飽きられる女9つの特徴と、飽きられない女になる対処法!彼氏に飽きさせない方法を知りたい女性へ

彼氏に飽きられた女性が「どんな彼女なら飽きられないのか」考えているところ。

「飽きられてるかも…」

彼氏の態度が変わった時や、なんか冷たい感じがする時、飽きられたことを心配する場合ってありますよね。

恋愛では信頼する気持ちも大切ですから、変にネガティブな方向で心配しすぎるのも良くないですが、もし自分自身が飽きられる原因を作ってしまっているとしたら改善したいと思いませんか?

この記事では、「飽きられる女の特徴」を厳選した9つのポイントで解説し、それぞれの項目で「飽きられない女になる対処法」まで解説していきます。

自分が飽きられる女になっているかチェックすると共に、飽きられない女になるコツまで学んでいきましょう。

1【連絡頻度】LINEが多すぎる女は、飽きられる女

男性は、付き合っていてめんどくさい女に飽きるのが最大の特徴です。男性が女性と付き合う上でめんどくさいと感じることはやっぱり色々あるのですが、「連絡頻度」の問題で引っかかる女性は本当に多い状況があるので注意をしましょう。

なぜ女性は連絡頻度の問題で彼氏に飽きられやすいかと言うと、男性と女性で連絡の取り方が違っているからです。

  • 男性=目的をもって連絡を取り合う
  • 女性=コミュニケーションとして連絡を取り合う

男性はLINEやメールを純粋なコミュニケーションとして楽しむ心理に疎いので、女性が男心を理解せずに自分の感覚で連絡を取り合った場合、どうしても「めんどくさい女」だと思われてしまいます。

特に、忙しい男性は自分の都合を考えてくれない彼女の態度に愛情が冷めやすいので気を付けましょう。LINEが多すぎる女は対応しているだけで疲れるので、男性から飽きられる女となってしまいます。

対処法:飽きられない女のLINE

では、「飽きられない女はどんな連絡の取り方をしているか」という点についてですが、基本は淡泊な連絡の取り方をしているのが特徴になっています。

この点は「長続きするカップルの特徴」にもなっていて、付き合ってから1か月くらいまでは頻繁にLINEする女性が多いものの、徐々に連絡頻度を減らしていき、お互いに無理のない連絡の取り方をしています。

あくまでも彼の態度次第なところもあるのですが、「連絡の頻度」については彼氏の日常に直結するものですから、「LINEし過ぎかな?」と冗談半分の質問をしてみて、「どのくらいが好みなの?」と少し踏み込んで聞けると、あなたの彼氏に合った丁度いい連絡の頻度が分かります。

悩み相談みたいになると重い雰囲気になることがあるので、軽い流れの中で彼の気持ちを聞いてみてください。

2【愛情表現】好きアピールの多い女は、飽きられる女

彼氏への愛情表現は、奥手なタイプの女性であれば基本的に「頑張る」というスタンスで良いのですが、積極的なタイプの女性は、「好きアピールの多すぎる女」になってしまうことへ注意しましょう。

好きアピールの多い女は飽きられる女の特徴になっていて、愛情表現についても「丁度いい愛情表現」を目指すべきです。

男性は釣った魚に餌をやらない生き物です。好きアピールが多すぎるとどうしても彼氏が過度に安心してしまい、男性心理からすると「刺激のない女」になっていくんですね。

男性の恋愛感情では「追いたくなる女」で居続けるのがカップルの長続きのコツになっています。

対処法:飽きられない女の愛情表現

飽きられない女の愛情表現は、今説明した男性心理をよく理解できているのが最大の特徴だと思っています。「彼氏に自分を追わせる」ということの意味を分かっていて、方法論に落とし込んで実践できているんですね。

したがって、「愛情表現を減らす」という感覚よりさらに意識しているのが「彼氏に追われる彼女になる」ということです。

では、どのようにすれば「追われる女」になれるのか、ですね。ポイントを厳選した5つで紹介します。

  • 依存しているような態度と行動を取らない
  • 甘える時と、しっかりしている時のギャップを作る
  • プライベートを持ち、充実させる
  • 自分の意見を持ち、表現する
  • 安心しすぎず、女を磨き続ける

