20代カップルの付き合い方|デートの回数と場所、会う頻度から結婚の問題まで解説

20代のカップルが二人でお茶をしている。

20代になってはじめて付き合った人やお付き合いに慣れていない人は、「20代カップルの付き合い方」を正しく知りたいと思うことがあるでしょう。20代カップルのメージはあなたも色々と持っていると思うのですが、実際の付き合い方を知ることで大好きな彼氏や彼女とうまく付き合っていく方法が見えると思います。

20代のカップルは新社会人として働き始める人も多く、お金と時間のバランスが良い時期です。二人で初体験できることもたくさんありますし、好きな人と付き合えたら本当に楽しい日々になると思うんですね。良い付き合い方ができれば人生そのものが充実するはずです。

今回は「20代カップルの付き合い方」について「デートの回数と場所」、「会う頻度」から「結婚の問題」にまで、踏み込んで解説していきますから恋愛が苦手な人もぜひ自信を付けてほしいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

20代カップルのデートの仕方

20代カップルは良い付き合い方ができないと長続きしないのが特徴です。目安として1ヶ月~2か月くらいで二人の空気がしっくりくる付き合いを目指しましょう。3か月の壁が越えられないのは付き合い方が間違っているからです。

好き同士であれば何となく続いていた10代カップルと違い、良い付き合い方がしたいと思う人の割合が高いですから、まずはデートの仕方から解説します。

王道デートでお付き合いを軌道に乗せる

付き合い始めを上手くいかせるには「この人と一緒に居ると楽しい!」という感覚を二人で共有できることが前提になります。デートの仕方にはあなたも気を遣うところですが、20代カップルなら王道デートを付き合い始めにしてみてください。

あなたの地元にも「付き合ったらカップルで行くのが当たり前の場所」というのがあると思うのですが、それが王道デートです。関東周辺ならディズニーランドやディズニーシーなどがそうですね。横浜なら「みなとみらいデート」や東京なら「お台場デート」も王道デートの場所としてとても有名です。20代カップルのデートする場所で一番はじめに浮かぶところからデートの場所に選ぶので問題ありません。そこに二人の趣味嗜好をプラスして考えましょう。

なぜ王道デートをおすすめするかと言うと、「好きな人と付き合ったら行ってみたい」と多くの人が思っている場所だからです。外れデートにならない点もメリットですね。友達から彼氏や彼女になったのなら、付き合っている感も存分に味わえるのが王道デートですから、しっくりきやすいという魅力もあります。

一緒に「二人の初めて」をどんどん体験しよう

冒頭から説明しているように、20代はお金と時間のバランスがとても良い時期です。はじめての社会経験も多い時期ですが、カップルですることの初体験にも興味が強い世代なので、一緒に二人の初めてをどんどん体験するようにデートをしましょう。思い出も増えていくので絆が深まります。

20代カップルはお互いの恋愛経験にも違いが大きい場合もありますが、未経験を恥ずかしがらずになるべく相手に伝えて、「初体験」を多く経験していってください。素直になるのはカップルの基本です。

20代カップルはこの先結婚相手も意識し始めるので、一緒に成長し合える相手と長く付き合います。遠慮しているカップルと気遣いのあるカップルには大きな違いがありますから、是非心と心を通わせて行ってください。

メリハリの効いたデートを

20代カップルはお金があると言ってもそこそこですよね。給料日前は金欠になることも多いですし、友達付き合いや会社付き合いでも出費が激しくなればやりくりが必要です。

そういった事情も考慮し、20代カップルのデートはメリハリの効いたデートをするようにしてください。別にデートスポットに行くだけがデートではありません。もちろんいつもオシャレなレストランで食事をしないといけないわけでもありません。

たまにはカフェでお茶をするデートになってもいいですから、その次は少し気合の入ったデートをすることでバランスを取るのもお付き合いのコツです。いつもデートプランを考えるようなデートの仕方をするよりも、もっと身近な感じで付き合う方がむしろ上手く付き合っていくことができるので、メリハリは意識してみるようにしましょう。

たまに旅行するのも20代カップルでは必須となるので、その前は二人で節約デートをしたりして、二人でお付き合いを楽しむように付き合っていけると、お互いに取ってベストなパートナーになっていけるはずです。遠出デートは月に2~3回というカップルも多いですよ。

20代カップルの会う頻度

20代のカップルはお互いの忙しさをしっかり意識して会う頻度を決めましょう。一般的には1週間に1度は会う機会を作り、最低でも2週間会わない期間を作らないようにお互いが努力し合うことは大切ですね。カップルは会わない期間が長くなると上手くいきません。定期的に会うことがお付き合いの約束なので、二人に会えない事情がない限りは毎週会うように連絡を取り合いましょう。

私の経験では週1会う彼女もいましたし、週に3度会う彼女もいた感じです。時期によって会う頻度が変わることも多かったので、連絡を取り合うことが大事ですね。二人が会いたいと思うときに会える関係がベストでしょう。最終的には会う頻度を気にしなくなります。

でも、一般的には週に1度くらいは好きな人と付き合っているなら会いたいと思うものです。会わなくても平気という人もいるでしょうが、相手である彼氏や彼女の気持ちを考えてデートの頻度や会う頻度を決めるようにすると上手く付き合えるはずです。「週に一回くらいは会いたいよね?」みたいな会話を付き合いはじめにしておくと意思確認ができるので、やんわりとでも話題を振ってみましょう。

遠距離恋愛の場合は月に1度や2度しか会えないこともあると思うので、優先するべき考え方は「二人が心地よい付き合い方」であるのは言うまでもありません。それを考えるのに一つのモノサシを示したつもりなので、カップルで色々な話をしながら「自分たちらしい付き合い方」を模索するようにしましょう。

付き合いはじめはまだ本音トーク全開とはいかない20代カップルも多いと思いますので、週に1回~2回を基本に会う頻度を二人で決めていきましょう。一緒に居すぎると上手くいかない二人もいますから、楽しく幸せに付き合っていく方法を二人で考えるようにすると上手くいきます。

20代のカップルはどう連絡を取り合うのか

20代カップルの付き合い方で実は一番大事なのが「連絡の取り方」かもしれません。毎日会えるカップルはあまり無いでしょうから、離れている時間をどう過ごすかという意味で難しい問題です。

20代のカップルは基本的に毎日LINEするカップルが多いです。連絡の仕方はそれぞれのカップルで意外にまちまちですが、何かしらコミュニケーションを取っています。

正し、男性である彼氏は、連絡を取り合うのにめんどくさいと思いがちなので、ここにもバランスを意識できると良いでしょう。長続きするカップルのLINEの仕方は結構淡白です。二人の気持ち次第ですから、別に長いLINEがカップルに悪影響を与えるわけではないのですが、毎日簡単にLINEをし合う関係がお付き合いにおいては心地よく連絡を取り合う方法になるかもしれません。

連絡が段々淡白になっていくのなら、それはそれで上手くいってます。デートなどで会った時の雰囲気が悪くないなら変なことではないので、特にマメに連絡を取り合いたい人が多い女性である彼女側は意識しておくといいでしょう。20代のカップルは思いやりのある人とない人で恋愛の充実度がかなり違っています。

20代カップルの「結婚の問題」について

20代カップルはお付き合いが長くなればなるほど「結婚」に近づいていきます。これはお互いが結婚を望む場合もあれば、どちらかが望むことで相手の彼氏や彼女が望んでいく形まで、様々な軌跡を辿って、いわゆる恋愛の「ゴール」を意識するようになります。

あなたは何歳で結婚したいと思っていますか?

全員が全員でないにしろ、誰でも20代になると結婚に対するイメージができてきます。20代半ばになれば友達の誰かが結婚すると思いますし、20代後半ではなおさらですね。大学生カップルがお互いに卒業して、落ち着いてくる社会人3年目以降は25歳や26歳になってますから、このころには周りの人たちが次々と結婚する「結婚ラッシュ」を迎える人も多いことでしょう。

このような背景もあり、20代のカップルは、どこか結婚の問題を意識しながら付き合うことになります。付き合って長くなってきたカップルは、将来に結婚があるかないかで付き合いを続けるかやめて別れるかの選択をする場合すらあるくらいです。さきほど聞いた「あなたの結婚したい年」次第では、20代の前半でも結婚を意識しない人とは付き合えないという人も出てくるはずですよね。

20代カップルの多くは「結婚問題」がまだまだ先であるとのイメージを持つ人も一方で多いと思うのですが、相手の気持ちはわかりませんし、まったく意識しない人はむしろ少数派になっていきます。いい人と長いお付きあいができるように、将来感も二人ですり合わせていきましょう。早く結婚したい人は恋人にそれを匂わせていくといいでしょうね。すぐに答えが出せる問題ではないので、数か月から1年以上結婚を考えながら決断できない人だっているのです。

結婚は、出会った時期で相手が決まるところもあります。自分に何かがあって結婚を考えるとき、過去の恋人を思い出すことも多いんですね。

「当時は結婚なんて考えてなかったけど、今の恋人は…」
結婚に限らず恋愛はご縁次第という面が多くありますが、ずっと一緒にいたい相手は大切にしましょう。後悔先に立たずです。

結婚するまでに付き合う人数は一般的に3人から5人くらいです。まだ先でいいと思う中でその後にいい人と恋愛できない人もいるので、結婚の意識はカップルの双方で確認しあえるといいですね。長く付き合って来たらすこしずつ話題に出てくると思うので、どんなイメージを持っているかくらいは話せるといいでしょう。

今は晩婚化が進んで結婚したい年に人それぞれで大きな違いが出てくるようになりました。女性は30代になるまでには…なんて思う人も多いでしょうから、アラサーになってきていきなり彼氏へプレッシャーをかけるよりは少しずつ進んでいくほうがうまくいくと思いますよ。

まとめ

今回は「20代カップルの付き合い方」をまとめました。デートの仕方や場所、会う頻度から結婚の問題まで、たくさん取り上げてきたので参考になったのではないでしょうか。

20代は刺激的な生活を送りたい人も多く、リア充への憧れも持ちやすいのでアクティブに付き合うほうがうまくいきます。たくさんの初体験を一緒に経験していきましょう。

連絡の頻度は、お互いの希望の間をとる感じで徐々に調整できるとベストです。基本的に毎日LINEはしますが、淡泊に終わる日があってもいいでしょう。連絡を取り合わないとすれ違いの原因になるので、離れているときでもつながっている感があるといいですね。負担になってしまうと長続きしませんから、バランスを意識しましょう。

20代カップルは結婚をゴールに考えはじめる人が増えますが、そうではない人にとっては希望が合わず別れる原因にすらなります。だんだんとこういった深いところでも二人の希望を合わせていけるといいですね。「夢を語る」と言ってしまうとなんだかロマンティストな考え方ですが、付き合っているうちにいろいろなことがありますから、二人でたくさんの話ができるといいと思います。

30代カップルの付き合い方はこちら:

30代カップルの付き合い方|デートと連絡の頻度、結婚の問題も解説