30代カップルの付き合い方|デートと連絡の頻度、結婚の問題も解説

30代のカップルが幸せに付き合っている姿

30代のカップルは、周りが既に結婚している人も多いので、「恋人との付き合い方」を知りたいと思っても、相談する友人が自分たちとは違う環境である場合も多いですよね。年齢を気にすると、聞きにくいと思う人もいることでしょう。

30代の恋愛は、人生を決めることにもなる非常に大事なご縁です。いずれ結婚したいと思っている人は付き合う人との将来も具体的に考えているはず。素敵な人ならうまく付き合っていきたいと思いますよね。

そこで今回は、「30代カップルの付き合い方」について恋愛経験が少ない人向けに、徹底解説したいと思います。お付き合いの仕方が良く分からないというアラサーの方や、30代半ばから後半の方に対しても、30代の恋愛で大事になる「幸せになる付き合い方」を解説するので、是非参考にしてみて下さい。

(20代カップルの付き合い方については「20代カップルの付き合い方|デートの回数と場所、会う頻度から結婚の問題まで解説」をどうぞ)

30代カップルは「安らぎ」を与え合う関係を目指しましょう

30代と言えば、仕事では責任ある仕事を任されるようになり、後輩や部下もできて、体力と経験の面で一番油の乗った時期です。忙しい人が多く、日々のストレスを休日に処理して何とか毎日頑張っている人も多いですよね。

そんな環境を考慮すると、30代カップルが目指したい関係は「安らぎ」を与え合う関係です。

仕事とプライベートで分けた生活をしている人が多いため、恋人である彼氏や彼女に安らぎがないと長続きしません。支え合う関係や癒し合える関係を目指すのが30代カップルで、それなりに経験したこれまでの人生で「一緒に居るべき相手」をしっかり判断する人が多いです。

安らぎを与え合う関係を作るためには、自然体な自分で彼氏や彼女に接することができるといいですね。好きな人の前ではつい背伸びしてしまうものですが、段々とでも自分らしく振舞えると長く幸せに付き合えます。

20代カップルと30代カップルの違いは、より「将来感」を大事にする点です。一緒にいて幸せを感じられる、考え方や価値観が合うと言った関係に安らぎを感じる場合は、「ずっとこのまま一緒に居たい」「人生を共にしたい」と思うことにつながり、自然と「結婚の問題」が進む場合も多くなります。

「色々なことを経験したい」、「刺激を受けて高め合いたい」と思っていた20代から、30代になると「パートナー」として恋人を見るところがありますので、少し違った見方で彼氏や彼女と付き合っていく感覚を持ってください。

30代カップルは、「結婚観」を早めに確認していくコミュニケーションが大事

30代のカップルがお互いの手を取りながら結婚観について話している様子。

30代カップルは、付き合うということがそのまま結婚を前提にしているところがあります。ずっと先だという意識があったとしても、二人のゴールは結婚ということになるでしょう。

しかし、昨今は30代になっても結婚を意識していない人や、一生涯結婚したくないという人が増えてきています。生き方が多様化しているのはあなたも感じるところだと思いますが、以前よりも更に「結婚の問題」は30代カップルに取って「問題化」する場面が増えています。

子供を生むことを考えても、あなた自身の将来感を取っても、結婚観が合わない30代カップルはまず上手くいきません。考え方というのは段々と変わっていくことも多いですが、20代カップルと比較して、30代カップルの方がその変化率は低くなります。経験値の違いでブレが少ないんですね。

こういった背景がある30代カップルは、なるべく早い時期から「結婚」について意見交換をしたいところです。固い言葉を選んでしまって恐縮ですが、やんわりと将来感について会話をしたいですね。

30代カップルは落ち着いた関係を望みますから、付き合う前からシリアスな会話ができていた人も多いと思います。30代のカップルの場合はキャッキャわちゃわちゃしたカップルより、しっとりしたカップルが多いですよね。そういう雰囲気から将来に対する考え方を少しずつ二人で理解していってください。30代カップルの付き合い方では非常に大事な部分です。

アラサー女子は、周りの友達が家族を持つことで、最も結婚を意識する時期を迎えている人も多いですし、さきほど触れたように、子供を産みたいと思っているなら現実的にタイムリミットも意識し始めます。2人3人の子供が欲しい女性は、はっきり言ってしまうと適当な人と無駄な時間を過ごしている場合ではないのです。そのくらいには真剣に人生を考えるのが30代の恋愛と言えそうです。付き合い方を考える際は、やはり具体的に先を見ながら時を刻んでいきたいですよね。

