>>自分の恋愛の問題点、理解できてますか?

お試しで付き合うとは?「試しに付き合ってみない?」と言う心理と理由から、お試し期間まで徹底解説!

「お試しで付き合うとは?」と意味が分からない女性が考え事をしている様子。

「お試しで付き合うってどういうこと?」
「なんでお試しで付き合ってみない?っていうの?理由や心理は?」

普通の告白なら真剣さが伝わると思うのですが、お試しで付き合おうと言われた時は、相手の理由が心理が分からない状態になりがちです。「お試し恋愛って何?」と思った人もいるかもしれませんね。

この記事では、お試しで付き合う意味を整理し、「お試しで付き合ってみない?」と言う心理や理由、試しに付き合って?と聞かれた時の返事の仕方、お試し期間の目安まで、「お試しで付き合う」ということを徹底解説します。

「1か月だけ付き合って?」とか「2か月だけ試しに付き合ってみて!」など、軽い告白は色々な疑問が沸くと思うので、この記事でしっかり解説したいと思います。下の目次からあなたの疑問にジャンプできるので、時間がない人は活用してください。

お試しで付き合うとは?

「お試しで付き合う」という言葉をはじめて聞いた人もいると思いますが、実際、恋愛の世界には「お試しで付き合う」という言葉があります。数は圧倒的に少ないものの、お試しカップルは実在している付き合い方なんですね。

お試しで付き合うとは、完全に両想いではないのに、期間限定で一定の制限をかけて試しに付き合ってみることを言います。イメージとしては「友達以上恋人未満」の状態に近く、正式なカップルではないのでキス以上はなしで付き合うカップルが多くなっています。

ただし、お試しカップルもカップルの中に分類されるため、「どんな付き合い方をするのか」についてはかなり幅があるのが特徴です。

通常、カップルになるにはお互いに好意を持ち合っていることが条件ですが、お試しで付き合う時は一方的な好意であることが多く、「まだ好きになってない」とか「付き合うか迷ってる」という場合に「じゃ、試しに付き合ってみない?」と聞いてきてお試しカップルが出来上がります。

最初から「お試しでいいから付き合って!」と言われることもありますが、その理由や心理については後述します。

しかし、お試しで付き合うカップルは何を試しているのでしょう?

お試しで付き合うって、何を試しているの?

お試しで付き合うカップルが試していることを解説する恋愛の専門家。

お試しで付き合うカップルは、主に3つのことを試しています。「お試しでもいいから付き合おう」と言う場合はその時点でまだ一方的な好意であることも多いので、3つ目は「相手に試してもらう」という意味です。

お試しカップルが試していること

  • 試しに付き合ってみて、好きになれるかどうか
  • 何回かデートしてみて、一緒にいて楽しいかどうか
  • 自分が彼氏や彼女としてどうか試してもらう

お試しで付き合う場合であっても、付き合う以上は「デートをする」のが普通のお試しカップルです。デートする中で、二人でデートして楽しいか、好きになれるか、自分が彼氏として・彼女としてどうかを試してもらうのです。

ただ、どんなモノやサービスでも、お試しできる期間については限られているのが常識ですよね。次は、お試しで付き合うカップルの「お試し期間」について解説します。

お試し期間ってどのくらい?

あくまでも一般論ですが、お試しで付き合うカップルの「お試し期間」は1か月~2か月が目安です。

「3か月お試しで付き合ってみない?」と言われる時もないわけじゃないですが、「1か月だけ」とか「2か月だけ」と言われる方がお試し感があるので、あまり長いお試し期間を言ってくることは少ないです。

3ヶ月以内に別れるカップルの特徴・パターン・原因|なぜ短い期間で別れるの?という疑問を解決

上の記事でも述べている通り、そもそもカップルに取って3か月で別れるのは意外と普通にあり得ることなので、長いお試し期間を設定するのは不自然ですね。3か月以上お試しで付き合う場合は、付き合っている間に正式なカップルになるかどうかの話し合いが出てくるでしょう。

流れで長い付き合いになる場合もありますが、そのころには両想いになっている確信があるはずです。

お試しで付き合うカップルは正式に付き合ってないので、「お試し期間の終了する時期」を意識した期間限定カップルです。期間の目安は1か月から2か月をイメージしておきましょう。

お試しで付き合っているカップルはどこまで?(デートの仕方)

お試しで付き合っているカップルの最大の特徴は「正式に付き合ってないのにデートをすること」です。付き合う前は二人で会うのに理由が必要ですが、お試しで付き合ってるカップルは「来週、いつ暇?」という軽い質問からデートに誘えます。

しかし、「どこまで?」と聞かれると実は非常に限られていて、「手をつなぐ」くらいかなという印象です。キスするかどうかについてはカップルごとに違いが大きいのですが、カップルのステップアップがあるなら好意を持っていることが前提となるでしょう。

ここが「制限の中で付き合うのがお試しカップルだ」と言った理由に当たります。デートはするのですが、お試しで付き合ってるだけなので、あまりにも踏み込まれすぎるならお試しで付き合う意味がない状態となります。