愛情表現については、我慢したりわざと減らしたりすることでカップルの雰囲気を壊してしまうこともあって正直微妙なポイントです。

「愛情表現しすぎると彼氏に飽きられる彼女になる…」と思うよりも、「追いたくなる彼女になる!」と思う方が長く幸せに付き合うことが可能なので、追われる女を目指しましょう。

3【彼氏の構い方】お節介な女は、飽きられる女

母性が強い女性は「お節介な女性」になってしまうのに注意をしましょう。彼氏の構い方を間違えると、ダメ男にする彼女となってしまいますし、飽きられる女にもなってしまいます。

ここは、2つの理由があって男性から飽きられる女性になります。

  • お節介な女はめんどくさい
  • お節介な女はお母さんみたいになって女を意識しなくなる

男性心理は「自由」を重んじるところがあって、お節介が過ぎるとめんどくさいと思われがちです。さらに、女性が気を付けるべき「お母さんになってしまう」ということが彼氏の構い方で決まってきますから、「危ないな」と思う女性はぜひ注意してほしいポイントです。

尽くす女は付き合う彼氏から見てもいい女なのですが、お節介すぎる女になると彼氏に飽きられる元になってしまうため、男性心理を理解した上で適切な構い方をしたいですね。

対処法:飽きられない女の「彼氏の構い方」

彼氏の構い方を間違えて飽きられる女になりたくない女性は、世話焼き女にならないように注意しながら、「男性のプライド」をくすぐるように工夫しましょう。

尽くすタイプの女性は、お付き合いにおいてその「性格」が原因で飽きられる女になるのではなく、やりすぎて「男性を立てない女」になるからウザったくなってしまいます。

また、お母さんになってしまうタイプの女性も、彼氏のプライドを立てながら接することで問題は解消するはずです。

男性は好きな人の前でカッコつけたい心理の強い生き物。構い方を間違えて男女を意識しなくなるような雰囲気を作るのではなく、「こいつの前ではカッコよく居たい」という気持ちを燃やせるような女で居ましょう。

そのためのキーワードは「男のプライド」です。

4【付き合いはじめ】心を開かない「自分を作る女」は、飽きられる女

彼氏に飽きられない、彼氏を信じる彼女の画像。

付き合ってから1か月以内くらいの「付き合いはじめ」の時期だと彼氏になかなか自分の素を見せることができない女子も多いと思いますが、この時期はカップルの心の距離を縮める大事な時期です。自分を作ることで飽きられるリスクがあることを理解しておきましょう。

と言うのも、飽きられる女は、付き合いはじめの時期に「心を開かない」のが特徴で、自分を作ることに頑張ってしまうのです。自分を良く見せようと頑張ってしまうんですね。

では、なぜ心を開けないのかという点ですが、理由は大きく3点あります。

  • 嫌われるのが怖い
  • 好きな人と一緒にいることに緊張してしまう
  • 素の自分に自信がない

上の心理に心当たりがある女性は、ぜひ注意してください。確かに自分を作っていれば彼氏から決定的に嫌われてしまうようなことは起きないのですが、彼氏としては「隠されてる」とか「距離を置かれている」と思ってしまい、お互いに距離を取る付き合い方になって、飽きられる原因に繋がっていきます。

長続きするカップルは付き合っている月日が長くなるごとに仲良くなっていくカップルですから、自分の心を開かない女子は彼氏に寂しい気持ちを抱かせ、しっくりくる付き合い方にならないので、だんだんと飽きられる女になっていきます。

ここは男女共通ですから、「自分が同じことをされたらどう思うか」「恋人にはどうしてほしいか」という点を考えてみるべきでしょう。

対処法:付き合いはじめに飽きられないようにするには

付き合いはじめの時期で飽きらない女になるためには、「色々な種類のデートに行く」のがおすすめの対処法です。

様々なシチュエーションのデートを計画して二人でお互いの知らない顔を見ていけば、刺激のある付き合い方になるだけでなく、自然と「心を開いたような状態」となり、相手への理解が深まるので心の距離を近づける効果があります。

「色々な種類のデート」とは、たとえば下の7種類があります。

  • カラオケなどの「インドア系デート」
  • 公園や海などの「アウトドア系デート」
  • 水族館などの「落ち着いたデート」
  • 遊園地などの「騒ぐ系デート」
  • スポッチャなどの「運動系デート」
  • 散歩デートなどの「のんびり系デート」
  • イルミネーションデートなどの「しっとり系デート」

挙げればキリがないのですが、「デートに行く」と言ってもカップルの雰囲気はデートスポットで大きく変わりますので、「こんな一面もあったんだ!」と思うことが出てくれば、どんどん心の距離が縮まって付き合いはじめに飽きられることがありません。

「好きな人の前では素直になれない…」という女子は、デートの種類にバリエーションを持たせて、雰囲気の違うデートをすることでたくさんの顔を見せましょう。

5【彼氏の束縛】嫉妬がひどい女は、飽きられる女

男性同士で語る「彼女論」で必ず話題になるのが「束縛と嫉妬の問題」です。

先ほども解説したように、男性心理は自由を重んじるところがありますので、束縛と放置のバランスが壊れている彼女は、付き合っていてめんどくさいことから、飽きられる女の特徴となっています。

嫉妬がひどい女は、飽きられる女の典型例と言えるでしょう。

男性はあまり愛情表現を言葉でしないところがありますが、男性心理としては「察してくれ」という感覚があるんですね。「恥ずかしくてできない」とか、他の理由も絡むものの、「好きだから付き合ってるんだろ」という感覚は強めです。

なので、適度な嫉妬は愛情を感じる男性も、ひどい嫉妬になって色々詮索されたり、もっと行って束縛がひどい状態になると、必ずと言って良いほど飽きてしまいます。「自分を理解してくれない、信じてくれない」と思ってしまうので、心が離れてしまうのです。

対処法:飽きられない束縛の方法とは

適度な嫉妬は愛情を感じると説明しましたが、飽きられない女になるのに嫉妬心を隠しきる必要はありません。束縛の方法を変えれば良いのです。

確かに浮気が問題となって別れるカップルもある以上、適度な束縛の方法を実践することが、長続きするコツにもなっていますよね。

では、どのような方法で彼氏の浮気を防止したら良いか。下の5つがポイントです。

  • 嫉妬は可愛く表現して、軽く拗ねる
  • 信頼を伝え、寂しがる
  • 冗談半分できちんと釘を差す
  • 彼氏を責めないで、心配の気持ちを伝える
  • 彼氏の行動を制限する際は、「思いやり」を理由にして伝える

嫉妬や束縛は愛情が元になっているので、無くなればカップルが上手く行かなくなるものでもあります。彼氏が嫌がらない束縛の仕方をしていれば可愛い彼女として見られますので、要は方法論になっています。

上に紹介したポイントを実践することで、飽きられない女の束縛の方法を実践してみましょう。

6【価値観の違い】受容力の低い女は、飽きられる女

価値観の違いはカップルが別れる原因でも最たる例だと思いますが、彼氏に飽きられたくないと思う女性は「自分の受容力」を一回振り返ってみてください。受容力の低い女は、飽きられる女の特徴になっています。

恋愛でいうところの受容力とは「相手を受け入れる力」のことを差すのですが、これが低い女性は彼氏からすぐに「価値観が合わない」と思われがちです。彼氏の行動や態度にも厳しくなる傾向があって、お互いのことを認め合うことができないんですね。

付き合いはじめだとなかなか問題として顕在化しないところがあるものの、受容力が低い女性は彼氏に厳しい判断基準を持つことになるので、ギクシャクすることが多いです。雰囲気が悪いカップルになりますから、彼氏が飽きるのも無理はないですよね。

なんでもかんでも許せば良いと言えないところに恋愛の難しさがありますので、対処法をしっかり読んでみて下さい。

対処法:価値観の違いを楽しむポジティブさを持つ

受容力を高める方法は難しくても、恋愛において問題となる「価値観の違い」を解決する方法はあります。それは、「価値観の違いを楽しむポジティブさを持つこと」です。

価値観の違いはどんなカップルにも必ずあるものです。では、「別れるカップルと長続きするカップルの違いは?」と聞かれると、価値観の違いをネガティブに取るか、ポジティブに取るか、という点で大きく違っています。

カップルはお互いが違う人間だから惹かれ合って好きになりますよね。価値観の違いも、「そんな考え方もある」と思ってお互いが尊重し合えれば、末期化する問題はそうそうありません。

また、こんな考え方ができてくると間違いなく自分の受容力も高めることができますから、付き合う彼氏からは良い彼女だと思ってもらえる方向に作用するはずです。

「こうじゃないとダメ!」って思ってしまうとケンカばかりのカップルになってしまうので、お互いを認め合えるカップルを目指しましょう。

7【彼氏の負担】わがまま女は、飽きられる女

彼氏に飽きられる彼女。わがままが原因で飽きられた。

男性脳は合理的な思考を好むので、理不尽に負担をかける女性には愛情が冷める傾向があります。

特に、時間を奪う女に対する嫌悪感が強いので、相手への思いやりは必須であり、ギブアンドテイクの原則が崩れるとカップルは長続きしません。

その他にも、彼氏の負担になる女性はこんな女性です。

  • 自分の優先順位が高い
  • 自分の感情で彼氏を振り回す
  • 彼氏への要求が激しい

要は、わがままな女性が彼氏の負担になって飽きられる女となるわけです。付き合っていても楽しい彼女ではないので当然と言えば当然でしょうか。

ここは自覚できるかどうかがポイントになっているのですが、上手く付き合っていくコツを下に紹介します。

対処法:与えることができる女は、飽きられない女

「彼氏の負担になるかどうか」という問題は、恋愛の世界ではかなり微妙な問題です。なぜなら、好きな人のことは楽しませてあげたいと思うのが男性心理ですし、時間を使いたいとも思うからですね。多少のことは、負担と思わないのが恋愛です。

では、どんな女性が「負担になる女」かと言えば、大きく2つの特徴を持っています。

  • わがままをわがままと思わない
  • 与えられるだけで、与えない

前述したように、まずは自覚が大切です。「わがままかもしれない」と思うだけで態度が変わりますし、その気持ちが伝わります。

加えて、彼氏から与えられるだけの女にならず、彼氏に与えることができる女になることを目指してみましょう。付き合うカップルはどうしてもお互いに負担をかけあうところがあるので、一方的にならないようにするバランス意識は思った以上に大切なんです。

彼氏に優しくされたら、自分も優しくする。こんな簡単なことの繰り返しが与え与えられる関係の基本です。小さなことからで良いので、「与えられる女になろう」と行動を取れば、近くで付き合う彼氏は気持ちを受け取ります。

「負担にならないようにしよう」と思うことがむしろ上手く行かない原因になることもあるので、こんな考え方をしてみてください。きっと良い雰囲気のカップルになれるはずですよ。

8【日常の充実】成長しない女は、飽きられる女

あなたは「人に飽きる」という経験をしたことがありますか?

少し考えてみると、人と人というのはそんなに簡単に飽きるものじゃないんですよね。なぜなら、人は成長していくものであって、変わり続けるものだからです。

このことからも分かるように、飽きられる女は「成長しない」という特徴を持っているんです。女性がよく彼氏の「将来性」について話していますが、男性にもそんなアンテナを持っている部分があります。

たとえば、何度注意をしても悪いところが直らない彼女だったり、年相応の振る舞いができない彼女など、将来の期待が持てない彼女は「ずっと一緒にいたい彼女」ではありません。

だんだん興味がなくなることで彼氏は飽きる状態になるので、やっぱりカップルは「二人で一緒に成長していける関係になる」のが理想ですよね。

対処法:素敵な女性になろうとする意識

今の彼氏と付き合う前の自分と、付き合った後の自分は、どっちが素敵な女性ですか?

時々、付き合う前と後ですごく変わってしまう女性もいるのですが、もし「劣化しているかも…」と思った人は要注意です。素敵な女性になろうとする意識がないと、彼氏から見て素敵な彼女で居続けることができないからですね。

もちろん自分を成長させるために具体的な努力ができている方が良いのですが、毎日仕事をこなすだけで精一杯の人もいると思います。そんな女性は、素敵な女性に成長していこうとする意識だけは失わないようにしてください。

きちんと前を向いて生きている女性は、男性から尊敬される女性です。「疲れている…」と流される女性と比べれば、差は歴然としていますよね。飽きられない女になるために最低限必要なのは、素敵な自分でいようとする意識です。

良くも悪くも人は変わり続ける生き物ですから、1年後のあなた、2年後のあなたが、「昔より素敵な女性になれた」と思える過ごし方をしましょう。

恋人は自分に大きな影響を与える存在なので、後ろを向いている人は飽きられます。素敵な男性と付き合っている女性ほど「彼に似合う彼女になる!」という思いを強く持ってくださいね。

9【恋愛の刺激】好奇心がない女は、飽きられる女

つまらない女は飽きられる女だと説明しましたが、典型的な例は「好奇心がない女」です。感情の浮き沈みが大きいのが女性の特徴ですから、その意味でも飽きられる原因になる部分ですね。

好奇心がないとまず新しい話題がありません。これが10代や20代などで起こると、ほぼ間違いなく彼氏から飽きられる彼女になってしまうでしょう。若いうちから好奇心を失っている女性は、長く付き合うのにあまりにも刺激がない恋人になってしまいます。

女性の恋愛にそこまで「トーク力」が必要ではないのですが、物事への興味・関心がない女性は話していてもつまらない相手です。付き合いはじめは彼氏のリードなどで上手く行くこともある一方で、長く付き合う内にどんどん会話が減っていくと、そのころには彼氏の気持ちは他の女性に移っていくパターンがよく見られます。

対処法:「彼氏と思い出を作っていく」という考え方

あまりアクティブじゃないという女性は、たとえ彼氏が同じような性格であっても「思い出を作る」という考え方でたくさんのデートを楽しむようにしてください。

この問題の難しいところは、お互いの感性が一致していても好奇心がない故に「つまらない付き合い方」になって上手く行かなくなってしまうところにあります。

いわゆる「倦怠期」がカップルの長続きを邪魔するわけですが、好奇心がない人の場合は加速度的に倦怠期が進んでいきます。落ち着きすぎてしまうと楽な付き合いができるものの、トキメキやドキドキがなくなって飽きることに繋がるんです。

「彼氏との共通の思い出」が増えればカップルの話題も増えていくことになりますし、二人で幸せを実感できます。飽きられないようにするためにはどうしても感情の起伏が必要なので、好奇心が薄い場合は「彼氏とデートを通じて思い出を作っていく」という対処法が非常に有効です。

月日が経っても思い出の残らないカップルは自然と「過去の否定」が行われて上手く行きませんので、しっかり対策しましょう。何かあった時に「別れよう」と言う思いを踏み止まらせるのが、楽しかった思い出です。

まとめ

今回は、飽きられる女9つの特徴と、飽きられない女になる対処法について徹底解説しました。個別に対処法を解説しているので、不安や心配がある項目はぜひ具体的な対処法まで落とし込んでもらえたらと思います。

「飽きられる女」と言えば付き合ってから半年から1年くらいで問題となりそうなイメージがあるかもしれませんが、場合に寄っては付き合って1か月でも飽きられる場合があり、色々なことが問題となって「飽きられた…」と悩む女子がいます。

どんなことが彼氏から飽きられる原因となるのかを知っていれば、少し意識するだけで印象はだいぶ違ってきますから、素敵な彼氏と付き合っている女性はずっとその幸せが続くように努力してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました