は一つの話題を広げられるように頑張ってみてください。

最悪なデートの会話は、話題がコロコロ変わる「上辺の会話の繰り返し」なので、それを回避するために「自分のエピソード」を加えて会話を広げていくのが有効です。

まだ時間がある人は、最近の流行りや話題になっていることを「初デート当日の話題候補」として調べておきましょう。好きな人が話題に出してくる可能性が高いので、初デートの会話の対策になります。

初デートの会話で緊張をほぐす方法

初デートの緊張を解く方法がイメージできる、癒しの森。

初デートの会話が盛り上がらない原因の筆頭は「緊張」であると解説しましたが、初デートの緊張を解くには4つのコツがあります。

初デートの会話は緊張をほぐすことができないとまず失敗するので、ポイントを押さえておいてください。

待ち合わせで会った瞬間に最初の一言を言う

初デートで最も緊張する瞬間は「会うまでの時間」です。待ち合わせに向かう時は、「今日のデートは盛り上がるかな…?」と誰もが不安で、心配になりますよね。急に二人きりになるので、「今までの雰囲気と変わらないか」という点も気になっています。

そこで大事になってくるのが「初デートの最初の一言」です。初デートで沈黙するのは決して悪いことではないものの、初デートの前半で沈黙すると印象はかなり落ちます。最初から会話をして、初デートの不安や心配を少しでも和らげることが重要なのですね。例文を紹介するので、あなたのシチュエーションに合った一言を選んでみてください。

初デートの最初の一言

  • 「おはよう!晴れて良かったよね!」(天気の話題)
  • 「待った?早く起きたんだけど準備に時間かかっちゃった。ごめんね!」(楽しみにしてたアピーる)
  • 「私服、かっこいいね(かわいいね)、いつもと雰囲気違うけど、似合ってる!」(一言目に褒める)
  • 「来てくれてありがとう!来てくれるかちょっと心配してた(笑)」(お礼と好意のアピール)
  • 「ずっと行きたいと思ってたから、今日は楽しみにしてたんだ!思い切り楽しみたいなぁ」(デートの場所)

ポイントは、笑顔で言うことと、相手にとってポジティブな意味に伝わる言葉を言うことです。初デートの会話は最初の一言から雰囲気が決まってくるので、セリフに拘るよりも言い方に気を付けましょう。

盛り上がる会話に繋がっていくはずですよ。

「なんか、緊張しちゃうね」と、本音を言って共感し合う

初デートの会話で緊張をほぐすには、「緊張していることを伝える」ことが有効です。デート相手が自分だけ緊張してると思っている可能性がありますし、「なんか、緊張しちゃうね」ということでお互いが照れる感じになるので、恋愛の雰囲気を作ることにも効果があります。

初デートは相手を全く意識してないと緊張しない人もいるのですが、緊張そのものは「うまくいかせたい」という気持ちが源泉なので、相手に伝えるとポジティブな意味となります。

緊張を隠すと逆にかっこ悪いので、初デートでは緊張している心理状態を共有するようにしましょう。

些細なことでもとにかく笑う、笑わせる

初デートの会話で緊張を解くにはとにかく笑うこと、笑わせることが重要です。人は笑うことで緊張がほぐれるので、些細なことでも積極的に笑うようにしてください。相手を笑わせる余裕も出てきて、二人とも緊張がほぐれます。

では、どんな感じで好きな人を笑わせると良いでしょう?

それは、「自分の失敗談を話すこと」が最も簡単で効果も高い方法です。カッコつけるよりも自分をさらけ出す方が初デートでは印象が良いので、変に壁を作らずに失敗談を話してみてください。直近に起きたことだと話の流れもおかしくならず、おすすめです。

好きな人を褒める

初デートの緊張は、当日の「服装」や「髪型」などの不安もその原因です。「今日の感じ、大丈夫かな…?」と思う気持ちは緊張を強める方に作用するので、初デートのはじめで褒めるようにすると、緊張を解くことができます。

ここは、立場を逆にして一度想像してみましょう。あなたは、好きな人に初デートのファッションや髪型などを褒められると嬉しくないですか?

褒められるとたとえ好きな人じゃなくてもテンションが上がりますし、何よりも安心します。ポジティブな気持ちも伝わりますので、「まだ緊張が解けない」と感じているその時こそ、思い切って初デート相手を褒めてあげてください。

笑顔になり、きっと緊張を解く方法になるはずですよ。

初デートの会話7つの話題とネタ

初デートの会話で使える話題とネタを知っている女性。余裕があるから笑顔になれる。

ここからは、初デートの会話を成功させるために、「7つの話題とネタ」を紹介します。

「初デートの会話は何を話せばいいの?」と疑問なら、これから紹介する話題やネタを参考にしてみてください。

初デート当日の天気

待ち合わせからの最初の一言にも使える「天気の話題」は、初デートで話題にしない人がいないくらい「初デート前半の鉄板話題」となっています。晴れかくもりか雨かという点以外にも、暑い寒いも話題にできますし、最も無難な会話に当たるので切り出すのも簡単かと思います。

例を示すので、イメージを具体的にしておいてください。ネタになる天気の話題も入れておきます。

天気を話題に初デートの会話をする

  • 雨の予報だったのに、晴れたのすごくない?
  • 今日暑いよね?もっと薄着してくれば良かったかな?
  • ネタ:結構曇ってるね~、昨日てるてる坊主作ったんだけどな~
  • ネタ:良かった晴れてくれて、○○くんって雨男っぽいから心配だったんだ~

初デートの場所

初デートの会話で沈黙したくない人は、絶対に「デート先の情報」を事前にリサーチしておきましょう。「初デートの場所」は話題にできることがたくさんあるので、ストックしておくと初デートの沈黙に対策できます。

初デートの場所で何が話題になるのか

  • 人気スポット、人気アトラクション、人気イベント
  • インスタ映えするスポット
  • 流行っているカフェ、スイーツ
  • デート先の回り方(デートコース)

デート先のことを調べておくことは、初デートへのモチベーションを間接的に伝える方法になるので、恋愛的にも効果があります。初デートの会話が弾む要因にもできるので、「二人で楽しみたい」という気持ちを伝えるためにもやっておきましょう。

季節の話題、時事ネタ

初デートの話題は、特に前半、天気の話題から季節の話題に移るのがおすすめです。

「夏が好きか冬が好きか」という話題は発展性があり、お互いのことを知る話題になりますし、50%の確率で共感できていきなり盛り上がる会話になることも。そのまま会話を盛り上げることができると、「じゃ、夏は海に行こう!」とか「冬が来たらスノボに行こうよ!」など、二人の約束につながることも少なくありません。

また、季節の話題は「時事ネタ」との相性が良いので、「初デートの会話の流れ」を作りやすい点にも魅力がありますね。初デートのはじめの会話が一通り終わったら、今度は季節のネタと時事ネタを絡めて会話を盛り上げてみましょう。

最初は、表面的な会話になったとしても「二人の発言量」を確保するのが大切なので、話しやすい話題を心掛けると良いです。

お互いの近況

初デートの会話が盛り上がるかどうかは、「お互いの近況」を話す中でどのくらい会話が弾むかで決まってきます。初デートの中盤くらいはお互いのことを話す時間が長いので、なるべく「自己開示」できるように頑張りましょう。

自分のことを隠すと相手も自分を隠します。これを防ぐために、自分から自分のことを話してみてください。最初は仕事や学校のことを話すので問題ないので、そこからプライベートも含めた「最近起こったこと」を話します。

そうしている内に相手も自分のことを話してくれるようになるので、この工程が上手くいけばもっと突っ込んだ話も出来てきます。自分のことを話すのは「興味あるかな?」と不安を持つと思うのですが、自分のことを話さない人は相手からも話してもらえません。

初デートの会話で「自分から自己開示する」のは一つポイントになっているので、お互いのことをより深く知り合うために、心の壁をなるべく低く薄くしましょう。

恋バナ、恋愛トーク

初デートの会話では、後半に向けて恋バナや恋愛トークも織り交ぜていきましょう。やっと二人きりになれた人もいるでしょうし、初デートは「友達の雰囲気から恋愛の雰囲気になる」のに重要な意味を持っています。

特に、まだ両想いのサインが出ないまでも「意識されてる」とか「いいなと思われてる」と疑える人は、「好きなタイプ」を質問してみてください。初デートの相手から聞かれたら嬉しい質問で「好きなタイプ」は上位に来る質問なので、間接的に好意を伝えることができ、現在の脈も確認することができます。

恋バナは恋愛経験がない人だと少しハードルが高いと感じがちなのですが、初デートに行く関係になれたのなら軽い内容の恋愛トークは必要不可欠です。

恥ずかしがらずに、初デートの後半で話題にしてみましょう。デートに誘われた時点の脈ありと脈なしの違いを知りたい女性は下の記事を読んでみてください。自信が持てるかもしれません。

悩みの相談

初デートの中盤以降、特に「ごはんを食べている時、お酒を飲んでいる時」におすすめの話題が、悩み相談です。初デートの前半で話題にしてしまうと逆に盛り上がらない原因となるものの、初デートの中盤以降では心の距離が縮まる話題となります。

ポイントは、「軽めの相談をすること」です。相談の内容には、仕事の悩みや人間関係の悩み等色々ありますが、重い相談は初デート向きではないので、答えやすい内容で相談できると良いです。

男性は女性から頼られると嬉しいですし、これから初デートに行く女性におすすめの話題ですね。

初デート中に起こったこと

初デート中に起こることは、そのまま会話の話題にできます。芸能人がテレビでやっているロケレベルまで広げる必要はないですが、そのまま歩いているだけではつまらないデートになるので、なるべく視野を広くして「見えてる景色」から話題を作りましょう。

デート中に起こることはまさに二人の共通体験ですから、盛り上がる会話が可能です。お互いの感想を言い合う中できっと盛り上がる話題が見つかるはずなので、積極的に「自分の感情」を話しましょう。

沈黙しないデートの仕方をしたいなら、一つの話題から深堀してみることが大切ですよ!

初デートの会話に困ったら5つの質問を!

初デートの会話で話題に困る瞬間。画像は、ジュースで乾杯しているカップル。

初デートは会話に困る瞬間が必ずと言って良いほど訪れます。そんな時は、下に挙げる5つの質問をしてみてください。会話が弾む話題を見つけることができます。

自分の得意なこと、趣味のことを質問する

自分の得意なことや趣味に関する話題で沈黙対策をする際は、先にデート相手に質問する工程を挟んでみましょう。そうすることで、相手があなたの出す話題に唐突なイメージを持たなくなります。

たとえば、こんな感じで初デートの話題にできますよ。

女性:「ねー、○○くんって一人暮らしだけど、自炊するの?」
男性:「うん、カレーとか生姜焼きとか簡単なものしかやらないけど、自炊することもあるよ」
女性:「へー、意外!私、最近料理にハマっててね、この間ローストビーフ作ったんだよ」
男性:「まじで?本格的じゃん、○○ちゃんって料理できるんだね!」
女性:「趣味みたくなってるからね(笑)。この間つくったハンバーグおいしかったから今度作ってあげようか(笑)?」
男性:「うわ、めっちゃ楽しみ!作ってよ」

いきなり、「私の趣味は料理です」みたいな話をするより、会話にリズムができて盛り上がりそうですよね。質問から自分の話をする会話の流れは初デートの会話テクニックになるので、ぜひ試してみてください。

デート相手の得意なこと、趣味のこと

人は誰でも自分の得意やことや詳しいことを聞かれると嬉しいものです。初デートの会話に困った時は、相手の得意分野で質問してみましょう。

相手の話しやすい話題で初デートの会話を展開すると、一つの話題で長く会話できます。聞いている内にどんどん質問も浮かんできますし、相手がそれを嫌がらないので、会話の雰囲気も良くなるはずです。

沈黙するデートは途切れ途切れの会話になる時が多いので、話題を相手の趣味嗜好に寄せると、初デートから盛り上がる会話が展開できますよ。

○○に行ってみない?(デートの場所を変えるため)

初デートの会話に困る時は「会話の雰囲気が悪い」時なので、思い切って場所を変えると雰囲気が変わって、会話の雰囲気も変えることができます。

いきなり「あっち行こう」では唐突なので、事前にリサーチしていた初デートの場所のおすすめスポットに誘うために、「○○に行ってみない?」と質問してみてください。

沈黙デートを避けたい時は、デートシーンが次々に変わるデートプランがおすすめです。もし「初デートの会話に困る」という不安が最初からあるなら、混んでないテーマパークが合っているかもしれないですね。

テーマパークデートだと「○○に行ってみよう」という話が自然にできるので、沈黙するデートになってしまってもすぐに雰囲気を変えることができます。

初デート相手のSNSから質問する

初デートの話題に困る人は、デート相手のSNSをチェックしておきましょう。インスタやツイッターには相手が心に残った思い出が投稿されているので、初デートで話すことがなくなる時に使えます。

こんな話をすると、「SNS見てるのバレたら恥ずかしい」とか「SNSから初デートの会話をすると引かれない?」と聞かれるのですが、付き合う前の初デートはあくまでも恋愛のステップアップも目指したいので、「意識してるよ」という気持ちを伝えるべきです。

ぜひアプローチもしたいイベントなので、不安や心配に負けずに質問してみましょう。相手が話しやすい話題になるので、盛り上がる会話ができるはずです。

好きな食べ物、好きなお酒

初デートの会話に困ったら「好きな食べ物、好きなお酒」について質問してみましょう。初デートの後半で話すことがなくなることが多いと思いますが、この質問をすることで話題ができるだけでなく、次のデート(2回目のデート)につなげることもできます。

「私も好き!今度さ、○○のおいしい店に行ってみようよ!気になるお店あるの!」

好きな食べ物やお酒は共感できる話題になるので、盛り上がったら次のデートにつなげる方法にしちゃいましょう。初デートで沈黙が怖い心理はよくわかるのですが、きちんと対策しておけば会話を盛り上げるだけじゃなくて、次の一手にも役立ちますよ!

初デートの会話を盛り上げる会話術6つのコツ

初デートの会話を盛り上げる方法に成功した男性のどや顔と、女性の嬉しいそうな表情。

初デートの会話に不安がある人は、「会話を盛り上げるのが得意じゃない」という人が多いと思うので、専門家の立場から6つのコツを紹介します。

「初デートの会話を盛り上げる会話術」は、ここで挙げるポイントをすべて押さえれば誰でも実践可能です。

オーバーリアクションで会話する

初デートは「気持ちを盛り上げる」と、ストレートに会話が盛り上がります。なるべく大きなリアクションを取るようにし、薄いリアクションになってしまうことに注意をしてください。

初デートは誰でも緊張してしまうので、意識しないとリアクションが小さくなりがちです。相手の立場からみると、それは「つまらなそう」とか「楽しくなさそう」に見える態度なので、テンションが下がって会話が盛り上がらないんですね。

多少オーバーリアクションをしても相手から見て不自然に見えないので、特に初デートの前半はオーバーリアクションを心がけましょう。相手のリアクションも大きくなって、会話が盛り上がります。

沈黙、無言になっても笑顔でいる

初デートはちょっとの時間の無言でも気になってしまうと思うのですが、沈黙することで表情が暗くなると、二人の雰囲気が悪くなることで完全なる悪循環に入ります。これを防ぐため、沈黙や無言になってもなるべく笑顔でいることを心がけましょう。

初デートで無言になると、相手はあなたの気持ちを悪い方向で想像します。

  • 「うわ、無言だ。絶対つまらないって思ってるよ、これ…」

こんな心理状態であなたを見た時、表情が笑顔だったら安心しますよね。

  • 「あ、笑顔だ!大丈夫っぽいな、心配しすぎか。ちょっとくらい沈黙してもおかしくないよね」

初デートの会話を成功させるコツは「暗い雰囲気にしないこと」なので、努めて笑顔でいるようにしましょう。あなたの心の余裕に相手が安心して、会話しやすい雰囲気が戻ってきます。

「楽しい」を伝える

初デートは、相手が一緒にいて楽しいと思ってくれているかとても不安な心理になります。会話が盛り上がらないのは「こんな話つまないよね…」という心配もその原因なので、初デートでは自分が「楽しんでいる」ということをぜひ相手に伝えてあげてください。

初デートの雰囲気を高めるためには相手にとってポジティブな気持ちを伝えることが本当に重要です。舞い上がっているようで恥ずかしいですが、気持ちは伝えないと目に見えないので、勘違いされないためにも言葉にしてみましょう。

きっと、安心して嬉しくなって初デートの会話が盛り上がるはずです。

相手の話に興味をもって聞く

初デートの会話に不安な人は相手の話よりも他のことを考えてしまっている人が多いです。

「次、何話そう…」
「ここ終わったら、次はどこ行こう…」

先々のことが気になるのは分かるのですが、初デートの会話を盛り上げたいなら「相手の話を興味を持って聞く」ことが基本中の基本です。不安や心配があるなら初デート前に準備して、初デート当日は相手の話をよく聞いて、会話が広がるようにリアクションしましょう。

考えていることは相手のためであっても、自分の話に興味を持ってない態度を取られると話し手はしゃべる気が起きません。もっと話したいという気持ちを持ってもらう話の聞き方をしましょう。

会話が上手い人は聞き上手ですよね。男性は下の記事も参考にしてみてください。

「気が合うね!」と共感の気持ちを伝える

初デートの会話を盛り上げるには、なるべく多くの「共感」を見つけるのがコツなのですが、その共感も流してしまうと効果が半減します。「気が合うね!」とはっきり言葉にすることで二人の相性が良いことをさらに実感できるので、ぜひ言葉にしてみてください。

初デートで沈黙しない会話術は、「相手」のテンション上げるだけでなく、「二人の雰囲気」を上げることも同じくらい重要です。「気が合う」と思ってくれている事実は相手に取っても嬉しいことなので、恥ずかしがらずに伝えていきましょう。

特にデートに誘われたい女性は、ポジティブな気持ちを伝えることがそのままデートに誘われる方法となります。

下の記事も参考にしてみてくださいね。

素敵だなと思ったら素直に褒める

初デートの会話テクニックで最も重要と言えるのが「素直に褒めること」です。初デート中に褒めようと意識するとなかなか難しいので、「素敵だな」と思った瞬間を大切にしてください。

初デートの会話を盛り上げるためには、社交辞令ではいけません。初デート前半はお世辞っぽい言葉でも良いのですが、中盤から後半にかけては本気で初デート相手を褒めるのが大事なんです。本当に素敵だと思った瞬間に褒めることで相手も本気で褒められている印象をもってくれるので、素直に伝えましょう。

良い初デートは時間が経つにつれお互いが打ち解けて、会話が盛り上がるとともに恋愛の雰囲気が出てくるデートです。一番難しいのが「初デートにおける恋愛の雰囲気作り」なので、「好きな人を褒める」ことに積極的になってみましょうね。

初デートの会話で「注意点」は?NGな話題

最後に、初デートの会話で注意点になることを5つ紹介します。すべて私のデート体験で経験していることなので、初デートの会話に失敗しないように、NGポイントも押さえておきましょう。

過去の恋愛は聞かない

初デートの会話で「好きな人の過去の恋愛」はNGです。軽い話題なら問題ないのですが、踏み込んで質問すると嫌がられますし、初デートはこれからの二人にとって大事なイベントなので、元カレや元カノを自分から思い出せるのはやめましょう。

しかも、初デートで過去の恋愛を話題にすると、相手の話からテンションが下がる人が多くなっています。嫉妬してしまうんですね。自信を失ってしまう人もいるので、もっと楽しい話をするべきです。

また、自分の過去の恋愛を話すのもNGになるので注意しておいてください。男性は過去の恋愛を自慢するような人がいますが、初デートで聞く話としては最低です。傷つける話題ともなりかねないので、注意点ですね。

結婚の話題はタブー

初デートは相手との距離感を間違えないようにしましょう。まだ付き合う前のデートなのに、「結婚」の話題はタブーです。飲みに行くデートで語りになった時は話の展開でアリになるケースも見られますが、片思い中に相手の結婚観を聞くのは受け手によってすごく重い恋愛観をイメージさせるので、注意しておきましょう。

結婚より、カップルの話題なら恋バナのきっかけになります。片思いをこじらせる人は好きな人と付き合うことができないので、気になってもまだ結婚の話は出すべきではありません。

家族や親友のこと

初デートの会話では、家族や親友のことまで聞くのはNGです。親しい人にしか話さない内容まで踏み込むと途端にデリカシーのない人と思われるので、相手が話してくるまで質問するのはやめましょう。

世の中には上手くいってない家族もありますし、他人から見えない内輪の事情もあります。初デートの会話はなるべくお互いのことを深く知りたいと思って時々踏み込みすぎることがあるので、注意しておいてください。

服装、体型、髪型をいじらない

初デートで会話を盛り上げるために「相手をいじる」ことを推奨するサイトもありますが、私の経験を振り返るにおすすめできません。いじられるとテンションが下がるだけでなく、友達の雰囲気が強くなるので、良いデートにならないんですね。

特に注意するべきなのが「服装・体型・髪型」のいじりです。いじり方を間違えたり、相手の受け取り方次第では恋愛対象外だと言われているような感じに聞こえることがあるので、絶対にいじらないようにしましょう。

ただし、初デート中に起きたハプニングについてはむしろいじってあげることをお勧めします。スルーすると過度に気を遣っている感じになるので、軽くいじって笑い話にしてあげた方が対処法として正解となります。

その際は、きちんとフォローしてあげて、気分を害されないように対策しましょう。

「つまらない?」と聞かない

初デートは不安がいっぱいだと思いますが、たとえ盛り上がりに欠けるデートになっても「つまらない?」と聞くのはやめましょう。相手は否定するしかない質問ですし、逆につまらないデートをしているように感じて良いことが一つもありません。

それより、つまらないデートになったと思った時は、会話を盛り上げる方向で頑張るべきです。デートの場所を変えたり、積極的に話題を振って共感ポイントを探したり、できることに一生懸命になるとその気持ちが伝わって段々と雰囲気が良くなります。

初デート中に「つまらない?」と聞くと、あなたがつまらないと思っていると誤解されることが多いです。基本的な注意点ではあるものの、盛り上がらないデートになった時は無意識に聞いてしまう人がいるので、気を付けておいてください。

まとめ:初デートの会話は、盛り上がる会話術で沈黙に対策しよう

今回は、付き合う前の初デートの会話で沈黙にならない会話術を徹底解説しました。初デートの話題やネタから、初デートが盛り上がるテクニック、初デートの会話の注意点まで取り上げたので、これから好きな人と初デートに行く人はぜひ全ての項目を自分の知識にしてください。

初デートは会話が盛り上がるかどうかで成功と失敗がほぼ決まります。「沈黙が怖い」とか「無言が心配」という心理になる人が多いとは思いますが、それよりも「初デートが盛り上がる会話術を実践しよう!」と、高い意識で片思いしている好きな人と初デートを楽しんでほしいと思います。

初デートの会話が上手くいく方法を実践できたら次のデートが見えてきます。会話を盛り上げたら初デート中に2回目のデートの話題も出して、デートとデートに繋がりを持たせましょう。

好きな人と付き合うには二人の関係を盛り上げていかないといけません。勢いで付き合うことを目指すわけではないにしても、友達からカップルになるためにはその勢いが必要になるもの。ぜひ、「急速に仲良くなる二人」を目指してみてくださいね。

「初デート後」が気になる女子は、下の記事も合わせて読んでみてください。

男性は初デートで好きな女性を押したいですよね。しつこい男だと思われない押し方がしたいなら、下の記事が参考になるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました