【心理】好きな人とうまく話せない男女が知るべき9個の原因や理由

好きな人と上手く話せない女性が麦わら帽子を胸に抱えている

「好きな人が相手だとうまく話せない…」

友達だとうまく話せるのに、好きな人になると途端にうまく話せない人って多いですよね。恋愛は好きな人の特別な人になれないと叶わないのに、うまく会話できないのでは自分の魅力も伝わらないはずです。

でも、好きな人とうまく話せない理由や原因って何なのでしょう。

この記事では、恋愛心理に注目しながら「好きな人とうまく話せない理由や原因」について9個のポイントで解説するので、まずは理由と原因をはっきりさせてみましょう。この記事をじっくり読むことで、対策や対処もできるようになるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

嫌われたくないから

好きな人とうまく話せない時の最も多い原因が「好きな人に嫌われるのが怖い」という心理です。「好きな人に話しかけて嫌われたらどうしよう…」と思えば、話しかけることができないのも当然で、うまく話せない原因になってしまいます。

恋愛が苦手な人は好きな人とうまく話せない人が多いですが、それは自分の心にフォーカスしてしまっていることが一番の原因になっています。自分の気持ちを守ろうとうするあまり、恋愛に慎重になってしまい、結局仲良くなるために一番大事な会話がうまくできません。

好きな人を対象に「嫌われたくない」との気持ちを消すことはできないと思いますが、恋愛に積極的になるためのマインドセットは意外に大切なものになっています。完全にリラックスできないまでも、嫌われるのが怖いという心理には何らかの対処をして、もう少しフラットな気持ちで好きな人に接するようにしてみましょう。

客観的に考えると、ある程度の距離がある状態で誰かが誰かを嫌うことって案外少ないはずです。うまく話せない内から嫌われたくないと強く思う必要はないはずなので、もし嫌われたくないとの気持ちが強い自覚がある場合は、その感情に違う感情を上書きして好きな人に接するようにすると変わるはずです。詳しくは後述するので、「感情の上書き」を意識することだけ、ここでは理解しておいてください。

好きな人に好かれたいから

次に紹介したい心理が「好きな人への期待」です。「自分を好きでいてほしい」「好きな人から好かれたい」という気持ちが強いと、どうしてもうまく話せない原因となってしまいます。

恋愛が苦手な人は、まだ仲良くなる前から「好きな人に好きでいてほしい」との気持ちをすごく強くしてしまっています。「そんなことはない」と思う人もいると思うのですが、「LINEが返ってこなかったらどうしよう」とか「話しかけて冷たくされたらどうしよう」という気持ちは、広義の意味で好きな人に自分を好きでいてほしいとの願いが込められています。

恋愛が得意な人は、片思いのはじめから好きな人が自分のことを好きだとは思っていません。「これから好きになってもらおう」と思っているから、話しかけることを大切にできるのです。

「何もしないなら恋愛が進むはずがない」と本当に思えるのは、友達よりももっと手前の知り合い状態では恋愛対象にすらなれていないと覚悟するからです。ちょっとしたタイミングの何気ない会話で好きになることも実際にあるのですが、その相手が自分であってほしいと願うのはドラマの中の恋愛です。

リアルな恋愛は、誰かが誰かを好きになって、努力して、たくさんの会話からいろいろなエピソードが生まれる中で好きな人にも恋愛感情が芽生えて両想いになっています。もし、好きな人に期待し過ぎている場合は、違う答えを突き付けられる機会となる可能性の高い「好きな人とうまく話す」という行為に、すごく高いハードルを作ってしまっています。

会話が盛り上がるか不安だから

これも広義の意味で期待に当たる気持ちなのですが、好きな人とうまく話せない心理には「会話が盛り上がるか不安」との気持ちが関係しています。好きな人と話すなら盛り上がりたいけれど、そうなれないかもしれない現実を前に、話しかけることができないパターンですね。

同性の友達が相手なら、話したいことを話したいように話すだけなのでうまく話せないってこともないのですが、好きな人が相手だと会話が盛り上がらないことに気まずさを感じてしまいます。

これが進むと自分の気分が乗っているときだけしか話しかけることができず、会話の機会が減ってしまう傾向があります。片思いの悪いパターンですね。本当は、もっと会話の機会を増やして、仲良くなってきた段階で会話が盛り上がることを期待するべきです。

心理学では「単純接触効果」と言いますが、好きな人とうまく話せない人は、とにかくたくさん話しかけることだけに注力してください。人は、何度も接触すると自然に相手へ好意を抱きます。もちろん恋愛感情を持つという意味ではありませんが、片思いのスタートは「人」として好かれるところから恋愛へ発展させるわけなので、「接触回数」というのは本当に大事なんです。

最初は盛り上がる会話ができないのが当たり前。挨拶からでも、好きな人に話しかけることを大切にしてみましょう。ちょっとずつ、あなたへの対応も変わってくるはずです。

緊張してしまうから

好きな人と話すとき、心臓のドキドキが「好きだ」という気持ちが原因なのか、緊張が原因なのか、曖昧に感じますよね。恋愛が得意な人も、苦手な人も、好きな人の前ではドキドキしているので、緊張してしまってうまく話せないのはみんなに共通する「好きな人とうまく話せない原因」です。

緊張が原因で好きな人とうまく話せない場合は、まず慣れることが対策になると思います。異性慣れの部分も関係しているので、恋愛経験が少ない人や無い人は、異性との会話にも慣れる必要があるでしょう。

もしあなたがあがり症だった場合は、好きな人とうまく話せるようになるためにロングトークするのが対策になります。長い時間好きな人と会話すると緊張は段々解けていきます。会話にもリズムがあるので、そのリズムに慣れるイメージですね。最初はぎこちない会話になることを覚悟して、段々と盛り上がる会話ができるように頑張ります。

しかし、問題は「好きな人とうまく話せない人がロングトークに持ち込めるか」といったところです。会話が盛り上がるから長い時間トークできるともいえるので、難易度が高く感じるはずです。

そこで使ってみたい好きな人との会話の話題が「あなたと好きな人との共通点」です。なるべく多くの共通点をリサーチして、それを話題に盛り上がる会話にチャレンジしてみてください。

はっきり言って、まだ仲良くないうちから世間話で好きな人と盛り上がるのは難しいです。とても表面的な感じがする話題なので、緊張が増して話題がコロコロ変わる会話になってしまうはずです。

それなら、自分たちの共通点を話題にし、お互いのことを知り合うような会話にする方が盛り上がります。できたら、お互いの「好き」が共通しているとベストですね。

好きな人と話すときに緊張してしまうのは恋愛相手だから仕方ないことなので、その緊張を解くためには何が必要か考えると、緊張が解けるまで長い時間話すか、何度も話しかけて好きな人と会話することに慣れていくかの2択になります。

あなたの性格とも相談して対策・対処をしてみてくださいね。

恥ずかしいから

好きな人とうまく話せない原因で「恥ずかしさ」は、厄介な原因です。ここで恋愛が苦手に感じている人はすごく多くなっているんですよね。対策・対処が難しい部分だと感じています。

好きな人と会話するときは自分のことを見られている状態ですから恥ずかしさを感じないわけがありません。そういう意味では「好きな人との会話」に慣れているかどうかというのも一つポイントになっていて、やはり恋愛経験があるかないかで大きく変わってくるのが恋愛だなとも感じます。

しかし、恋愛経験の有無を理由に好きな人とうまく話せない自分に納得しても前へ進めないので、どうしたら恥ずかしさに打ち勝てるかを考えるべきです。

そこで先ほどの考え方をちょっと応用して考えてみるのをお勧めしたいと思っています。

恋愛が苦手な人は「自分の気持ちにフォーカスする」と言いましたが、過度に恥ずかしさを感じて好きな人とうまく話せない人は、自分の意識を「好きな人のこと」へグッと持っていてみてください。意識的に自分の考えていることをコントロールします。

好きな人の前で恥ずかしいのは、自分への意識が強すぎるからです。好きな人には自分のことを好きになってもらいたいのですから当然なのですが、そのままでは話しかけることすらできません。

自分の意識を「好きな人のことを知りたい」って気持ちに向けることで自分への意識が弱まるので、恥ずかしさを緩和することができますから、気持ちのコントロールにチャレンジしてみましょう。

できるかできないか、ではなく、少しでも対策・改善できるなら、それであなたの恋愛が上向きます。この「ちょっとでも」って対処の連続があなたの恋愛力を高めるのにすごく重要な考え方なので、意識してみてください。

つまらない人だと思われたくないから

好きな人とうまく話せない原因は、スポーツで言うところの「力み」も原因になっています。「楽しい人だと思われたい」って期待と共に、「つまらない人だと思われたくない」という心理があなたの会話力を邪魔しているのですね。

この心理が行き過ぎると、好きな人から話しかけられた時にも逃げる行動を選びがちです。好き避けするのは、自分の印象を下げたくないという考え方も原因になっているわけです。

しかし、よく考えてほしいのですが、好きな人に話しかけられて逃げる人はどのような印象を与えるでしょうか?

もし、自分が同じことをされたら?

そうです。「つまらない人だと思われたくないから話さない」という状態は、恋愛で言うところの「印象を下げること」に繋がっており、うまく話せないから逃げてしまうと言う人は、良い印象を持たれることがないのです。

ちょっと極端な例を出してしまっているのですが、このようなことは案外多くの人に起こっています。何も言えないから黙る人などは、その典型的な例と言えるでしょう。

好きな人と上手く話せない人は、上手く話せないことが原因で口数が減ってしまうことが多いのですが、うまくできなくても頑張らないと、好きな人の印象は下がり続けることに気付いてください。

究極的には、恋愛において「うまく話せること」は必要があると言い切れません。それよりも大切なことは「楽しく会話すること」ですので、緊張していようとも、いつもとちょっと違っていたとしても、その状態を受け入れて一生懸命会話するのが片思いしている人には求められています。

「うまくできなくてもいい、うまくできないのが当たり前だ」
好きな人に頑張れる人は、自分から好意を伝えることに一生懸命なので、上手く話せなくても少しずつ好きな人の気持ちを動かしていきます。

そんな恋愛の仕方ができるように、完璧じゃない自分を許してあげて、できないなりにちょっとでも頑張ろうとすることが「好きな人との会話」で大事になっています。

話しかけないあなたに対し、好きな人はどのような印象を持つでしょう?
上手く話せるか、上手く話せないか、の問題とはまた別の問題にも視点を配るべきだと思います。

周りの人に好きな人がバレるから

好きな人と会話している時、周りの目って気になるものですよね。自意識過剰とも思えますが、案外みんなが周りの人に好きな人がバレるのを嫌がって、上手く話せない現象に悩んでいます。

好きだから優しくする。
好きだからたくさん話しかける。
好きだからつい笑顔になる。

好きな人が相手の会話は、周りで見ている人の目も気になるので、自分らしく居られません。好きバレしやすい人は特に、みんなの前の会話に気を付けているんじゃないでしょうか。

もしあなたが周りの目を過剰に気にしている場合は、とにかく二人になることへ全力で努力するのが対策になります。問題は、どうやって二人になるか、というものですが、LINEを活用するようにしてみましょう。

周りが気になって恋愛できない人は、周りの目がないところで好きな人と関係作りをしていくのが基本的な対処法です。「気にしないように」と気を付けても、結局意地を張って好きバレを防ぐような感じになれば、好きな人から嫌われるところまで状況が悪化する場合も多いので、恋愛に慣れていく中で対策するようにし、最初はみんなが見ていないところで動く方が上手く話せるはずです。

好きな人とLINEを使って仲良くなる目的は「デートに繋げること」です。LINEだけで恋愛を進めていくことは難しいので、通話することも意識しながらアプローチしてみてください。

最終的には「会った時」に比重が置かれるのは言うまでもありませんが、周りに好きな人がバレたくない気持ちが強い人は裏で動く恋愛の仕方を模索する方が恋愛成就の可能性が高まるので、仲良くなった後で「みんなの前」へ対策するようにしましょう。

「好き」という話せない気持ちがあるから

隠し事があると話しづらいと感じることが多いですが、それは「好き」って感情も含まれます。好きバレを嫌う心理は、周りのことだけでなく、自分の中にもあるので、好きな人と上手く話せないのは好きって言えないからなんですね。

何かの話題で「何で?」って聞かれた時、「好きだからだよ」って言えたら、本当に恋愛は楽になります。言いたいけど言えない気持ちを抱えながらいつもの自分のように上手く話すことはやっぱり難しくて、つい黙ってしまう会話の展開も片思いの時に多いですよね。

特に片思いが進んできて友達以上恋人未満な関係まで行くと本当に「好きって言えない」って気持ちが上手く話せない原因になっています。片思いの最初でもそうなんですが、恋愛が進むほどこの心理が原因となって、好きな人との会話がぎこちなくなってしまうんです。

恋愛では、よく「探り合い」みたいな会話になるので、好きって言えない気持ちのやり場に困ることが多いです。「何で怒っているの?」って聞かれて素直に「好きだからだよ」って言えないですから、ごまかす一言が会話にぎこちなさを与えます。

ここはある程度の覚悟を持って、好きな人との会話では好きだと言う気持ちが原因で無言になるような話題もあると思っておきましょう。その無言がむしろ恋愛的な雰囲気を作る要因にもなっています。

ちょっと初々しい会話になるという面もあるので、好きな人と上手く話せないことが恋愛において全てマイナスになっているわけではないことを理解しておいてほしいと思います。

異性は話題が違うから上手く話せない

異性との会話に慣れていない人は、ほぼ必ずと言って良いほど好きな人と上手く話せません。異性と同性で会話の話題が若干違うため、異性との会話に慣れていないと上手く話せない原因になるんですね。

恋愛が苦手だと自覚がある人は、女友達・男友達でもいいので、異性との会話に慣れる工夫もしていきましょう。男女で話題が違うので、あなたの面白いと、好きな人の面白いが合致するポイントを掴めるようにしないと、好きな人との会話が下手なままになってしまいます。

特にここは、仲良くなる前に重要なポイントになっているので、まだ話題選びに困る時期にすごく差がついてしまっています。異性との会話に慣れていれば、「男女で盛り上がる話題」が自然に出てきやすいですよね。

実際に会話しているとそこまで話題の差は感じないかもしれないですが、異性に慣れていないとあれこれ話題の取捨選択に迷うものです。意識する異性との会話経験があなたのトーク力を磨くのは間違いないですが、そこまでできなくても異性の友達が少ない人は何らかの対策をしておきましょう。

同性と同じ話題で盛り上がろうとしても、片思いの最初のころは難しいです。

まとめ

今回は、好きな人と上手く話せない原因について恋愛心理に注目しながら9つのポイントで解説しました。

好きな人との会話は、意識してしまう自分をどうコントロールして普段通りの自分で楽しく会話できるかが勝負です。普段の自分でさえ特別会話が得意とは思えないはずですから、せめて実力を出し切りたいところですよね。

そこでまず対策したいのは、「自分」へ向く意識を「好きな人」に持っていくこと。好きな人のことをもっとよく知ろうとしてみてください。恥ずかしさや緊張などは、相手への興味を強くすることで自然と小さくなっていきます。

好きな人に一生懸命な自分も恥ずかしいとは思うのですが、恋愛は好きな人の好きな人にならないと叶いません。何が大切かを考えた場合、まずは仲良くなることだと思うので、機会を見つけて盛り上がる会話にチャンレンジしてみましょう。