奥手なタイプの女性の気持ちに気付くには|あまり感情を表現しない女性の脈ありサイン

奥手な女性の気持ちを考える男性がイメージする女性

奥手な女性を好きになると自分への脈が分かりにくいため、「恋愛が進まない」と感じることが多いと思います。

感情表現が豊かな女性の場合は分かりやすいのですが、あまり感情表現しないタイプの「奥手女子の気持ち」は男性が気づきにくい態度や行動にしか出ないので、脈ありサインを見つけるのも一苦労です。

特に恋愛が苦手な男性は、奥手の女性を好きになった時に片思いの進め方が分からず、付き合うまで距離を縮めることができないことも多いのではないでしょうか。

「奥手女子のアピール方法ってどんな感じなの?」
「奥手女子とLINEしているとそっけない感じがするけど、これは脈なしなの?」

口数が少ない奥手女子との恋愛だからこそ、彼女の気持ちが掴めず、話しかけるのすら難しいと感じている男性はたくさんいるはず。

そこで今回は「奥手の女性の気持ちに気付くには」というテーマで、あまり感情表現しない女性の脈ありサインをまとめます。

是非あなたの恋に参考にしてみてくださいね。

自分との時間を大切にしてくれるのは、奥手女子の脈ありサイン

奥手な女性は「受け入れる態度」に脈ありサインがあります。これだけでも覚えておけば、最低限、奥手女子の分かりやすい脈ありサインは見抜くことができるでしょう。

あなたが奥手な好きな人に話しかけた時、時間を気にせず会話してくれたり、二人きりになっても気にしない態度を一貫して取っている場合は、脈ありの可能性が高いのです。

奥手女子との会話中にこんなサインが出たら、脈ありサインを疑ってみてください。ポイントは「奥手な女性の態度が一貫している」ことです。

二人の時間を大切にしてくれてる時の態度

  • 時計や携帯を見ないでずっと会話を続けてくれる
  • 朝や忙しい時を含め、どんな時も丁寧に対応してくれる
  • 話しかけると、それまでやっていた作業をやめて向き合ってくれる

あまり感情表現をしない女性でも、好意を持っている男性にはそれとなくその気持ちを伝えたいところ。でも、それができないからこそ奥手な女性なので、「受け入れる態度」には是非注目してください。

あなたとの時間を大切にしてくれるなら、あなたとの時間がずっと続けばいいなという気持ちの表れである可能性が高くなります。

奥手な女性の好意は、「声や表情」で見抜く

ポーカーフェイスな男性は多いですが、基本的に女性は声や表情に気持ちを表すのが上手です。これは「声や表情に気持ちが出てしまう」とも表現を変えることができ、男性と比べた場合の女性の特徴です。

あなたも、「好きな人だと無意識に声が高くなっちゃうんだよね」という女性の声を聞いたことがありませんか?

好きになった奥手な女性の気持ちに気付くには細かい態度や行動に注目する必要がありますが、絶対にチェックするべきポイントは「声と表情」です。脈ありか脈なしかに確実にヒントがあるはずです。

既に仲良くなってきている状況なら、自分と話をする時の声と他の男性と話す時の「声のトーンの違い」に注目しましょう。好意を持っている男性や意識している男性に、女性は本能的にも声が高くなります。意識しないで会話するだけでは判別できないポイントですが、比較することで分かりますから、知っておくと女性の気持ちに気付きやすくなります。

  • 奥手女子が好きな人と話してる時は、声のトーンが高くなる
  • 好きな人以外と話している時は、好きな人に比べてワントーン下がる

さらに、奥手な女性の表情の違いに注目することで脈ありサインとしての精度を高めましょう。好きな人と話しているとついつい表情が緩むものですが、それはなぜかと言うと「嬉しい」という気持ちが心の底にあるからです。好きな人とは、話しているだけで嬉しいですよね。

だからということもあって、奥手な女性の脈ありサインに気付きたいなら冗談や笑い話以外の時の表情を見てください。笑うタイミングじゃないのに笑顔でいるならあなたとお話ししているだけで嬉しいから笑顔でいるのかもしれません。これもあなた以外の他の人と会話しているときと自分の時とを比べることで精度が高まります。

  • 笑うタイミングじゃないところで自然な笑顔が多い場合は、「会話しているだけで嬉しい」と感じている奥手な女性の脈ありサイン

声と表情で脈ありサインを確認するのは、相手が女性のときに非常に分かりやすいポイントとなります。誰か友達から「いい雰囲気だね」と指摘されるなら、脈ありである可能性が高いでしょう。

