男性が彼女に飽きた時に取る態度や行動|彼氏が飽きるとどんな風になるの?

彼氏が自分に飽きてしまったんじゃないかと心配している

お付き合いが長くなるとどうしても向き合うことになるのが「マンネリ」です。目が合うだけでドキドキする関係を続けることは難しくて、安息を感じるような付き合い方になった時のデメリットが「慣れ」であり、ネガティブに表現するなら「彼女に飽きた」という状態になってしまうことがあります。

カップルはこういった倦怠期を上手く乗り越えていくことで絆を深めていって、より親密な関係になっていくところもありますが、「彼氏が彼女に飽きた」という状態になったときはなるべく自覚して対処を考えるべきでしょう。

そこで今回は、彼氏が自分に飽きたかどうかを判断するために「男性が彼女に飽きたときの態度や行動」を紹介したいと思います。彼氏が彼女に飽きるとどんな風に変わってしまうのか、「彼氏が私に飽きたかもしれない」と思う女性に参考にしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

連絡の返信はあるけど会いたいと言わなくなる

男性が彼女に飽きたときでも積極的に別れたいと思うかどうかはまた別の話です。マンネリ状態でも愛情を失わないときはあるわけですし、良い付き合い方ができていれば存在の大きさも自覚するところなので、彼女に飽きたときは意識的か無意識的かを問わず「彼女を遠ざける」のが特徴となります。彼氏の方から彼女へ「会いたい」と言わなくなり、会おうと言う頻度が減ることも特徴と言って良いでしょう。

LINEやメール、着信などの連絡を返すのは「関係を継続するために必須」となるので、彼女に飽きたときでも「返信系」の行動はそのままです。減る彼氏も少なくないですが、最低限のことを継続するなら「彼女に飽きてきたけど別れたいとは思っていない」という状況かと思います。

彼氏が私に飽きたかも…と思ってしまうような気配があるときは、彼氏から会いたいと言ってくるのかどうかを一つの判断材料にしてみて下さい。

彼女の優先順位が下がる

男性が彼女に飽きた時は、彼女の優先順位があらゆるものに対して下がっていくのが特徴です。友達や仕事・学校関係もそうですし、自分の都合も優先します。「今までは私を一番に考えてくれてたのに…」と思ってしまうような状況の場合は、相手男性は彼女であるあなたに飽き始めているのかもしれません。

ドキドキキュンキュンするような時期は付き合い方によって短い期間になってしまうことがありますが、それが過ぎたとしてもすぐにそのままお別れを迎えるわけではありません。人は、心配と期待の入り乱れる恋愛ばかりを好むわけではないので、安心や馴染んだ感じを重視するような人はマンネリに近い状態に一種の幸福感を覚えるタイプがいますし、そんな時期を恋人と過ごす人も多いです。

従って、彼女の優先順位を下げた彼氏でも、彼女に愛情を持っている場合は少なくないわけで、時間ができたときに連絡できる相手がいて一緒にいると安心できる環境に幸福感を覚えている場合も少なくないです。心配のし過ぎは関係を悪化させるのでここは正しく理解してください。

問題は自分の優先順位が下がった状態で付き合い続ける彼女の方ですから、どんな風に付き合いたいかを考える必要があるでしょう。これからまた自分の優先順位を上げることもできますから、ここでは「彼氏は自分に飽きてしまったのか」というポイントに絞って彼氏の行動や態度を考えてみて下さい。

一緒に居ても携帯をいじってばかりで楽しませようとしてくれない

一緒にいるのに携帯を触られると嫌な想いをするものですが、彼女に飽きた彼氏はよく携帯を触るのが特徴になっています。彼女に飽きた状態でも一定の「会う時間」を作るタイプの男性は、彼女と一緒に居ながら他のことをすることでその時間をつぶすように過ごします。ただし、積極的に彼女を楽しませることに面倒くささを感じるので携帯をいじってしまうのです。

ここも結局彼氏は彼女と別れたいとまでは思っていないのでデートもするわけですが、飽きているなら「一緒に居るだけで楽しい」という恋愛している本来の形とは違いますから、手短な携帯を触ることで時間をつぶすように一緒にいるのが特徴です。彼女は「構ってくれない!」といった印象を持つことから気づくことが多いので、疑いがある彼氏はチェックしてみるとサインが分かりやすいかもしれません。

話を聞いてない

マンネリ状態にあるカップルは嫌いになって愛情がなくなったのと違って付き合いを続けていきたいという気持ちを失っていない状態である場合が多いです。お互いに新鮮さを取り戻したいと思っている場合も多いことは今回のテーマを考える上で是非理解してください。

しかし一方で、その問題と向き合うと「飽きてきていること」とも向き合うことになってしんどい部分がありますから、付き合い方をそのままにして時間が解決するのを待つように放置してしまう人が圧倒的に多いんです。

彼女に飽きた男性が別れずに問題の解決を目指す場合、飽きてしまったことを彼女に悟られたら面倒が増えることになるので今までの付き合い方をそのままキープしようとする特徴があります。嫌いになったわけじゃないので、自分でも半信半疑なところがあるんですね。

そうなると今まで通りの付き合い方ができるように彼氏的には一種の「ムリ」をすることになるのですが、そのムリが行動や態度に出ます。彼女としては「何か違う」と思うような小さな変化に留まることもあり得ますが、話の聞き方には違いが見えるはずです。話を聞く態度が大丈夫なら彼氏は飽きてないでしょう。

女性の話を聞いてあげると言う行動は好きな人ではないと男性が続けにくい行動なので、話を聞いてくれなくなった彼氏は彼女に飽き始めていることが予想できます。

話を聞いてないと感じる態度が増えると彼女のフラストレーションはたまりがちです。ここは最終的にカップルがうまくいかなくなる原因になりやすいところなので、好きな人とつきあっているなら対処を考えることも検討してみて下さい。彼氏は彼氏であなたの話を聞こうとする努力をしている点に愛情が見えます。

Hが減る

彼女に飽きた男性は彼女を求めなくなるのも特徴です。Hが減ったのなら、その変化の度合いによっては彼女に飽きてしまった可能性が上がります。

男性はより多くの女性と関係を持ちたいと言う本能を持った生き物なので、飽きた女性には求めなくなります。相手となる女性にとってはかなりナイーブな悩みですよね。彼氏と彼女という関係だからこそあるHが減るのですから分かりやすい分、多くの女性が悩むところです。

男性が彼女に飽きる理由の中には当然ながら「体」も含まれます。これは行為全般が該当するのでちょっとした工夫でマンネリの解消ができる場合もありますが、女性から男性を誘うことには抵抗を覚える人が多いので女性から解決するのが難しい面もある問題です。

夜の営みが減ったときは、気にし過ぎるとどんどん深みにはまるので新鮮さを取り戻す努力をするようにしてください。別れる前ならできることがあります。

出不精になる

男性が彼女に飽きると「釣った魚に餌をやらない」行動が増えます。デートに気合を入れなくなるので遠出デートが減りますし、適当デートが増えます。彼氏か彼女が一人暮らしだったり同棲カップルなら明らかに彼氏が出不精になるのが大きな特徴です。

アウトドアな彼氏ならそうでもないのですが、男性が女性をデートに連れていくのは一種の「サービス」に近い感覚を持つことがあります。いわゆる家族サービス的な感覚です。

彼女に飽きた彼氏は彼女に頑張らなくなるので自己都合を優先しますから彼女が喜ぶ行動や態度が減ります。そのときの分かりやすいサインが「デートに連れて行ってくれなくなった」という変化ですね。連れて行ってほしい場所を伝えてもなかなかそれが成立しないとき、彼氏が彼女に飽きてしまった疑いは深まります。

もともと男性は自分のものにした女性に頑張らない心理がありますので、これも気にし過ぎるとよくないですが、やはりバランスを取って付き合うのが彼氏の務めですし、うまく付き合っていくコツでもあるわけですから定期的なデートには本来気を遣います。彼女の気分をアゲる努力をしない彼氏は彼女に飽きている可能性が高いでしょう。

まとめ

今回は「男性が彼女に飽きた時に取る態度や行動」を紹介しました。愛情を疑いたくなることも多かったですが、今すぐ別れたいと思っていない場合も多いので対処を考えてみましょう。

彼氏が自分に飽きてしまったかもしれないと疑うときは「変化」に注目してみてください。段々と変わっていくのはどんなカップルでも起こっていることですが、急激に変化したり喧嘩して自分の不満を伝えても改善されないときは飽きてしまった可能性が高いときです。

多くのカップルがマンネリ状態に陥ってはそれを解決して長続きしているので、自分にできることを考えて行動に落とし込んでいきましょう。