男性がまた誘いたいと思う女性の特徴|2回目のデートに誘われるために、1回目のデートでポイントになることとは?

男性からデートに誘われ、また誘われたいと思っている女性

「1回デートしただけで終わってしまう…。また誘われるためにはどうしたらいいんだろ?」

せっかく素敵な男性と仲良くなっても、1回目のデートから2回目のデートに繋がらない女性は、恋愛を苦手にしています。

フィーリングカップル全盛の「学生の恋愛」を卒業すると、「社会人の恋愛」では、何度かデートをしながらより親密になっていくことで「付き合う関係へ発展させていく力」が重要になります。気になる男性とのデートや食事や飲みでは、「また誘いたい」と思ってもらえるかどうかが大切ですよね。

しかし、男性がまた誘いたいと思う女性とはどんな女性でしょう?

この記事では、「男性がまた誘いたいと思う女性の特徴」について解説するので、2回目以降のデートに誘われるために、1回目のデートでポイントになることを押さえてみましょう。しっかり理解して実践することで何度もデートに誘われる女性になれるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

「楽しい」という感情表現をする女性は、男性が安心する

男性が女性をデートに誘う際、一番気にしているのが「一緒にいて楽しいかどうか」です。これは男性自身の感覚も大事である一方、女性が楽しんでくれていると感じることも大事なんです。

時々、気になる男性と一緒にいる時ほど「気持ちを悟られたくない」と、感情表現を押さえてしまう女性がいるのですが、そんな女性は男性の気持ちも少し考えるようにしてみてください。もしかしたら、そういうつもりが無くても、つまらなさそうに見えているかもしれません。

男性は気になる女性と一緒に居る時は、常にどこかで自分への評価を気にしています。はしゃぐように、楽しんでいることをアピールするところまではしなくてもいいですが、楽しい気持ちをセーブするように一緒にいたら、「俺と一緒にいても楽しくないのかな?」と不安になり、また誘うのに必要以上の勇気が必要になってしまいます。

好きな人、気になる人からデートに誘われたなら、当日は楽しいという気持ちを伝わるように伝えましょう。また誘いたいと思う女性はちゃんとそれを実践しています。

特徴として最初に紹介したかったポイントなので、まずは自分の気持ちを隠してしまうことに対処し、恋愛の基本である「相手の気持ち」になって、自分がどんな態度でデートしているかを振り返ってみてください。

脈なしサインを送るようにデートすれば、1回目のデートで終わってしまうのが当たり前となってしまいます。

よく笑ってくれる女性は、男性がまた誘いたいと思う女性

男性心理では、「女性を楽しませることができる」という能力を、本当に高く評価する傾向があります。飲み会でも、盛り上げて女性を笑わせることができる男性はスマートに恋愛しているイメージがあり、モテる男性の特徴でもありますよね。女性もそうかもしれませんが、男性自身も「つまらない男への嫌悪感が強い」と言い換えることができます。

二人きりのデートでも、上で挙げたように「女性が楽しんでくれているかどうか」を気にするため、よく笑う女性はまた誘いたいと思う女性の特徴です。男性が「こうありたい」と思う理想を叶えてくれる女性のため、何度もデートに誘いたくなる女性となるんですね。「自信を持って誘える」と言うと、言いたいことが理解してもらえると思います。

このように、男性から女性を誘う際は、それなりに色々な葛藤もあって、特に恋愛感情が絡む女性を誘う際は、男性でも心理は繊細に動いています。よく笑う女性は男性に「癒し」を与えるだけでなく、一緒にいることに安心感を与えてくれる女性でもあるので、モテる女性の特徴になっているわけです。

1回目のデートでは「笑顔でいること、声を出して笑うこと」を意識してみましょう。また誘われたいと思う男性とのデートでは、脈ありサインともなってやんわり好意を伝えられる効果もあるので、いずれにしてもあなたの恋愛にプラス効果があるはずですよ。

相性の良さを感じる女性は、何度もデートに行きたくなる女性

男性が2回目のデートや3回目のデートに誘いたいと思う女性は、つまり「もっと一緒にいたい」と思える女性ということになりますが、そのために大事なことが「相性の良さ」を感じてもらうことです。

相性の良さと言うと、最初から決まっている運命のように思う人が多いかもしれませんが、デート中にできることはたくさんあります。5つポイントを挙げてみましょう。

  • 共感できる話題が多いこと
  • 価値観が似ていること
  • 同じ物を見て・同じことをして笑い合うこと
  • 疲れない空気感を共有できること
  • 話すペース・行動のペースが似ていること

紹介した5つのポイントを整理すると「合わせること」が大切になることを理解してもらえると思います。そうです、相性の良さは作ることも可能なんですね。

男性がまた誘いたいと思う女性になるためには、相手に取って心地良い感じで伝わるように「合わせること」が重要です。「同じポイントで笑い合うこと」などは笑いのツボが同じという典型的な好相性の二人によくみられるサインですが、「同じところで笑い合いたい」と意識していれば、比較的簡単に相性の良さを感じてもらうことができる恋愛テクニックとなります。

1回目のデートから2回目のデートに誘ってもらうには、相性の良さを男性に感じさせてください。二人が発展していくかどうかに興味を持ってもらうことが大切です。これまでは勝手に感じる相性しかなかった女性も少なくないと思うので、「相性の良さを作る」という雰囲気作りは、とても重要なテクニックになると思います。

会話が尽きない女性は何度でも誘いたい女性

「好きな人を誘う」という場合を例に取ると、男性が既に好きになっているので相手となる女性に共通する特徴を見つけることはできませんが、まだ気になる女性止まり、意識する女性止まりでいる場合は、「一緒に居て楽な女性」がまた誘いたくなる女性の特徴です。

ちょっとネガティブな表現ですが、ポイントは「会話のしやすさ」にあるので押さえておいてほしいところです。

楽しく一緒にいることにも繋がりますし、何度かデートをする関係になってその後の気持ちの発展も試してみたくなる女性なので、デート中の会話は意識してほしいですね。

「でも、私はそんなに男性との会話が得意じゃない…」
こんなことを思う女性も大丈夫です。キーワードは「積極的に会話しようとすること」。ここを意識して、デートを盛り上げようと頑張る姿勢を男性に見せてみてください。

デート中の会話の理想は、一つの話題でどんどん盛り上がっていく会話をすることですが、ちょっと会話が苦手かもしれないという女性は、2つのポイントをしっかり押さえましょう。デート中に会話しやすい女性になるために、意識してほしいのは以下の2つです。

  • 話題を提供すること
  • 自分のことを話すこと

デートの会話では、自分から話しかける積極性を男性に見せ、自分の情報や気持ちを自己開示してください。デートを盛り上げるためにあなたが頑張っている部分を感じてもらうことが「また誘いたくなる女性になるためのコツ」となります。

男性は女性をデートに誘う際、脈ありか脈なしかを気にしています。いくら奥手だからと言ってデートプランからデート中の会話まで全て男性任せにしてしまった場合は、男性から見たあなたが「自分とのデートに消極的な女性」と見えてしまい、脈なしの女性との印象を与えます。

会話が下手でも大丈夫です。たくさん話しかけて、自分のことを知ってもらおうとする態度が取れれば男性から悪い評価はされないので、ぜひ頑張ってみて下さい。心の中で「どうしよう…」と思ってしまうだけの女性より、頑張ろうとする気持ちを具体的な行動や態度で感じさせてくれる女性は、男性が何度もデートに誘いたい女性です。

男性が「自分も盛り上げよう」と思う気持ちを刺激できますから、結果、会話が尽きない楽しいデートができるはずです。少なくても雰囲気が良いデートができるので、次のデートに誘われるのは難しくなくなるでしょう。

「好きになるかならないか」のラインで重要な「恋愛対象の女性」

本気なの?男性が本命の女性とするデートの見極め方|「ただ遊びに行くだけ・ただ食事に行くだけ」と、「デート」の違い
男性からデートに誘われた時、「それって本気のデートなの?」と混乱してしまう時がありますよね。好きな人からならもちろん、男友達から誘わ...

上の記事でも詳しく書いているのですが、男性に取って女性をデートに誘うことはイコール恋愛感情を持った女性であるとは限っていません。誘われたデートがデートっぽい雰囲気であればあるほど「気になる女性以上の女性」になれていそうですが、やはり何度かデートを重ねながら「本当に好きになる」というステップアップが起こっているんですね。

特に、恋愛経験が多い男性は、気軽に女性をデートに誘うことも多いです。

その意味で重要なラインが「恋愛対象の女性」と見られることです。またデートに誘いたいと思う女性は、まだ恋愛感情にまで育っていない気持ちでデートに誘った男性に、自分の良さに気付いてもらい、もう一度会いたいと思わせているのが特徴です。ここもいくつかのポイントがあるので、5つに絞って紹介します。

  • 普段とデートの時でギャップを感じさせている
  • 女らしく振舞っている
  • 適度な緊張感を持って接している
  • 相手の男性も、自分のことも変にディスらず、明るい話題で話している
  • 思いやり、気遣いの気持ちを伝えている

恋愛テクニックとして覚えておきたいのが「ギャップ」です。日常的に接する男性にデートに誘われた際「また誘われたい」と思うなら、デートではギャップを感じてもらうように振舞ってみて下さい。

あなたが普段気になる男性と接する時にちょっとツンデレっぽくなるならデートではなるべく素直に、普段優しい人でいるならデートでは積極的に。

恋愛は「相手への興味」から始まるので、最初のデートから相手があなたを好きかどうかより、2回目のデートにまた誘いたいと思ってもらうことの方が「付き合う」という点ですごく重要です。

恋愛対象として見てもらいながら、何回もデートできるように頑張ること。少し難しい課題かもしれませんが、仲良くなる内に関係が崩れてしまうことも多いと思うので、癒しと緊張のどちらもある空気感を意識してみましょう。

喜んでくれる女性、褒めてくれる女性

「表現力」というのは、もともと男性よりも女性方が高いことを知っていましたか?
表情のコロコロ変わる人も女性に多いですし、声の種類も男性の何倍もあるのが女性なんです。

そうしたこともあり、「表現力」というのは女らしさの一つに数えられるのですが、デート中は恥ずかしくてもなるべく感情を表現することに頑張ってみてください。男性がまたデートに誘いたいと思う女性の特徴になっています。

1回デートしただけで終わってしまう女性はとにかく表現力が低いです。男性がせっかく興味を持って誘ってくれたのにつれない態度を取ってしまい、男性を不安にさせるばかりか脈なしサインを送って男性が諦めるように促しているかのような態度を取ってしまうんですね。

すごく気持ちは分かるのですが、そのままでは二度とデートに誘いたくない女性となってしまうでしょう。

と言うのも、男性は女性にしてあげたことのリアクションを見ているからです。たとえば、男性が素敵なレストランを予約して好きな人に奢ってあげたとしましょう。もしそこで大して喜びもせず、褒めてもくれないなら2回目のデートは多分ないと思います。

緊張していたとか、大げさに喜ぶのが恥ずかしかったと、色々理由があったとしても、受け手である男性の気持ちとしては「せっかく頑張ったのに…」とがっかりしてしまいます。

特に男性は女性と接する時に「自分がしたことで喜んでほしい、自分がしてあげたことを褒めてほしい」という気持ちが強いので、きちんと承認欲求を満たしてあげることができる女性になりましょう。

喜んでくれる女性、ほめてくれる女性は、男性が「また誘いたい」と思う女性の特徴です。

まとめ

今回は、男性がまた誘いたいと思う女性の特徴を紹介しました。2回目のデートに誘われるために、1回目のデートでポイントになることがどんなことか、ヒントとなることはあったでしょうか。

1回のデートで終わってしまう女性は、相手とのことで悩むよりも「男性とのデートをどんな風に過ごしたか」と言った視点で振り返ってみて下さい。2回目のデートから3回目のデートに繋げるにはまた違ったポイントがありますが、2回目のデートに繋がらない女性は初デートの仕方に問題があると思われます。

付き合う人、好きな人になる人はその他大勢の異性とは違う人です。好きな人の特別な人になるためには無難な態度を取り続けるだけでは難しいので、ぜひ好きな人に届くアプローチの仕方を実践してみて下さいね。

下の記事では男性からデートに誘われる時の脈ありサインと脈なしサインについてまとめているので、気になる女性は合わせて読んでみて下さい。

男性からデートに誘われる時の脈ありサインと脈なしサイン|男性の誘う態度で見分ける恋愛成就の可能性