>>自分の恋愛の問題点、理解できてますか?

男性がキャバクラに行く理由は?キャバに行く男性心理と男の事情、キャバクラに通う男の特徴まで徹底解説!

男性がキャバクラに行く理由を考える女性のイメージ。

「男性がキャバクラに行く理由が知りたい!」
「キャバクラに行く男性心理ってどんな感じなの?」

上の発言は、私が恋愛相談を受ける中で幾度となく質問された内容です。女性は、「男がキャバクラに行く理由が分からない」と感じることが多くて、片思いしている男性や付き合っている男性、はたまた結婚している旦那がキャバクラに行ったとなれば、頭のモヤモヤがすごいですよね。

そこで今回は、「男性がキャバクラに行く理由」を徹底解説します。キャバに行く男性心理や、男の事情、キャバクラ通いをする男性の特徴まで、女性の疑問を網羅した記事を作成したので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を最後まで読めば、男性に取ってキャバクラがどんな存在かわかるはずですよ。すきな人や彼氏、旦那まで様々なケースを想定しているので、あなたの疑問が解決できると思います。ぜひ、男性心理を理解してみてください。

キャバクラが好きな男性の割合

この記事を書くにあたって、「キャバクラが好きな男性の割合」を調査しました。調査対象は、22歳~36歳の男性129人です。学生は3人なので、多くは社会人の男性にアンケート調査を実施しました。

キャバクラ好きな男性の割合

  • キャバ好きだ        …34票(26.3%)
  • キャバは好きでも嫌いでもない…55票(42.6%)
  • キャバクラは嫌いだ     …40票(31.0%)

この調査では、キャバ好きな男性の割合は約3割で、決してキャバ好きな男性は多くないという結果でした。私の予想とも一致しており、実勢を映したアンケートになったと思ってます。

ただ、「キャバクラは好きじゃないけど嫌いじゃない」と答えた男性の割合が約4割いて、このカテゴリーにいる男性は「気分やその時の状況」によってキャバクラに持つ印象がアップダインしそうです。この調査は主にLINEグループを使っていくつかのグループに話題を振ってみたので、体裁を気にした男性がいたことも事実でしょう。

しかし、それでもキャバ好きな男性はそこまで多くないことは女性が知識として持っておいてほしいことです。キャバクラ好きな男性は一部であり、様々な理由でキャバクラに行っています。

まずは、大別した「キャバクラに行く3つの理由」から理解してみてください。

男性がキャバクラに行く理由は大きく3種類

男性がキャバクラに行く理由は、大きく3つの理由に分けられます。女性がまず行くことのないキャバクラですが、男性はどんな理由でキャバクラに行くのか、最初にイメージを掴んでおきましょう。

男がキャバに行く3つの大きな理由

  • 仕事や友達の付き合いで
  • 女を求めて
  • ストレス発散の夜遊び

「なぜ男性がキャバクラに行くの?」という質問は上に挙げた3つの理由のどれかに必ず当てはまります。そこに含まれる男性心理はもっと細分化されるのでこれからどんどん詳しく解説していきますが、単純に男がキャバに行く理由はこの3つを押さえておけば大きな勘違いはありません。

ただし、男性には「男の事情」も存在します。女性は具体的にわからない人も多いと思うので、見出しを変えて詳しく解説しましょう。

付き合いでキャバクラに行く男性の事情

男性がキャバクラに行く一番の理由は、「仕事や友人関係の付き合い」です。

どんなにチャラい男性グループでも、他の飲み屋と同列にキャバクラが飲みに行く先の選択肢になっているわけじゃありませんが、男性は酔った時ほど本能的になるため、男だけの飲み会の二次会で、友達が「キャバクラに行こう」と言い出すのは結構あるあるだったりします。

特に20代では陽キャ(明るく積極的)な友達のノリでキャバクラに行く機会が多く、一人でキャバクラに行く人はかなりの少数派です。社会人になって20代後半から30代になると、「上司の誘い」や「取引先などの接待」でキャバクラに行く機会が出てきます。

このように、男性の事情として「付き合いを拒否できない」といった事情があることも女性はぜひ理解しておきましょう。友達の場合でもそうですが、仕事が絡むとしぶしぶキャバクラに行く男性がかなりの割合で存在してます。

もし「なんで彼女がいるのに彼氏はキャバクラに行くの…」と悩んでいる女性も、ただの付き合いでキャバクラに行っている場合は、キャバクラに行く頻度や彼の話ぶりからもっと深層心理に気づきたいところですね。

しかし、男性がキャバクラに行く理由は、女性にとって安心できるものばかりではありません。次からは、男性がキャバクラに行く理由の中でも、「キャバクラが好きな男性心理」に注目して解説します。

キャバクラが好きな男性心理7つ

キャバクラに行く男性心理は、キャバ嬢の接客が心地良いから!

キャバクラは普通の飲み屋と比べて飲み代はどうしても高額になる中、なぜ男性はわざわざ高いお金を払ってキャバクラにいくのでしょうか?

キャバクラが好きな男性心理を、ポイントになる7つに絞って解説します。

お金で割り切れるキャバクラは楽

キャバクラはついたキャバ嬢によって疑似恋愛するような雰囲気もありますが、男性としてはお金を払ってお店からのサービスを受けているので、精神的に楽です。お金で割り切る関係ですから、多少のわがままも言えますし、心理的に素直になれる男性も多くいます。

キャバクラが好きな男性心理では、「お金を払って男女として楽しめる」という点がメリットに感じてます。

男心を理解したキャバクラの接客が心地良い

キャバクラの料金が高いのは、それに見合ったサービスを展開しているからですよね。キャバ嬢の接客は男心を理解した「男性に取って心地の良い接し方」が基本になっていて、飲んでいて気分が良くなる男性は非常が多いです。

キャバクラが好きな男性心理には、この「接客の心地良さ」が大きなポイントになっており、友達の女子や知り合いの女性では求められない「キャバにだけあるもの」と認識しています。

キャバクラは「コスパが良い」とはとても言えませんが、ガールズバーではなく「キャバクラに行く理由」がやっぱりあるものです。それが、プロの接客でしょう。

キャバクラに行くとすぐに女子と飲める

お酒を飲んで酔った男性はより本能的になるわけですが、その一つの心理に「女性を求める」という面があります。「誰か女の子呼べないの?」というセリフは男飲みのあるあるで、酔ってくると女を求める男性は一定数存在します。

しかし、既に飲んでいる状況で急に女子を呼んでもなかなか来てくれるはずもなく、多くの場合ではそれで話が終了するのですが、キャバクラに行けば一発解決してしまいます。女子と飲みたいと思った時に、すごく便利だからキャバクラが好きなんですね。

もちろん、何人かで飲んでいる以上キャバクラ嫌いな男性は反対意見を言うのですが、勢いとノリが発生していればそんな友達は付き合わせてキャバクラに行ってしまいます。しかも、お会計はワリカンなのですから、付き合わされる男性はたまったもんじゃありません。

キャバクラ好きな男性心理は、「飲みたいと思った時に女子と飲める」という点を高く評価していると、経験の中で感じるところです。

モテたい気持ち、承認欲求が満たされる

キャバ嬢が男心を理解していると前述してますが、そんなキャバクラで飲んでいると男性心理の芯にある「モテたい気持ち」が満たされる発言を連発してくれます。

「スーツ似合ってますね!かっこいい!」
「その時計、すごく素敵ですね!」

友達っぽく振る舞うキャバクラ嬢も存在するものの、それでも基本的には「褒める」というスタンスで接客するため、満たされる承認欲求はかなりのもの。「女子にこう扱ってほしい」という男性心理を踏まえた接客は、やっぱりキャバクラの醍醐味と言えそうです。

あくまでもこれはビジネスほめ言葉であることは相手となる男性も十分理解していますが、接客がうまいキャバ嬢はそれを否定するように接客するわけですから、単純な男性心理ではストレートに心地良さを感じます。

逆言えば、「キャバクラの接客をそのまま喜ぶ男性」がキャバクラ好きになるとも言えますね。

キャバクラには、綺麗な女性と可愛い女子がいる

キャバクラにもランクみたいのがあるのですが、基本的にはやっぱり綺麗な女性、可愛い女性がどの店でもキャバ嬢として働いてます。

キャバ好きな男性はよく「目の保養」と言いながら誘ってくるのですが、確かに女性として容姿が優れているのは間違いないところで、「可愛い女子がいるからキャバクラが好き」というのは、男性心理を前提に同じ男性が聞いたときに否定しようがない事実かと思います。

「ただ女の子としゃべりたい」というのも男性心理にはあるのですが、高いお金を払ってキャバクラの高級店に行くのは、綺麗な女性、可愛い女子がいるからです。

口説いても重くない女性を口説ける

男性心理には本能的に「女性を口説きたい」という欲求があります。無駄に思わせぶりな態度を取る男性がいるのはこのためですが、キャバクラでは口説いても重くない女性がいるので、酔った時は大胆に攻める男性が後を絶ちません。

あなたの周りにも、気がないのに気があるフリをする男がいませんか?

男性は多くの女性からモテたい心理が強いので、周りの女性に勢いで口説くことがあるのですが、その際のリスクは女性から本気にされることです。これが、キャバクラであれば相手はプロなので、リスクなく口説けるわけですね。

よく男性同士、何人かでキャバクラに行くと席についてくれたキャバ嬢を一生懸命口説く男性を見かけるのですが、後から「あの子狙ってるの?」と聞くと、「いや、何となくイケそうなきがしただけ(笑)」なんて返ってくるんですよ。

キャバクラ好きな男性は、口説くのが好きという特徴もあるんですね。

軽い出会いを求める

キャバ嬢と本気で恋愛したいと思っている男性はかなりの少数派なのですが、副業が流行ることの時代にあって、昼間はOLをやっているキャバ嬢が実はそこそこいます。このことを知っている男性は、「合コンのセッティング」を目的にキャバに行くこともあって、軽い出会いを求めている男性は、キャバクラ好きに多いです。

当然、接客とは言えキャバ嬢との出会いも女子との出会いの一種ですし、そこからプライベートな付き合いに発展させる男性も存在しています。割合は低いのですが、「何かあればいいな」くらいは男性心理だとどうしても思ってしまうところで、キャバクラに行く理由になっているは確かです。

本気じゃない分大胆になれるので、キャバ嬢本人とその周辺を目当てにキャバクラ通いをする男性がいますね。

彼氏にしてはいけない?キャバクラに通う男の特徴6つ

キャバクラに行く理由の筆頭は「付き合い」なのですが、男性の中にはキャバクラ通いをしている人も存在してます。

こんなタイプは女性が彼氏にしてはいけない男性ですから、どんな特徴があるか、厳選した6つのポイントで解説しましょう。

もし、複数で当てはまる男性と出会った場合は、深入りするべきではありません。

女性を下に見ている

キャバクラ通いをする男性は、男尊女卑の思想を持っているタイプが多いです。女性に「狩り」のようなイメージを持っていて、「好きなのかどうか」より「落とせるかどうか」で見ているところがあるので、俺様的な男性が多いのが特徴ですね。

女性を下に見る男性は恋愛対象にした時に良い恋愛ができない相手なので、押しに弱い女性は気をつけましょう。釣った魚に餌をやらないどころか、適当に遊ばれるのがオチです。

愚痴を言いにキャバクラに行く

キャバクラ通いをする男性は、キャバクラに癒しを求めています。なかなか普段はグチが言えない男性も、接客のうまいキャバ嬢の前では素直になれ、癒しがあるからハマります。

彼女がいない男性ならこれもアリかもしれませんが、「愚痴を言える友達がいない」というパターンになっている場合は、女性から見た時に「地雷の男性」となる可能性が高いでしょう。

キャバクラ通いが癖になると、たとえその後に彼女ができたとしてもキャバ通いをやめられない場合も多いので、「たまにキャバクラに行く男性」と「キャバクラに通う男性」を比較した場合、どうしても後者は女性が恋愛対象外にするべき男性である確率が非常に高いです。

多くの女性からチヤホヤされたい

男性は癒しを求めてキャバ通いをするのですが、その根底にある心理は「女の子からチヤホヤされたい」という欲求です。

誰でも男性なら多かれ少なかれ持っている心理ではあるものの、「キャバクラに通う」くらいチヤホヤされたい心理の強い男性は、一人の彼女じゃ満足しないため、女性が本気で付き合う対象ではありませんね。

男性の中にもチヤホヤされたい願望が強いタイプは存在しているので、もし気づいた場合はフェードアウトを推奨します。キャバクラに通う男性はどちらかというと積極的なタイプに当たるので、浮気される確率が高いためです。

キャバクラにいる若い女と飲みたい

30代や40代の男性からすると、キャバ嬢は「自分よりも若い女子」になるので、キャバクラ通いをする男は、若い女好きという特徴もあります。

キャバ嬢は20代が多いので、おじさんになってからキャバクラ通いをする男性は「若い女子」を求めていることが明らかですよね。そんなタイプの男性と恋愛しても、自分にない「若さ」を求めてまた出会いを求めてしまうため、本気で付き合う対象にするべきではないでしょう。

若い女子を相手にすれば男性が優位に立てますし、お金を払う方ともらう方の立場でなされるコミュニケーションにも優劣みたいな概念が入ってくるので、キャバクラ通いをする男性は「傲慢」という特徴もあります。

キャバクラ通いをステータスだと思っている

キャバクラは飲み屋に飲みに行くよりもコスパの悪い遊び方なので、男性には一部ステータスとみる価値観が存在してます。「昨日、キャバに行ってさ~」という会話がステータスの誇示に当たるんですね。

こんな男性はプライドが高く、女性を大切にするタイプの男性とは逆のパーソナリティを持っているので、真面目な恋愛観を持った女性とは相性が悪いです。「お金があれば愛はいらない」という恋愛観なら問題ないですが、純愛を求める女性は恋愛対象を変えるべきでしょう。

自慢話のようにキャバクラ通いしていることを言ってきた男は、なるべく深入りしないようにするのが火傷しないコツです。

夜の仕事をしている女の子が「趣味」になっている

キャバクラ通いをしている男性は、それが実質「趣味」のようになっている人が多くいます。そんなタイプの男性はキャバクラ店を複数押さえていて、気分や状況に寄って店を変え、キャバ嬢も同時進行で何人も追いかけてます。

こんな遊び方をすればかかる費用は相当額に達するため、確かにステータスになっているのですが、女遊びを公言するような生活なので女性は気を付けるべきですね。稼ぎが良いことは間違いないものの、お金の使い方は人が出る部分です。

自分と同じ価値観の人と付き合うのが幸せになるコツでもある以上、金銭感覚が合わない女性が多いはずですよ。

彼氏がキャバクラに行くのは浮気?不倫はないの?

彼氏や旦那がキャバクラで浮気するイメージ画像。

この記事を読んでいる女性の中には、「彼氏がキャバクラに行った」とか「旦那がキャバクラに行っている」ということで悩んでいる人も多いかと思います。

そこで疑問に思うのがいくつかあると思うので、私の経験から女性の質問に答えてみましょう。

彼氏がキャバクラに行く…、ダメって言ったら束縛になるの?

彼氏がキャバクラに行くと分かったとき、リアクションに困る彼女は多いのですが、「キャバクラに行くのはダメと言っても良いのか」という点はよく悩みになります。

彼氏がキャバクラに行きたい場合、それを止める彼女は確かに「束縛している」ということになります。彼氏の行動を制限しているからですね。

ただ、どうしてもキャバクラに行ってほしくないなら話をするべきですし、彼氏の言い分を聞いて二人で答えを出すのが「正しい付き合い方」でしょう。

キャバクラに行くという行動に関しても、「好きな人が嫌がることをするのか」という問題は当然あるのですから、あなたの気持ちと彼氏の気持ちのすり合わせが必要になっています。

彼女としては、束縛と認識した上で、軽めであっても話し合いができたらベストですね。愛情を伝える言葉になるはずなので、両想いのカップルなら話し合いの余地が十分にあると思います。

キャバクラに行く彼氏は浮気?

この記事で詳しく解説してきた通り、男性がキャバクラに行く理由は様々あって、「彼氏がキャバクラに行った」という事実だけで浮気認定するのは間違いです。しぶしぶ行ったのかもしれませんし、嫌々行ったのかもしれませんよね。

基本的にキャバクラの接客は節度を持ったものであり、彼女が見たら嫉妬するとは思うものの、あくまでも常識的な接客をしています。

キャバに行った彼氏の行動うんぬんより、「なぜ彼氏はキャバに行ったのか」という動機を知るべきですし、「キャバクラに行ってどうだったのか」という結果を知るべきでしょう。何人か友達同士で言ってただ楽しく飲んだだけのパターンもあるあるですから、信じているならストレートに聞いてみるべきかと思います。

ただし、キャバクラ通いをする彼氏はどんな飲み方をしていたとしても「彼女を大切にする態度」から逸脱しているので、重めの話し合いが必要になっている点には注意をしてください。

夫、旦那がキャバクラに行った、不倫されてるの?

夫婦の場合も基本的にはカップルと同じように考えますが、何度も同じキャバクラ店に行く夫は妻としてどこかで止めるべきでしょう。特に、自由になる金がある場合は、不倫されてる可能性があります。

キャバ嬢はお金のある男性に接客態度がより積極的になります。店が閉まってから遊びに行く「アフター」も、よく店に通ってくれる男性に対して行いますし、そこまで言ったら不倫だと思う女性はきっと多いのだと思います。

しかし、1回や2回キャバクラに行っただけでは不倫している可能性は低いです。キャバ嬢は一生懸命接客してくれますが、決して軽い女ではないので、プロである点も同時に理解してくださいね。

心配しすぎるとむしろそれが原因で夫婦関係がぎくしゃくしてしまうものですから、不安なら話を振ってみるべきです。タイミングを見て直接旦那に聞いてみると、逆に安心できる話が聞けるかもしれません。

男の人はみんなキャバクラに行くの?キャバに行ったことがある男性の割合

冒頭に紹介した私のアンケート調査では、キャバクラに行った経験がある男性は8割強でした。

キャバクラに行ったことがある男性の割合

  • キャバクラに行ったことがある…106票(82.2%)
  • キャバクラに行ったことがない… 23票(17.8%)

男性の全てがキャバクラに行くわけではありませんが、付き合いなどもあり、キャバクラに行ったことがある男性の割合は非常に高いです。

キャバクラに行ったことがない男性の割合を考えると、そもそもあまり女性に興味がないタイプとも思えるので、単発的にキャバクラに行くのは普通と言えそうですね。

「付き合っている彼女がいるのにキャバクラに行く」
「結婚しているのにキャバクラに行く」

こんなことがあっても男の事情が絡むこともあるので、固定概念を決めつけるのではなく、彼氏や旦那と向き合うことを大切にしましょう。言い訳を聞いてあげるのも、誤解や勘違いですれ違いを防ぐコツです。

まとめ:キャバクラに行く理由は、男性心理が色濃く関わっていた

今回は、「男性がキャバクラに行く理由」について徹底解説してきました。キャバクラに行く男性心理や、男の事情キャバクラに通う男の特徴など、かなり詳しく男のキャバクラ事情を解説したので、女性は参考になる部分がたくさんあったのではないでしょうか。

「男はキャバクラが好き」と固定概念を持っている女性とよく会うのですが、私の調査結果では男性全体の3割弱しかキャバクラ好きはいませんでした。そこまでキャバクラに男のロマンが詰まっているわけではないので、悪いイメージを固めるのは勘違いの元になるかもしれませんね。

ただし、好きでも嫌いでもない男性は実際にキャバクラに言えば楽しそうに飲んでいるのも事実で、キャバクラ嬢が接客のプロとして男性心理を巧みに掴んでいる面もあります。

付き合っている彼氏や、結婚している夫のことでこの記事を読んだ女性は、ある程度の余裕を持ちながらも、悪い方向に行きそうな男性の行動は制限しましょう。何でも許してくれる女性が良い女性ではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました