年下彼氏ができる?年下の男性から好かれる女性の特徴7選!年下にモテる女性に共通することとは

年下の男性から好かれる女性の後ろ姿

あなたは、可愛くて清潔感のある「年下男子」が好みではありませんか?

年上男性とは違った魅力を持つ年下男性には、やはり好みのタイプや好きになる女性に特徴や共通点があり、そこを押さえたような「モテる年上女性」はいつも年下彼氏とラブラブです。

しかし一方で、年下の男性に片思いしても、「自分の方が年上だから相手にされない…」とか、「年上の女性には興味がないよね…」と、せっかく年下男子を好きになってもうまく恋愛できない女性も多くいます。

そこで今回は、年下彼氏ができる「年下の男性から好かれる女性の特徴」を紹介したいと思います。年下にモテる女性に共通することとは何でしょう?

もし、あなたが年下彼氏をゲットしたいと思う女性であったなら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

自分が年上の女性だから…と、自信を失わずに魅力ある女性として恋愛している

年下彼氏を持つ女性に共通しているポイントで、最初に知ってほしいことは、年下の男性と付き合うまでの恋愛ができている女性は、悪い意味で年の差を気にして自信を失っていないと言う点です。いわゆる「恋が叶うマインドセット」がきちんとできているんです。

「自分が年上の女性だから…」と、自信を失って自分が本来持っている魅力さえ手放す女性は、どうしても年下男性との恋愛が上手く行きません。本当は、素敵なところがたくさんあるのに、その魅力を隠して年下男性に接するようなコミュニケーションの仕方をしてしまうんです。

恋が叶うマインドセットとは、好きな人から自分を好きになってもらうイメージを持ってアプローチしていく精神的な土台のことを指しますが、年上女性が年下男性と恋愛するためには、まず「好きな人から見て自分が魅力のある女性だ」と認識する必要があります。男性は年下の女性が好みだという一般論を気にせず、一人の男と女として対等に恋愛することが大事になるんですね。

それを達成するために、一つデータを示したいと思います。

年下の男性と年上の女性が知り合っている場所としても有名な「マッチ・ドットコム」という婚活・恋活サイトの調査によると、独身男性240人の内、約4割弱が年上女性と交際経験があると答えています。

年上の女性と交際経験がある男性の割合=36.3%

また、いくつ上の女性までが恋愛対象かと質問したところ、「5歳上までの女性」という一般的なカップルの年の差を例に取れば、約6割弱の男性が恋愛対象だと答えているんです。

5歳上までの女性が恋愛対象の男性=37.1%

年齢は気にしない男性=21.3%

男女関係なく「10歳の年上」など、大きい年の差恋愛になれば交際できる可能性は低くなりますが、同アンケートを参考にすれば約10%強の男性が「10歳年上の女性も恋愛対象」だと答えているくらいなので、自分が年上の女性だから魅力がないと、片想いを進める前から失恋したような気持ちで恋することなどないのです。

実際、私が見てきた年下彼氏を作る女性は自分が男性よりも年上であることをむしろメリットと捉えていて、年下女性が持てない魅力を年下男子にアピールしていました。これから年下男性に好かれる女性の特徴や共通点をまだまだ紹介していくので、まず最初に「年下男性と思い切り恋するんだ」と、恋が叶うマインドセットをして続きを読み進めてみてください。

好きな年下男子と付き合う未来はあり得ます。あなたの魅力をきちんと伝わるように伝えていきましょうね!

年下男性に「母性」を魅力的にアピールできている

男性目線で女性の性格や内面を見た時、女らしさの象徴は間違いなく「母性」です。特に年下男性からモテる年上女性はこの母性が魅力的にアピールできていて、年下女性からは感じることができない魅力を男性に伝えています。

年下の女性にはカッコつけてしまう男性心理も、母性の優れた年上女性の前ではつい甘えてしまうことも多くなっています。当然、仲良くなる前から女性に甘える男性は少数派ですが、仲良くなるに連れて甘えることが出てくれば、恋愛の雰囲気が高まっていくことも想像に難くないでしょう。

年下男性に好かれる女性は、この仲良くなっていく期間に甘える土台を作るようなイメージで魅力的に自分の母性を伝えているのが特徴なんです。

では、どうやって年下男子に魅力的な母性をアピールしたら良いでしょう?

モテる年上女性は、具体的にどうやって母性をアピールする?

年下から好かれる女性は、以下の7つの方法で魅力的に自分の母性を伝えています。

  • 必要なところで声掛け、フォローをする
  • 男性を認めて、褒めてあげる
  • 話が盛り上がったら聞き役に回る
  • 機嫌によって感情が左右されずに基本笑顔で接し、印象が柔らかい
  • 男性の欠点を受け入れ、やさしさで癒す
  • 時にはお姉さんキャラで男性に適切なアドバイスをする
  • 気遣いを積極的な行動で表現する

「年下の男性に母性を伝えよう!」なんて言うと何か特別なことをしないといけないような気持になりますが、基本的には「年下の男性に興味・関心を持って、相手が心地良く感じる方法でその気持ちを伝える」という点を大切にしてください。

母性を感じる女性は、男性に癒しを提供しているのが最大の特徴であるため、年上の余裕で彼を包むイメージがあると良いです。女性心理では「お節介」とか「余計なお世話」と感じることもあると思うのですが、母性を感じてもらうにはいずれにしても気持ちを伝えていく他ありません。

伝え方が9割と言われるコミュニケーションですから、彼を想う気持ちには積極的でいましょう。

自分の弱さを見せて、女性を守りたい男性心理を刺激している

上の見出しの「母性」のところと矛盾するように感じるかもしれませんが、そんな女性ほどここが重要になるのでよく理解してください。

年下の男性に好かれる女性は、お姉さん的魅力を伝えている一方で、自分の弱さを見せて年下男性との距離を絶妙に調整しています。母性のアピールをすると余計に年上らしさを感じるのがデメリットになりますが、自分の弱いところを知ってもらうことでちゃんと女として見てもらっているんです。恋愛対象の女性として外れることなく年下男子と関わっているんですね。

男性から見た女性は、守りたい存在です。どんな恋愛指南書を読んでも「守りたくなる女性は男性から好かれる」とありますが、それを最も簡単に達成する方法が、自分の弱みを見せて男性を頼ることなんです。

特に年上の女性はつい年下男性に気を張って接してしまうところがあるので、自分の弱さを見せることがギャップに繋がるはずです。知り合って間もない頃でも、深い話になった時にこういった会話ができると、一人の女としてグッと身近に感じてもらうことができるでしょう。

当然、最初はしっかりとした女性だと思ってもらってからギャップを見せていくことがコツなので(※詳しくは後述します)、あなたと好きな人との関係がどんな風に作られていくかで調整してみてください。

恋愛は、好きになるきっかけを作っていくことが大切なので、年下男子を彼氏にしたいとまで好きになった際はあなたの色々な部分を見せていくことが重要になります。その一つに、女として見てもらうため、恋愛対象として見てもらうために、「年上女性の弱いところ」をさりげなく伝えてみて下さい。

余裕のある態度で男性に安心感を与えている

「付き合う彼女には自分のありのままを受け入れてほしい」
多くの男性は、こんな願いを持っているものですが、年下女性にはつい気を遣ってしまってなかなか達成できていないのが実情です。

年下の女性に対しては男性が年上であることを自覚した態度を取るため、女性にフォローしたり支えてあげたりがメインとなることもあって、安心感を覚えるのは付き合った後に大分経ってからってことが多いです。

加えて、年下の女性の場合は喜怒哀楽がコロコロ変わるので、相手をする男性は機嫌を損ねないように頑張っているところもあり、年上の女性が好きな男性は「女性の余裕がある態度」に魅力を感じています。年下の女性と比較して、年上の女性の方が魅力的である部分もいっぱいあるんですね。

こうした背景をベースに、年下の男性から好かれる女性は好きな人に安心感を与えているのが特徴となっています。安定したメンタルで余裕のある態度を取り、男性が過度に気を遣って一緒に居ないので、「ずっと一緒にいたい女性」だと認識されているパターンは、カップルになる未来が本当に現実的です。

あまり極端に「年上の女性だから!」と気を張ることもないのですが、もし年下男子を好きになったのなら、年下女性では感じることができない安心感を感じてもらって下さい。

モテる年上女性は、サバサバした性格と恋愛の仕方をしている

恋愛に興味がある女性全員に知っておいてほしいのですが、男性は女性が思うよりもっとめんどくさがり屋が多いんです。マメな男性がモテるのは男性のほぼ全員が知っているはずなのに、なかなかそれができてないのはこのためなんですね。好きになってもついめんどくさがって、女性心理では低評価を受けることを連発してしまいます。

男性がめんどくさいと思う女性の特徴は様々あると思うのですが、恋愛を前提にした時に最もそれを感じるのが「重い女」なんです。男女で恋愛へのイメージが違うと言われている中、女性が男性を好きになったときに抱く気持ちのネガティブな部分は男性に取ってめんどくさいと感じるものが多いので、どうしても恋愛を重く捉える女性は恋を苦手にしてしまっています。

好きな人から重い女だと思われる原因は、恋愛感情を持ったがゆえに感じてしまうネガティブな気持ちの表現なので、年上女性よりも精神的に大人になっていない年下女性の方が、男性からめんどくさいと思われる機会が多くなっているんですね。

したがって、年下の男性からモテる女性の共通点は、精神的に大人であることを理由にした「サバサバ女子」であること。恋愛相手になってもめんどくさくない女性である確率が高いのです。

当然、片思いの付き合う前の時期から重さはわかっていくものなので、ここのポイントは付き合った後の話ではありません。自分の不安や心配をつい言葉や態度に表してしまうことでめんどくさい女になってしまいますが、年上の女性が大人の女性として男性から見るとサバサバしているように見えるのは「比較」の視点があるからです。年下女性との恋愛でめんどくささを感じた男性ほど、年上女性が好きだとよく言っています。

恋愛すれば誰もがめんどくさい気持ちを抱くので、「全部抑えないといけない」とか、「重い女にならないように無理をしないといけない」ということではなく、あくまでも男性から見て年上女性は適度なサバサバ感を感じるということなので、誤解がないように理解してください。

一般的に男性の恋愛は年下との絡みが多くなっているのは事実なので、経験則から自動的に比較しますから、意識すれば十分に男性的な感性で魅力的な女性とみてもらうことにアプローチできるでしょう。

経験豊富で、尊敬できる年上女性は年下の男性から好かれる

年上の女性の魅力は、何と言ってもやはり「尊敬できる」という点です。年下男子からモテる女性は、どちらかと言うと恋愛経験も豊富で、「人生経験豊富な女性」というのが特徴になっています。

小悪魔女子と言うと年下女性をイメージすると思うのですが、年上女性では「魔性の女」と言うのがキャッチフレーズになるかもしれません。でもこれ、男性側が勝手に年上女性の経験豊富なところを「魔性」としているだけで、詳しくイメージを聞くと「尊敬の気持ち」から相手女性を大きく見ているところに気づくんです。

つまり、自分が女性の手のひらでコロコロされている感じが心地良く感じる部分があって、決して悪い意味でだまされているようなイメージではないんですね。自分よりも経験豊富な女性が「何を考えているか分からない」から、男性が魔性感を感じるわけです。

いずれにしても、年の差恋愛の魅力は尊敬がキーワードになっているのは間違いないため、男女の関係が逆転しても、恋愛成就を目指すなら意識するべき魅力です。自分よりも年上の人は知識も経験も豊富ですから、会話も面白いですし、何か困った際や悩んだ際は適切なアドバイスもしてくれて頼りになります。もし、年下男子を好きになったら、そう思われるような恋の仕方がしたいですね。

年下男子から魔性の女だと思われるまで年の差を見せつけることはありませんので、良い意味で尊敬されるために、お姉さんらしさは意識的に魅力としてアピールしていきましょう。そんな女性からカッコイイと言われるからこそ胸に響く面もありますから、年下女性に負けない素敵なあなたで年下の彼にアプローチしてみてほしいなって思います。

年上の女性の魅力を理解した上で、年下女性の魅力をもギャップとして伝えている

わざと最後にした見出しが、上記のもの。年下の男性から好かれる年上女性は、自分のもともと持っている魅力を理解した上で、さらに年下女性が持っている魅力までもギャップとして伝えているという特徴があるんです。

誤解を恐れずに敢えて言いますが、自分の特徴(※今回のテーマで言えば年上の女性だということ)を考えずに、自分が魅力的だと思う女性(※同、年下の女性)の魅力をそのままアピールする人は痛いです。絶対に意識してほしいポイントは、自分の優位性を活かしてアピールしていくことなので、年下の男性にアプローチするならまず年上の女性が持っている魅力をアピールするのが基本です。

しかし、上の部分を基本にしたなら、年上の女性らしくない態度や仕草は、ギャップとなってさらに年上女性にハマる魅力と変わってきます。「うわ…、こんなところがあるの?すごく可愛い…!」と男性が思えば、単純に素敵だなと思っていた年上の女性が、今度は完全に恋愛対象になって彼女候補としてみてくれるようになります。

つまり、自分が年上だからと言って、年下女性の魅力として有名な「可愛らしさ」を消して男性に接することはないんです。効果的にギャップを感じさせることができるように見せればむしろ恋愛のスパイスになるため、ベーシックな態度とは別の感覚で素直に接することにもチャレンジしてみましょう。

例えば、下の3つなどは、年下の男性が年上の女性にギャップを感じる瞬間となっています。

  • 酔った時に甘えてくる
  • 時々、嬉しい・楽しいを大げさに表現してくる
  • 盛り上がったときにはしゃいだような態度を見せる

他にも色々とあるのですが、気になる年下男子と距離が縮んできたタイミングでは、なるべく素直にあなたを表現するのが年下男子を落とすコツです。男性から見ると、年上の女性も年下の女性も変わらず可愛いと思う存在です。恥ずかしがってごまかすような態度や仕草をしないように気を付けて、自分のいろいろな面を見せていける女性は年下男性に好かれる女性でしょう。

大事なことなので繰り返しますが、年上女性の魅力を伝えていくのが基本ベースですから、このページで私が紹介したことを実践するのが大前提になっています。それがあるかこそギャップが活きてくるので、タイミングやきっかけを作っていくイメージで年上の女性であることを忘れたコミュニケーションもしていきましょう。

もし付き合う・付き合わないというところまで関係が進みかけた際は、最終的に女としての魅力が試されます。ずっと年上の女性としてしか接しないのは恋愛的にもったいないことなので、年下の女性がメインとする魅力も同じ女性として好きな人に感じさせることができればさらにあなたの魅力が高まるはずです。

片思いが叶うマインドセットができている女性は、年下男子と接するときにギャップも見せているのが共通点なので、素の自分で接することも大切にしてみてください。

きっと、年下彼氏ができる自分になれるはずです。

まとめ

今回は、年下の男性から好かれる女性の特徴7選を紹介しました。年下にモテる女性に共通することがどんなことか、イメージは具体化したでしょうか?

最近は年下男性が持つ清潔感や明るさ、可愛さなどに魅了されて「年下の男子がタイプ」という女性が増えてきています。でも、一般的な感覚では若い女子ほどモテるという共通認識があるので、自分が年上の恋愛にたじろぐ女性も多いのが現実。

今回紹介したモテる年上女性の特徴をしっかり意識して年下男性にアプローチすれば、悩みの多い女性でも恋愛を進める方法がわかるはずなので、ぜひ自信を持って年下の彼氏をゲットしてほしいなと思います。

年上には年上の魅力があるのは間違いありません。年の差を意識するあまり自分の魅力を損ねてしまっているのが年下彼氏ができない原因でもあるので、恋が叶うマインドセットも大切に、あなたらしく恋愛してください。

本文中でも言っているように、年上の女性が年下の男性と恋愛するには自分の魅力を知っていることが重要です。加えて、自分の悪いところも同じです。下の記事ではそれが具体的に分かる恋愛診断を実際に私が受けたレビューを綴っているので、もし恋愛経験が少なかったら参考にしてみてください。

恋愛の基本である「自分を理解すること」ができます。