では、「進んでもいいの?」という質問に関してですが、これについては「相手の好意次第」というのが答えです。「好きだよ」と言えないままにお互いが両想いになるケースは少なくないので、大胆なアクションから恋を進めることが絶対にNGとまでは言えません。

ただし、お試しで付き合う条件の中に、「カップルがすることをすべてする」という意味はないので、あくまでも「二人がいい雰囲気になったら…」ということを意識しておいてください。

最低限、3回目のデートをして、脈ありなのを確認することは必須です。

「お試しで付き合うとは?」というところをしっかり確認した上で、いよいよ「お試しで付き合って?」と言う相手の心理と理由について解説します。

お試しで付き合ってと言う人の心理と理由

男性からお試しで付き合ってと言われた女性が、心理や理由を考えている様子。

ここからは、「お試しで付き合って」という人の理由や心理について5つのポイントを挙げて解説します。

お試しで付き合おうと言われた人は返事に迷うと思うので、相手の心理と真正面から向き合ってみましょう。

遊びたい心理:軽い言葉が出る理由を考えるべき

お試しで付き合うと、正式に付き合っていない分、別れは淡白になります。これは、遊びたい心理でお試しという言葉を使う時にメリットと言える部分で、「本気の告白より軽い言葉を使う理由」を考えるべきです。

相手の性格や異性に対する接し方をみて、「信用できない」と思ったら、断る選択肢を選ぶべきでしょう。「お試しで付き合わない?」と聞くときに言葉の軽さを感じるなら、付き合う意味を軽く考えている可能性が高いです。

口説くために大胆な言葉で気持ちを揺らす

お試しであったとしても、「付き合って?」と聞かれたらドキッとしますよね。でも、それが狙いでお試しで付き合ってという人がいるのも事実です。

その場限りの気持ちから口説きたいと思っている遊び人は、大胆な言葉で気持ちを揺らす方法を取りがちです。

本気で言う「好き」と適当な「好き」の違い|好きじゃない人に好きと言う心理

上の記事で詳しく述べているのですが、好意を伝えることは相手の好意を得るのに有効です。たとえ嘘でも、好きだと言えば、好きになる人が出てくるんです。

「お試しでもいいから付き合ってほしい」と真剣に言われたらまた話しは別ではあるものの、真剣さを感じない「甘い言葉」は遊ばれるリスクがあることを理解しておいてください。

「お試しで付き合ってみる?」という言葉は、「好き」と言わない分、相手に好意を伝えやすいため、軽く手を出す目的で使う人がいます。

友だちになりそうだから、恋愛対象として見てもらうために

恋愛では「大胆にアプローチするべきシチュエーション」も存在しています。それが「好きな人と友達が確定してしまいそうな時」なんです。

恋愛は、単純な好き嫌いと違い、恋愛感情という特別な気持ちを持ってもらわない限り、好きな人と付き合うことができません。好きな人と友達になってしまうと、その特別な感情をもってもらうことができないので、恋愛対象に見てもらうことが難しい時がありますよね。

そこで使われる言葉が「お試しで付き合ってみない?」というセリフです。この言葉には「恋愛対象として見てほしい」という心理が隠されている時があり、本気で好きな時に使われるとしたら、本来重い気持ちを軽い言葉で表現している時かと思います。

友だちに見られてる好きな人に、自分を恋愛対象に見せるには、多少踏み込んだ発言が必要になってくるので、「お試しで」という言葉で濁して、好意を持っていることを伝えてきたのかもしれません。

告白の流れで、試しに付き合ってみてと粘る

告白の流れで「じゃ、お試しでいいから付き合ってよ」と言われるなら、相手の心理には「最後の一押し」という意味があるでしょう。

告白した際、返事に迷う人や煮え切らない人、突然の告白に戸惑っている人には、お試しという言葉でハードルを下げて、とりあえずカップルになる方法で振られるのを回避しようとすることがあります。

実際に告白する時は相手の気持ちとギャップが大きい場合があり、早すぎる告白は微妙な空気が漂うこともあります。OKするにしても、振るにしても、判断が難しいのはタイミングのズレが原因です。

「お試しで付き合って」と言われたのが告白の流れの中であったなら、真っすぐに向き合ってみても良いでしょう。

恋愛アプローチの意味で、告白より重くない言葉を使う

お酒を飲んでいる時や酔っている時などに好きな人と甘い雰囲気になると、本気で好きだった場合でもアプローチが大胆になることがあります。

相手の心理としてはちょっとしたチャンスに映ることがあって、告白より重くない言葉となる「お試しで付き合ってみない?」というセリフで探りを入れてくるようなイメージです。

これは、どちらかと言うと恋愛に慣れてる人に多い恋愛アプローチです。男性から女性に言われることが多いという特徴もありますね。

言われた方としては真意が分からないという心理になりますし、本気か遊びか分からないという心理になりますが、酔った時は行動や態度だけでなく発言に関しても大胆になれるので、しっかり相手の心理を読む必要があるでしょう。

この後の展開で、相手の心理が分かるので、「本気で口説かれてるかも」と思える時は、もう少し言葉を引き出したいところです。

遊ぶつもりも、恋愛感情もないパターン

最後に、例外を紹介します。

お試しで付き合ってみない?と聞いてくるときは、実は相手にも気持ちがないパターンがあります。遊ぶつもりも恋愛感情もないパターンがあるんですね。

その典型的なパターンが「仲の良い友達状態の二人」です。気が合うし、付き合ったらうまくいきそうだから、恋愛感情を持ってないのに「試しに付き合ってみたいな」と思うわけです。

もちろん珍しいパターンなのですが、何を考えているか分からないミステリアスな人は遊ぶつもりも恋愛感情もないのにお試しカップルになることを提案してくることがあるので、「そんな雰囲気じゃなかったのにいきなり言われた」という場合などは、そこまで重くとらえる必要がない時もあります。

あくまでも例外なのですが、知識として理解しておいてください。冗談で付き合おうと言う人の心理に似ているパターンがあります。

では、もしお試しで付き合ってと言われた時は、どんな返事の仕方をするべきなのでしょう?

お試しで付き合ってと言われた時の返事の仕方と対処法

「男性からお試しで付き合ってと言われた」という女性や、「女性からお試しで付き合ってと言われた」という男性のために、返事の仕方と対処法を解説します。

リアクション困ったら、参考にしてみてください。

好きな人からお試しで付き合ってと言われたら

状況はさておき、好きな人からお試しで付き合ってと言われたら基本的には受け入れる方向で返事をします。ただし、好きな人には都合のいい人になってしまうリスクを心配する人もいると思うので、一つ質問してみましょう。

「お試しなの…?」

「うん、いいよ」という返事の仕方に比べ、「お試しなの?」と聞くと好きな人の真意がもう少し分かります。「なんでお試しなの?」まで聞いてしまうと、「あ、ごめん。やっぱ今のなしね」なんて言われることがあるので、「普通の付き合い方じゃないんだね」という意味で聞いてみましょう。

「付き合ってほしい」

話を邪魔しないで会話を続けると、正式な告白につながるかもしれませんよ。

意識している人、気になる人からお試しで付き合ってと言われたら

意識している人や気になる人からお試しで付き合ってと言われたら、本気の恋愛感情か見抜く必要があります。本気だったなら、きちんと判断するべきでしょう。(見抜き方はこちらを参考に→本気で言う「好き」と適当な「好き」の違い

告白のタイミングは相手が決める以上自分から決めることはできないので、本気なら本当にお試しの意味で「お試しカップルになる意味」はあると思われます。

あなたの恋愛観によるところも大きいですし、どの程度気になってるかという問題もありますが、お試しカップルから本当のカップルになることも珍しくないので、そういう恋愛の進め方もナシとは言い切れません。

ただ、お試しで付き合うとは言え、付き合うことになれば色々と問題もあるもの。もし、まだ判断できない内にお試しでと言われたら「冗談で流す」というリアクションモアリです。

脈なしに思われないように配慮しながら、「もう、なに言ってるの!」って真に受けない態度を取ると、その後のフォローも含めて今の関係を続けることができます。

気まずい雰囲気になったら方向転換も可能なので、自分の気持ち次第でリアクションを変えましょう。

付き合う気がない人からお試しで付き合ってよと言われたら

付き合う気がない人からお試しで付き合ってと言われたら、はっきりと断るのがトラブルを防ぐコツです。色々な状況があると思いますが、気がない人や恋愛対象外の人から言われたら「やめてよ」と自分の意思を伝えましょう。

それでもまだアプローチしてくる場合は、下の記事を参考に脈なしを伝えていってください。好きじゃない人からアプローチを受けた時は、早めに諦めてもらうための態度や行動を取る方が、後々困ることがありません。

まとめ:お試しで付き合うとは、色々な心理や理由が絡む一つの恋愛の形

今回は、「お試しで付き合うとは?」という疑問を解決し、お試し期間の目安や、お試しで付き合ってと言う理由や心理お試しで付き合ってみない?と言われた時の返事の仕方など、お試しで付き合うという問題を徹底解説しました。

私の知見では、10代や20代の前半で今回取り上げた「お試しで付き合う」ということがあり得るので、参考にしてもらえたらと思います。20代の後半から30代で向き合うことはほぼ無いはずなので、恋愛観が固まってくると卒業する恋愛の形かもしれません。

ただ、恋愛アプローチに使う人がいるのも事実で、いきなり重い告白をするより、「お試し」という言葉で口説いてくるときは、相手の真意をしっかり見抜きたいですね。やはり、遊び人が気軽に言うパターンは軽視できないですから、相手の気持ちを見抜く力が求められるでしょう。

お酒に酔っている時は、相手の真意が分かりにくいと思うので、下の記事も参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました