押しに弱い女性を落とす「押し方」とは?上手な押し方ができる男としつこい男の違い

押しに弱い女性の押し方を実践した男性が好きな女性を抱きしめている様子。

「押しに弱い女性を落としたい!」と思っても、上手な押し方が分からない男性はきっと多いと思います。しつこいと思われたくないですし、どんなタイミングで押したらいいかも迷うのではないでしょうか。

そこで今回は、「押しに弱い女性を落とす押し方」について解説します。上手な押し方ができる男としつこい男の違いを中心にまとめていくので、好きな女性に積極的にアプローチしたい男性はぜひ参考にしてみてください。

女性の押し方はどこがポイントになるのか、女性を押すタイミングや引かれない押し方など、恋愛の専門家である私から、好きな女性を落とせる押し方を解説します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

女性の押し方は女性のタイプで決める

恋愛アプローチの方法は、「女性のタイプ」に合わせるのが重要です。恋愛における「押し方」を間違える人はどんな女性に対しても同じアプローチ方法を取っているのが特徴であるため、自分の目線をグッと相手女性に向けてみると、また違った恋愛の仕方ができるようになります。

今回のテーマは「押しに弱い女性の押し方」なので、まずは押しに弱い女性を見抜くことが大事になってきますよね。押しに弱い女性にはやっぱり特徴があるので、下の記事で確認しておいてください。

上に紹介している女性とは逆の特徴を持った女性は、押すこと自体が逆効果になることもあります。相手の性格や価値観に合わせた恋愛の進め方をするのが「女性を落とすコツ」になるので、いろいろなタイプに合わせられるアプローチ力を磨きましょう。

女性の押し方は女性のリアクションで調整する

押しに弱い女性が、男性のアプローチに好意的なリアクションをしている様子。

女性の押し方が上手い男性は、「女性のリアクション」でパワーバランスを整えているのが特徴です。この際、ポイントは「言葉ではなく、態度や表情や雰囲気」で女性の気持ちを見極めることで、女心を理解したアプローチをするのが押し方の上手い男性です。

押しに弱い女性を落とすためには、相手女性のリアクションを客観的に判断する目が必要です。好きな女性や気になる女性だとつい主観的に見てしまい、「嫌われたかな?」とか「これは脈なしサインだろうか…?」と相手をまっすぐに見る目が保てないものですが、努めて客観的に女性心理を読むのが押し方の上手い男性になるコツです。

したがって、「女性を押すと自分のことでいっぱいいっぱいになる」という男性は押し方が下手な男性で、独りよがりの押し方をしてしまうから女性の気持ちを動かすことができません。

しつこい男との印象も与えがちなので、自分の気持ちよりも相手の女性の気持ちに注目するように意識改革しましょう。

女性を押すタイミング

では、どんなタイミングで女性を押すのが押しに弱い女性を落とすコツなのでしょうか。

上手に押す男は、基本的なスタンスが「積極的に女性にアプローチする」というところに置かれているので、女性と出会った瞬間から押していきます。女性を押すタイミングを考えるよりも、押しすぎを防止する方向で女性と接していて、嫌がるサインが出るまでは会話をリードしつつ押していきます。

ただ、女性を押すタイミングについては3つの基本があるので、しっかり押さえておいてください。

二人きりになれたタイミング

みんなの前で女性を押す男性は迷惑をかける可能性が高いです。

基本的に、コミュニティ内に恋愛感情を持ち出す人は社会性という意味で迷惑になることがあるので、「二人きりになれたタイミング」はぜひ積極的に押したいタイミングとなります。

みんなといる場所では普通に接して、好きな女性と二人きりになった時はギャップが演出できると良いですね。いきなりグイグイ行くと引かれることが多いので、それまでの関係性なども考慮しつつ、押し方を考えるようにしましょう。

女性の方から話しかける、LINEがくるようになったタイミング

女性の押し方を考える際は「女性のリアクション」を見ながら調整するのですが、「女性のアクション」が出てきたタイミングは、男性が押すべきタイミングになります。

もちろん、女性から話しかけられることがあってもそれだけで脈ありサインにはなりませんが、男性がアプローチしている中で相手女性がアクションを起こす時は「嫌われてない」ことがほぼ確定します。女性を押すのが上手い男性は嫌われてないと確信したところで押しているので、女性からLINEが来るようになったら多少積極的すぎるくらいでも、押しに弱い女性の場合は積極的に押すべきです。

「今回の片思いは男らしく押すぞ!」と、女性を押す恋愛の仕方に慣れていない男性は、このタイミングで積極的にアプローチしていきましょう。

仲良くなれたと実感できたタイミング

女性を押すタイミングの最終段階は「好きな女性と仲良くなれた」と実感できたタイミングです。この場合の「押し」とは、デートの誘いを意味します。

デートと言っても、食事や飲みからでも大丈夫です。食事に行った時の会話の中でデートに誘う方が成功する確率が高いですし、いきなり「遊園地に行こう」と誘うのはハードルが高いと思うので、飲みやごはんからチャレンジしましょう。

気になる女性と仲良くなれたのに誘えないのでは「押せない男性」ということになりますから、押しに弱い女性を落としたいと思うなら仲良くなれたと実感できた瞬間からなるべく早く食事に誘えるように、会話の展開にまで気を回しましょう。

女性を押すタイミングに迷う人も、ここが最終段階だと自覚して、押せない男を卒業できるように自分からアクションを起こしてほしいと思います。

誘い方が分からない男性は、下の記事を参考にしてください。

女性の押し方が上手い男性は「熱意」を伝える

女性に熱意を伝える押し方をしている男性の様子。女性はキュンとしている。

押しに弱い女性の落とすには、「熱意」を伝えることが最も重要です。女性は愛されたい心理が強いので、愛情を熱意としてアプローチする男性に信頼感を強めます。ただし、押し付ける愛情は女性も拒否感を持つため、心地良い接し方の中で熱意を伝えることが重要なのです。

好きな女性と仲良くなっても友達で終わる男性は、女性にこの「熱意」が伝えられてません。好意を隠しながら進める片思いは確かに関係作りをより円滑にする効果がありますが、どこかで好意を伝えないと「容姿や相性」でしか恋愛成就があり得ないということになってしまい、いつまでも恋愛力は低いままです。

女性の押し方が上手い男性はいい人で終わらないように、好きな女性に「熱意」を伝えてます。押していくことで彼女の気持ちを動かすことができるので、無理目な恋愛も付き合うまで発展させることができるのです。

女性は男性の男らしさに惹かれるので、「熱意」をもってアプローチする姿が段々と魅力的に見えてきます。恋愛に頑張るとその分傷つき方は大きくなってしまいますが、それは女性もわかっていることなので、一生懸命に押してくれる男性に気持ちが揺れ動くのですね。

押すと決めた恋愛なら、男らしさがアピールできるような恋の仕方ができたらいいですね。

上手に押す男としつこい男の違い

ここで、女性を上手に押す男としつこい男の違いをまとめておきます。

女性を押せない男性は「しつこい男だと思われたくない」という心理が強いので、どんな押し方をするとしつこい男のなるのかを知って、気持ち的なハードルを下げましょう。

環境把握力の違い

女性が「しつこい」と感じる押し方をする男性は、「押すべきシチュエーション」が分かってないから不快感を持たれてしつこい男と思われます。

上手に押す男としつこい男の違いを一言でいうなら「女性が好感を持つか、不快感を持つか」ですから、女性を押すときは「環境把握力」が重要なんですね。

たとえば仕事中の忙しい時間帯にしつこく話しかける態度や、早く帰りたいのに呼び止めて話し込む時など、たとえ好きな人が相手でもアプローチされたくないタイミングがあるものです。「どういう状況の時に押すのか」は積極的になる時の課題になります。

なるべく以下の条件に合う時を狙ってアプローチしてみましょう。

女性を押す時の条件

  • 女性に時間がある
  • 女性のテンションが高い
  • 会話が盛り上がっている

あなたとの時間を楽しんでくれる環境で押すようにしましょう。

相手のことを考えるか、自分のことを考えるか

積極的に押す男性も、「自分のことしか考えてない男性」は女性からしつこいと思われています。自分がいけるタイミングで押し、女性のことを結果的にないがしろにしてしまうからですね。

一方、上手に押す男性は常に「相手のことを考えている」のが特徴なので、しつこいと思われる前に引くことができているのです。

積極的にアプローチする時に「自分を軸に考えるか、それとも相手を軸に考えるか」は非常に大きなポイントになっているので、「押していこう」と思うだけに留まらず、「どう押したら好きな女性の気持ちが動くか」を考えるようにしましょう。

押しに弱い女性を落とす押し方とは?

押しに弱い女性を落とすには、最初から脈ありの態度を求めないことが最も大切なことです。男性が女性を押す際は、脈なしから脈ありへ変えていくイメージを持ち、最初から両想いの状態を期待するかのような考え方をしてしまうのに注意をしましょう。

女性の多くは、男性のアプローチにウエルカム感を出しませんし、最初から両想いになっている片思いは非常に少ないです。女性を押す中で気持ちを動かしていくのが「上手に押す男」なので、片思いの初期に出る脈なしサインは踏み込みすぎないサインに使い、気持ち的にそこまで気にしないようにしましょう。

実は、これが恋愛力の差になっている部分で、恋愛が下手な男性ほど好きな女性と仲良くなる前の脈なしサインに怖気づいて押すことができてません。押しに弱い女性は男性がちょうどいい押し方をする中で相手男性に興味を持っていくので、「最初は仕方ない」とある程度の割り切りをもってアプローチするのがコツです。

ちょっと押すだけで気持ちが動く女性はたとえ彼女にできたとしても他の男性の押しにも弱いでしょうし、付き合うならしっかり押したときに気持ちが動く女性の方が良いですよね。警戒心が強い女性ほど信頼できる彼女になるので、メリットも意識しつつ、最初の時期を乗り切りましょう。

上手に押す男性は、出会った直後に出る脈なしサインを気にせず、女性を押していく中で両想いになっています。

上手に押す男は、自分のアピールポイントと、恋愛する時に注意するべきことを知っている

上手に押す男性は、自分のアピールポイントを知っているのが特徴です。

女性を押していく際はなるべく自分が魅力的に振る舞いたいので、明確に自分のアピールポイントを知っていることが「アプローチの効果」に直結するわけです。

また、女性を押すのに「自分の恋愛するときの注意点」も知っておきたいポイントです。共感力が低い男性は女性との会話の中で意識的に共感の気持ちを伝える必要がありますし、ポジティブ度が低い男性はネガティブにならないように暗い話題になった時は注意しないといけないですよね。

ここら辺はこれまでの恋愛経験が如実に出る部分なので、もしあなたが「付き合ったことがない」とか「恋愛経験が少ない」場合は、下の記事を読んでみてください。

押しに弱い女性を落とすには、相手の女性からあなたが素敵な人に見えないといけません。「本当は○○なのに…」と思うことは恋愛中に多いですが、全てはあなたが好きな女性にどんな振る舞いをするかで決まってきますよね。上手に押す男性は自分の見せ方まで気を遣えているので、ぜひあなたも自分の魅力と弱点を明確にして好きな女性にアプローチしてみてください。

闇雲に女性の押し方を実践しても傷つく経験が増えるだけなので、「どんな自分を好きな人に知ってもらうか」と言った視点も持ちましょう。

まとめ:押しに弱い女性の押し方は、ポイントを押さえて効果的にアプローチすることが大切

今回は「押しに弱い女性の押し方」を解説しました。女性を押すタイミングや、上手に押す男性としつこい男の違いも解説しているので、様々な視点から女性の正しい押し方を実践してもらえたらと思います。

押しに弱い女性を落とすには、相手の女性のことをよく考えた押し方をすることが本当に大切です。女性の性格を踏まえたアプローチすることはもちろん、シチュエーション(状況)や二人の雰囲気、タイミングまで気を使いながら押していけると、良い関係作りができつつ、好意を伝えることができるでしょう。

しかし、女性のことを考えるがあまり、しっかり押せないことに悩む男性は多いものです。最初はどうしても脈なしサインを受け取ることが多いと思いますので、押すと決めた女性には腰を据えたアプローチをしていきましょう。

女性の気持ちを動かすには思わせぶりな態度に見えない、本当の熱意を伝えることが大事になってきます。しつこいと思われないように気を付けたら、積極性を常に意識して好きな女性と接してみましょうね。

なかなか好きな人を押せない男性は、まず「探りを入れてみる」ところからスタートすると恋愛の状況が変わってくると思うので、下の記事も参考にしてみてください。