結婚感をなるべく早めに確認していくコミュニケーションをすることが、最終的に二人のためになるので、タイミングを見て踏み込む会話をしていきましょう。

30代カップルのデート

次に「30代カップルのデート」ですが、20代のころと大きな違いは少ないです。アラフォーの人も含めて年齢はあまり意識せずに、これまで通りのデートをするようにしてください。お金をかけ過ぎると「金銭感覚が合わない」等と思う原因になったりもしますから、段々とでも寄り添うデートができると良いです。

30代カップルの場合だと食事するレストランはワンランク上のレストランを選ぶ機会が多くなりますが、それは落ち着いた雰囲気でデートしたいからです。気合を入れすぎると安らぎを与え合う関係とは遠ざかるので、「ゆっくり食事できる場所を選んだんだ」という雰囲気を大事にすると良い空気感ができてきます。メリハリを意識できれば「価値観の相違」を感じさせないでしょう。

30代のシングルは、基本的にお金に余裕がある人が多いですよね。特に男性はそうだと思います。

ある程度経済力を持った男性は彼女にお金をかけてあげるとより結婚に近づくところがありますが、30代カップルが「何を相手に望んでいるのか」は意識してください。庶民的なデートにむしろ好感を覚える女性も多いです。

二人で心地よく付き合っていく方が上手くいくので、既に付き合っているカップルなら「想い合っている」という事実に自信を持ちましょう。あなたらしいデートをして、お互いに理解し合っていく方が30代は上手くいくと思います。

これまでの恋愛経験から「付き合い方に自信がない」という人は、下の記事から自分の問題点を具体化しておきましょう。

30代カップルの会う頻度

30代カップルの会う頻度がピタっと合うと、会うたびに幸せを感じる。

30代は要職についている人も多いですし、昇進や勤務期間の問題で仕事はハードです。そんな状況で付き合う30代のカップルは会う頻度に悩む人が実は少なくないのですが、ここにもお互いの理解が非常に大事になります。

会えない期間や会えない時期の乗り越え方は30代らしい感覚で考えましょう。不安を原因に気持ちの安定を失うと嫌われやすいところがあります。

一般論でいえば、忙しい30代のカップルでも週に1度は会っています。最低でも2週間空けないで会ってますから自分から「会いたい」と伝えることは良いことですね。愛情を感じる言葉ですし、遠慮ばかりではむしろうまく行きません。

しかしながら、恋愛が日常の負担になってしまうと30代カップルは別れを迎えるところに難しさがあります。大人な考え方ができない恋人とは未来が見えないので、「合わないな」と思うきっかけに「会う頻度」が問題となるわけです。

基本的には、二人で週に1度は会う関係を目指しましょう。忙しくても「会わないと上手くいかない」のがカップルです。付き合う人を作るのなら、その関係を努力で続けていく気持ちがほしいです。それが真剣さでしょう。

ただし、30代はどうしょうもなく忙しい時期もありますし、恋人に割ける時間や精神的余裕にも違いが大きい世代なので、二人でバランスが取れるとベストです。パートナーとして二人で付き合い方を模索しましょう。

「会いたい」と希望を言ってはいけないのではなく、二人で意見を合わせていく過程を大事にしましょう。好きだから会いたいと思うのは当然ですから、どうしたら上手く付き合っていけるかを二人で考えていくことがとても大切です。コミュニケーション能力とカップルの相性が試されるところなので、二人の気持ちを合わせていく意識を大切にしてください。

30代カップルの連絡の仕方

30代カップルの連絡は、20代カップルと大きな違いがありません。出張や研修などの仕事の事情がない限り、基本的には毎日簡単にでも連絡を取り合っているのが30代カップルです。付き合いが長くなると過度に遠慮することもなくなるので、最終的には連絡したいときに連絡をすることになります。

しかし、ここでも相手への理解をより重視する30代のカップルらしさは存在します。20代との違いは「カップルごとのパターン」が多用化するところですね。2~3日に一度しか連絡しないカップルも増えますし、伝えたいことだけ伝えるようなLINE・メールも多いです。

デートのところでも解説していますが、連絡の仕方を考えた時も、30代カップルはコミュニケーションの形が非常に大事になっています。仕事が忙しく、趣味を持っている人も多い30代は、彼氏や彼女からの理解をより重視しますので、「二人で答えを出す」という問題解決能力が問われるでしょう。結果、それが一生一緒に居たいと思う関係性に高めて行っています。

自分の考えを伝え、相手の考えを聞き、どちらがどう折れて、どう二人で歩み寄るのか。

30代半ばから後半、アラフォーのカップルと年齢が上がるにつれ、「一般的なカップル」の括りよりも自分たちの幸せを個別に考えるようになりますので、深い話ができるカップルを目指しましょう。

今すぐでなくて良いのです。これからだんだんとそうなっていけるように、二人で絆を深めていけたら、きっとずっと長く一緒に居られる関係を築けるはずです。

30代カップルはすれ違いに気を付ける

30代の人は、自分の考え方を確立し始めている時期です。どんな人でも経験則から学びを得て、自分らしい価値観が表現できるようになってきています。

合わないと思った相手とは長続きしないのが30代カップルの特徴なので、「思い込みによるすれ違い」や「忙しさ等で会えないすれ違い」には最大限気を付けましょう。長くなったカップルが別れにくいところも30代カップルの特徴なので、特に付き合い始めに意識しておくと後悔しない恋愛ができるはずです。

現実的なお話をすると、30代カップルは「恋人に求めるコミュニケーション能力」がそこそこ高いです。恋愛経験がないと、好きな人になかなか本音を言いにくい人も多いと思うのですが、表面的な関係が続くと未来が見えずに別れてしまいます。

「どんなコミュニケーションが必要なのか」を考えて、自分の表現にも努力してみましょう。ゆっくりでいいですから、自分の心を開き、お互いの価値観や考え方に触れる会話ができるといいですね。そういった会話から絆ができてきます。

30代でしっかりとした絆が築けたカップルはすれ違うことなく幸せに付き合っていけるので、ぜひ意識して恋人に接してみましょう。

30代カップルに起こる「大きなケンカ」を乗り越えるには?

30代で付き合うと「将来の結婚」を意識する人が多いのですが、そこで問題になるのがカップルに起こる「大きなケンカ」の乗り越え方です。将来まで考える大切な人だからこそ許せないことや感情的になってしまうことがあり、付き合い方が下手な人はたとえ愛し合う関係でもけんか別れしてしまうことがあります。

大きなケンカをきっかけに別れないためには、まず先ほど紹介した「すれ違い」を防ぐコミュニケーションの取り方が大切になり、次いで重要なのが「謝り方」です。30代のカップルは10代や20代に比べてセルフコントロールの能力自体は高いものの、やはり恋愛感情が絡むケンカは冷静さを奪います。一時の気の迷いで別れることがないよう、大切な瞬間を絶対に見失わないように注意をしてください。

30代カップルに起こる大きなケンカを乗り越えるには、この「別れの危機」を察知する能力と対処する力がすごく大切になってきます。大きなケンカは小さなケンカから発展することも多いですし、繰り返しになったケンカが大きなケンカのきっかけになることもよくあります。

言いたいことが出てきた際も、感情がヒートアップした状況では難しいので、話し合える環境を作ってお互いが冷静に意見を言い合えるように話しましょう。これができれば、最低限「想い合う二人」は別れません。

謝っても許してくれない状況になってしまった際は、下の記事に対処法をまとめているので参考にしてください。

30カップルでもいくつかのケンカは避けられないところがあるのですが、ケンカの度に絆が深まる付き合い方ができたらベストですよね。本音が言える関係は素敵だと思うので、彼氏や彼女を信じて、二人の考え方を合わせるようにコミュニケーションが取れると良いと思います。

まとめ

今回は「30代カップルの付き合い方」をまとめました。デートや連絡の頻度、結婚の問題も取り上げてまとめましたが、いかがだったでしょう?

30代カップルは将来を意識する中でお付き合いをしますから、二人の関係性をしっかり意識してください。結婚観や価値観に多く触れ、合わせるところは二人で合わせ、大事なところが合っていく付き合い方ができると良いです。

30代に半ばから後半になって結婚していない人は、色々な考え方を持っています。思い込みですれ違ったり勝手にがっかりするような恋愛の仕方は20代で卒業したいところですから、是非心と心を通わせる恋愛の仕方をしてみてください。

きっとあなたの恋人は「あなたらしさ」が素敵だと思ってますよ。

30代は長く付き合える人が多い分、「飽きられる」ということに悩む女性が多くなっています。30代の女性は、下の記事も合わせて読んでおいてください。

30代の彼女を持つ男性は、下の記事がおすすめです。女性は話すことでストレスを発散しているので、聞き上手になるコツを学ぶことで長続きするカップルを目指せますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました