【対処法】好きバレはチャンス?好きバレした人が付き合う方法を徹底解説!

好きバレ後に付き合う方法を知りたい女性。

告白前に好きな人に好意がバレる「好きバレ」は、多くの人がその対処法に悩んでいます。

「好きバレしたら付き合えないの?」
「片思いの気持ちがバレた後で付き合う方法は?」

好きな人とせっかく仲良くなれたとしても、好きバレがきっかけで気まずい雰囲気になると恋愛成就が遠のくわけですが、好きバレ後の恋愛の仕方が分かっていれば、好きバレした後で付き合うことは可能です。

この記事では、「好きバレの対処法」に悩む人へ向け、「好きバレした人が付き合う方法」を徹底解説します。

好きバレは対処の仕方でチャンスにもなればピンチにもなります。ぜひ、スキバレ後の片思いの進め方を知って、好きな人と付き合うまで恋愛を発展させましょう!

好きバレが誤解の可能性を探る!本当に好きバレしてる?

好きな人に「好きバレした」と思った時は、まず「好きバレしたのが誤解ではないか」を一度検討するようにしてください。

友達からバレた人や、好きな人に直接言った人は誤解である可能性はないものの、「好きバレしたかもしれない」と言う人と、「完全に好きバレした」という人では好きな人の対応方法や対処法が変わってきます。

もし、好きな人があなたの好意に確信してない場合は「普通の恋愛アプローチ」になっている場合も多いので、そこまで気にしないで恋愛を進めていく方が上手く行きます。本当に好きバレしているのかを考えることは恋愛の進め方に関わる部分なので、一度しっかり考えて、思い込みや勘違いだった可能性を検討しておきましょう。

この記事は「好きな人から完全に好意を確信された人」向けに、好きバレから付き合う方法を解説していきます。

好きバレはチャンス?それともピンチ?

次に、今の状況(=好きバレ)がどんな状況なのかを整理します。好きバレは、好きな人と付き合うという意味においてチャンスなのでしょうか、それともピンチなのでしょう?

好きバレは、わざと好きバレさせた場合を除いて、片思いを叶える意味においてどちらかと言えば「ピンチ」な状況です。

好きな人に自分を意識させることに有効な好きバレですが、好意をバラした後の恋愛は初心者が難しい恋愛になることが多く、自分の問題と好きな人の問題の両面で気まずくなるパターンが多くなっています。

好きバレがきっかけで好きな人から避けられることもよくあって、好きバレから付き合う方法は簡単ではありません。

しかし、好きバレ後の恋愛の仕方をきちんと知ることで、ピンチをチャンスに変えることができます。恋愛は好きな人に好意を伝えながら前に進めていくものですから、好きバレしたら終わりではありません。好きバレ後の片思いの仕方を知っていれば、あなたにもまだできることがあるので、ぜひこの記事を詳しく読んでみてください。

私は、恋愛の専門家として好きバレの経験が何度もあります。その経験の中で知ったポイントを余すことなくあなたに伝えるので、好きバレしても叶う恋の仕方を勉強しましょう。

好きバレした後で好きな人から避けられるのを防ぐ対処法3つの態度

好きバレした時の対処法で最も基本になるのが「好きな人から避けられるのを防ぐ」ことです。好きバレによって好きな人に好意がバレた人は、自分から気まずい雰囲気を作ることも多いので、「意識し合っている」という状況に覚悟を決めて、避けられないように対応しましょう。

好きバレした後で好きな人から避けられるのを防ぐ3つの態度を対処法として解説します。

好きバレしても普通の態度に努める

好きバレした後、好きな人から避けられないようにするには、あなたの方から「普通の態度」を取るようにしてください。好きバレで気まずくなる理由は、「あなた」と「好きな人」の両方の態度がおかしくなるからですので、コントロールできる「自分の態度」を意識的に普通にします。

その時、もしかしたら好きな人に冷たい態度を取られることも出てくるかと思いますが、それでも普通の態度を貫きましょう。確かに好きバレすることで距離を置かれることもあるのですが、好きな人はあなたからの恋愛感情に戸惑いを持っている可能性が高いです。特に、好きバレ直後は、好きな人の態度一つを取って気持ちを確定させないで、何度かコミュニケーションを取るべきです。

普通を装うような感じになっても仕方ないと思って、意識的に好きバレ前の態度で好きな人に接してください。あなたの態度が変わらないと伝われば、好きな人も普通になってくれる可能性を高めることができます。

好きバレの男性心理がよく分からない女性は、下の記事を読んでおいてください。

自分から話しかける、話題をリードする

好きバレした後はどちらも「話しにくい」と感じます。それが避けられる一つの理由になるのですが、避けられたくないなら自分から話しかけることが大事になってきます。話題をリードして、無理矢理でも良いですから会話する機会を意識的に作る対応方法を取りましょう。

好きバレは、「二人の関係(友達関係)」を変える要素になるのですが、告白したわけじゃないのですから、変わるのは「二人の意識」の方なんです。ここに対処すれば好きな人から避けられることもなくなるので、好きバレ後の会話の雰囲気に二人で慣れるイメージで会話の機会を大切にするべきです。

ただし、好きバレした後はあなたの行動や態度のほとんどが「好きだから」という気持ちと関連付けて捉えられてしまうため、極端な積極性は恋愛的に良くありません。あくまでも自然なタイミングで話しかける勇気を持ち、話しかけたのであれば話題作りは自分がリードするようにしましょう。

友達の前で話すより二人きりで話す

好きバレした時は「周りにバレた」ことが原因であるケースも目立ちます。もし、あなたの好きバレが周りにも及んでいる場合は、好きな人とみんなの前で話すより、「二人きりの場面」で話すようにしましょう。

これは、あなた自身の問題だけでなく、好きな人の心理も考慮しての配慮です。好きバレした後は好きな人も周りの視線を気にすることが多いので、「二人の問題」だけじゃ済まなくなるケースがあるんですね。

好きな人が周りの目を気にすることが懸念されるパターンでは当然ですし、もしそうじゃないとしても、二人だけで話す方が好きバレ後は逆に気まずくならない方法となるので、好きな人が一人でいるタイミングを狙って簡単に話しかけていきましょう。

好きバレした後でやってはいけない5つのNG対応

気まずくならない対処法を押さえたところで、次は「好きバレ後にやってはいけない5つのNG対応」を解説します。

あなたが何をするべきかを押さえた後は、「好きバレした後の注意点」を知って、片思いが好きバレで終わらない対処法を実践しましょう。

好きバレ後に自分から避ける、無視する

好きバレした後、絶対にやってはいけないのが「自分から避けること・無視すること」です。好きな人を避けるのは自分の気持ちを守るために行われます。傷つく覚悟のない恋愛の仕方では好きバレ後に付き合うことはできないので、絶対に避けないようにしてください。

好きバレ後は好きな人もあなたの態度を様子見しますから、「避けられた」となれば今度は好きな人が避けてきます。

悪循環を自分から作れば恋愛成就の可能性はなくなりますので、片思いを諦めない人は、むしろ自分から話しかけるようにしてください。

好きバレを機にLINEをやめる

好きバレした後はLINEのやり取りも気まずく感じると思いますが、LINEのやり取りをやめるか続けるかは「好きバレ」で決めてはいけません。

好きな人を忘れる場合、LINEなどの「連絡」はどうする?連絡を取りながら忘れることはできる?

好きな人を忘れると決めた人はLINEをやめる選択で問題ないものの、諦めないで好きな人を追うと決めた人は、簡単なやり取りで良いので「LINEを続ける」べきです。

詳しくは後述する「好きバレ後に好きな人と付き合う方法」で解説しますが、好きバレした後はとにかく気まずくならない対処法が大事で、避けられない対応が求められているので、顔を見ないでコミュニケーションが取れる「LINE」は絶対に大事にしてください。

遠慮しすぎて調子に乗せる

好きバレした後は「好意がバレてる…」という気持ちから、つい好きな人に遠慮がちな態度を取る人が多いのですが、自分に好意を寄せる人に「調子に乗る」という態度を取るタイプの人がいるため、遠慮のし過ぎはNGです。

特に注意するべきが、「モテるタイプの男性」を好きになった女性です。女子から好かれることに慣れた男性は好きバレで一気に態度を変えることがあるので、遊ばれないためにも重要な部分です。

好きな人から妙な余裕を感じるようになった際は、遠慮しないで毅然とした態度を取りましょう。本命彼女になれないと、付き合っても悲しい想いをするだけです。

好きバレしたのに、好意を否定する

好きバレした時の雰囲気がどんなものであったとしても、一度好きバレしたのなら「恋愛感情の否定」はNG行動となります。相手はからかわれているような印象を受けますし、あなたがメンヘラみたいに感じます。恋愛的にこじらせていると思われないよう、好きバレを否定したい気持ちになっても我慢してください。

もし、好きバレが微妙で、好きな人から気持ちを確かめられたときは、はぐらかすようにしましょう。もしくは、一歩踏み込むような一言を言う方が気まずくなりません。

「私のことだけ聞くのはズルいよ」
「告白したわけじゃないでしょ?」

好意を全面的に肯定しないでも、否定しない方法はあります。このようなセリフならより一層あなたのことが気になる存在になりますし、自分から片思いをダメにしないので、恥ずかしい気持ちに打ち勝ちましょうね。

スキバレ後に好きな人のうわさ話をたくさんする、周りの友達に相談する

好きバレすると周りの友達に相談したくなりますが、好きな人の噂話をたくさんするのはやめましょう。主な理由は以下の2つです。

好きバレしたら相談や噂話がNGの理由

  • 好きバレ後は、好きな人が周りの視線を気にするから
  • 好きバレすると、周りの友達に探りを入れやすいから

好きバレすると、好きな人はあなた周辺をかなり意識します。そこで実際に視線を感じればあなたとは関わりたくない心理が強くなり、これが原因で避けられることさえあり得ます。

また、好きバレするとそのことで相談したい気持ちになるのは好きな人も同じなので、色々な人と噂話をしていると好きバレがさらに進んで好きな人に確信を与えたり、内緒話がそのまま好きな人に伝わることも多くなります。

好きバレした後は、周りとの付き合い方も恋愛に影響するので、相談や噂話を控えて、悪目立ちしないように自分から配慮しましょう。その方が、自然な恋愛に近くなりますし、好きな人から取り扱い注意のレッテルも張られません。

好きバレした後でも好きな人と付き合う方法5つのポイント

最後に、好きなバレした後でも好きな人と付き合う方法を解説します。

好きバレ後でも好きな人と付き合うことは可能ですが、恋愛の仕方にはやはり好きバレ恋愛の特徴を考慮したコツが存在します。

好きバレした片思いを叶えて両想いになれるよう、全部のポイントをしっかり理解した恋愛の仕方をしてみましょう。

好きバレした後は短期勝負!自分が恋愛をリードする

好きバレした恋愛は、基本的に短期勝負になります。好きな人に好意がバレているので、自然に近づく距離というのがほぼ存在しないため、すべての行動や態度を「あなたの恋愛感情」と結び付けて好きな人が捉えます。

したがって、好きバレの状態から付き合うには「好意がバレてる」ことに覚悟を決め、自分が恋愛をリードする意識が本当に大切です。

気まずい雰囲気は自分から盛り上げて、話しかけられるのを待っていた恋愛から、自分から話しかける恋愛に変えて行きましょう。

好きバレしたとは言えカップルのように振る舞えるわけじゃないと思いますが、意識的にはそれに近いイメージです。「好き」を前提にしながらも、普通の態度を取り、会話や二人の時間は自分から作るようにすれば、恋愛成就の可能性を作り出せます。

好きバレで片思いが上手く行かない理由は、「自分からフェードアウトするから」であることがほとんどですので、まずは好意がバレていても好きな人に積極的になる覚悟を決めてください。

好きバレした後でも自分からLINEのやり取りを続ける

好きバレしたことがきっかけで雰囲気が変わってしまった人は、LINEで関係を良化させていく方法を取るのが正解です。LINEは面と向かって会話しない分、二人の雰囲気を気にしないで済みますよね。文字ですから「受け取り方」が大事になりますが、そこは無理にでもポジティブに捉えるようにしてください。ここも、好きバレ恋愛を成就させるコツです。

LINEのやり取りが普通にできるようになったら、話しかけても比較的普通の会話ができるようになります。要は「好きバレした後の雰囲気に二人で慣れる」ことが重要なので、コミュニケーションの量を意識的に増やすようにしてください。

好きバレした片思いから付き合う方法に「LINE」は不可欠なので、用事を作ってでもやり取りできる環境を作りましょう。

好きバレ後の雰囲気が落ち着いたらデートに誘う

好きバレ後の雰囲気が落ち着いたところで、次は「好きな人をデートに誘う」わけですが、ここへステップアップするためには、好きバレ後の脈ありサインを確認したいところです。

上の記事で詳しく解説しているので、好きバレした後の好きな人の気持ちを知るのに参考にしてみて下さい。脈ありサインと一緒に脈なしサインもまとめているので、好きな人の脈が分かるはずです。

好きバレした後でも「好きな人が優しくしてくれる」とか、「好きな人からLINEが来る」など、脈ありサインを確認したら早い段階で好きな人をデートに誘うのが好きバレ後に付き合うコツです。

あなたから好きな人に好意を持っているのはバレているわけですから、普通の片思いと違って好きバレ後の脈ありサインは付き合う直前の雰囲気を作り出します。好きバレ後に二人の雰囲気が良くなったら、きっかけに囚われずに積極的に自分からデートに誘いましょう。

下の記事で心理学を踏まえた「断られないデートの誘い方」をまとめているので、「好きな人をデートに誘えない…」と思った人は、読んでおきましょう。

好きな人のリアクションを見ることでアプローチの強弱を調整する

好きバレ後の片思いは短期勝負と言っても、好きな人のリアクションから気持ちを読むことは必須の恋愛スキルとなります。デートに誘うか・まだ誘わないかの判断も「好きな人のリアクション」が前提となるので、好意がバレたからと言って闇雲に積極的過ぎるアプローチをするのはおすすめできません。

好きバレすると、好きな人の気持ちにも迷いが出ます。いきなりのことでビックリしているでしょうし、「本当に自分を想ってくれているのか」についても懐疑的になっており、あなたの気持ちを受け入れるかどうかまだ考えている最中かもしれません。

好きバレによって好きな人があなたを恋愛の意味で意識するから短期勝負になるのですが、それでも猪突猛進にアタックすればそれが原因で付き合うことができないので、好きな人のリアクションを見ながらアプローチの強弱を調整しましょう。

好きな人のリアクションから「好きバレで引いてる」と感じた時は、「一旦引く」という選択肢が現実味を帯びます。好きバレしている以上、考える時間を与えてもあなたを意識する時間は続くので、焦らないで恋愛を進めていきましょう。

自分から恋愛をリードする意識をもって、あなたの取る行動や態度から好きな人のリアクションを見ながらアプローチの強弱を調整するのが、好きバレ後に付き合う方法を実践する上で大切なことです。

好きバレ後のデートをして告白する

好きバレ後のデートに誘えたら、今度はデート中の態度やデート後のLINEで脈ありサインを見つけます。初デートから2回目のデートにつなげ、3回目のデートが終わるまでには告白をしましょう。

好きバレした後だと、(既に好意がバレているので)初デートの告白も成功する確率が高いですし、2回目のデートで告白するのも普通のことです。一般的に告白のタイミングと言われる「3回目のデート」が終わるまでに告白できないと、友達止まりで付き合えない可能性が上がってしまうので、女性から告白することもきちんと検討する必要があります。

下の記事で「初デート後のLINEの脈ありサイン」をまとめています。好きバレから告白する時に参考にしてみてください。

好きバレした時は、まず気まずくならない対処法を実践し、LINEを使いながら会った時の雰囲気を確かめて、脈ありサインが出た時点でデートに誘い、デート中やデート後の態度でさらに脈を確認して告白します。

女性から男性に積極的にアプローチするのは抵抗がある人も多いかもしれませんが、好きバレした片思いはそのまま放置しても気まずくなるだけなので、付き合いたいと思っているなら自分から進めて行かないといけません。

ぜひ、良い恋愛の仕方をして、幸せを掴んでくださいね。

好きな人と付き合うには「自分の恋愛傾向」を知っていることが一つポイントになっています。

「どんなところが自分の恋愛の弱点なのか」
「自分が好きな人にアピールするところはどこなのか」

自分のことさえよく理解できてない人は、人間性の全てが出る恋愛において失敗する傾向が明らかです。恋愛上手な人は多くの恋愛経験の中で自分の恋愛を学んでいきますが、もしあなたが恋愛下手だと思っているなら下の記事を読んでみてください。

好きな人と付き合う方法を考える際、自分の理解ができていないと間違った対策をしがちです。自分に合った恋愛の仕方をしましょうね。

まとめ:好きバレ後もきちんと対処すれば付き合う方法はある

今回は、好きバレの対処法として、好きバレした人が付き合う方法を徹底解説しました。好きバレは対処の仕方次第でチャンスにもなればピンチにもなるので、良い恋愛の仕方ができるように参考にしてもらえたらと思います。

好きバレ後に気まずくなるのは「二人とも意識しすぎる」のが主な原因ですが、好きな人から意識されることは恋愛を叶える上で重要で、好きバレを味方にできれば恋愛成就が見えてきます。

LINEが中心でも良いですし、とにかく好きバレ直後から自分で好きな人と関りを持つようにしましょう。好きバレ恋愛は短期勝負になるケースが目立つため、積極性が求められる恋愛になります。

好きバレがきっかけで二人の雰囲気が変わっても、しっかり対処できれば元の関係に戻すことができます。自分からフェードアウトしないで、好意がバレた後も自分のアピールポイントを魅力的に伝えていきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました