彼女の浮気を見抜く方法|どんな態度を気にするべきか

浮気をしている彼女が傘だけを置いていなくなった。

「彼女が浮気しているかもしれない…」

そんなことを思う時、あなたはどんな態度で彼女の浮気を見抜きますか?

女性の浮気は99%見抜けないと言われていますが、ちゃんと気を付けていれば女性の浮気でも見抜くことは可能です。彼女が本気で隠そうとしている場合は、恋愛経験がない男性にとってすごく見抜きにくいのですが、どこに注目するかで変ってくるのです。

今回は「彼女の浮気を見抜く方法」について解説します。彼女の浮気が怪しい時、疑いがある時は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

彼女がおかしいと思ったら、まず携帯に注目する

女性の浮気は、男性に取ってかなり見抜きづらいものです。違和感を覚えた段階で彼女の浮気がかなり進んでいる可能性があるため、長く付き合っていきたいと思う場合も、浮気しているなら別れたいと思う場合も、「確かめる作業」を違和感の段階できちんとしておきましょう。

彼女がおかしいと思ったらまず、彼女の携帯の使い方をよく観察してみます。携帯は個人情報の宝庫と言われますが、まだ「浮気の疑い」くらいなら中を覗き込まずにその他の態度や扱い方で浮気を見抜きます。携帯を見る方が早いのですが、もしそれが彼女にバレれば浮気をしていなかった場合に元の関係に戻れなくなりますから注意ですし、我慢です。いくら彼氏といえど、浮気を疑われて携帯を見られるのは本当に嫌なことですからね。

では、彼女が浮気している時、携帯をどう使うかを説明していきます。

携帯をチェックする回数が増える

もし彼女が浮気をしているなら、初期段階で「携帯のチェック」が増えます。女性の方が友達との連絡が多く、男性から見ると頻繁に携帯をチェックしていても不自然に見えないと思いますが、携帯を見たときに「ため息をつく」とか、「表情に感情が出るようなリアクションをする場合」がありますので、違和感を覚えやすいポイントになります。

楽しいデートができているはずなのに頻繁に携帯をチェックしているなら、「誰から?」と聞いて見ると、さらにそのリアクションから浮気の可能性がよりはっきりするかもしれません。

携帯の音やバイブが鳴らないように、いつもサイレントモード

携帯のチェックが増えるのは、彼女が浮気をしている時の初期段階です。女性の浮気は相手に新鮮さやキュンとするような恋愛ぽさを求めるので、初期は「彼氏は気づかない」と思って、頻繁に携帯を触ります。その後に、浮気の罪悪感や接触の頻度を気にして携帯を触らなくなるのが浮気後期の特徴なのです。

そんな状況がある中で、携帯の音やバイブをいつもオフにして、常にサイレントモードにしているのも彼女が怪しい時です。音が鳴ったら不味い場所なら不自然さはありませんが、家でリラックスしている時などもずっとサイレントなのはおかしいと感じる時がありますよね?もし以前はそんなことなかったのに最近になって彼女が携帯を鳴らさなくなったということなら、その他の浮気サインと共に要警戒です。

特に「変化」は彼女の浮気を見抜く方法で大事な視点ですからより意識してみてください。

携帯を触らせてくれない

付き合っている彼女や彼氏であっても、自分の携帯を気軽に触らせる人は現在少数派となってきていますが、絶対に携帯を触らせないようにするのは「浮気のサイン」になる場合があります。

彼女が浮気をしている場合、その携帯には浮気相手とのLINE履歴や通話履歴があったり、メールのやり取りも残している場合があります。もちろん消去していることも多いのですが、そういう彼女は浮気に罪悪感を覚えるタイプなので、余計に携帯を触れそうになるとリアクションがおかしくなります。

いずれにしても、彼女が浮気をしているならその携帯で浮気相手と連絡を取り合っているので、彼氏に触られて何も思わないなら彼女の愛情は冷めきっている証拠とも言えそうです。「充電なくなった」とでも言って少し借りてみると、彼女の浮気を見抜く方法となり得るかもしれません。

本命彼氏と浮気彼氏との記憶が曖昧に

彼女が浮気をしている場合、本命彼氏と浮気彼氏との記憶が曖昧になります。どっちがどっちだかが良く分からなくなるんですね。浮気後期に表れる現象で、彼女の浮気に対する警戒感も薄れてきているときに相手彼氏が気づきやすいという特徴があります。

「その話、この前も聞いたな…」

こんなことを思う機会が増えたら、彼女の浮気を疑いましょう。彼氏と浮気相手の境界線が崩壊し、自分がどっちにどんな話をしたのか曖昧になったからこそそんなことが起きます。

何度も同じ話をされたり、誰かと間違っているような話をされればムカつくものですが、感情的になってしまうよりは冷静に話を進める方が彼女の浮気を見抜くには有効です。もし、彼氏と間違うような相手がいないなら話の途中で自分の勘違いに気付くはずなので、そのままスルーするように話続けるなら怪しいですね。

外見のイメージにも変化が

女性は恋をすると自分の美意識がさらに高まります。もし彼女が浮気をしているなら外見にまつわるものにも変化が見えるでしょう。彼女の浮気を見抜く方法を探しているなら、表面的なものの変化にも注目するべきです。

女性が浮気しているときによく「変化」しやすいものは以下の5つです。

  • メイク
  • 下着
  • アクセサリー
  • 香水

上から変わりやすいもの順に並べているので、チェックしてみてください。

女性が変わりたいと思うときはやっぱり色恋沙汰が絡みやすいです。あまりあからさまにやらない彼女が多いはずですし、理由を話したりしますが、「おかしいな」と思うことが重なるのは明らかな危険サインです。

彼女の変化が彼氏向けになされていないなら、誰かいる可能性を疑うポイントです。女性は外見のイメージを変えるとルンルンして機嫌が良くなることが多いのですが、理由は本当にそれだけかわかりません。新しい恋をしたときもルンルンするのが女性ですよね?

クリスマスや誕生日など、イベントを一緒に過ごさない

彼女の誕生日に一緒にいたいけれど、浮気されているから一緒にいられない。

彼女が浮気をしているとき、明らかに怪しい態度が「イベントを一緒に過ごさない」ということです。クリスマス、誕生日、バレンタイン、ホワイトデーなど、本来カップルで過ごすのが当たり前なイベントを「友達と過ごす」と言ったり、「(仕事などで)忙しい」と言います。

浮気相手に会うかどうかはわかりませんが、二股をかけるときに一番困るのがイベントごとです。クリスマスならイブと当日で分けることもあるので、浮気を見抜く方法を実践するならイベントのチェックは最重要と言えそうです。

最悪彼女の場合は同じプレゼントを頼むなどして二股状態を上手にコントロールすることすらあるので、「彼女が浮気をしている」と確信的なときほど、イベント時の対応に注目しましょう。

会う頻度が減る

はっきり言って、浮気をしている彼女はとても忙しいです。彼氏と浮気相手との両方と付き合うわけですから、デートはもちろん普段の連絡も2倍になり、「忙しい」が口癖になる場合もあるくらいです。

単純に「会う頻度」の変化でも彼女の浮気を見抜くことができます。短い時間でも会おうとしてみてください。サプライズで会おうとしてみるともっとわかりやすいですね。浮気に忙しい彼女であれば、基本的にはどんなに努力しても彼女と会う頻度を確保できなくなるはずです。

仕事や学校、バイトのことなど、彼女が急に忙しくなったときは彼氏にその理由をちゃんと伝えるはずですが、彼氏が譲歩して会おうとしているのに会う時間が確保できないのはちょっとおかしいです。「短い時間なら会えるはず」と思って具体的な提案もしているのに会えないのは、ほかに時間を取られていて、それが終わった後も本命彼氏と会いたくない理由があるのかもしれません。

ケンカしても謝らない、もしくは逆に簡単に謝る

浮気をしている彼女は、あなた以外に癒しがある状態です。本命とキープの違いはありますが、それが入れ替わることもありますし、時期や関係性においても一時的に逆転することがあります。その典型例が「ケンカしたとき」です。

彼女の浮気の見抜き方を意識するときは、すでに自分の重要性の低下を感じている場合が多いです。優先順位の低下なども多いですが、ケンカしたときは自分と恋愛中なのか、はたまたもう冷めてしまったのかがはっきりする瞬間でしょう。

恋愛中は複雑な気持ちを持つものです。喧嘩したときのように複雑な気持ちになるべきタイミングで一貫した態度を続けるのは浮気の疑いが濃くなります。相手が謝らないのも簡単に謝るのもおかしな状況ですよね。どうでもいい相手のように扱われるのは浮気相手の存在が支えているのかもしれません。

まとめ

今回は「彼女の浮気を見抜く方法」についてまとめました。怪しいと思ったらチェックしてみましょう。

女性の浮気は男性が見抜きにくいと言われています。女性はみんな女優ですからね。怪しいと思った段階の初期に特定するのは難しいですが、結局放置してしまうなら彼氏にも責任が生まれます。向き合うタイミングはしっかり見極めましょう。

チェックポイントは今回多く網羅しているはずなので、彼女と接しながら確認してみるとよりはっきりするはずです。確信したなら、話し合いをするなり別れるなり、対処を考える必要がありますから問題と向き合えるように腹を括りましょう。

疑いが不安から発生していて、事実に基づかない探りはカップルの関係を壊してしまうものですから、この記事を読んで疑いが晴れる彼女なら「信じてあげること」も必要なことです。少しずつでも信頼関係を作っていけるように頑張りましょうね。