せっかく奥手女子といい感じになれたとしても、それに気づけないのでは片思いを進められないので、恋愛の雰囲気に疎い男性は下の記事も読んでおきましょう。

相手から誘ってこないけど誘ったら断られない

好きな人の誘いを断らない奥手な女性の後ろ姿。

奥手な女性は、自分から好きな人を食事やデートに誘うことがありません。誘えないんですね。だから奥手なのです。

でも、自分から誘えない分、好きな人と一緒に居られる時間は大切にしたい気持ちが強いので、あなたから誘った時のリアクションには脈ありサインが分かりやすく出ることがあります。

それが「断らない」という行動です。

奥手な女性は受け身な性格なので、引っ張って行ってくれる男性を好む傾向があり、頻繁に食事に誘ってくれる男性やデートの誘いをしてくれる男性になびきやすいです。そうでないと、奥手な女性は恋愛ができないことになってしまうからですね。

受け身の性格の女性は、自分が積極的になれないため、アプローチを受けた時のリアクションを気にしているので、奥手女子を好きになった男性は結果はどうであれ「積極的にデートに誘う」という態度が求められます。その際のリアクションから女性の好意に気づくわけです。

もし二人で食事する仲になっていたり、デートできる関係なら、誘った時の相手の態度には要注目ですよ。自分から気持ちを伝えるのが苦手な奥手女性は、誘われるタイミングで自分の気持ちを表現しているので、相手からの積極性がなくても心配せずに押していきましょう。

断らないということは全面的にあなたの提案を受け入れているわけですから、脈ありである可能性が高いです。誘えない男性は、下の記事を参考にしてみてくださいね。なかなか恋愛に積極的になれない女性でも誘いやすい方法を解説しています。

奥手女子のアピール方法は?

奥手女子は、「彼女なりに」というレベルですが、好きな人へのアピールも行います。しかし、分かりにくい脈ありサインしか出ないので、ここで奥手女子のアピール方法を学んでおきましょう。

さりげないアピールに気づくことができれば、奥手女性との恋愛に自信が持てるようになるはずです。

デートに繋がりそうな話題に興味を示す

あなたがアプローチのためにする会話で「デートに繋がりそうな話題があった時」は、相手の女性の態度に注目してください。興味がある態度を取るなら脈ありサインの可能性があり、その頻度が高いほどその精度が増します。

相手が奥手な女性の場合は、「行ってみたい!」とまでストレートに会話を発展させるかは分かりませんが、質問をしてきたり会話が盛り上がっていくなら「誘われたい態度」とも取ることができ、アプローチに頑張ることができていれば、高確率で脈ありサインとなります。

普通、恋愛的な雰囲気を感じた異性との会話では、自分に気持ちがない場合に冷たい態度を取る人が多いです。気持ちがないのに期待させても申し訳ないですし、基本的に思わせぶりな態度を取ることは悪とされる風潮も当然考慮するので、脈なしサインを送るのです。

きちんとアプローチできてない場合はこの限りではないので注意しつつ、もし「結構押しているよ!」って状況なら、あなたへの好意を伝えている可能性のある行動なので自信を持っていいと思います。

ぜひそんな会話からデートに繋げてみてください。

奥手女性は「見つめる態度」でアピールする

奥手女子が好きな人と仲良くなると、言葉にできない気持ちを「目」で表現するようになります。好きな人を見つめるのは奥手な女性のアピール方法になっていて、無言で見つめるのも強めの脈ありサインになりやすいです。

なぜ「好きな人を見つめる」なんて一見積極的な態度を取るかというと、奥手な女性は会話中に「言いたくても言えない」という気持ちで接しているので、「目で訴える」という態度を取るからです。

奥手な女性から「どうしたの?」と聞きたくなるくらい見つめられる時は、男性にアピールする態度を取っている可能性があります。

仕事を手伝う、フォローしてくれる態度

奥手女子は好意が気づかれにくい場面で積極的になれる瞬間があるのですが、その代表的な瞬間は「好きな人が困っている時」です。

仕事を手伝ってくれる時や、フォローしてくれる時は、好きな人へのアピール方法になっていることが多いのです。

好きな人に自分の女子力アピールをするまではできないのですが、「困っている人を助ける」という場面では積極性が出せます。恋愛感情にまつわる部分で消極的なので、見透かされないタイミングなら頑張ることができるんですね。

そこまで好意を感じない態度であっても、頻繁にあなたを助けてくれる時は、奥手女子が自分アピールしているのかもしれません。

奥手女子の脈ありサインが確認できた男性は、恋愛をリードできるようにしっかり押していきましょう。下の記事も参考にしてみてください。

奥手な女性は、好きな人を「否定しない態度」で好意が見抜ける

好きな人の話を否定しない態度で話を聞く奥手な女性の手。

奥手な女性は、「好きな人を褒める」などの積極的な態度では好意を見抜くのが難しいですが、会話している時に「自分を否定する頻度と、肯定する頻度」に注目してみてください。脈ありと脈なしの違いが分かることがあります。

奥手女子は、好きな人を褒められない分、「好きな人を否定しない」という特徴があります。相手を受け入れる態度で好意を伝えるので、好きな人との会話では肯定を繰り返す傾向が強いのです。

もちろん、好意を持っている男性のすべてを肯定するわけではないのですが、好意が強いほど肯定が増えるのは特徴で、会話を盛り上げるのが苦手であるが故に「男性を肯定することで会話の雰囲気を良くしたい」という気持ちが態度に出ている面もあります。

奥手な女性と会話していて、全然否定されない時は脈ありかもしれませんね。肯定を繰り返す会話は彼女の希望通り盛り上がりやすいので、もしそうなったら勢いを利用して食事に誘うなり、積極的にアプローチしましょう。

仲良くなった後に少し気まずくなる感じはむしろ脈あり

奥手な女性は、積極性が大事な恋愛において弱者になりやすく、可愛いのに付き合った経験がない女性もたくさんいます。もともと奥手な女性は、好きな男性により奥手になってしまう女性が多いので、どうしても恋を進めていくのが苦手なんですね。

追う立場の男性も辛いですが、奥手な女性は自分の恋愛の仕方に深く悩んでいます。

もし奥手な女性を好きになったら、そんな気持ちを理解してあげることがとても大切です。いわゆる「好き避け」という現象に遭遇しても、落ち着いて緊張を解いてあげて下さい。

安心感を持ってもらうようにアプローチできれば、奥手な女性も気持ちを表現しやすくなります。

奥手な女性は基本的に恥ずかしがり屋さんなので、好きになればなるほど奥手になっていくタイプが多いです。だからこそ、「仲良くなった後で気まずい雰囲気になる」のが奥手女子との恋愛では脈ありサインとなります。

ある男性にアプローチされている間に好意を持つと、奥手女子は意識してしまって逆に避けてしまうことがあるんです。相手となる男性は凹む態度ですが、それ自体は完全に脈ありサインなので、本来はガッツポーズを取るタイミングとなります。

仲良くなったはずなのに急に態度が変わるのは嫌われた可能性がある一方で、意識したからかもしれません。嫌われたのなら連絡も続かなくなりますので、会った時よりもLINEやメールで確認してみてください。

顔を合わせずにコミュニケーションが取れるLINEやメールなら好き避けがないので、普通に会話できれば嫌われていないことが確認でき、その場合はあなたを意識したからこそ普通に話せなくなっていることが予想されます。つまりは脈ありサインになるわけです。

ここら辺は女性に慣れている男性ほどうまく女性にアプローチできるので、恋愛経験によって差が付くポイントですが、基本を知っていることで恋愛経験の少ない男性でも頑張れるはずです。

奥手な女性と付き合うためには意識された時にも頑張って押していくことが大切なので、「嫌われたかどうか」を確認するようにしましょう。もし嫌われてないならあと一歩のところまで恋愛が進んできていると思いますよ。

ただし、自分のアピールポイントは明確にしてアプローチしましょうね!「自分のアピールポイント」が分からない人は、下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

今回は「奥手な女性の気持ちに気付くには?」ということで色々な態度や行動で脈ありサインになることを紹介しました。気持ちを隠そうとする女性との恋愛は難しいかもしれないですが、是非参考にしてみてください。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案な女性を好きになった場合は、男性側の頑張りが絶対に必要となります。ゆっくりでもいいので確実にアプローチしていきましょう。

奥手な女性は付き合うと浮気しないいい彼女になる女性だと思うので、なかなか落ちないからこそ未来の幸せが大きいと思います。

そもそも男性は、女性に積極的になれないと好きな人とは付き合ないもの。下の記事を読んで、好きな人に頑張る勇気を持ちましょう。

奥手な女性を落とすには男性のリード力が非常に大事になってきます。デートに誘う方法に自信がないと片思いを進めることができないので、下の記事も参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました