女子校出身の女性とは|特徴と恋愛の傾向を解説

女子校出身の女性の特徴をイメージした画像

女子校出身の女性は、共学出身の女性と比べていくつかの特徴があります。男性が踏み入れることができない女だけの学校で育った女性はやっぱり恋愛傾向も違いますし、どんな学生生活を送ってきたかで色々な違いが出てくるのです。

女子校を卒業した女性に憧れを抱く男性もいると思いますが、彼女たちの特徴や恋愛傾向を知らないと恋愛がうまくいかない原因になってしまうこともあるでしょう。相手をよく知ることは恋愛の基本となります。

そこで今回は「女子校出身の女性とは」というテーマで、女子校に通っていた女性の特徴と恋愛傾向に着目してまとめたいと思います。女子校出身の女性と付き合いたい、好きになった女性が元女子校の女性だった場合は、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

男子がいない女子校の恋愛格差は非常に大きい

女子校出身の女性は、恋愛格差が非常に大きいのが特徴です。普段生活する学校に男子がいない環境では、彼氏や好きな人を学校外で作る必要があるため、格差が広がりやすいという特徴があります。恋愛傾向が2極化していることをイメージしておいてください。

女子校の女性が彼氏を作る・好きな人を作るには、自分が普段の生活を送る学校以外に何かの繋がりを作らないといけないため、共学と比べて「積極性」がより一層大事になります。

女子校に通っているとクラスメイトや部活関係の男子、先輩や後輩と言った自然に繋がる学校内の男子との恋愛がありません。そうなると、積極的に活動する女子とそうではない消極的な女子やインドアな女子との恋愛格差が大きく広がることにより、全然恋愛せずに10代の後半、はたまた20代まで恋愛経験なしで育つ人も多いという特徴があります。

ただし、恋愛や出会いに積極的な女子校の女子は「女子校」というブランドも手伝ってモテる女子も多いですから、「女子校=男がいない環境で育った=恋愛が少ない」という公式は成立しません。繋がりを作る力や出会い力によって恋愛の格差が大きいと理解してください。恋愛に積極的な女子校出身の女性は共学出身の女性と比較してより多く恋愛している女子も多いです。

可愛い女子でも恋愛経験なしの人が多く存在する

上記で説明したことが原因で、可愛い女子でも恋愛できない環境にいる女子は恋愛経験なしのまま10代を終える人も多いです。バイトをやっても女子だけの場所だったり男子が少ない場所を選び、合コンや紹介にも消極的で、男が絡むイベントにも参加しないような女子は、女子校に通う恋愛的な不利が大きく、環境の問題でどれだけ可愛くても彼氏ができない女子となってしまいます。きっかけがないなら可愛いかどうかは関係ないんですね。

ここもあくまで「環境」の観点で見てほしいのですが、共学の女子と比べて「可愛い女子」の恋愛経験に差があるのは間違いないと思うところです。きっかけや出会いがない環境に身を置きやすい女子校の女性はどうしても恋愛弱者になってしまう場合があるのです。

可愛いし性格もいいのに彼氏がずっといない女性ほど女子校出身である確率が高いでしょう。積極的な性格ではない場合、さらにその可能性が高まりますので、男子なら放っておくのがもったない女子です。

学校に男子がいないからこそ持つ「男性への興味」

普段生活する学校に男子がいないという環境で育った女子は、恋愛への興味を持つ時期が遅れるという恋愛傾向があります。恋愛は好きになろうとして好きになるよりも、気づいたら好きになっていたということも多いですが、その経験をするためには日常的に接する男子が必要ですし、好きになられてアプローチを受ける場合も同様です。

しかしながら、年齢を重ねるたびに恋愛への興味は強くなっていくのが普通なため、異性に積極的ではない女子校の女性は、恋愛経験がないことが段々とコンプレックスに変っていき、漠然としながらも「男性への興味」を強めていきます。

「別に自分はブスじゃないのに彼氏ができない・・・」

こんなことを思う女子校の女子は多いのですが、だからと言って具体的に彼氏を作る努力や好きな人を作る努力をしようにも、共学の女子と比較するとやらないといけないことが大がかりになってしまうので興味のみ持ちながら何もできない環境になりやすいのです。だからこそ消極的なのですね。

男性を知らないというコンプレックスは社会人以降「知りたい」という欲求に変っていきます。恋愛の雰囲気を知らないので、仲良くなった男性には突っ込んだ質問をするのが女子校出身の女性の特徴となっています。うまく男女としてのコミュニケーションが取れず距離感を間違う女性も多いので、何となく違和感を感じて(そんなに悪い意味ではなく)女子校出身を見破ることも多いでしょう。

彼氏に染まりやすい女子校出身の女性

男という生き物を理解するためにはより多くの男と接して、タイプ別に色々なパターンの男を知る必要がありますが、それが自然な形で行われる共学の女子に比べて女子校の女子は良く知っている男子の数に大きな違いが生まれることから「男を知らない」という状態になりやすいことも特徴です。

格差が生まれやすいので、全員が女子校出身なら男子を知らないわけではないので勘違いしないでほしいのですが、消極的な女性の場合は「男を知らない」と思っておく方が正しい認識でしょう。本人にも自覚があります。普段の生活で色々な表情や行動から相手を知ることは多いですから女子が多い環境で育ったことはその後にやっぱり影響があると言えるでしょう。

深く付き合わないと相手の本質を正しく理解することは難しい中で、そういった男性を作りにくい女子校の女性は、男友達が少ないために恋愛経験まで少ないのならば男を知る機会が少ないです。

しかし、恋愛経験豊富な女性も女子校には存在する以上「男の話」はするわけですから、情報としての「男の理解」は一定のところに存在します。むしろクラスにいる男子を気にせず男の話ができるわけですから、本音トークで深くまで知ることができることもあり得ます。何もしらないわけではないので、今どきネットもあるわけですから「男性を知らない」というのはおかしいと思う人もいることでしょう。

確かにそれも正しい考え方なので何も知らないという表現は語弊があるのかもしれないですが、実体験で経験したことで確信するのが「分かること」のプロセスですから、「話には聞いているけど実際どうなんだろう?」というのが恋愛経験のない女子校出身の女性が思い浮かべる不安に似た感情です。

従って、初めての彼氏や2番目の彼氏くらいまでは「彼氏に染まりやすい」のが女子校出身の女性の特徴となっています。同じ男目線で相談できる男友達が少なく、男性を知らないというコンプレックスも手伝って相手男性の言うことを鵜呑みにしてしまうところがあるのです。倫理観や正義感は性格として強い傾向もありますから、流されるのとは少し違っていますが、付き合う彼氏としては付き合いやすい彼女になる恋愛傾向があるのを知っておきましょう。

好きな人に一生懸命になってしまう性格も女子校出身の女性ならではなので、付き合ったら幸せが大きいという経験則があります。協調性が高い傾向は感じると思います。

箱入り娘が多い女子校出身の女性

女子校を卒業した女性と言うと、男としてはブランド化してしまいそうな女性たちですが、確かにお嬢様や箱入り娘が多いのは明らかな特徴です。家が厳しいとも表現でき、大切にされている女子が非常に多いです。共学との比較においては傾向が顕著でしょう。

中学校や高校で女子校に通っていた女子は、多くの場合で自分の意思ではなく親の意思で共学ではなく女子校を選んでいます。女子校に通うメリットを話されるなどの環境整備をする親も多いですから本人たちは否定するかもしれないですが、少なくとも「親の影響が大きい」とまでは言えます。

女子校に娘を通わせたい親をイメージすると彼女たちの育った環境が分かるでしょう。性格も予想できる部分があるはずです。

お嬢様育ちしていたり、大切にされていたり、厳格な家庭で育った女子は、きちんとした女性が多いのも性格を考えたときの特徴です。門限が早い女性も多いですし、男付き合いにも厳しい家庭である可能性は高いと言えます。もしそんな雰囲気を感じる女子を好きになった場合は、大切にしてあげるようにしましょう。彼氏に対する親の評価も気にする女子が多いです。

まとめ

今回は「女子校出身の女性とは」ということで、性格や恋愛傾向を中心に女子校で育った女性の特徴をまとめました。

私の経験では、女子校出身の彼女は付き合いやすいという傾向が顕著でした。とても性格のいい女子が多く、男子に尽くしてくれる女子が多いです。

きちんと愛情を受けて育っているので、ブランド的な魅力ももちろんありますが、それ以上に彼女にした時の幸せも大きいと思うので、是非頑張ってアプローチしてみましょう。