女性からモテる「聞き上手な男」になる方法!理由や特徴を学ぶだけじゃダメ?女性にしゃべらせるコツを理解しよう

聞き上手な男性と会話する女性の画像。

モテる男になりたいなら、「聞き上手な男性であること」は必須の条件となっていますが、なぜ聞き上手な男性がモテるのか、正しい理由はご存知ですか?

また、モテる理由や特徴は理解していても、実際に自分が聞き上手な男性になる方法は具体的にイメージできているでしょうか。

男性が女性からモテるコミュ力の基本は、会話している時の「話の聞き方」にあります。ルックスが悪くてもモテる男性は総じてコミュ力が高いものですが、外見に頼らない恋愛ができる人は女性ウケする話の聞き方ができているんですね。

そこで、この記事では「本当に女性からモテる聞き上手な男性になる方法」を徹底解説していきます。聞き上手な男性がモテる理由や特徴を学ぶだけじゃ、モテない男性の悩みは解決しません。ぜひ、女性にしゃべらせるコツを学んでみてください。

「聞き上手な男性になるには?」と思った人は、ぜひ恋愛力アップに役立ててください。きっと、次に話す女性とは盛り上がる会話ができるようになるはずですよ。

スポンサーリンク

聞き上手な男性がモテる理由と特徴

聞き上手な男性がモテる理由や特徴だけを知っていても女性との会話でなかなか役に立ちませんが、聞き上手な男性になりたいなら、基本はまず「女性からモテる理由や特徴」をきちんと正しく理解していることが条件となります。

厳選した5つのポイントに絞って分かりやすく解説するので、じっくり読んでみてください。

なぜ聞き上手な男性がモテるのかを知れば、あなたが聞き上手になる方法にも繋がっていきます。ぜひ、女性心理・女心を正しく認識してください。

聞き上手な男性と会話していると心地良い

聞き上手な男性は、目を見て興味を持ちながらじっくり話を聞いてくれるという特徴を持っているので、女性からすると一緒に居て心地の良い相手となります。

よく恋愛では「一緒に居て楽しいこと」が第一条件になりますが、女性心理を念頭に置くと「一緒に居て心地良い」という条件に少し変わってきます

心地良さの中に「楽しい」が含まれていて、聞き上手な男性と会話していると楽しくて心地良い会話になるからずっと一緒に居たいと思うことに繋がり、好きになっていきます。

心地良さを感じた相手には次にあげるイメージを強くしていくので、包容力を感じさせるのも特徴になっています。ここが聞き上手な男性がモテる理由になっているんですね。

聞き上手な男性は安心感を与えるから

聞き上手な男性には「包み込むような安心感」があります。それが心地良くて、女性は聞き上手な男性に包容力を感じます。

つまり、聞き上手な男性はただ聞いているだけではなく、実は会話をリードできる力を持っているのが特徴で、女性の話を引き出しているのです。

「あの人と一緒にいると何でも話せる…」

好きな女性をこんな気持ちにさせることができたら、付き合うまで秒読みの状態ですよね。女性の話しの聞き方一つで、あなたに対するイメージもガラりと変わってきますから、ぜひ女性を安心させるコミュ力を手に入れてほしいと思います。

聞き上手な男性は女性と「共感」できるから

聞き上手な男性は女性が話しやすいと感じるため、会話が進むと相手女性はどんどん自分のことを話します。そうなれば、深い会話の中で共感が生まれ、女性は「特別に仲良くなれた」「自分のことを理解してもらえた」と思い、相手を異性として意識します。

特に、この「共感」は一番に女性が会話に求めるものでもあるので、深い共感ができる会話術はモテたい男性に取って必須とも言える恋愛スキルになっています。

聞き上手な男性は、相手女性に自分のことを話してもらう力が高く、共感力が高いという特徴もあって、女性からモテるのです。

女性が話したいと思う話題で会話できるから

会話が上手い人というのは「お互いが楽しいと思える会話」をしますが、会話が下手な人は「無言にならないように会話を続けるだけの会話」をしがちです。恋愛を前提にすると、この差は大きいですよね。モテる男とモテない男の違いにもなっている部分です。

聞き上手な男性は質問力が高いという特徴があるので、女性が「話したい」と思った話題で会話できるように会話を展開できます。不器用な男性は自分の話を中心にしがちなところ、聞き上手な男性は相手女性の話を中心にするので、「女性が楽しいと思える話題」を見つけやすいんです。

モテる男性は高い質問力を活かして、会話で女性を楽しませているので、ぜひあなたも女性が喜ぶ話題を見つけられるような会話力を手に入れましょう。

後半できちんと「聞き上手な男性になる方法」を徹底解説します。

【ストレス発散】女性を救うコミュ力を持つのが聞き上手な男性

脳科学者である黒川伊保子さんによると、女性のコミュニケーションはストレス発散にもなっていて、感じたことや思ったことを言葉にしないと、神経系のストレスが溜まってしまうということが分かっています。

確かに、日常生活を思い出すと、ストレス発散を目的にしたマシンガントークする女性はたまに見かけますよね。私の経験を振り返っても、ストレスが溜まった際に男性は黙ってやせ我慢するところ、女性は「ねー!聞いて!」と誰かに話すことで、ストレスを上手く外に出しているのが印象的です。

同氏によれば、女性がスッキリするために1日に話す量は6000語、男性は2000語とのことですから、実に3倍の差があります。女性は、話を聞いてほしい生き物ということです。

聞き上手な男性は女性にうまくストレス発散をさせる能力があって、女性を救うコミュ力を持っていると言えるんですね。会話が上手いので、女性にたくさんの言葉をしゃべらせることができます。その結果、女性がスッキリするから、より「一緒にいると楽しい!」と思わせているわけです。

もちろん、聞いてくれるなら誰でもいい!とは女性側が思うはずもありませんから、「安心感」「包容力」など、色々な要素が絡み合ってモテる理由となっています。

聞き上手な男性がモテる理由をしっかり確認したところで、いよいよ「聞き上手な男になる方法」を解説していきます。女性からモテるコミュ力を手に入れましょう。

聞き上手な男になるには、「相槌」の先にある「質問力」がポイント

聞き上手な男性を好きになった女性の画像。気持ちを込めた花束を持っている。

ここからは、聞き上手な男になる方法を徹底解説していきます。まずは女性との会話が下手な男性がよく勘違いしているポイントからです。

あなたは、女性の話を聞く時、相槌を打つだけで終わってしまっていませんか?

女性の話の聞き方をイメージすると「じっくり話を聞いてあげること」だと考える人がいますが、相槌を打つだけでは話題に広がりがなく、単調な話の展開になって会話が盛り上がらない原因になります。

女性「この間ね、ごはん屋さん行ったんだけどね」
男性「うん、うん」
女性「すっごいオシャレなお店だったんだけど、全然おいしくなかったの」
男性「えー!」
女性「料理の見た目はキレイだし、インテリアも凝ってると味も期待しちゃうよね?」
男性「そうだね」
女性「なんか興味ないみたいだね…」
男性「え…、なんかごめん…」

こんな感じで、相槌だけのリアクションは相手の女性が「興味を持ってくれている」という感じがしないので、話を途中でやめてしまうパターンすらあり得ます。

相槌を打ちながら話を聞くのは会話の基本に違いないのですが、聞き上手になるには相槌の先にある「質問力」が欠かせないんですね。

聞き上手な男性が上の会話をした時、こんな風に変わります。

女性「この間ね、ごはん屋さん行ったんだけどね」
男性「うんうん、どんなお店?」
女性「すっごいオシャレなお店だったんだけど、全然おいしくなかったの」
男性「えー!それはがっかりしたんじゃない?」
女性「そう!料理の見た目はキレイだし、インテリアも凝ってると味も期待しちゃうよね?」
男性「そうだね。期待したのに肝心な味がダメだとほんと残念な気持ちになるよね?」
女性「分かるー!ゆっくり話そうって入ったのにテンション下がったからすぐ出ちゃったよ」

相槌と質問をセットにすると、相手女性の話に興味を持っていることが伝わるだけでなく、女性との会話に重要な「共感」も起こってきます。軽い話題の場合は相手の話す方向に合わせた質問が合いの手のようにできるといいですね。

聞き上手になるには「私の話に興味を持ってくれてる」「私に関心を持ってくれてる」と思われるのが大切なので、女性主体の話を聞くときは、質問しながら聞くようにしてください。

話をしている時に疑問を投げかけられると、それだけ興味・関心をもっていると相手は受け取ります。

共感力を鍛えるテクニック:オウム返しの正しい使い方

聞き上手な男性になるには「共感力」が絶対に必要なのですが、多くの男性は女性に比べて共感力が低いという特徴があります。共感を意味する「分かるー!」という発言も、イメージすると女性の顔が浮かんできませんか?

聞き上手な男性になるために、簡単に共感力を鍛えたい男性は、ぜひ適度な「オウム返し」を挟むようにしてみてください。聞き上手な男性になる方法はあまりテクニックに頼らない方が応用の幅が広くて実戦向きなのですが、知っていると女性との会話が上手くなります。

ただ、2点だけ注意するべきポイントがあります。

  • オウム返しは使いすぎてはいけない
  • オウム返しするだけでなく、質問を加えて話を広げる

詳しい説明の前に、会話の例でイメージを固めてください。

女性「最近、なんか調子悪いんだよね」
男性「え?どうしたの?」
女性「寒いからかな?風邪気味っぽい感じ」
男性「風邪気味っぽいのか~。今日は早めに帰っていっぱい寝た方がいいんじゃない?」
女性「そうなの!やっぱり風邪気味で寝不足はまずいよね」
男性「今度みんなで集まる時までには治さないとね!」
女性「だよね!楽しめるように体調管理頑張る!」

会話における「オウム返し」とは相手の発言を自分も繰り返すことですが、それだけやっていると手抜きリアクションに受け取られます。機械的に言葉を繰り返している印象ですので、何度も繰り返すと女性から「本当に聞いているの?」と思われるんですね。

逆に、「興味を持ってない」と受け取られるわけです。

しかし、上の会話のように適度なオウム返しに質問を加えたリアクションをすると、女性心理では「分かってくれてる!」という印象を持ちます。太字にしてある女性のリアクションは本来自分で言っている言葉を相手が繰り返しただけなのに、「共感」してますよね。

男性は相手の発言を繰り返すオウム返しを嫌う傾向が強いのですが、実は女性同士の会話では意外と多用されています。女性が女性の話を聞く時に使っているものなので、男性が女性の話を聞く時に使うと会話の流れが良くなることは、あなたにも想像できるのではないでしょうか。

聞き上手な男性になる方法は「共感力」が肝になりますので、自信がない男性はこんな方法で共感のある会話にチャレンジしてみてください。

【聞き上手な男性になるコツ】女性の話に共感できない時の対処法

女性と会話している時、いつも意見が一致するわけじゃないですよね?

「それは違うだろう」と思うことを言ってくる時がありますし、「こんな風にしたらどうかな」とアドバイスをしたくなる場合もあるかと思います。

そんな時、聞き上手じゃない男性は女性の話を途中で遮る場合が多いのですが、聞き上手な男性はと言うと、しっかり最後まで話を聞いているのが特徴です。会話の基本である「相手の話の腰を折らない」ということができているんですね。

自分の場合に当てはめて考えてみてほしいのですが、自分がしている話を途中で遮って意見を否定されると、やっぱりストレスに感じませんか?

特に女性は、自分の話を聞いてくれない男性に「分かってくれない」という感情を強めるので、女性心理を前提にするとなおさら「話を最後まで聞いてあげること」は聞き上手な男性になるコツとなっています。

聞き上手な男性になるには、相手の女性が間違ったことを言っていると思っても、価値観が合わないことを言っていても、とりあえず女性の話を最後まで聞いて、受け止めてあげる器の大きさが求められます。

その上であなたの意見や考え方を話すと、途中で遮って意見する場合に比べて相手の受け取り方が相当に良くなります。「きちんと聞いてくれた」という女性の満足感がありますし、「受け止めてくれた」という包容力を感じているので、女性も女性で男性の意見が素直に聞けるんですね。

重い話や相談ごとになった場合に特に気を付けてほしい「女性の話の聞き方」なので、もちろん些細な世間話でも意識しながら、女性が「聞いてほしい」と思っている話は最後まで聞いてあげるようにしましょう。

聞き上手な男性になるコツですので、女性の話に共感できない時の対処法は、ぜひ意識してみてください。

聞き上手な男性が自然にできている「女性の話の聞き方」3つの基本

ここで女性の話を聞く際に基本となる3つのポイントを簡単に整理します。

聞き上手な男性が自然にできていることなので、自分の態度を思い出しながら読んでみてください。

女性の話を聞く時は「笑顔」が基本

聞き上手な男性は笑顔で女性の話を聞いているので、女性はすごく安心します。笑顔で話を聞いてくれる人には「自分と話していて楽しいのかな?」という不安を感じにくいので、話しやすい印象を持たれるんですね。

しかし、女性の扱いになれてない男性は「会話を続けること」にいっぱいいっぱいとなってしまい、表情や態度にまで気が回っていません。

しかめっ面までいかないにしても、笑顔を失ってしまう場合が多くなってしまっています。笑う機会と言えば照れている時が中心になるので、「微笑む」という印象とは違って女性から見るとスマートな印象が持たれにくいです。

女性との会話で余裕を持つには経験が必要ですが、なるべく自分の表情も意識することで、雰囲気の良い会話をするようにしましょう。

携帯をさわらない

聞き上手な男性の最低条件は「相手の話を興味を持って聞くこと」なので、それを否定する態度はやっぱりNGです。聞き上手な男性は女性の話を聞く時に携帯を触りません。

当然のことのように思ってしまいまいが、仕事が絡んだり用事があったりすると、つい無意識に携帯を見ている男性は意外と多くなっています

そんな時は、簡単に事情を説明できると相手女性の印象が違うので、「興味がないのかな?」と思われないように、さりげなく理由を説明しておきましょう。

ある程度仲良くなってきた時にやってしまう男性は少なくないですよ。

目を見て話を聞く

可愛い女子と会話する時に「目を見て話しが聞けない」という男性がいますが、むしろそれが原因で会話が盛り上がらないことが多くなっているので気を付けてほしいです。目を見て話を聞くことは、最低限頑張りたいポイントになっています。

聞き上手な男性はたくさんのポイントで相手女性が話しやすい状況を作っていますが、「目を見て話を聞く」というのもその一つです。目には力があるので、気持ちが伝わるんですね。

「あなたの話を聞きたい」という気持ちを色々な態度で表現できるようになることが、聞き上手になる男性になる方法に繋がっていきます。

女性にしゃべらせるコツ!女性にたくさん話してもらう技術とは?

女性が自分の心のドアを開く様子。女性にしゃべらせるには女性がもっとしゃべりたいと思わせないといけない。

聞き上手な男性になる方法は「女性にしゃべらせる技術」なくして完成しません。女性がどんどん自分のことをしゃべってしまうようなコミュ力を付けるために、3つのコツを知っておいてください。

これを意識するだけで、今までの会話が変わってくるはずです。

5H1Wを使って質問力を磨く

女性の話を聞いていると、次のコメントに困ることがないですか?

女性の話がひと段落ついたところで一瞬無言になるなら問題ないですが、「話の返し方が分からない」ことで唐突に会話が終われば、気まずい雰囲気が漂いますよね。

女性にしゃべらせるには「質問力」が重要であることはここまでを読んで十分に理解してもらえていると思いますが、その質問力を磨くのに「5H1W」を使ってみて下さい

相手女性がどんな話をしたとしても、返しに困ることがなくなります。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • 誰が・誰と(Who)
  • 何を(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

聞き上手な男性になるには女性との会話で気の利いた言葉が言える必要はありません。女性にしゃべらせる技術を持っていればどんな話題でも広げていくことが可能で、言葉に詰まることもなくなります。

なぜなら、男性は会話に「結果」を求めますが、女性は「会話のキャッチボール」を楽しみたいからです。そこに共感や共有があればあるほど満足度が上がるので、質問しながら、共感できるところをしっかり表現してあげましょう。

ただし、質問ばかりの会話はどんなにおしゃべり好きな女性もつまらない会話となりがちです。そんなに話さないタイプもいると思うので、次の点で聞き上手な男性と層じゃない男性に差がついている状況があります。

自分の話を織り交ぜて話を広げる方法

聞き上手な男性になる方法は「聞く技術」にばかり意識が行きがちなんですが、あなたの「コメント力」も当然ながら求められます。大事なことは、質問しながら「自分の話を織り交ぜること」なんですね。

自分の話を織り交ぜて話を広げるのが聞き上手な男になるコツとなっています。

どういうことかと言うと、下のような会話例がイメージしやすいでしょう。

女性「最近、ずっと仕事忙しいんだよ~」
男性「大変だね。帰りって10時とかになっちゃうの?」
女性「うん、11時になることもあるの」
男性「えー、そこまで遅いのか…。俺も半年前はそんな状態だったんだけど、週末に遊びに行く体力も気力もなくなったな。ストレス発散できてる?」
女性「私も先週の休みはずっと家でゴロゴロしてた(笑)。ストレス発散しないと頭おかしくなっちゃうよね(笑)」
男性「あ、やっぱり(笑)?でも、分かるよ。早く繁忙期終わるといいね」
女性「ありがとう!落ち着いたらごはん連れてってね(笑)」
男性「焼肉行こうか!いい肉食ってとりあえず体力もどそ!」
女性「いいね!焼肉目標にして頑張る!」

上の会話の例だと、女性と同じ体験をしたエピソードを入れることで話に広がりができています。これが質問ばかりになると、一問一答形式の会話になって聞き上手な男性ではなくなってしまいます。

自分の話を織り交ぜる時は、共通点が探せるとベストです。あまり関係ない話を挟むと話題をもって行ってしまうので、共感を目的に自分の話を織り交ぜるイメージでやってみてください。

モテる男性は女性に会話の主役を譲りながらも、良いタイミングで自分の話を織り交ぜながら会話を膨らませているので、女性はしゃべりやすく感じてどんどん次に話したいことが出てきます。

これが女性にしゃべらせる技術となっているんです。

話を広げるには「質問力」だけを意識せずに、自分の話を挟んで話題を広げていくことにもチャレンジしましょう。

女性にしゃべってもらいたいなら「気分を上げる」こと!「褒める」ことの重要性

女性にしゃべらせるには女性の気分を上げることが大切です。テンションを下げないようにすることも重要ですが、聞き上手な男性は相手女性のテンションを上げることができているんですね。

では、「女性の気分を上げるにはどうしたら良いか」ですが、これは「うまく褒める」のがコツになっています。

最初は社交辞令のような形になっても良いので、女性を褒めることにはぜひ積極的になってください。聞き上手な男性は女性の話を聞きながら相手女性を褒めることで「分かってもらえた」という気持ちを強くすることに成功しています。

「可愛いね」とか「綺麗ですね」というのは恥ずかしいかもしれませんが、「すごく努力してるんだね」とか「一生懸命頑張ってるのは素敵ですよ」と、女性を認めるような褒め方はそこまでハードルが高くないはずです。

女性心理は、男性に比べて「結果よりも過程を大事にする」のが特徴なので、日ごろの努力を認める褒め言葉は素直に喜んでくれます。ほめ過ぎはむしろ表面的な印象を与えますが、褒めない人は女性の気分を上げることができないので、聞き上手な印象を与えることはできません。

女性を褒めるのが苦手な人は、「相手を認める褒め方」からチャレンジすると、女性の気分を上げることができて、聞き上手な男性との印象を持ってもらえるようになります。

まとめ

今回は、女性からモテる聞き上手な男性になる方法を徹底解説しました。

聞き上手な男性がモテるチ理由や特徴を学ぶだけじゃなかなかモテない男を卒業できないので、「女性にしゃべらせるコツ」をぜひ実践に活かしてもらえたらと思います。

会話の例も用いながらなるべく具体的に解説してきましたから、自分のパターンに応用してみてくださいね。

女性にモテるコミュ力の基本は「話の聞き方」にあります。聞き上手な男性がモテるのは深いところで共感できるだけでなく、女性が求めるコミュニケーションができているからです。

女性との会話に自信がない人は、もう一歩先にあるコミュニケーション技術が足りないだけという人がたくさんいますから、掘り下げて書いたこの記事で紹介した方法を実践すれば、かなり女性からの印象が変わってくると思います。

モテる男性は余裕を持っていますよね。聞き上手な男性は、女性とより親密になって経験値が増えることで、さらに自信を深めていきます。それが余裕に繋がって女性から見た時の魅力に変わっていっているので、あなたにもその軌跡を歩んでもらえたらと思っています。

ぜひ、具体的な行動に落とし込んで、コミュ力アップに頑張ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました