本気なの?男性が本命の女性とするデートの見極め方|「ただ遊びに行くだけ・ただ食事に行くだけ」と、「デート」の違い

男性からデートに誘われた女性が待ち合わせに向かっている様子

男性からデートに誘われた時、「それって本気のデートなの?」と混乱してしまう時がありますよね。好きな人からならもちろん、男友達から誘われた時でも戸惑うことがあるかもしれません。

しかし、仲良くなった友達ならたとえ異性であっても「二人で遊ぶこと」や「二人で食事に行くこと」があるので、デートと遊びの違いを知っていることは案外重要な恋愛力です。

「友達としてのただの誘いなのに、恋愛感情があると勘違いした…」

今回は、こんな想いをしないように、男性が本命の女性とするデートの見極め方を解説します。「ただ二人で遊びに行くだけ・ただ二人で食事に行くだけ」なのと、「本命デート」の違いを理解してみましょう。男性から飲みに誘われる女性も同じように参考にしてみてください。

スポンサーリンク

デートの準備が念入りなのは、本命デート

男性が本命デートをする場合、多くの人がデート前の準備を行います。「彼はそんな性格じゃないから…」と、何の準備もしないでデートに来る男性に恋愛感情を期待する女性がいますが、男性が女性とのデートで何の準備もしてくれないのは、ただの遊びだからです。

デート慣れしていたとしても、大切な女性とのデートへ事前準備しないのは不自然で、もし誘ってきた男性があなたとのデートで準備しないなら、「その程度の気持ち」と見ることができます。

1点注意するべきは、準備をしていないように見せかける「男性の照れ隠しの態度」です。デートプランを考えて「ドヤっ!」って感じになる男性もいるのですが、好きな人との初デートでノープランを装う男性は少なくないので、「あ、調べてきてくれてるっぽい!」と感じるので十分に脈ありサインです。そんな男性の態度を見たら、本命デートを期待してみてくださいね。

あなたのことが好きなのかという視点では、こういう風に「本音を隠す態度」の方がむしろ恋愛の雰囲気です。

飲みに行くだけにしても、お店を決めてくれている時や、ちょっといいお店に連れて行ってくれるのは「気分だけで誘った」という感じではありません。一緒に居ない時間にあなたのことを考えてくれているのは本命女子とのデートのサインなので、男性が本命の女性とするデートの見極め方を知りたい女性は、「デート前の準備」をさりげなくチェックしてみましょう。

迎えに来てくれる、送ってくれるのは本命デート

二人きりで会うことが前提で「迎えに来てくれる」「デートの後、送ってくれる」のは、本命デートのサインです。車を出すのが好きな男性もいるのですが、わざわざ会う女性に時間を使ってくれるのはただの女友達だと思っていないでしょう。

特に、電車で送ってくれるのは強めの脈ありサインとなります。

男性は基本的にめんどくくさがり屋が多いので、遊びに誘っただけの女性へ迎えに行ったり、送ったりしません。迎えに行く理由、送る理由があればまた少し話が別ではあるものの、「迎えに行くよ」「送るよ」というのも勘違いされそうで勇気がいる言葉ですよね。アプローチの意味だったら、納得できます。

ただし、付き合う前のデートだと、迎えに行く男性も送ってくれる男性も割合として多くないので、迎えに来てくれない・送ってくれないのが脈なしサインとはなりません。ここは、本命の女性である確率が高くなるサインだと捉えてください。

「あれ?ちょっといつもと違う…」というのは本命デート

男性から遊びに誘われた際、あまりにもいつも通りの態度なら脈なしです。好きな人、気になる人には自分らしく居られないのが普通ですから、初デートから緊張感がないのは脈なしサインで、本命デートとは言えません。

デートの序盤にちょっと会話がぎこちなかったり、少し焦るような態度が見えるデートなら脈ありサインなので、「あれ?ちょっといつもと違う…」という感覚には敏感でいて下さい。ただの遊びと本命デートの誘いを見極めるコツになります。

デートに誘ってきた男性とはそれなりに友達期間があって初デートを迎えたと思うのですが、お互いが男女を意識するなら友達では感じない緊張感を感じるはずです。

実際にデートに行くとこの緊張感は結構辛いものですが、二人で意識し合っているなら仕方がないですし、脈ありサインともなっているので、デート中盤に向けてお互いで緊張をほぐしていきましょう。

友達の関係が出来上がっていると、待ち合わせの最初からいつもの雰囲気が漂って、「これって初デートなんだよね…?」と自分に質問してしまうくらいラフな空気が漂うはずです。

恋愛経験が多い人同士だと少し見極めにくいと感じる部分にはなりますが、それでもデート慣れしている人であっても最初だけは微妙な空気を感じるはずなので、恋愛感情が絡むかどうかを見極めるのに「緊張感」は一つのサインになります。

本気のデートなら、デート中盤以降は笑顔が増える

遊びとデートの違いを見極めたい時は、二人が打ち解けてくるデート中盤からデート終盤で、彼の「笑顔の数」をチェックしてみてください。

男性は本命の女性とデートしているなら自然と笑顔が増えるはずで、序盤こそ緊張を原因に表情が硬い場合もありますが、デート中盤以降は自然な笑顔がはじけるはずです。

男性があなたを本命の女性としてデートしている場合、もしあなたも相手が好きならデート中盤以降は笑い合うデートができると思います。これがいわゆる「成功デート」であり、二人が相手のことを好きだからデートの内容に関わらず、楽し気な雰囲気でデートを終えるわけです。

本命デートの場合は緊張が解けるデート後半の方が盛り上がるので、どんどん楽しそうにデートする彼なら、本気のデートで誘ったのでしょう。

デートの盛り上がり方で本命デートは見極め可能ですが、付き合う前はその日のデートの内容次第で二人のコミュニケーションが難しくなるパターンもあるため、「ずっと緊張してた」というようなデートもただの遊びではありません。ここはデート慣れの部分も絡むので、柔軟に考えて見ても良いでしょう。

デート終盤に「つまらない」と感じたら脈なしサイン

もう1点だけ補足があります。

デート終盤で相手男性とのデートに「つまらなさ」を感じた場合は、脈なしサインになるので注意をしてください。

たとえデートの誘い自体は本命デートの誘いだったとしても、結局デートが盛り上がらないことで本命から格下げになるケースがかなりあります。特に初デートでは、デートの流れを意識するようにしましょう。

つまらないと感じるデートは相手も同じ評価をしています。「なぜデート終盤にそのデートがつまらないと脈なしか」と言えば、相手の男性がデートを盛り上げようと頑張らない態度に本音が見えるからです。

つまり、デートと遊びの違いは、相手男性がデートを楽しくしようと努力してくれるかどうかという視点で見るとよりはっきりします。男性の努力の有無を察知してください。

あなたが相手男性に取って本命の女性なら、頑張ってデートを盛り上げようとするはずです。その態度が見えず、盛り下がったデートをそのまま放置するならあなたへの気持ちがないという意味に捉えるべきでしょう。

恋愛感情が発展していくためには、初デート成功が一つカギを握っています。

デート後にLINEがくる、メールがくるなら本命デート

本命の女性をデートに誘った男性は、そのデートの後は更にアプローチをしてくるはずです。その意味で、デート後のLINEの有無・デート後のメールの有無をチェックしてみましょう。

もし恋愛感情があってあなたをデートに誘った、飲みに誘ったということであれば、その日の帰宅後にLINEやメールが送られてくるはずです。あなたからのLINEやメールを待っている場合もあるので、1日後から2日後まで見ておけば、気があるデートか気が無いデートかは、はっきりするでしょう。

初デート後のLINEで分かる「男性の脈ありサイン」9選!デート後の態度と行動で好きな人が脈ありか脈なしか判断できる!

上の記事で具体的に解説している通り、LINEやメールの文面も大切になってくるのですが、本命デートのサインとして重要なのは「デート後に連絡があること」です。なるべく早い方が本命である可能性を高め、スルーされるなら、ただ遊びに誘っただけだと思われます。

それまでの連絡で女性から男性へのLINEが多くなっていたり、男女のどちらかが先にLINEする役割を担っている場合もあるのでこれだけで本命デートを特定してほしくないのですが、脈ありデートというのはデート後に分かりやすいサインが出るので、客観的に見る癖を付けておけば彼の気持ちを察知するのも比較的容易になるはずですよ。

LINEで彼の気持ちを見極めたい女性は、下の記事も合わせて読んでおいてください。

友達関係が落ち着いた二人は「デート中に褒めるかどうか」が本命デートを見極めるコツ

友達として関係が落ち着いている人は、デートならではの雰囲気を作るかどうかを本命デートのサインにしてみてください。

男性があなたを狙っている場合、友達の雰囲気から恋愛の雰囲気になるのに苦労しています。「やっとデートができる!」となった場合も、やはり気になるのが「友達の雰囲気が出来上がってしまっている現状」のことなので、少しでも甘い雰囲気を出そうとする態度が本命サインです。

そこで注目するべき本命デートのサインが「デート中に褒めてくれるかどうか」という点。ただ遊ぶだけなら、あなたを友達と見ているわけですから、女性としてほめることはないです。

まだ知り合ったばかりだと口説くことに似ている「女性を褒める態度」がはっきりしない場合があるため、ここを参考にするべきは出会ってから1ヶ月以上、イメージでは2ヶ月~3ヶ月くらいの期間が経っている場合に分かりやすいサインとなります。

「ただ飲みたいだけ?」と聞きたくなる雰囲気を作られると正直がっかりする場合も多いと思うのですが、友達から好きな人へのステップアップは男性がみんな苦労するところなので、恋愛の雰囲気を作るにも一瞬だけ頑張る「ワンポイント」になりがちです。微妙なサインを見抜くことができれば、恋愛成就も近づくかもしれませんね。

先程も触れている通り、恋愛感情が絡むデートはガンガン押してくる態度が本命デートのサインにはならないことが多いです。そんな態度を取る男性が恋愛に慣れていそうならむしろ脈なしで、ただの友達か遊びの女に取る態度でしょう。

それよりも重視したいのがデート中にさりげなく褒めてくれたり、気遣いややさしさアピールがさり気なかったりと、恋愛特有の複雑な気持ちを相手から感じるかどうかです。

男性心理でも当然ながら好きな人の前では緊張しますし、傷つくのが怖いと言った感情もありますので、緊張感を感じるようなさり気ない男性の態度に注目して、察することができる女性になりましょう。

何度も誘う、頻繁に誘うのは本命デートの可能性が高い

男性が女友達を遊びに誘うなら、単発になるのが特徴です。何度も二人で会うのは本命デートの可能性が高く、頻繁に誘ってくる男性はあなたに恋愛的なモーションをかけていると思われます。

ただし、「何でも話せる友達」のように完全に打ち解けてしまった場合はこの限りではないので、出会ってからの期間が重要で、二人で会うようになってから何回デートしかたでも変わってきます。

出会ってからおおむね3か月から半年以内で、3回から5回以内のデートの回数であれば、相手の男性はあなたにアプローチしてきていると言えるでしょう。遊びに行くだけなら同じ女性を二人きりで何度も誘うのが明らかに不自然です。

こんな状況になっている女性は恋愛の雰囲気がないことを気にすると思うのですが、男性に恋愛経験がない場合や少ない場合は、「どうやって恋愛を進めていくか」が分かりません。優柔不断というより、それでも頑張って女性にアプローチしているんですね。

何度もデートをしているのに進まない関係に悩んでいる場合は、女性の方からしっかり好意を伝えていきましょう。脈ありサインを送ることで自信が持てるのが男性なので、待っているだけで叶わない恋になった場合は、女性も積極的になるべきです。

本命デートと意味の無い遊びの誘いは、「奢るかどうか」で見極めないこと

女性がデートする時は、男性から奢られることがあると思いますが、奢るかどうかで本命デートか意味の無い遊びの誘いかを見極めることはできないので注意をしてください。

実際私も一時期そうだったのですが、気の無い女性にほど奢りで食事や飲みに行くことがあって、むしろ本命の女性には奢らないという判断をしている時がありました。ちなみに、この判断は男友達に共感される機会が多く、本命の女性にほど奢らない男性というのが確実に存在しています。

確かに好きな人には奢りたいと思う男性が多いのですが、たとえば大学生や社会人1年目や2年目くらいの男性は、好きな女性と対等の関係を望むことも多いです。奢りにして変にお金を使ってアピールしたくない心理も男性にはあるんですね。奢られると気を遣う女性も多いので、デート代を奢るか奢らないかは微妙な問題です。

どちらかと言えば「奢りで食事や飲みに行く方を本命女子に取る態度」とはしますが、それよりも大事なことは一緒に居る時に脈ありサインをたくさん見つけられるかどうかです。

デートしたけど奢ってくれない男性に脈なしを感じる必要はないので、もう少し細かいサインを見逃さないようにしてください。一部のメディアでは「奢る男性は脈あり」と断言しているところがあったため、注意事項となります。

まとめ

今回は、「本気なの?」と疑問に思うデートに対し、「男性が本命の女性とするデートの見極め方」を解説しました。「ただ遊びに行くだけ・ただの飲みに行くだけ」と、「デート」の違いが具体的になったでしょうか?

気のない誘いは友達同士なら普通にあることです。恋愛感情が無いからこそ気軽に誘えるわけですし、飲みに行くならただグチを聞くだけってこともあるでしょう。

しかし、照れ隠しがあるような程よい緊張感があるデートなら、友達っぽく振舞う男性にも隠した気持ちがあるかもしれません。デート後の態度では答え合わせができるはずなので、好きな人に誘われた時はデート当日を持ちあげつつ、二人の恋愛が加速度的に盛り上がっていくことに期待してみましょう。

もしまだデート前だったら下の記事も読んでみてください。

食事だけのデートに誘われた女性は、下の記事で男性心理をチェックしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました