>>自分の恋愛の問題点、理解できてますか?

もう会わない方がいいと言う男性心理と理由|会うのをやめようと言われたのはなぜ?

もう会わない方がいいと言われた女子が、男性心理を考えている。

付き合っている彼氏から、突然「俺たちもう会わない方がいい」と言われたら、戸惑ってしまいますよね。付き合ってない状況でも、友達以上恋人未満のような状態になっていれば、ショックが大きいものです。

「別れよう」ときっぱり告げられるのならともかく、いきなり会わない方がいいと言われたら、彼が何を考えているのか理解することが難しいのではないでしょうか。

原因が分からないと対処法が分からず、言葉が出ないこともあると思います。

そこで今回は、「もう会わない方がいい」と言う男性心理と理由について徹底解説します。会うのをやめようと言う彼が本当に考えていることを理解することで、恋愛の視野を広げていきましょう。

会わない方がいいと言う男性の気持ちが分かれば、きっとまだあなたにもできることがあると思いますよ。

もう会わない方がいいと言う男性心理は2つの角度から考えることが重要

「もう会わない方がいい」と言う男性の心理は、女性側に問題がある場合と彼自身に問題がある場合の2つに分けられます。

その時置かれている2人の関係次第で男性心理が大きく異なってきますので、女性が「なんで会わない方がいいと思うの?」と思う時は、自分と相手の両面で考えていくことが重要です。

この2つのケースは相反するものに見えがちですが、「彼女のことを傷つけたくない」という男性心理が共通して働いています。

このことを念頭に置いて、「もう会わない方がいい」と言う男性の心理を見ていきましょう。会うのをやめようと言う理由は、本当に色々なケースがあります。

女性の問題で、もう会わない方がいいと言う男性心理と理由

女性問題で彼氏からもう会うのはやめようと言われた女性の後ろ姿。

まずは、女性側に問題がある場合の「もう会わない方がいい」と言う男性の心理と理由を紹介していきます。

残念ですが、女性に問題があって会うのをやめようというケースだと、男性は「別れたい」意思が固まっている場合が多いです。「もう会わない方がいい」と言う男性の心理は「彼女のことを傷つけたくない」という心理が基本にあるので、彼女を傷付けたくないからきっぱり別れようと伝えないのです。

しかし、別れたいのならはっきりと伝えて欲しいと言うのが女性の本音ですよね。そこで、どんな時に男性は「もう会わない方がいい」と言って、実質的な「別れ」を切り出すのかを紹介していきます。

付き合ってみたらイメージと違った

もう会わない方がいいと言ってきた彼氏が付き合い立てだった場合、「あなたに当初抱いていたイメージと実際が違った」という理由でその言葉が出た可能性があります。

初デート後に言われたとか、付き合って1週間以内に言われた場合は、悪い意味のギャップがもう会わない方がいいと思う原因でしょう。言い換えると、急に冷めたから会うのをやめようと提案されたわけです。

「第一印象は清楚なイメージだったけど、いざ付き合ってみると大雑把な性格だった。」

「穏やかな性格だと思っていたけど、付き合いはじめや途端にいきなり怒りっぽくなった。」

など、彼が当初抱いていたイメージと実際がかけ離れていたので、男性は身を引こうとした結果、会わない方がいいと決断したわけです。

ちょっとしたギャップなら、「ギャップ萌え」という言葉があるように、「かわいらしいな」「こんな一面もあるんだな」と感じますが、度を超えたギャップだと「もう会わない方がお互いのためだ」と男性が感じてしまうのも無理ないかもしれませんね。

せっかく付き合えた大好きな彼氏と別れることは寂しいことですが、このパターンですぐに別れる場合は彼の事が好きだからと引き止めても今後うまくいく可能性は低いです。彼女に直してもらうにも、「性格を変えろ」と言っているようで優しい男性は特に気が引けるのです。

付き合い始めは一度イメージが崩れると取り返しがつかないことが多く、大きなギャップはなかなか埋まりません。今度はありのままの自分を受け入れてくれる人を見つけることができるように努力しましょう。

いつも短期間に振られてしまうという女性は、下の記事を参考にしてみてください。

我慢したけど、どうしても許せないことがあった

彼女との付き合いで「どうしても許せないこと」が頻繁にあると、男性はそう時間がかからずに我慢できなくなって、いずれ別れたいという気持ちを高めていきます。

この彼氏の我慢が「会わない方がいい」と言う原因になっていて、会うとつらいから会わない方がいいと言う心理になっているのが特徴です。もう我慢できないからあいたくなくなったわけですね。

このパターンは、おそらく彼女に言っても治す気や治る見込みがないと感じている場合がほとんどでしょう。「公共のマナーを守れない」「人の悪口を言う」のように多くの人が嫌だと感じることの他にも、「連絡なしに異性と2人きりで出かける」「時間を問わずにLINE・電話をしてくる」などのように、男性それぞれの価値観によるものが絡んでくるので、もし理由を考えるなら多角的に分析するべきです。

当たり前のことができない女性に対して彼氏が「許せない」と感じるのは普通のことですが、付き合う男性によって、「これはいいけどあれはだめ」というのが異なってきます。

これは色々な男性がいるから仕方のないことですが、価値観のズレで別れる別れ方を防ぐためには価値観を擦り合わせていく作業が必要となります。次の恋愛に向けて自分の悪いところは改善していきつつ、付き合う男性の趣味嗜好を理解しようと努力することが大切ですね。

愛情がなくなったわけじゃないが、相性が合わなかった

「もう会わない方がいいと思う」と言う男性は、単純に「女性との相性が合わない」と感じていることがあります。

ここでいう相性とは、例えば「趣味が合わない」「性格が合わない」「夜の相性が悪い」ということなど様々な二人の相性を意味していて、「もうこの人と一緒にはいられない」と感じてしまうからもう会わない方が良いという心理になります。

相性が悪いと気まずい雰囲気になることが多いので、そのタイミングで「もう会うのをやめよう」と言われるのが典型的なパターンです。

相性に関しては、合わせようと思っても合わせることができないものもある難しい問題なので、あなたに心当たりがあるなら潔く諦めた方が良いパターンかもしれません。

ただし、相性を合わせようとしてこなかったのであれば、二人で現在の問題点を確認し合うことでやり直すこともできるので、これまでの付き合い方を振り返ってみましょう。

恋愛はどんなに相性が良い二人であっても「合わせよう」としない限り、どこかで相性の悪さと直面します。会わない方がいいとまで言う彼氏の心理は重く見積もるのが基本となるものの、真剣に話し合いができれば、まだ復縁できる可能性は残っていそうです。

女性の急な異動や引っ越し

彼氏が急にもう会わない方がいいという時は、急な転勤や引っ越しが理由になっていることもあります。

やはりこの場合も男性の心理の根本は「彼女を傷つけたくない」ということなので「引っ越して会えなくなるなら別れたい」とストレートには言ってこないのです。

遠距離恋愛になれば、彼女に会える機会は格段に減りますし、自分も彼女も寂しい思いをしてしまうので、このまま付き合い続けていくのは難しいと判断し、身を引こうとしています。転勤や異動は仕方ないことなので、彼女のことを悲しませたくないから、あえて自分から身を引いて別々の道を歩こうとしているのです。

特に、彼氏によく会いたいと言っていた場合にもう会わない方がいいと一方的に言われる機会が多くなっています。

しかし、このパターンも二人の話し合いができていない状況で、遠距離恋愛になっても上手くいくカップルはたくさんあります。

近距離恋愛の時と遠距離恋愛の時とでは付き合い方が変わるのですから、もし離ればなれになる予定が既にある場合は、早めに会う約束をしてしっかり自分の意見を言うべきでしょう。

話し合いの余地はあると思いますので、急な転勤の話や引越しの話が出たら逃げずに向き合いましょう。もう会うのはやめようと寂しそうに言う時は、女性の頑張り時かもしれません。

男性に問題があって、もう会わない方がいいと言う男性心理と理由

自分の問題で彼女にもう会うのをやめようと言った男性の後ろ姿。

男性心理は、好きな人のことを想って自分から身を引こうと決断することがあります。愛情を持っているからこそ、パートナーの立場を離れたくなるのです。

ここでいう、「身を引く」とは「相手に配慮する」という意味が含まれていて、相手のために「好きだから別れる」という選択をしているんですね。

「もう会わない方がいいのかな」などと、ボソッと言う時は、本気で「別れたい」と思って言っているわけではないので、2人の関係が順調に進んでいるのに「もう会わない方がいい」と言われたのなら、理由はおそらく彼自身によるものだと考えられます。

そういった場合は、一旦距離を置いたり、話し合いをすることで解決できる可能性が高いので、諦めずに彼と向き合いましょう。

しかし、男性が女性にもう会わない方がいいと言う時は、男性の身勝手な理由や、女性に取ってショックなものもあります。

なるべく全てのケースを網羅できるように、解説していきます。

ライバルに引け目を感じた

付き合っているのは自分だけど、彼女はモテモテで実はライバルも多い、なんて場合も男性は「もう会わない方がいい」と言うケースがあります。

「自分より高学歴」「自分よりかっこいい」「自分よりも喋りが上手い」などのように、男性がライバルに対して引け目を感じてしまう理由はたくさんありますよね。

このタイプの男性は「きっと、自分よりも彼の方が彼女のことを幸せにしてくれるはず」と、自分が身を引くことで彼女がより良い男性といれるように取り計らっているつもりになっています。

急にもう会わない方がいいと言われたなら、もしかしたら彼が引け目を感じるようなライバルが周りにいるのかもしれません。自分にアピールしてくる男性や真剣な気持ちを伝えてくる男性がいるのなら、彼はあなたの幸せを願って自ら身を引こうと考えているのでしょう。

彼と別れたくないのなら、ライバルよりも彼の方が好きだということを伝えて、失った自信を取り戻してあげましょう。男性心理は大切な人に対してストレートに働くので、表面しか見えてない時があります。

高嶺の花の彼女に、「自分はふさわしくない」と思ってしまった

周りから高嶺の花扱いを受けるような彼女と付き合っていると、男性は「彼氏としてふさわしくない」と思って「もう会わない方がいい」と言って自分から身を引くことがあります。

自分よりも、彼女の方が「頭がいい」「仕事ができる」「人望が厚い」から、釣り合わないのでないだろうかと感じて静かにフェードアウトしようと考えるんですね。「プライドを守る行動」とも言えます。

男性の心理は「自分がリードしたい」という欲求があるので、あまりにも完璧で自分の方が劣っていると感じたら身を引きたくなるのも自然なことかもしれません。

少しこじらせた考え方ではありますが、彼にとってあなたが「高嶺の花」だということは仕方のないことなので、彼のことを引き止めても良い方向に進まない可能性も十分考えられます。そうなったら、彼とは縁がなかったのだと割り切って、次の恋に進んでみる方が本当にお互いのためになるでしょう。

難しい問題ですが、男性が「自分は彼女にふさわしくない男だ」という心理になると、女性が思う以上につらい恋愛になります。

重大な隠し事ができてしまった

男性に突然もう会わない方がいいと言われた時は、女性に隠し事があって会う事が難しくなった可能性が考えられます。

例えば、実は既婚者で奥さんに彼女がいるとバレてしまいそうな状況になったかもしれませんし、実はあなたが浮気相手で、彼女にあなたの存在がバレたのかもしれません。完全に音信不通になった場合は、彼が自己都合で逃げた可能性が高まります。

こういう人は自分のプライベートを隠したり、あんまり連絡が取れないといったわかりやすい特徴が露呈してる場合が多いので、思い当たる節があれば共通の知人を通して確かめてみましょう。

もし、本当に既婚者だったり彼女持ちの男性だったらのなら、ずるずると不倫関係・浮気関係を続けるより、早めに別れて二度と会わないようにするしかないですよね。

この他にも、重大な隠し事があると突然彼女と会わなくなる男性はそこまで少なくありません。彼女に大きな隠し事をするようなタイプの男性は女性に取って危険なタイプの男性ですから、この場合は自分から別れを切り出すくらいのつもりで接する方が良いでしょう。

大好きになってしまい、冷静になりたくなった

彼女の事が大好きで夢中になってしまっている男性が、自分の気持ちをコントロールできないもどかしさに負けると、一旦冷静になりたいと思い「もう会わない方がいいかもしれない」と言ってしまうことがあります。

彼女の事が好きすぎる状態になると、「いつもの自分ではいられなくなってしまうのではないか」、「好きすぎて嫌われてしまうのではないか」と不安に思って、「もう会わないほうがいいんじゃないか」と消極的になるのです。

心の置き所が不安定になると仕事やプライベートに支障をきたすこともあるので、メンヘラのような意味合いだけでなく、この心理になる時は実害が出ていることも多くなっています。

例えば、彼女がほかの男性と楽しく仲良く話している場面に遭遇して、嫉妬でおかしくなりそう時などは、男性が「もっと冷静になりたい」という心理になっても不思議ではありません。職場恋愛や社内恋愛では、「まともに仕事できない」という男性心理の辛さが理解できるのではないでしょうか。

加えて、男性がそんな心理になっている中、彼女と直接あった時にそのことを思い出してしまって、冷静でいる事ができなくなってしまうかもしれないと恐れている時だってあります。こういった場合、彼は冷静な自分を取り戻したくて一旦距離を置きたいという意味で「会わない方がいい」と言っています。

このタイミングで彼に何を言っても一度決めた事を曲げる可能性は低いので、機会を改めて話し合う事が大切です。一旦距離を置いて、彼が落ち着いたところでまたお付き
合いを再開させれば、よりよい関係を模索することもできるはずです。

これ以上好きにならないように会わないという男性もいるので、強い愛情が原因になっているとはいえ、軽い理由だと思わない方が良いです。

彼女の負担になりたくない

彼女が仕事に夢中であったり、資格を取るための試験勉強に一生懸命になっている時は、彼女の負担になりたくないと思って、男性はあえて自分から「会わない方がいい」と言って身を引こうとすることがあります。

前向きさも感じるような言い方で「もう会わない方がいいよ」という男性は、本気で彼女に成功して欲しいと応援する気持ちがあってのことなので、本当に忙しい時は彼に甘えて、ちょっとだけ会う回数や連絡頻度を落とすなどの対策を二人で話し合えるといいですね。

彼氏が心配している気持ちは愛情が理由ですから、言葉だけを受け止めて落ち込んでしまうのはもったいないです。

もし話し合いをするなら、重要なのは「ちゃんと彼が納得するような頻度で会うなり連絡するなりして、女性に負担のかからない範囲で二人が納得した付き合い方を心がける」ということです。

一方で、このパターンは、彼女が仕事や勉強に夢中になり、自分に構ってくれなくて拗ねているケースも考えられます。

自分が忙しいのは仕方がないことなのかもしれませんが、好きな人に会いたい時に会えなかったり、話したいときに話せないのはとてもストレスが溜まることです。彼が拗ねてそうなときは「ごめんね。仕事ばっかりになっちゃってたよ。でも、〇〇くんが一番大事だよ。」と言って愛情表現してあげてください。

どんな心理で彼が「もう会わない方がいい」と言っているのか見極めは難しいですが、自分の気持ちを試しているような感覚を覚えた時は「彼の事が一番だ」と言うことを伝えることで、安心させてあげることが重要です。

好きかどうかわからなくなってしまった

恋愛の心理とも言えますが、男性は好きかどうかわからなくなった時も距離を置きたいと思って「もう会わない方がいい」ということがあります。一旦会わない期間を作ることによって、本当に自分は彼女の事が好きなのかどうなのかをじっくり考えて確かめたい心理です。

女性からしたら会えない期間ができてしまうのは寂しいことですが、そこで「なんでそんなこと言うの!」と彼のことを責めるような発言をしてしまうと、あなたへの気持ちがより薄れて別れる可能性も高めてしまいます。

重い空気で「今は会わない方がいい、一度距離を置こう」と言われた時は、彼のことを尊重して受け入れ、彼を信じて待ってあげることも重要です。「失って初めて大切さに気づく」とよく言われているように、想い合うカップルなら大抵の場合は「やっぱり彼女の事が好きだ」と言うことで落ち着く可能性が高いので、最終的には「やっぱり好きだから会いたい」となるはずです。

「私は好きだよ」と愛情表現をしつつ、彼の気持ちが整うのを待ってみましょう。

冷却期間を持つとカップルの愛情はより強固なものとなるので、その後もうまく行く可能性が非常に高いです。しかし、1ヶ月以上なんの連絡もないと言うことになれば、自然消滅の危険性が高いので、その終わり方でモヤモヤしたり、彼の事が忘れられないときは、自分から連絡するということも必要になってきます。

連絡がとれて話し合いができる状況ならこれからのことを二人で話し合うこともできますが、それが難しいなら距離を置きたかったのではなく、別れたいと思っていたということになるので、距離を置く前に彼の真意を引き出すことがポイントになります。

他に好きな人ができたと言えない

今付き合っている彼女よりももっと好きな人ができた時も「もう会わない方がいい」と言って別れを切り出される可能性があります。

この時の男性心理は、彼女を嫌な気持ちにさせずにきれいに別れたいと思っているため、ずるい男は選びがちな別れ方ですね。

男性はもう会わない方がいいと言う方が、彼女が傷つかないで別れる事ができると考えていますが、女性からしたら「好きだから会わない」と別れを切り出されるのは意味がわからないし、おかしいことですよね。

なんとなく「冷めたのかな…、他に好きな人ができたのかな…」と感じた時は、失恋を引きずらないために、彼の正直な別れの理由を引き出す必要があります。

好きな人の気持ちが離れた理由を聞くのは辛いと思いますが、後のことを考えるとその方がすっきりした別れ方になるのは間違いありません。もしかしたら、本当の別れる理由を聞くことで誤解が解けることもあるので、どんな雰囲気で言われたにしても、男性の真意を確認する作業は必要でしょう。

彼に問いただす連絡をしても帰ってこない場合は自然消滅を狙っているかもしれないので、いずれにしても彼の考えていることが少しは把握できるはずです。

まとめ

今回は、もう会わない方がいいと言う男性心理と理由について解説しました。

「もう会わない方がいい」という男性の心理の根幹となるものは「相手のことを傷つけたくない」という気持ちでしたが、相手女性の問題と男性自身の問題の2つのパターンに大別され、さらにそこから枝分かれするので、彼の真意を予想するのは誤解の可能性をはらみます。

彼の理由や心理によっては、話し合いによって復縁できることがあるので、この記事でイメージを固めた後は、会うのをやめようと言われたショックに負けず、直接本人に真意を確かめることをおすすめします。

これまでの付き合い方から彼の気持ちがはっきりしたと思った女性は、ストレートに彼の理由に踏み込み、深い話し合いができる流れを作りましょう。

「もう会わない方がいい」と言われた時は、必ずしも「別れたい」という男性の本音を反映したものでないので、2人の間の話し合いは重要です。

しっかりと向き合うことがカップルが長続きするコツでもあるので、二人にとっていい関係が築けるように、彼が好きなら彼の気持ちに寄り添ってみましょう。また違った世界がみえるかもしれません。

「もう会わない方がいい」と言われた時は、彼の思いをしっかり考えた上で答えを出すことで、よりよい未来が待っているはずです。

この記事では問題としませんでしたが、「飽きられた」と心配している女性は下の記事を参考にしてみてくださいね。

今回の問題に限らず、深いコミュニケーションが取れないカップルはすれ違いを経験しやすいです。恋愛力アップのために、下の記事も合わせて読んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました