【診断付き】情で付き合う男性心理とカップルの特徴|同情される?彼女がかわいそうで別れられない男心

情で付き合う男性心理が知りたい女性の後ろ姿。

長続きしたカップルは良い時期と悪い時期を経験していきますが、女性が倦怠期の雰囲気になった時に気になるのが「情で付き合う男性心理」です。

男性は同情で付き合うことがあるという話を聞いた女性は、「もしかして情で付き合ってるのかな」と不安や心配になることが珍しくありません。

しかし、「情で付き合うカップル」とはどんなカップルなのでしょう?

情で付き合うのは何でなのでしょうか?

この記事では、彼氏から同情されてるか不安な女性に向け、「情で付き合う男性心理」について徹底解説していきます。この記事を読むことで、「彼女がかわいそうで別れられない男心」や、彼女に同情する男性心理を理解できるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

最後には、情で付き合う彼氏の気持ちを確かめるための7つの質問で、診断ができるようになっています。

【特徴】情で付き合うカップルはどんなカップル?

交際期間・付き合いが長いカップル

情で付き合うカップルは、付き合いが長いことを条件にしています。基本的には、付き合ってから長い「長続きカップル」がこの問題を抱えやすく、一部「友達期間が長かったカップル」も含まれています。

付き合ってから1か月や2か月くらいではどんなカップルも新鮮にお付き合いができるのですが、多くの人が3か月を超えて半年くらいで「情が沸く」という心理上の変化が起きてきます。

本来その「情」は愛情と無関係で、どちらかと言うと愛情に情が加わるイメージなのですが、「マンネリ」を理由に愛情の減少を意識した時、「情で付き合うカップル」との認識を持つきっかけになります。

交際期間が1年から2年経つと、カップルの中には「情だけで付き合う」という状態になっているカップルが現れます。

マンネリカップル

今触れたように、情で付き合うカップルは「付き合いがマンネリ化している」のが特徴です。

長続きしたカップルは、付き合いはじめにあったドキドキやキュンキュンが交際期間が長くなる内になくなり、付き合い方に寄っては自分が恋人に向ける恋愛感情を自覚する瞬間が少なくなっていきます。

もちろん、そこには落ち着いた雰囲気があって、気心が知れた恋人との交際に幸福感も持ちますが、雰囲気が悪くなった際には「本当に好きなのかな?それとも情なのだろうか?」と悩むことも出てくるんですね。

そこで本当に愛情がなくなったと自覚した場合は、「情だけで付き合う」という状態にまで末期化します。

ただし、愛情が完全になくなったかどうかという問題は複雑で、普通はなかなか情”だけ”という状態にはなりません。愛情と情のバランスの部分で悩むのが情で付き合うカップルの特徴と言えます。

愛情が減った状態を放置したカップルが情で付き合うカップルになる

ここまでを読むと「カップルは時間が経つと情で付き合うようになるの?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、情と愛情はバランスが大事なので、放置しないでしっかりとした対処をすれば再び良い雰囲気に戻ることがあります。

要は、長続きしたカップルが倦怠期になった後、マンネリを感じつつもそれを放置した結果、「愛情が冷めた」から「情だけの付き合いになる」わけですね。

つまり、情で付き合うカップルは愛情が残っている内に対処法を実践し、情だけが残った状態にしないことが幸せに付き合うコツということです。

特に、1年から2年付き合うカップルは、倦怠期の乗り越え方が必須の恋愛力になっています。これから説明する「情で付き合う男性心理」を理解して、「このままじゃ別れる」と思ったところから、その問題を解決できる人になりましょう。

情で付き合う男性心理8つのポイント

情で付き合う男性心理は、恋愛に単純な男性の思考の中でも複雑になっています。

理由が複数絡んでいることも多く、付き合ってからの期間やそれまでの付き合い方でも変わってくるので、ぜひすべての項目をしっかり読み込んでください。

愛情か情か迷う

情で付き合う男性の多くは、自分が彼女にどんな感情を持っているか迷っています。情が沸いた彼女であってもそれが愛情を奪うわけではないので、「恋愛感情の有無」が自分自身で良く分からない状態になっていることが多くなっているんですね。

私もこの問題について何度も恋愛相談を受けていますが、付き合いはじめのドキドキがなくなると、男性でも時期に寄って「本当に好きなのか」に悩みます。嫌いな彼女ではありませんから、別れを決断するほど決め手がありません。

しかし、だからと言って今の雰囲気をどうにかするスキルがないと、情で付き合っているかもしれないと思いつつ、それを放置しながら惰性の付き合いを続けることになります。

情だけの付き合いになる時は、必ず「愛情か情か迷う状態」を経てから、なくなった愛情に気付くので、カップルの雰囲気が悪くなった際は早めの対処がやはり大切です。

思い出を大切にする男性心理

男性心理は女性心理に比べて「過去・思い出」を大切にするのが特徴です。付き合う恋人に情を持ちやすいのは男性の方なんですね。

付き合いが長くなるとこの「思い出」が積み重なっているので、愛情がなくなっても付き合うのは良い思い出が残っているからです。

男性心理には盲目的に未来に期待する気持ちは小さいのですが、思い出がお付き合いを下支えすると「なかなか別れられない」というジレンマを抱えます。

付き合っていても微妙だけど、別れるのはつらい。

この状態が続いた場合は、さらに愛情がなくなって情だけの付き合いへと末期化していきます。

俺がいないと彼女がかわいそうで別れられない男心

男性心理は「女性を守りたい」という気持ちを強く持っています。精神的に強いのは女性であることも理解しているのですが、好きな人はもちろんのこと、女性全般にこのような気持ちを持っているので、愛情が冷めた女性に対しても「かわいそうで別れられない」という心理になるのが男性の特徴です。

特に、下の5つに該当する彼女には、愛情が冷めた後でも付き合い続ける彼氏が多いです。

可愛そうで別れられない彼女のタイプ

  • 彼女がベタ惚れしている
  • すぐ泣くタイプ
  • 別れ話をすると取り乱すタイプ
  • 甘えるタイプ
  • 尽くすタイプ

逆に、彼女がかわいそうで別れられない彼氏のタイプは以下の通りです。

可愛そうで別れられない彼氏のタイプ

  • みんなに優しいタイプ
  • 情に厚いタイプ
  • 決断力がないタイプ

基本的にカップルは「両想いであること」が絶対の条件ですが、みんなに優しいタイプの男性は時々優しさの意味を間違えます。また、決断力がない男性も「彼女がかわいそうだから別れられない」と言い訳して惰性の付き合いを続けるので、あくまでも出発点は「女性を守りたいという気持ち」だったものの、結局この選択をするのはどちらかと言うと男らしくないタイプが多いのが特徴です。

愛情を感じなくなった彼氏は、同情で付き合っている可能性があるということですね。

出会いがない:他にいいなと思う女性がいないと情で付き合う

男性が愛情が冷めた後も彼女を付き合い続ける理由は、「出会いの量」とも関係しています。情で付き合うことはつらいことばかりじゃないので、「妥協で付き合う心理」と近い部分があります。

この場合、彼女に対しては一定の価値を感じているものの、女性としての魅力よりも「彼女のポジション」に拘っているのが特徴で、別れても他に彼女ができないと思った男性は、情で付き合う選択をしがちです。愛情は少ないのですが、嫌いじゃないので惰性で付き合うということです。

付き合っている彼女としては妥協で付き合う彼氏からはほとんど愛情を感じないので、このパターンであれば彼氏の気持ちが離れたことに早い段階で気づくはずです。対処法が難しいという側面があるものの、出会いがないと言う問題が「モテない」とか「彼女ができない」という問題まで含んでいる時は、仕切りなおして付き合うことで気持ちが戻ることもあるので、女性は自覚した段階から早い対処をしましょう。

彼氏の心理を考えることがポイントになるので、なるべく思い込みを排除して「なんで情で付き合うんだろう?」と検討してみてください。(この記事の後半で、情で付き合っているか診断する質問を用意しているので、そこも参考にしてみましょう。

情で付き合っていることに気付かない男性心理

情で付き合う男性心理の説明としては少し変ですが、現実的に情で付き合う男性がそのことに気付いてないパターンもあります。

なぜ愛情よりも情になっていることに気付かないかと言うと、2つの理由があります。

なぜ情で付き合っていることに気付かないのか

  • 恋愛の価値観が低い
  • 彼女と付き合っているのが当たり前になっている

恋愛体質の女性からすると理解しにくいかもしれませんが、仕事に一生懸命なタイプなど、男性の中には恋愛の価値観が低い人が少なくありません。そんなタイプが現在付き合う彼女と一緒にいることがあまりに当たり前になると、「自分が本当に彼女のことを好きなのか」を考えず、特に問題のない今の付き合いを続けてしまうのです。

ただ、あくまでもこの場合は「情で付き合っていることに気付いてないだけ」なので、他に素敵な女性が現れた時や、気になる女性ができた時に一気に別れを決断するところまで行ってしまうので、あんまり構ってくれない彼氏の場合は彼女の努力を必要としているでしょう。

情で付き合っていることに気付かないまま愛情を取り戻すことができるとこの問題は解決できるので、できることをやってみることが重要になってきます。

彼女から逃げる男性心理

愛情が冷めた彼氏は、消極的な選択となるのが「付き合い続けること」なので、彼女から逃げる心理も関係しています。本来は、好きじゃなくなった彼女には「別れる」という選択をするべきところ、積極的に行動しないタイプは「情が沸いたから」と自分自身に言い訳をして、するべき選択を先送りします。

好意がなくなったとしても、「別れる」にはパワーが要りますよね。別れ話を切りだすと泣かれるかもしれないですし、揉めるかもしれません。

それを心配に思ったり、めんどうに感じると、好きか好きじゃないかより、嫌いか嫌いじゃないかで彼女との付き合いを考え始める男性がいます。「もう少しして情がなくなったら別れよう」と思う男性は明らかに逃げの心理ですが、そこを正当化させているのが情の心理です。

特に長く付き合ったカップルは別れる時に余計に精神的な負担が大きいので、彼女に情が沸いた男性は現状維持で付き合い続けることが多くなります。

同情で付き合う男性心理

情で付き合う時は「同情の気持ち」も絡むわけですが、男性が情で付き合う時は「彼女の状態」にも依存します。「今は別れられない」という心理が情だけの付き合いに踏み切る理由となるのです。

では、どのような時に同情で付き合う男性心理が影響するのでしょうか。下の3つに注目してください。

同情で付き合う男性心理

  • 彼女が不幸な状況になった時
  • 彼女が人間関係で苦しんでいる時
  • 彼女が病気や体調不良の時

おそらくほとんどの女性が「彼氏から同情されたくない」と考えていると思いますが、カップルの中にも「同情の気持ち」は実在しています。問題は、同情するかしないかよりも愛情の有無になっていて、同情で付き合う男性心理は「愛情が冷めている」という点が最大の問題点ですね。

完全に同情になってしまった場合は別れるしか道はないのですが、彼女の方も別れられない状況になっている場合が多いので、二人で消耗するような付き合い方になるのがこの時の特徴です。

愛情が同情になってしまった時はさみしいなんて気持ちを完全に超えてしまいますが、「同情しないで!」って気持ちになると余計にこじれる原因になるので、もう一度愛情を持ってもらうように考えるべきです。ここも同情”だけ”になった場合に末期化するので、その前段階であれば修復が可能であるはずです。

彼女が家族みたいに感じている

男性が付き合っている彼女に情が沸くと、「彼女」よりも「家族」との印象を強めていきます。特に多いのが同棲しているカップルの場合ですが、長続きしたカップルでは家族っぽさを感じている人が多くなっています。

付き合ってから2年や3年経つカップルは夫婦のような雰囲気がありますが、このイメージがさらに進んで家族ような雰囲気になると、いわゆる「恋愛」とは遠くなっていく一方で、カップルの結びつきはより強固になっていきます。

つまり、情で付きあう男性心理には「家族のように感じて別れられない」と思っているパターンもあり、愛情は曖昧ながらも前向きに彼女との付き合いを考えている場合もあるということです。

彼女と付き合うのは「好きだから」ですが、長続きした彼女に情が移ると離れられない家族のように思って情で付きあう男性がいます。

情で付き合う男性心理を理解すると、カップルのもろさに気付く

ここまで情で付き合う男性心理を解説しましたが、もしカップルが「情だけの関係」になった際は、どれくらいもろい関係になるのかも理解できたと思います。

彼氏の迷いはその内答えが出るでしょうし、「他の女性」が別れのきっかけになるかもしれません。

情で付き合う男性はどこかに「我慢」があり、恋愛的に幸せな状態ではありません。逃げの心理もありますが、いつまでも逃げているかと言えば答えは違っていて、いつか別れを決断するはずです。

どんな男性も、ずっと長い時間、情の付き合いを続けないのももう一つの真実でしょう。

この記事で何度もお伝えしているように、情で付き合うカップルは、失った愛情が問題になっています。カップルが長続きすれば情が湧くのは普通のことなので、「もしかして情で付き合ってるの?」と思った段階で、きちんと対処していくことが何よりも重要です。感情の変化は「傾向」となって進んでいくので、放置すれば情だけの関係になるまでそう時間はかからないでしょう。

ただし、カップルには良い時期と悪い時期を交互に繰り返す「循環」みたいなものもあるため、愛情の増減は各時期で必ず起こります。日常の忙しさや、周りの人間関係のことだったり、恋愛だけが自分に影響するわけじゃありませんしね。

情で付き合う男性心理は「優しさ」もある一方で、恋愛感情的には現状維持で我慢しているだけでもあるため、彼氏が冷たくなったとか彼氏がそっけなくなったと落ち込むだけで終わらずに、まだ間に合う内に対処していきましょう。

情で付き合う男性との結婚

このパートでは、結婚問題にまで踏み込んで「情で付き合うカップル」を解説をしたいと思います。

彼氏の心の中を完全に把握することは無理ですが、もし情で付き合う関係から結婚に至る場合は、非常に慎重な判断が必要になってきます。

ただし、完全に間違いではないと言えるのは、情で結婚するカップルに次の見出しに挙げる幸福があるからです。

大好きな人と大好き同士で結婚したいのが本音ですが、結婚相手に選びたいと思うような相手との出会いは一生にそう何度もありませんよね。正直に、シビアな話をしましょう。

情で結婚するメリット

  • 好きな人と結婚できる(もしくはスペックの問題)
  • 穏やかな結婚生活
  • 長続きした人との結婚だから後悔しにくい
  • 悪い時期を乗り越えた人だから、これからの問題にも対処できる

情で結婚する人は、男性でも希少な存在です。全く愛情を持っていないことはほぼありませんし、結婚を決めるにはどんな人も色々なことを考えた上で判断しますから、メリットを受け取ることで満足できると思う人は、情の付き合いから結婚する人も一定数います。

特に30代や40代の人は「結婚したい」とか「子供が欲しい」と言った願望をかなえる決断にもなるため、ドキドキするような新婚生活を手放す代わりに、落ち着いた穏やかな新婚生活を手にし、子供を中心にした夫婦像を描く人もいます。

しかしながら、理想の結婚ではない以上、恋愛観や結婚観しだいでは、情の付き合いから結婚するべきではありません。次の情の付き合いから結婚しない人の理由を見てみましょう。

情の付き合いから結婚しない理由

  • 一生を想像させるような強く想い合う同士で結婚したいから
  • 妥協で結婚すると離婚すると思うから
  • もっと良い人と結婚できると思うから
  • 愛情がないのに「結婚しよう」は意味が分からないから

やはり情で付き合う彼氏と結婚したくない女性は多く、20代や30代前半ではプロポーズを腐れ縁解消のきっかけにする人もいるくらいです。恋愛観や結婚観の違いを強く意識する瞬間になるので、愛情が弱い相手と結婚しようとするその考え方に「この人と一緒じゃ幸せになれない」と思ってしまいます。

結婚したいと思っている女性でも、将来離婚する確率が高い結婚には当然後ろ向きです。付き合って長続きする人はそんなにいないですが、情で付き合っているなら真正面から話し合って、冷めたなら別れを選択する場合が多いです。

情で付き合う男性との結婚は、せめて強い愛情に変わる何かがないと、結婚に踏みきるべきではないでしょう。

【診断】彼氏が情で付き合っているのか確かめる方法!

もしかしたら彼氏が情で付き合っているかもしれないと不安な女性のために、彼氏の気持ちを確かめる7つの質問を紹介します。半分以上当てはまる場合は彼氏が情で付き合っている可能性が高まりますが、心配しているだけなら不安の解消ができるはずです。

彼氏が情で付き合っているか診断する7つの質問

  • 一緒に居る時に楽しそうにしている?
  • 彼女の予定に興味を持っている?
  • 会わない期間ができると、誘ってくれる?
  • 真剣な話に向き合って話し合いができる?
  • 優先順位が低くなっていない?
  • 彼氏から心配されたり、不安な気持ちを感じる?
  • 彼女のことを思って注意してくれる?

愛情を持って付き合う場合と、情で付き合う場合とでは、上の7つに違いが生まれます。

情で付き合う彼氏は一緒にいてもつまらなそうな態度を取りますし、彼女の予定に興味を示しません。会わない期間ができても精神的な結びつきで満足してしまいますし、真剣な話に向き合ってくれなくなるのも特徴ですね。

愛情が減っているので彼女の優先順位が低下し、心配・不安が減って、彼女を思った注意もしなくなります。

当然、ここには彼氏のパーソナリティが絡んできますから、半分以上当てはまっていることが「情で付き合う彼氏に認定する条件」です。しかし、付き合ってからの変化が起こっている時は「愛情が減ったサイン」になるので、そこは注意をしましょう。

今回のテーマは10代や20代よりも、30代や40代で問題となることが多く、出会いがたくさんあったり、モテるタイプの男性には当てはまらないことが多いです。「別れよう」と決断しやすいからですね。

もしこの質問に答えた結果、彼氏はまだ愛情が残っていると思えたら、さらに強い愛情を持ってもらうための努力をしましょう。前向きに恋愛することが彼氏と上手く行くコツなので、自分から素敵な恋を壊さないようにしてくださいね。

まとめ

今回は、情で付きあう男性心理を解説しながら、情で付き合うカップルの特徴や結婚の問題、情で付き合っているか確かめる方法まで取り上げてきました。

男性心理では長く付き合った彼女に対して女性心理の想像を超える「情」を持つことがあります。

優しさの意味をはき違えるタイプやただ決断力がないだけなど、色々な理由や心理が絡んでいますが、最大の問題は「愛情の減少」であるため、同情されたくないと思う女性も解決するべき問題を勘違いしないようにしましょう。

向き合えているカップルは情と愛情の間で揺れている内にぜひ関係を修復する行動を取りましょう。気づいた時点で対処に当たれば、「情だけで付き合う男性」は少ない以上、解決できることが多いです。

前向きにいることは自分の魅力を損なわないために必須ですので、笑顔で接しつつ、もう一度愛され彼女を目指してもらいたいと思います。

情と愛情の違いに疎い女性は、下の記事も参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました