LINEやメールにハートマークを使う男性の心理|脈ありサインと思ってもいいの?

男性が使うハートマークの心理や理由を考えている

好きな人とのLINEやメールにハートマークがあるとつい嬉しくなっちゃいますよね。特にハートマークを使わないイメージのある男性が相手だった場合は「これって脈ありサイン?」と期待してしまうのも当たり前です。

でも、恋愛していると期待があれば不安もあって、「このハートマークの意味って何なんだろう?」と色々調べてしまう人も多いはずです。

そこで今回は、女性が気になる「LINEやメールにハートマークを使う男性心理」を説明したいと思います。

LINEのハートマークは脈ありサインなのでしょうか?あなたの恋に、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

男同士でハートマークはまず使わない

まず、男同士でLINEやメールする時の状況から説明します。男性同士の連絡の取り方と、相手が女性になった時の連絡の取り方では、やはり違った方法になるのでポイントを押さえてみてください。

男性同士でも、当然ですがメールやLINEをすることがあります。とりとめもなく下らない話をすることもあるのですが、どちらかと言えば比重は「必要性がある時」に偏っているのが特徴です。用事があるからLINEやメールで連絡を取る形ですね。

男性同士のメールやLINEの内容は、連絡を取り始める時は「要件」が優先されますが、会話が進むと女性同様に話が脱線する場合もあります。スタンプを送ることもありますし、近況の報告もします。女性ほどマメに連絡を取り合わないのは、コミュニケーションを目的にするよりは必要があって連絡を取り合う形が一般的になっているからです。

しかし、しかしです。
男性同士のメールやLINEでは、まずハートマークを使いません。男が男にハートマークを送ることって冗談やギャグで全くないということもないのでしょうけど日常的に使うことはないですね。やっぱり気持ち悪いって気持ちが出てきて、ハートを使うタイミングがあっても男同士なら避けますし、メールやLINEをその他の絵文字や顔文字で装飾することも頻度が低くくなります。

男同士のLINEやメールの基本を押さえて、次は本題である女性とのLINEやメールの話に移っていきます。

女性とのLINEやメールは、相手に合わせてやり方を変える

多くの男性が、男同士でするLINEやメールと、女性とするLINEやメールでやり方を変えています。女性的感覚に合わせるわけですね。男同士では顔文字や絵文字・ハートマークを使わないタイプの男が女性との連絡では使うようになります。

これは相手の女性と仲良くなる前ほど顕著に傾向が出て、女友達になって打ち解けたり、彼女として付き合って時間が経ってくると、段々「男同士の連絡の取り方」になっていく傾向があります。片思いから両想いになる過程では一番女の子よりのLINEやメールになる傾向があるので、気を遣わない女友達には装飾を減らしがちです。マメな男子とそうではない男子でここは違いが大きいところですね。

男性が女性に合わせようとする行為は、相手の心地良さを思ってのことです。硬派なタイプなど自分を貫くタイプの男性もいるので、LINEやメールで冷たい感じがする場合はそこも疑ってみましょう。女性が相手でも男同士のように連絡を取り合うタイプがいます。

しかしながら、多数派は女性にLINEやメールを送るのに「かわいらしさ」に気を遣います。好意の有無で工夫の仕方は変わりますが、好意がない女性も女性という「カテゴリー」で判断して文面を考えるので、絵文字や顔文字・スタンプがあれば脈ありサインかと言えばそうでもないと言わざるを得ません。

ハートマークを使う男性の心理を理解するためにここは重要なところなので、ハートマーク=脈ありサインと勘違いしないようによく理解しておいてください。

ハートマークを使う男性の心理

男性がどのようにメールやLINEをするかを理解してもらったところで、いよいよ男性がハートマークを使う意味について男性の心理を中心に説明します。脈ありサインとの関連性についても触れていくので参考にしてみてください。

あなたの好意に気付いている場合は強い脈ありサインになる

好きな人と仲良くなってきて、好きバレしているかもしれないくらいアプローチ・アピールができている女子は、相手の男性とのLINEやメールでハートマークがあったら強い脈ありサインとなります。相手が自分の好意に気付いている可能性があればあるほど脈ありになるポイントなので、好きな人との関係性を振り返ってみて下さい。

なぜアプローチしている男性からハートマークが送られると脈ありになるのかは、あなたの好意に好意で応えているからです。普通、好きになられて嫌な相手の好意に気付いた場合は脈なしサインを送って恋愛関係を進めないように努めます。下手に期待を持たせて告白されれば気まずくなる原因になるので、好意を送っている相手に好意を返されることの意味は大きいです。

しかし、自分は頑張っているつもりでも相手は全然それに気づいてくれない場合も恋愛の世界では多く存在しているので、なるべく客観的に考えることも大切です。友達から判断してもらうと第三者の視点で客観性が担保されるので恋愛相談するのも一つでしょう。

自分がハートマークを多用している場合は男性もそれを返すようにハートを送る傾向がある

女性は意味もなくハートマークを送る人も多く、男性はいちいちハートマークの意味を考えてはいけないタイプの女性がいます。可愛いマークだからハートを送る女性の心理ですね。

対して男性はハートマークが可愛いから相手に送るという心理は持ち合わせていませんが、相手に合わせる形で使う機会はよくあります。ここはさきほども少し触れている部分です。

もしあなたが気軽にハートマークを相手の男性に送っているなら、相手の心理は「ハートマークにハートマークを返す」という意味で送っている可能性があります。もちろんそれだけではないですが、よく送ってくる女性に送りやすいという心理は多くの男性にあるのです。

さりげないアプローチとしてあまり意味を与えないハートマークを送っている人は、ハートマークが返ってきても同じように意味がない場合も多くなる傾向があるでしょう。

ハートマークの数が少ないほど貴重で意味も深い

既にあなたが好きな人といい感じになっている場合はこの限りではなく、いい雰囲気の方が脈ありサインとして強いのですが、まだ微妙な関係ならハートマークが少なければ少ないほど男性の心理は恋愛的な意味になります。ここは意外に思う女性が多いかもしれません。

ハートマークを送らない男性はハートマークに特別な意味を感じているタイプです。「気軽に送るものではない」とか「男がハートを送るのは恥ずかしい」といった心理を持っています。

頻度が少なく、会話の展開で急にハートマークを送ってきた男性がその後にハートマークを使わない場合は、ハートマークに意味がある可能性が逆に上がります。意味を与えたからこそ送ってきたんですね。でも、ハートを多用したくない心理を持っているので、何度も送らず特別な機会に送ります。たまにハートを送ってくる男性がいるなら、定期的にハートでアプローチしている可能性があります。

好きな人ほど意識する「人の心理」を考えると、「好きな人ほどハートマークを送らない」というタイプも多いです。意識してしまうから気軽に送れないですし、もしこれで好きバレしたらどうしようとも思ってしまうからです。

どこかのタイミングや会話の展開で「ここぞ」というハートマークはその貴重性通り意味や心理も深いです。ハートマークの回数に注目するならこんな心理にも注目してみて下さい。

ハートマークが恥ずかしい男性心理

ハートマークは、男性の場合、女性との連絡でしか基本使いませんので、使い慣れている人は恋愛に慣れた人であるとも考えられます。男がハートマークを使わないイメージを持っている女性は少なくないと思いますが、当然それは男性も意識するところです。チャラく好意を伝えないタイプも男性の中には多いですから、「恥ずかしい」という心理で全くハートマークを使わない男性も普通に存在します。

LINEやメール以外でまだ脈ありだと思えないのにハートマークを使ってくる男性はそれだけで女性との連絡に慣れていると言え、男子は使うべきではないと考える人だったらたとえあなたのことが好きでも送りません。

「私はハートを送るのに相手からはかえってこない…」

こんな気持ちになったときはつい脈なしを疑うところですが、男らしいタイプの男性だったら恥ずかしくてハートは使わないというタイプもいるので、それだけで脈ナシを確信しないようにしましょう。

まとめ

今回は「LINEやメールにハートマークを使う男性の心理」をまとめました。色々な角度からハートマークの意味を考えてきたので、あなたの状況に合わせて是非参考にしてみてください。

ハートマークは確かに特別な意味で使うことのあるものですが、あなたの行動や態度次第で相手も考えることが違ってきますし、相手の価値観でも変わってくるところです。

好きな人の気持ちを計るときは一つの指標だけで判断しないことが大前提なので、ハートマークの理由を考えつつ、その他の態度やあなたと一緒にいるときの雰囲気なども合わせて判断材料にしましょう。

嫌いな人にはハートマークを使わないというのはあると思うので、頑張れば両想いになれる可能性はあると思いますよ。