恋愛で言う「積極的な態度」と「ガツガツした態度」の違いとは?片思いの相手にはどんな態度を取るべき?

積極的な態度とガツガツしてる態度の違いを知って、片思いを叶えた男性

恋愛では、好きな人に積極的になることが「片思いが上手くいく条件」ともなっていますが、かと言って、ガツガツした態度を取ると好きな人から引かれるところに難しさがあります。

好きな人ができても、何もできない消極的な人は両想いになれないという恋愛の原則がある中、それでも好きな人に積極的になれない理由は、この「積極的な態度とガツガツした態度の違い」が曖昧だからではないでしょうか。

好きな人と付き合いたいなら恋愛に積極的になるべきだということを理屈で理解しつつも、それが難しいのは、片思いの相手に「ガツガツした態度をとりたくない」という心理があるからです。

積極的に行動した結果、好きな人にガツガツしていると思われることで嫌われてしまえば、確かに元も子もないですよね。

そこで今回は、恋愛における正しい積極性を身につけるために、「積極的な態度」と「ガツガツした態度」の違いを徹底説明します。

好きな人に好感を持ってもらえる「積極的な人」と、嫌われてしまう「ガツガツした人」の違いが分かれば、今までよりも自信を持って積極的にアプローチできるはずです。

ぜひ、この記事で解説する「積極的な人とガツガツした人の違い」を理解して、好きな人に接する態度の参考にしてみてくださいね。

Contents(目次)

恋愛では丁度いい積極性が求められる

恋愛を上手くいかせるためには、好きな人や気になる人に積極的にアプローチする必要があるため、積極性は何よりも大事です。

どんなにイケメンや美女であっても、待っているだけでは片思いが叶わないことは誰もが知るところ。しかし、好きな人に頑張って積極的な行動を取ったとしても、それが「ガツガツした態度」だと思われたら、好きな人は引いてしまいます。

恋愛はただ頑張れば前に進むというものではないから難しいです。

いきなり積極的に来られると、怖いと思われる

恋愛では好きな人の心理を考えることが大切ですが、いきなりガツガツ来られても、好きな人には「怖い」という印象しか残りません。

なぜなら、積極的な恋愛の仕方をすると、相手に取っては圧力がかかるためです。ガツガツしてると思われると、その圧力が不快感を示すレベルになってしまいます。

だからこそ、好きな人に積極的になるには、タイミングや順序なども考慮するべきであり、好きな人の受け取り方が「積極的な人だな」と好感を覚えるレベルにしないといけません。

消極的でもガツガツしすぎても片思いは実らないので、恋愛では丁度よい積極性が重要になってきます。

では、好きな人と両想いになれる積極的な人と、好きな人から引かれてしまうガツガツした人にはどんな違いがあるのでしょうか?

積極的な人とガツガツしている人の最も大きな違い

恋愛に積極的な人の気持ち

好きな人に好感を持たれる積極的な人と、好きな人に嫌われるガツガツしている人には決定的な違いがあります。

それは、「相手のために行動しているのか、自分のために行動しているのか」という点です。

  • 積極的な人=好きな人に好かれることを目標にして、好きな人の気持ちを考えた上で、態度や行動を決定する
  • ガツガツしてる人=自分の愛情を表現する恋愛行動を取ることを目標にして、好きな人の気持ちを深く考えずに態度や行動を決定する

積極的な人は好きな人に好かれようと、相手の気持ちを考えて行動している一方で、ガツガツしている人は、好きな人に好かれたいという自分の気持ちが先走って、自己中心的な行動に走ってしまう傾向にあります。

これが、積極的な人・ガツガツしている人の最も大きな差です。

ガツガツしてる人は「自分優先」、積極的な人は「相手優先」で好きな人に接する

つまり、恋愛の積極性は、根本的なスタンスとして「自分優先か、相手優先か」で、好きな人から好感を持たれるか、嫌悪感を持たれるかが大きく違ってくるということです。

自分の恋愛の仕方が消極的であることを反省して、「好きな人に積極的な態度を取りたい」と思っている人は、自分の気持ち以外に好きな人の気持ちも考えることができる人なので、「今までよりも積極的な態度を取ろう」とすることが、あなたの片思いを成功させる確率を上げる方向に作用します。

これからさらに詳しく積極的な態度とガツガツしている態度の違いを解説していくので、ぜひ恋愛の積極性を持てる人になってください。

好きな人への話しかけ方における「ガツガツした態度」と「積極的な態度」の違い

好きな人とより多くの接触を持とうとするのは、恋愛をする上で至極当然のことで、好きな人と距離を縮めるために、沢山コミュニケーションを取ることは大切です。

ただし、この「好きな人への話しかけ方」に積極的な態度とガツガツした態度の違いが表れます。

ガツガツしてる人の話しかけ方

ガツガツしてる人は、話しかけるタイミングを考えず、どんな時もロングトークに持ち込むのが特徴です。

好きな人ともっと関わりたいという気持ちから、どんな時にでも自分の気持ちが乗ったタイミングで積極的に話しかけかけるのですが、好きな人からすると何度も話しかけられるのはしつこいと思ってしまいますし、一度の会話が長いので迷惑な話しかけ方になっています。

特に、いきなり他の人との会話に入ることや、無理やり二人きりになろうとするのはガツガツしてる人だと思われる原因の上位に来るため、注意しましょう。

「恋愛に積極的な人」をはき違えた行動なので、好きな人に悪い印象を抱かれてしまいます。

積極的な人の話しかけ方

ガツガツしている人と比べて、積極的な人は相手の気持ちを考えて、話しかけるタイミングを見計らったり、接触する時間に気を付けて相手と接しています

恋愛が上手な人が好きな人に積極的になると、相手の立場に立って二人で話すシチュエーションを作るから、ガツガツしてるとは思われないんですね。

好きな人からすると、積極的に来られるデメリットがないから、恋愛アプローチが好意的に伝わります。イメージでは、まさに「恋愛を進める」という行動が取れていますよね。

ガツガツしてると思われずに好きな人に積極的に話しかける人は、「今だったら相手の迷惑にならないかな」と、相手の気持ちを意識して二人の距離を詰めることができるので、恋愛が上手くいくのです。

丁度よい積極性を持って好きな人に話しかけるには?:相手の気持ちを考えて強気にアプローチするために

積極的な人とガツガツしている人の態度の違いを踏まえて、丁度いい積極性で話しかけるには、自分の気分で行動しないで好きな人の事情を勘案して話しかけるタイミングを考えましょう。

あくまでも、好きな人と付き合いたいなら積極的に話しかけるスタンスは崩していけません。好きな人との距離を縮めるためには、相手の気持ちを考えつつも、弱気にならずに強気にアプローチするのがポイントですから、好きな人が一人でいる時に短い時間の会話から少しずつ距離を縮めていくのが積極的に恋愛するコツです。

もともと、相手の気持ちを考慮するタイプは強気になれず、相手の気持ちを考えないタイプがガツガツする傾向にあります。恋愛の積極性を手に入れるには、話しかけられる相手の気持ちを考えて行動すれば良いのです。

片思いの時は、相手の気持ちを表情や雰囲気から読み取って、積極的にアプローチしましょう。これができれば、好きな人からガツガツしてるとは思われません。

目安としては、「今なら気分も悪くなさそうだし、迷惑じゃない!」というタイミングの3回に1回くらいで話しかけるのが最初の目標です。話しかける頻度については少しずつ増やしていくのがコツですよ。

自分が「今ならいけるぞ」と思うタイミングではなく、話しかける相手の立場になって話しかければ、ガツガツしていると思われないので、好きな人に取る行動を相手の気持ちに寄り添って決定していきましょう。

積極的にLINEする人と、ガツガツLINEする人の違い

好きな人にガツガツしてる人のLINEの仕方

次に、LINEにおける「積極的な人とガツガツしてる人の違い」を説明します。

LINEは顔を合わせないでコミュニケーションが取れるツールなので、「好きな人に積極的に行動したい」という人が意外とガツガツした態度になってしまうことが少なくないので、ぜひ注意してください。

ガツガツしている人のLINEの仕方

LINEでガツガツしている人は、会った時の雰囲気とLINEの雰囲気にギャップがあるのが特徴です。

簡単に言えば、LINEだけ積極的な人になっているんですね。

これだと、好きな人がLINEの積極性をネガティブな印象で捉えるので、LINEが来る度に引くこともあります。攻められている感じがすごく怖いんです。

加えて、好きな人とのLINEでガツガツする人は、現在の仲の良さとLINEの頻度が合わないことで、返信が来ても距離を感じるものが多くなっています。社交辞令で返信するだけになる理由は、アプローチを受けてる感が強いからです。

では、恋愛上手な人が好きな人に積極的にLINEするとどんな感じになるのでしょうか。

好きな人に積極的な人のLINEの仕方

恋愛上手な人が好きな人に積極的にLINEした場合、コミュニケーションに流れを作っているのが特徴です。

普段の生活で話しかけて、その夜にLINEしてるため、好きな人の印象が良い状態でLINEできているので、少しずつLINEで距離を縮めることもできています。

つまり、恋愛における積極的な態度とは、LINEするきっかけにも積極的で、LINEが来た好きな人が好印象を持つLINEの仕方をしてるんです。

会話した日にLINEが来ると、相手である好きな人は仲良くなれた印象も強めます。特に積極的な態度を取るべきが「会話が盛り上がった日のLINE」ですね。LINEの話題も二人で共通しやすいですし、LINEするのが自然なタイミングになるので、積極的な態度を取りたいと思っている人は、ぜひ意識してみてください。

好きな人に送るLINEの丁度いい積極性とは?

基本的に、積極的な態度で恋愛するなら好きな人にLINEできない状態は早めに卒業しないといけませんが、ちょうどいい積極性でLINEしたいなら「LINEだけで仲良くなろうとしないこと」がすごく重要です。

もちろん、共通のコミュニティ(職場や学校やサークルなど)がない恋愛の場合は仕方ないのですが、普段会える関係だったら「話しかける→LINEする」のサイクルを作っていきましょう。このサイクルが維持できる状態であれば、積極的にLINEすることが片思いにプラスに作用します。

それと、積極的にLINEしたいと思った人がついLINEの送り過ぎに陥るケースは多いので、積極的な話しかけ方と同じように「短い会話」から好きな人とのLINEを考えてください。これなら、好きな人に迷惑にならないからガツガツされてるとは思いません。

好きな人に積極的な態度と取りたいと思った人は最終的に「毎日LINEする」のが目標になると思うので、下の記事も参考にしてみてくださいね。

デートの誘い方に出る「積極的な態度」と「ガツガツした態度」の違い

デートの誘い方にも、積極的な態度とガツガツした態度の差は表れます。

デートに誘うのに変な圧をかければ、「怖い」と思われても仕方がないですが、それ以前に「デートに誘うこと」でいっぱいいっぱいになってしまうのは相手にガツガツしていると思われる原因になります。

積極的な人とガツガツした人ではデートの誘い方も異なるのです。

ガツガツしてる人の誘い方

ガツガツしてる人は、相手との関係性や時期などの「誘うタイミング」を考えずに、デートに誘うことだけに全力であるという特徴があります。

会話の文脈やその時の雰囲気、二人の距離などを考えずに、ガツガツしている人は「攻めている」イメージで好きな人を食事やデートに誘います。

これだと、好きな人に怖がられたり、嫌われたりする可能性がとても高いので、お誘いがOKされないですし、せっかく積極的に頑張っても上手くいきません。

実際、ガツガツした人から何度もデートに誘われると、毎回断るのは好きな人に取って大変な作業です。言い訳をするのも徐々に苦しくなりますし、相手にも悪い気持ちになってしまって気まずい関係になってしまうこともあり得ます。

デートに誘うときに全力になってしまうと、ガツガツしていると思われるだけでなく、好意があるかないかの判断材料になる「相手のリアクション」を見落としてしまうことも問題です。

そうならないためにも、その時々の状況に適切な誘い方を心がけるべきです。

積極的な人の誘い方

好きな人に積極的な態度の人は、デートに行くことをOKしてくれるような関係性や状況を作る努力に全力なのが、ガツガツしている人との大きな違いです。

デートに誘うとき、ガツガツしている人は「どう誘うか」に焦点を当てていますが、積極的な人は「どう誘ったらOKしてもらえるか」の準備段階を重視します。

デートをできる雰囲気作り・関係作りをした上で好きな人をデートに誘うのはとてもスマートで、女性からの評価も高くなるため、この方法で積極的に誘う人は、お誘いにOKがもらえる確率も高いのが特徴です。

好きな人にOKをもらえるような土台を作り、その上でしっかり積極性を持って食事やデートに誘っているので、相手の好感を得ることができるんですね。

断られても何度も頑張るのは悪いことではないのですが、ちゃんとOKしてもらえるような関係性や状況を作るのか作らないのかの違いは結構大きいです。

デートに誘うタイミングはとても大切なので、効果的に好きな人にアプローチしたいなら、積極性を出せる関係作りに頑張ってから誘うようにしましょう。

丁度よい積極性を持ってデートに誘うには?:デートのお誘いにOKしてもらえるような関係性・状況作りが大切

ガツガツした人と積極的な人のデートを誘う時の行動の違いは理解しても、具体的にどうデートに誘えばいいのかが疑問だと思います。

恋愛に積極的になりたいと思ったら、ぜひデート出来る関係作りに頑張って、会話の流れから自然にデートに誘える関係を作りましょう。好きな人と仲良くなることができれば、誘い方に左右されずにデートすることが可能です。

よく好きな人にガツガツする人は、デートに誘うことがデートできる条件だと考えているのですが、もちろん積極的に誘うことがその条件である一方で、最も重要なことは好きな人に二人で会ってもいいと思われることです。

恋愛におけるちょうどいい積極性を手に入れたいなら、誘う前の好きな人との会話で、相手のリアクションから脈ありと脈なしを判断して、しつこい誘い方をしないように、誘う前段階に神経を研がせてみてください。

好きな人から見たあなたが恋愛対象だったら、仲良くなったところで会話中にも誘われたいサインが出ます。これは「ちょっといいな」と思われているレベルでも確認できるサインなので、最初は友達としてであっても、関係作りの方がよほど大事です。

ガツガツした人は、デートに誘うことだけを目的にしてしまっているので、ストレートな物言いになってしまって、誘おうと頑張るほど好きな人から嫌われる原因を作ってしまっています。

これでは、「相手の気持ちを考えて積極的になる」こととはかけ離れているので改善しましょう。積極的な人は、相手とデートに行けるだけの関係を作ることに全力である一方で、ガツガツしている人はデートに行くことが目的化してしまっている傾向にあります。

片思いをしている人は、徐々に二人の距離を縮めていきつつ、流れを作ってデートや食事に誘うようにしましょう。

よくデートの誘いを断られるという人は、誘う段階までの準備ができていないだけで、雰囲気まで作れば一度や二度好きな人とデートすることは難しくないですよ。

ガツガツしてしまうのが怖いと消極的になる

逆にガツガツしてしまうのに恐れて消極的になっている人は、二人の距離感や雰囲気に関わらず、最後の「誘う言葉」が言えずにただの友達になってしまうパターンが多いです。

恋愛ではよく微妙なタイミングのずれがあるので、多少フライング気味でも、流れができたらデートに誘うのが積極的な態度を目指す人のあるべき姿です。

そこで消極的になって誘うのか誘わないのか迷うことが、後々致命傷になってしまうかもしれません。「今なら…」と思ったら、「ご飯いかない?」くらいはサラっと言いたいですよね。

好きな人にガツガツしたくないと思っている人は、相手からの誘いを待っているかのような態度をとるため、片思いしているときは二人の関係や距離感を客観視して、誘える状況で誘うことがとても大事なことです。

付き合ってない以上は二人で会うのに約束が必要なので、友達が確定する前に好きな人と仲良くなれたタイミングで食事に誘ってみましょう。

周囲への振る舞い方における「積極的な態度」と「ガツガツしてる態度」の違い

職場恋愛で積極的な人とガツガツしてる人の違い

積極的な態度とガツガツしてる態度の違いは、日常生活での振る舞い方にも表れます。

恋愛で積極的に好きな人にアプローチする時には、自分自身だけでなく、好きな人が「周りの目」を気にするからです。

もちろん、周りの目を気にしすぎるのは消極的になることに直結してしまうのでご法度ですが、周りからガツガツしてると思われるような態度を取ると、好きな人は警戒してあなたとの距離を取ろうとするため、周囲への振る舞い方は恋愛で積極的になる上で重要な要素です。

好きな人に積極的になると、どうしても周りとの態度の差が出てきますが、そこに周囲とバランスを取ろうとする態度があるかないかで、好きな人が持つ印象が大きく変わってくるんですね。

ガツガツした人の周囲への振る舞い方

ガツガツした人は、周りの人がどう感じているかを気にしないで、猪突猛進にアプローチする恋愛傾向を持っています。

恋愛感情を持つと好きな人のことを特別扱いするという特徴がありますが、それは好意をアピールできる一方で、やりすぎは相手にとって迷惑なことです。周りへの影響を気にするからですね。

不自然な態度を取られると、周りの人から冷やかされたり、噂になったりするので、相手にとってはガツガツしてる人の好意を受け取ることにリスクが生じることになるんです。

付き合ってもいないのに、カップルとして扱われたり、気があると思われたりするのはあまり気持ちの良いことではないですよね。

ガツガツした人から逃げたくなる気持ちは、追われる立場になるとよく理解できると思うので、相手の気持ちを考えた行動が求められます。

積極的な人の周囲への振る舞い方

恋愛力のある積極的な人は、周囲とのバランスを考えた上で好きな人に積極的な振る舞い方をします。

恋愛感情を理由にした好きな人への特別扱いは、受け取る方もいずれ愛情表現だと気付きますが、やりすぎは周りの人たちが面白くないと思うところに問題点があります。

しかし、うまく恋愛する積極的なタイプの人は、好きな人に積極的な態度を維持しつつも、引くところは引いて、相手のことを気遣った振る舞いができているのです。計算しているわけではなく、好きな人の受け取り方を考慮した結果、引くべき状況で引くことができているんです。

恋愛に積極的になるには、周りの人を対象に「好きな人に恥ずかしい思いをさせないこと」が恋愛テクニックになるので、周囲とのバランスが取れた行動をすることが大切になるんです。

丁度よい積極性を持った振る舞い方をするためには?:周囲の視線を意識して、節度ある行動や態度を心がけよう

積極的な態度やガツガツした態度は、相手に好意をアピールできる点で恋愛では有利ですが、好きな人に周りの目を気にさせて、余計なことを考えさせてしまっては片思いが上手くいきません。

積極的に恋愛しすぎてガツガツした結果、周りに好きバレすると、自分の恋愛が悪い方向に影響するだけでなく、相手にも迷惑をかけてしまうので、周りの視線を意識した適切な行動や態度とることが大切です。

恋愛に効果的な積極性を身につけたい人は、好きな人が周囲の目を気にするのか、周りに他人の恋路を気にしている人かいるのかなど、その時々の状況を見極めることにも頑張ってみましょう。

丁度よく積極的な人になるためには、周りの視線を意識して、その環境で周囲とのバランスの取れた振る舞い方を心がけるのが基本になります。

もし周りに好きバレしてしまった場合は、下の記事を参考にしてみてください。

好きな人にガツガツしたくない人は、自分の恋愛傾向を意識した行動を心がけよう

恋愛でガツガツした態度を取る人は、自分で自分の恋愛を壊していることに気づいていないのが最大の原因で、自分への理解が足りないから好きな人の気持ちよりも自分の気持ちを優先してしまいます。

もし、自分が好きな人に対して、ガツガツした態度をとってしまっている、好きな人のことよりも自分の気持ちを優先してしまっていると感じている場合は、自分自身の恋愛の仕方を知ることが大切です。

自分が好きな人にどんな態度・行動を取っているかを客観視すれば、ガツガツしてしまうのは解決することができます。

積極的な態度はとても良いことなので、自分の良いところ・悪いところを分析して、今後「どう恋愛していくか」を考えていきましょう。

まとめ:積極的な態度とガツガツしてる態度の違いを知って、恋愛の積極性を正しく理解しよう

今回は、恋愛での「積極的な態度」と「ガツガツした態度」の違いを解説しました。付き合う前のアプローチの仕方で参考になるところはあったでしょうか?

積極的な人とガツガツした人の違いはズバリ「積極的に行動することを基本にしながらも、好きな人のことを気遣えるかどうか」ということです。

記事内では、この違いが出るケースをいくつか説明したので、自分が積極的なタイプなのか、ガツガツしたタイプなのかを見極めて、今後の恋愛はぜひ好きな人に好感をもってもらえる積極性を手に入れてほしいです。

もし、自分がガツガツしている態度を取ってしまっていても、その自覚から改善することができるので、この記事を参考にしてみてくださいね。

恋愛では、弱気になっても強気に行き過ぎても上手くいかないので、相手の気持ちを考えたバランスの良い積極的な行動を心がけましょう。

あくまでも、好きな人には積極的でいるべきなので「ガツガツしてない」と判断できたら、「もっと頑張ってアプローチしよう」という方向で思考を進めてほしいと思います。

もし、好きな人との会話に自信がないなら、下の記事も合わせて読んでみてください。

恋愛が苦手で、どうしても積極的になれないなら、下の記事を読んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました