「押しに弱い女性の特徴」と「押してほしいサイン」を徹底解説!押されると弱い女性を見抜くには?

押しに弱い女性の後ろ姿。素敵な男性に押してほしいサインを出している。

「女性は押しに弱い」と思っている男性は多いと思うのですが、全ての女性が押しに弱いわけではありません。

押しに弱い女性を見抜くことが男性に取っての恋愛力であり、かわいい女子と付き合うコツにもなっているんですね。押しに強い女性や、押されると逃げたくなる女性に押していくと、どうしても引かれるだけの恋愛に終わりますよね。

そこで今回は、押しに弱い女性の特徴と押してほしいサインを徹底解説し、押されると弱い女性を見抜くにはどこがポイントになるのか説明します。

どんな女性が押しに弱い女子なの?
もっと押してほしいと思っている女性のサインとは?

男性の疑問に恋愛の専門家である私から現実に即した答えを示すので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

押しに弱い女性とは?

まず、「押しに弱い女性はどんな女性のことを言うのか」という点からはっきりさせていきましょう。

押しに弱い女性とは、男性からのアプローチが響きやすい女性のことを言います。男性から言い寄られるとその気持ちが嬉しいと感じるのが大きな特徴で、男性からの恋愛感情や好意を前向きに捉える傾向を持っている女性が押しに弱い女性です。

逆に、押しに強い女性は自分の価値判断がはっきりしていて、男性の好意よりも自分の評価を第一にするため、男性のアプローチが響きません。

押しに弱い女性と押しに強い女性は、男性がするアプローチの効果に違いがある点を理解しておいてください。

押しに弱い女性を見抜くことができれば恋愛の仕方はかなり単純になるので、女性の性格や接し方など、様々な視点から押しに弱い女性を見極める力をつけましょう。この記事をしっかり読んでもらえれば、これから出会う女性が押しに弱い女性かどうか見抜けるようになるはずですよ。

恋愛における「押し」とは何をすること?

恋愛における「押し」とは、好きな人や意識する女性に対して、積極的にアプローチしていくことを意味してます。

自分のアピールについても積極的な態度を一貫して取り、女性の気持ちを動かすための「言葉や態度や行動」にも積極的な姿勢でいます。「好意を伝えていく」とも表現できますね。

こう説明すると、「そんなに好きな女性に押していけない」と思う男性が多いと思うのですが、だからこそ押しに弱い女性を見抜くことが大切になるのです。

自分が行うアプローチに高い効果が期待できると思えば女性を押す勇気も出るので、押しに弱い女性を見抜くのは「積極的に恋愛する条件」のようなイメージを持ってください。押しに弱い女性は、押してほしいという心理を持っていますし、押さない男性に強い興味を持ちません。

「自分から押していかないと付き合えない」と思えばある一つの瞬間からでも好きな人を押すことができてきます。ぜひ、押しに弱い女性を徹底的に理解してください。

押しに弱い女性の特徴

それでは、押しに弱い女性の特徴を解説してきましょう。

押しに弱い女性は話した時の印象からイメージを作っていく人が多いと思いますが、どんなところがポイントになっているのかを知れば今までよりも正確に見抜けます。

ここで解説する押しに弱い女性の特徴は、全て私が実際に「押して付き合った女性」たちの共通点を挙げています。なるべく複数の項目に当てはまる女性を押してみてください。きっと、アプローチの効果を実感できると思います。

恋愛経験のない女性、少ない女性

押しに弱い女性を見抜きたい男性は、出会った女性の「恋愛経験」を聞いてみてください。恋愛経験のない女性や、恋愛経験が少ない女性は、押しに弱い女性である可能性が高いです。

押しに弱い女性は男性のアプローチが響きやすい女性と説明していますが、恋愛経験のない女性は男性からのアプローチに慣れていないので、その新鮮さが「アプローチが響く」ことに影響を与えます。

恋愛経験が多い女性は、男性のアプローチに対するあしらい方を知っていて、そもそもアプローチを受ける経験も多くしてきているので、「押す」だけではドキドキせず、アプローチされることに慣れてしまっています。それでは男性が押しても希少性のない経験となってしまうために気持ちに響きにくくなってしまいます。

しかし、恋愛経験のない女性であれば男性から言い寄られる経験も少ないので、たとえ最初はあしらいたいと思っていてもあしらい方がよくわかりせん。アプローチを受けるだけでドキドキするところがありますし、押されるのが珍しい経験なので相手男性に興味も持ちやすくなります。

接していて男の扱い方がよくわかってないと思う女性は、押しに弱い女性かもしれません。

彼氏が欲しいと思っている「恋愛モード」に入っている女性

押しに弱い女性は、恋愛に興味を持っている女性であることが一つの特徴です。彼氏が欲しいと思っている「恋愛モード」に入っている女性は、男性が押すことでなびきやすい心理状態にあるので、言動から推察されるときはぜひ積極的に押していきたいところです。

では、恋愛モードの女性はどのように見抜くのがコツなのでしょう?会話の中で、以下のような点を探ってみてください。

恋愛モードの女性の特徴

  • 恋バナをしたがる
  • 仕事や学校より、プライベートの充実に興味がある
  • 彼氏と別れたばかり
  • 友達に彼氏ができたばかり
  • クリスマスや誕生日などの「イベント」にさみしさを感じている

恋愛モードの女性は自分にアプローチしてくる男性に興味を持ちやすいので、会話を盛り上げれば次につながる話題も出てくるはずです。あなたの話に乗ってきたら、上に挙げた5つをさりげなくチェックしてみましょう。

同調型の女性

押しに弱い女性は、同調型の性格をしているのが特徴です。あなたの話にずっと「肯定する態度が一貫する」場合は、押された時も同調するので、押しに弱い女性である確率が高いです。

押しに弱い女性は「断れない性格」であることが一つの条件なので、最初からグイグイと乗ってくるわけではありません。男性が押している内に一種の「流れ」ができてそのままハイペースで進む恋愛の形が多いため、押しに弱い女性を押す時はご機嫌取りとは全く逆方向の「強引な態度」が時に求められます。

当然、ずっと強引に押していると引かれることも出てくるので、女性を押すべきタイミングで強引さを発揮するのがコツですね。女性との会話の中で同調型の性格を確認した際は、多少強引でも一気にデートに誘う展開まで頭に入れておきましょう。

あまり自分の意見を言わない女性は距離を取り勝ちな「紳士的な男性」と恋愛的に合わないので、強引に押してくる男性に「男らしさ」を感じ、魅力的に見えます。そう見えるように振る舞うことができたらベストですね。

自信のない女性

押しに弱い女性は、男性が男らしく押してくる姿にカッコ良さを感じているのですが、その源泉となる心理は「自分に自信がない」という気持ちです。

押されると弱いのは、自分が好きな人を押せない性格だからです。「こんなに好意を表現してくれるのはすごい」と思うからこそ意識してなかった男性を好きになるわけですから、自信がない女性と出会った際は、積極的にアプローチして彼女の気持ちを動かしたいですね。

「私なんて…」という雰囲気で自分に女としての自信がない人は、「褒められる」と他の女性以上に喜んでくれます。なかなか信じてもらえないところにアプローチする際の難しさがあるのですが、目を見てはっきりと伝えることで段々と気持ちを動かしていくことができますから、押しに弱い女性に接する際は、ぜひ「恥ずかしさ」を捨ててアタックしてみましょう。

依存型の女性

依存型の性格をした女性は男性のアプローチに流されやすいため、押しに弱い女性の特徴です。少し見抜きにくいポイントではあるものの、自己主張がない女性や、一人で行動できないタイプの女性は、押しに弱い女性である可能性が高いでしょう。

誰かに依存するタイプの女性は、真剣にアプローチしてくる男性にどこかのタイミングで依存してきます。たとえば、仕事や学校で何かあったときや、人間関係で悩んだ時などが代表的ですね。

このタイプは「相談に乗る」のが一番距離を縮めるのに効果が高いので、強引に押すような恋愛の仕方よりは、精神的に寄り添う恋愛の仕方が合ってます。

このように、押しに弱い女性でも相手のタイプによって片思いの進め方が変わってくるので、落としたい女性ができたらなるべく早めに、尚且つ正確に相手のパーソナリティを掴むのが恋愛を成功させるコツです。

奥手な女性

奥手な女性は自分から積極的に恋愛できないタイプの女性なので、付き合うなら男性から押される必要があるため、男性の押しを真っすぐに評価する価値観を持っています。イメージでいえば、「自分にアプローチしてくる男性から恋愛相手を選んでいる」ようなところがあるのです。

奥手女子のように「押されるのを待っているような恋愛観を持った女性」は男性のアプローチ力が試されます。お互いに待っている恋愛が叶うはずもないですから、奥手な女性は奥手な女性で自分と相性の良い男性を求めているところがあるんです。

出会った女性が奥手女性だと判明した際は、下の記事も参考にしてみてください。

押しに弱い女性の「押してほしいサイン」7選

押しに弱い女性の特徴を知ったところで、次は「女性の押してほしいサイン」をまとめます。

女性が「もっと押してくれたらな…」と思うタイミングで押すことができればより高い効果が期待できるので、女性のサインを見逃さないようにしましょう。

休日の過ごし方や、趣味など、プライベートを聞かれる

押しに弱い女性が「もっと押してほしい」と思っているときは、ただ受け身の会話をしているだけでなく「質問」をしてくるのが特徴です。特に、「休日の過ごし方」や「趣味」に関することに興味を持った時は、押してほしいサインです。

女性は恋愛的に興味を持つと「相手のことが知りたい」という心理が強まるので、明らかに質問の量が増えます。押しに弱い女性だと踏み込んだ質問をすることはあまりないですが、薄い質問から濃い質問にレベルアップしてくるのも押してほしいサインになるので、要チェックです。

グイグイ押している時に相手の女性から質問されることが増えてきた時は、積極的な態度を継続しましょう。

「○○くんって、面白いよね」と楽しいアピールをされる

女性がもっと押してほしいと思っている時は、楽しいアピールをしてきます。アプローチしている時、「面白い!」とか「楽しい!」という発言が出てきた際は、押してほしいサインだと判断してください。

男性のアプローチに好意的なリアクションをする場合は、相手の女性から見たあなたの印象は絶対に良いはずです。確かに「それは恋愛的な意味なの?」という疑問は抱えることになるでしょうが、しっかり押している時ほど強い脈ありサインになるので、女性を発言を社交辞令だと思わずに押していきたいところですね。

楽しいアピールはストレートにされない時もあるので、会話の雰囲気を全体的にみる癖をつけると、女性の押してほしいサインにも気づけるようになると思います。

男性に押されて落ちた経験を話す

女性と恋バナをする時は、彼女の恋愛傾向を聞いてみましょう。もし「私、男の人に押されると弱んだよね~」なんて話が返ってきたら、押しに弱い女性だと判明するだけでなく、もっと押してほしいと思っているサインにもなります。

あなたが好意を持って女性と話すとき、相手の女性にもし好意がなければ、「押しに弱い」とカミングアウトするのにリスクしかないはずです。それなのに、わざわざ男性に押されて落ちた経験を話すのは、あなたに自分の落とし方を伝えているようなものですよね。

このパターンはどちらかというとモテる女性の押してほしいサインに当たるのですが、会話に夢中で自分の発言の意図に自分自身ですら気づかないで深層心理に留まっている場合もあるので、「それって、押してほしいと思ってるの?」と疑いたくなる発言はあれこれ考えずに脈ありサインだと判断してさらに押す勇気につなげましょう。

押しに弱い女性を押すには、ポジティブな思考が欠かせません。

会話中の距離が近づく、近づける

女性との会話中に、距離が近づいたり、体を近づける仕草があったときは、女性が押してほしいサインになります。あなたとの心の距離が体の距離に出ているので、「会話の最初から最後」で近づいた距離感はぜひ意識しておいてください。

女性の押し方がうまい男性は、女性から近づいてくるサインを押すタイミングのトリガーにしている人が多いです。女性を押すには警戒心を解くことが重要なので、警戒を解いたサインに敏感に反応するんですね。

会話の途中で二人の距離感を意識してみると、意外に「言葉にされなかった気持ち」が表れていることが多いので、これまでノーチェックだった男性は意識してみてください。

「私も行ってみたい!」と、誘ってアピールをしてくる

女性にアプローチをしている際、誘ってアピールをされた時はもっと押してほしいというサインなので、絶対に見逃さないようにしましょう。

「私も行ってみたい!」
「今度、連れてってよ」

こんな発言がいわゆる「誘ってアピール」なのですが、一見すると社交辞令のような言葉にも感じるかと思います。この処理で恋愛が上手な男性と下手な男性に違いが生まれているので、ポイントを押さえておきましょう。

恋愛が下手な男性は、上記のようなセリフを社交辞令だと決めつけ、「うん、行こう」と自分も社交辞令の言葉を返し、話題を流してしまいます。

しかし、恋愛が上手な男性は、上記のようなセリフから実際にデートに誘い、男らしい押し方ができているのです。押しに弱い女性は押してほしいと思っていても実際に押されるとは確信していないので、そこでキュンとしてしまうわけです。

もちろん、社交辞令である可能性は低くないですし、実際にデートに誘うと100%成功するわけじゃないのですが、押し方が上手い男性は基本的にポジティブに女性の発言を聞くので、アプローチの意味合いを含めて「実際に誘う」という具体的な行動を取ります。

会話の雰囲気や、それまでの発言、彼女の態度などでも脈ありか脈なしかの判断をしつつ、押しに弱い女性を押す際は「もしかしたら押してほしいサインかも…?」と思った時点で押していく勇気が必要になってます。

断られない誘い方をしたい男性は、下の記事も知識にしておいてくださいね。もっと好きな女性を押せる男性に変われるはずですよ。

「私も!」と、肯定されることが多く、否定しない態度

いい雰囲気の会話ができている時は、女性が押してほしいと思っている時に多いのですが、その良い雰囲気がなぜ作られるかというと、「否定されないで、ずっと肯定が繰り返される」からです。気が合う状態は、たまたま運命的にそうなる場合と、好意を前提に「意識的に作られる」こともあるのです。

押しに弱い女性の特徴のところで「同調型の性格」を挙げていますが、もちろんそれもこの項目を挙げた理由です。肯定が多く、否定がない会話は好意を疑わせますが、彼女の性格もまた押してほしいと望んでいるものである確率が増しています。

奥手な女性だとなかなかストレートに押してほしいサインを出さないので、同調する態度にも注目してみましょう。色々な話題で会話しても「否定されない」のは、あなたに脈ありサインを出しているのかもしれません。

「また遊ぼう?」と、次の機会を約束してくる

最後は、積極的なタイプの女性の押してほしいサインです。「次の機会」を話題に出してくる態度は誘ってアピールにもなっているので、強めのサインですね。

たとえ二人きりのデートじゃなくても、「また話そう?」などでも押してほしいサインになります。要は、「次の機会を意識した発言をするかどうか」で、気持ちを疑わせる「疑問形であること」が一つ条件でしょう。

LINEのやり取りでもサインとして見るべきなので、あまりシチュエーションにこだわって判断する必要はないかと思います。盛り上がった会話の後で直接言われる時が最も信頼度が高い押してほしいサインになるのですが、そこまで条件がそろっているパターンは稀であることから、誘ってアピール全般を押してほしいサインと覚える方が実用的な恋愛知識になります。

もし、好きな女性を押している時にこんな発言が出た時は、タイミングを見て「次回」を用意しましょう。自分の中で言い訳を作って流してしまうのなら、女性を押すことができません。

まとめ:押しに弱い女性の特徴を知れば、押してほしいサインにも気づける!

今回は、押しに弱い女性と特徴と、押してほしいサインについて徹底解説しました。押されると弱い女性を見抜くポイントが理解できたでしょうか?

押しに弱い女性は、本人は否定するかもしれませんが、恋愛のプロから見た時に「男性から押されるのを待っている」ような価値観があって、特に好みの男性からは押してほしいと思っている態度を取ります。

そもそも脈なしの女性と接していても押しに弱い女性の特徴もなかなか発見できないですし、押してほしいサインも見つけることはできないはず。つまりは、「押しに弱いのかな?」と思った時点で、意外と順調な恋愛になっていることが多いです。

そのくらい、女性は潜在的に「素敵な男性からアプローチされたい」という心理を持っているので、雰囲気が良いなら押していくべきでしょう。その結果、進む恋愛なら押し続け、引かれる感じがしたらアプローチ方法を調整すれば良いです。

女性と接するときに余裕のない男性はここの調整が難しく感じるとは思うものの、社会人なら努力してでも身に着けていきたいですね。経験が生きる恋愛の仕方をしていきましょう。下の記事も参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました