年下男性の恋愛心理を攻略!年上女性と恋愛する時、年下男性が心配・不安なこととは?

年下男性の恋愛心理を理解した年上女性の様子

年下の男性心理や恋愛心理ってなかなか深く聞く機会がありませんよね。はじめて年下男性を好きになった女性は、「そもそも年下男性と年上女性の恋愛ってアリ?」とか「年下男性はどんな恋愛心理を持っているんだろう?」なんて彼のことが漠然としてしまっているはず。

そこで今回は、「年下男性の恋愛心理」を攻略するために、「年上女性と恋愛する時、年下男性が心配・不安なこと」を解説したいと思います。

あなたが気になった年下男性はどんな恋愛心理を持っているでしょう?
年上女性が年下男性と恋愛する時に気を付けるポイントとは?

もし好きな人が年下の男性なら、恋愛成就のためにぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

年下男性は恋愛対象外なのでは…?

年下男性が年上女性と恋愛する時、必ずと言って良いほど恋愛相談の話題になるのが「自分は彼女に取って恋愛対象外なんじゃないか」という話です。年上女性が年下男性の恋愛心理を攻略するためには、まずここへ対処・対策する必要があるんですね。

一般的に、女性は年上男性を好きになるタイプが多くなっており、年下の男性は年上女性と出会った際に自分が恋愛対象になっているのかどうかを気にします。

特に男性の場合は狩猟本能が強いことから、狙っても仕方ない女性に興味を持ちにくいところがあるので、「あなたは私の恋愛対象です」と年下男性に理解してもらうことが案外大切なことになっています。

年下男性は子供っぽく見えるのでは…?

自分が年上女性の恋愛対象外になる理由として、年下男性が一番気にしているのが「大人の男性が持つ魅力を持っていない」と言う点です。これはある女性を意識した瞬間から「彼女との年の差」を理由に持つ恋愛心理なので、彼が20代ならなおのこと、30代の男性でも気にする場合があります。

したがって、年下男性と仲良くなりたいと思った年上女性は、絶対に子供扱いしないように気を付けましょう。年の差があるので、多少からかったりいじめたりするのは構いませんが、やり過ぎると確実に恋愛関係が遠のきます。

対策・対処としては、恋愛の基本になりますが「褒めること」をより一層意識したいですね。特に「しっかりしている」「頼りになる」という気持ちは、年下男性の恋愛心理を考えた際に押さえておきたい大切なポイントです。

褒めるのが苦手な女性も多いと思うのですが、年上女性と年下男性の恋愛の場合は「苦手」だからと言う理由では避けて通れません。普通の出会い方であればなかなか恋愛の雰囲気が作りにくい相手となるので、ここは積極的にアクションを起こしたいところです。

ぜひ、自分の好意を「褒める」という行動で伝えてみて下さいね。

物足りないんじゃないかな…?

年下男性が年上の女性と恋愛しようと考える時は、自分が彼氏になっても彼女が満足しないんじゃないかという不安や心配を持つことが多くなっています。女性の恋愛では、男性に頼りがいを求めるのが一般的になっている中、「包容力」については年下男性が年上男性に見劣りすると思っているんですね。これは一般的な女性の感覚とも合っていそうな心理です。

また、年下男性の心配には「デートの仕方」や「紹介するレストラン」など、女性から見た「男の自信」そのものを連想させる内容になっていることは、年下の男性と恋愛したい年上の女性に知っておいてほしいことです。

つまり、一言でいうなら女性が感じるであろう「物足りなさ」に不安や心配を抱えているのが年下男性なので、恋愛するなら年上女性にここら辺のフォローが求められることになります。

年下男性との恋愛では、女性側にもたくさんの不安や心配があるわけですが、プライドを大事にする男性相手に恋愛する以上、「年の差を意識されたら終わり」という恋愛の仕方ではなく、相手の恋愛心理を先回りしてフォローできるといいですよね。

この見出し部分では、「一緒に居る時にきちんと楽しい気分を表現すること」が基本と言えますし、できたら「尊敬の気持ち」まで遠まわしに伝えられるとベストです。好きな人に自信を持ってもらい、追いかけてみたいと思わせたところから恋愛成就の可能性が見えるので、年上として恋愛する以上は、女性であっても「心地良いリード」を心がけましょう。

敬語の方がいいかな…?

根っからの弟タイプの男性は別ですが、年の差恋愛の代表的な問題として「言葉遣い」があります。最初はどっちにしても年下が年上に敬語を使うのが普通ですが、恋愛関係に発展しはじめる時期くらいからは少し砕けた言葉遣いの方が心の距離が縮まるので、一定の距離を意識させる敬語は、できたら早めに卒業したところです。

しかも敬語は男子の嫌う「めんどくさいしゃべり方」となるので、「年下の方が気楽に付き合える」という恋愛心理は軽視するべきではないでしょう。年上に好かれるタイプの男性であったとしても、彼が恋愛に相手に敬語で話したいかと言えばそうではない可能性の方が高いはずです。

社会人以降の恋愛では、男性が女性に「癒し」を求めているのは明らかです。男性同士の会話ではどうしてもお互いに比べてしまって意地の張り合いみたいになることも多いですが、女性は「競争相手ではない」との意識が、男性に癒しを感じさせている面があります。女性がいた方が空気が和むことって多いんですよね。

年下の男性が言葉遣いを変えるかどうかはあなたの接し方で決まるので、最初から「敬語はいいよ」などと言って変えてしまうのもアリと言えばアリなんですが、良識ある大人の女性として会話のし易さから段々と打ち解けるイメージで関係を深めて行けると恋愛関係になるのが現実的に感じられるでしょう。

敬語で話さない関係を強制するより、自然とそうなればあなたも自信を持って片思い後半の微妙な時期を彼と一緒に過ごせるはずです。当然ですが早めに敬語の関係を卒業できるように工夫するのは基本ですので、そこは間違えないようにしてください。

収入が釣り合わないかも…?

結婚まで意識すると、現在の男性は女性に経済力を求め始めていると言われる時代ですから「年上女性の収入」はある意味魅力にもなっている部分なのですが、まだ結婚願望の薄い年下男性になると、年上女性との恋愛で不安・心配なところになっているのが現実です。

私が、実際に年上の女性に恋をした年下男性の恋愛相談に乗ると、この「収入」の問題は年上女性との恋愛でハードルの高さを感じる原因になっているとよく感じています。話を聞くと、無理をしないといけないんじゃないかという心理が透けて見えるんですよね。

普段のデートや食事のときでもそうですし、付き合った後まで考えて恋愛する男子はプレゼント関係のことも気になるようです。

したがって、年下男性と恋をしたい女性はちょっとお高いレストランに彼を連れていくよりも、庶民派アピールをした方が恋愛成就の可能性が高まります。

「私の方が上だから少しは面倒見ても良い」なんて女性意見を聞きますが、年の差がある恋愛の場合は「いかに年齢の差を感じさせないか」の方が重要なため、彼に合わせたお店選びをしたほうが身近に感じてもらいやすいですし、今までの恋愛と変えない方が男女の雰囲気に近くなります。

隠してまで気を遣う必要はないものの、年下男性の恋愛心理に「年上の女性との恋愛だと収入面が気になる」ということがあるので、対策・対処しましょう。

話題が合わないんじゃないかな…?

友達や知り合い以上に親密になる恋愛関係では「会話」が一番大切になりますが、年下男性が年上女性との会話で不安や心配を抱えているのは事実です。2つ上、3つ上くらいなら問題ないところ、5つ上から10個上くらいまで離れると気にしない男性の方が少なくなります。

特にジェネレーションギャップが激しい話題が「音楽と流行」の話題なので、恋愛関係を目指すなら控えるほうが無難です。仲良くなった後で話題に出すようにし、最初はほかの話題で盛り上がることを目指しましょう。

というのも、恋愛における「会話」のポイントが二人の共感だからです。3つ以上の年の差があっても共感できるところはたくさんあるので、あえて共感しにくい話題を避けると、「話が合わないんじゃないか」という心配・不安に対処できると思います。少なくても、私の経験では年の差を感じさせない会話ができた時の方が恋愛関係に発展しています。

職場が同じなら最初は仕事の話で盛り上がるのも手ですし、共感できそうな話題選びを意識すればこれまでの会話とはちょっとずつ違ってくるはず。「あー、やっぱり年上の女性とは話題が合わないわ」と思われないように、質問上手になることも目指しながら楽しい会話をしてみてください。

キレイだけど、可愛さがないんじゃないかな…

年下の男性から見た年上の女性は、キレイという印象です。仕草や表情が女性らしく見え、年上にあこがれる男性は口をそろえて「年上女性は綺麗だ」と言います。

そうなると、足りない魅力として懸念されるのが「可愛さ」です。可愛らしい年上女性も世の中にはいるのですが、年下男性と接するときに可愛らしさが前面に出すぎると痛い女に認定されそうですし、最初はお姉さんキャラで接する人が多くなっていますよね。

もしあなたが年上女性として年下男性と恋愛することになった際は、「綺麗さ」を自分の魅力だと認識してお姉さんらしく振舞い、「可愛らしさ」をギャップとして見せるようにしてみてください。

綺麗なだけじゃ彼女にしたい女にはなれないので、綺麗さを土台にした可愛さも感じてもらうようにするのが年下男性との恋愛でコツになることです。

「可愛さと言っても何をどうしたらいいの?」と思う女性は、素直になることを意識してみましょう。普段強がってしっかり者のあなたでも、本当は弱い部分があるはずですし、落ち込むこともあるはです。仲良くなってきた感触を得た後、そこをギャップとして自己表現していくと、可愛らしさを感じてもらうことが可能です。

男性から見た「可愛さ」は、一つポイントして挙げるなら「女の弱さ」の部分です。男が女に可愛いと思う瞬間はたくさんあると思うのですが、一番簡単なのが「自分の弱いところを見せること」なんです。

相談でもいいですし、年下男性を頼ってみてもいいです。愚痴を聞いてもらう方法もありますから、あなたらしい方法で自分の弱いところをちょっとだけ見せてあげましょう。年下男性から見た年上女性はとても強そうに見えて「俺なんていなくても一人で生きていけるんだろうな」なんてイメージを持っていることも多いですから、いずれにしても雰囲気を変えていくために、こういったことは必要な恋愛アプローチ方法となるはずです。

年上女性の恋愛は難しいとよく言われるので今は自信がない女性も多いとは思うものの、攻め方がかなりはっきりした恋愛の形になるので、やるべきことははっきりしています。ぜひ、あなたらしさを魅力的に伝えて、好きな人と付き合える恋愛の仕方をしてみてくださいね。

まとめ

今回は、年下男性の恋愛心理を攻略!ということで「年上女性と恋愛する時、年下男性が心配・不安なこと」を解説しました。初めて年下の男性を好きになったという女性でもわかりやすいようにまとめたつもりですが、参考になる部分があったでしょうか?

一般的に言って、男性はその持っている心理から恋愛の相性が良いのは「年下の女性」だと思いますが、年上の女性は年上だからこそ持っている魅力があるため、結局は「恋愛の進め方」の方が恋愛成就委与える影響が大きくなっています。

つまり、好きな男性より自分が年下なのか年上なのかより、どんな風に仲良くなって好意を伝えていくかの方が「上手くいく・上手くいかない」にウエイトが大きいのです。

そういった意味では、恋が叶うマインドセットが重要にもなっているので、自信がない女性は「できること一つ」を意識して、見ているだけの恋にならないように、きちんとアプローチできるメンタルを持ってください。

そのために、今回の記事が役立つはずですから、何度も読み返して、自分の状況に合ったアプローチができるように活用してみてください。アクションを起こすのはあなたです。

なお、下の記事では年上女性の魅力をまとめいるので、アピールするべきポイントに迷いがあれば合わせて読んでみましょう。