好きな人にLINEを既読無視された時の理由と心理|あなたのLINEがなぜ既読スルーされるのか

好きな人にLINEを既読無視されて理由や心理を考えている

好きな人と仲良くなりたくてLINEを送るとき、既読無視されるのって辛いですよね。友達でも嫌なことなのに、好きな人から既読スルーされると傷つき方も半端じゃないです。

好きな人に送ったLINEが既読無視された時は、「嫌われたかも…」とついネガティブに捉えてしまいがちですが、付き合う前のアプローチ期間は弱気になり過ぎると自分から好きな人にLINEが送れなくなってしまいます。

でも、好きな人に送ったLINEが返ってこないのは、本当に嫌われてしまったからでしょうか?

今回は「好きな人にLINEを既読無視された時の理由と心理」についてまとめてみるので、ぜひ好きな人の既読スルー問題を正しく理解してください。

あなたのLINEがなぜ既読スルーされるのかを紐解きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

忙しいときはついつい既読無視してしまう

好きな人に既読無視されたときは、まず相手の都合を考えるようにしましょう。恋愛しているときはつい自分中心に考えてしまいがちです。「忙しかったのかな?」「タイミング悪かったかな?」と、まずは相手の状況を想像してみることが大事です。

思い込みやストレスで勝手に好きな人の理由や心理を悪い方向で固定化してしまうのは勿体ないです。

例えばバイトあがりや仕事あがりにLINEを送るときも、好きな人は仲間内で話し込んでいるかもしれないですし、残業しているかもしれません。好きな人に送るLINEは既読が付くまでも待ってしまいますし、既読が付いた後はもっと気になってしまいますが、「既読が付いたのに返信がない!」と慌ててしまうと、追撃LINEを送ってしまったりしてもっと状況を悪くしてしまいます。

もしかしたら好きな人が忙しい時にあなたのLINEを読んで、後で返信しようとついつい既読無視してしまったかもしれないので、一度や二度の既読スルーは、あなたの方もスルーしてあげる方が恋がうまくいきます。

どう返したらいいか分からないLINEは既読無視されやすい

LINEは短いメッセージで何度もやりとりするコミュニケーションスタイルですので、分かりやすさが意外と重要です。ニュアンスが伝わらないのがLINEの弱点だとわかっていても、ついつい短いメッセージに直すときに意味不明なLINEを送ってしまうことがあるんですね。

会話の途中で、続くだろうと思って送ったLINEが既読スルーされるなら、相手はあなたの送ったLINEの意味が分からなくてスルーした可能性があります。

暇だったら会話も続いたでしょうが、「他の人ともLINEをしていた」とか他にやることがあったときなどは、「ちょっと考えている内に返信のタイミングを失った」という理由で既読無視みたいになってしまうんですね。

即レスできるLINEで会話を続けることも好きな人とのLINEでは案外大事なことです。

LINEの会話の終了地点にすれ違いがあった

上で挙げた既読スルーの理由に付随して、「LINEの会話の終了地点にすれ違いがあった」という場合も既読スルーされる可能性のあるパターンです。最初に送るLINEが無視されるパターンと会話の途中で急に返信がなくなるパターンでは、相手の理由や心理が違うことが多いので、後者の場合はそんなに気にしないで仕切り直すようにした方が気まずくならないです。

LINEの会話は不規則に進んでいくので、「会話の終わるタイミング」がかなりあやふやです。律儀な性格の人なら「またね!」みたいにしてスタンプを送ったりもしますが、まだ関係が深くない場合や相手の性格が大雑把だった場合などでは、突如として会話が終了して相手は全く気にしていないという状況ができあがるんですね。

好きな人にLINEして既読無視されたときは、この他の理由や心理でもそうなのですが、少し時間を置いて冷静に会話を読み返してみてください。もしかしたら自分の勘違いが発見できるかもしれないですし、相手の心理が想像できることも多いと思います。

好きな人からのLINEは無視しない!脈なしサインの可能性もやっぱりある

付き合う前であっても、好きな人からLINEが来たらやっぱり既読無視ってしないですよね?

気になる人や興味がある人からのLINEでもそうかもしれませんが、ここら辺は結構相手に寄って違ってくる部分ですので、どんな時にLINEを送っても即レスですぐにLINEの返信があるなら脈ありサインかもしれません。

問題は逆のパターン、「すぐに返信してくれない時、既読無視される時」をどう考えるかという点です。

好きな人から既読無視される理由や心理を考える際に「脈なしサイン」である可能性はやっぱり考えないといけないですね。既読無視が脈なしサインになるパターンを5つ紹介するので、一度客観的に振り返ってみてください。

好きな人から既読無視される時の脈なしパターン

  • 短期間に何度も既読無視された
  • 会った時の態度もそっけない
  • その他のLINEの返信もテキトーで短くて遅い
  • 絵文字や顔文字などの「装飾」がない
  • スタンプだけで適当な感じがするLINEが多い

LINEを既読無視する心理に「脈なしサインを遠まわしに伝えたい」ということがあるにはあるので、少し落ち着いてから状況を判断する必要があります。アプローチできているならなおさらですね。

正し、一回の既読スルーで落ち込むのは違いますし、相手にも事情や気分があるわけですから、多くの視点で考えてみてください。それでも脈ナシが怪しい場合は一旦引いて仕切り直すようにしましょう。言葉にされない時に空気を読むのは恋愛を進めていく上でとても重要なことです。これで終わったわけではないですから、また距離を縮めていく方向で頑張るようにしましょう。

「LINEは既読無視するくせに会うと優しい」という状況の人は下の記事を参考にしてみましょう。

LINEでダラダラ話すのが嫌い、面倒臭いから既読無視する男性心理

好きな人との関係がまだ遠いなら、ラインの既読無視は「めんどくさい」という理由でも起こりがちです。

特に男子はめんどくさがりが多いですし、同性同士でLINEのロングトークも少ないですから、まだそこまで興味のない女子からのLINEを「めんどくさい」という心理で他の事情を理由に既読無視してしまう機会があります。

一度好きな人とのLINEを始めるとつい長くなりがちな人がいると思いますが、相手の気持ちも考えてメリハリをつけるようにしましょう。

ダラダラ長引くのが嫌いな男子もいますし、あなたとLINEをするといつも長くなってしまうとの印象を持たれると、通知が鳴っただけで嫌なイメージを持たれることだってないわけじゃありません。

好きな人とのLINEは、内容や頻度など諸々を含めて、「心地良いやり取り」ができるように愛情と思いやりを持って行いましょう。

お酒が絡む既読無視。酔って返信を忘れてしまったパターン

お酒を飲んでいる時にLINEを受け取ると、手違いで既読を付けてしまって、飲んでいる内に忘れてしまうことがあります。人と一緒に居る時全般にこのようなことが起こりますが、お酒を飲んでいる時の方が間違って既読を付けてしまうことが多いですよね。

酔うと返信しないといけないLINEがあったことも忘れてしまうことがありますから、タイミングの悪いLINEは無視される可能性が高いです。

大学生や20代の前半くらいの恋愛だとハメを外して飲むことも多いですし、集まる仲間によって飲み会の雰囲気も違うので、まだ付き合う前で彼氏や彼女になっていない時の「既読無視問題」は、あまり深刻に考えすぎないことも大切なことです。

逆に、好きな人が酔って連絡してくることがあるなら下の記事を参考にしてみてください。何度も酔った勢いでLINEしてくる男性は、脈ありかもしれませんよ。

既読無視したくなるLINEを送っていたパターン

もし、好きな人が既読無視したくなるLINEを自分から送っていたとしたら、やっぱり早い段階で気づいて改善したいところです。知らず知らずのうちに傷つけるLINEを送ってしまったり、誤解されてムカつかれることもLINEではよくあることですから、是非注意して下さい。

LINEでのやりとりは、細かなニュアンスまで伝わりません。だからこそ恋愛らしい雰囲気になることもありますが、逆に不快な思いをさせるLINEも多く存在しています。

LINEが盛り上がると、つい気軽に冗談で際どいことも送ってしまいますが、恋愛しているなら「好きな人がどんな受け取り方をするのか」という点は一瞬でも考えるべきです。

「冗談だと分かってくれるだろう」と思うような雰囲気があればそこまで気にしなくてもいいことですが、あなたと好きな人がいる場所は同じではないですし、相手の表情も分からない以上は、ある程度「誤解」を恐れる気持ちも必要です。

普段のLINEでも、「急にどうしたの?」って思うこともあったと思うので、ここら辺の空気感は是非好きな人と共有できるようにアンテナを張っておきましょう。特に、LINEのやり取りが2往復するくらいまでは相手のテンションがわからないので、思い切ったセリフは躊躇するべきです。

LINEの頻度を下げるために既読無視する心理:あんまり頻繁にLINEしたくない…

好きな人に頻繁にLINEしてしまう人は、特に付き合う前だと「送り過ぎ」に注意しなければいけません。短く簡単なメッセージを送っていても、まだそこまで仲良くない人からLINEが毎日来ると、つい逃げたくなる心理になる人もいます。

好きな人から嫌われるまで行かなくても、多少の警戒感をサインにする人がいるのですが、その方法に「既読スルー」を選ぶ場合があるんですね。

数時間や1日経って既読スルー状態から返信があった時などは、LINEの送り過ぎを気にしてみましょう。何度かそういうことが出てきたら、相手はあなたにサインを送っているのかもしれません。

好きな人の積極性を計る指標は「相手からのLINE」ですので、自分だけが一方的にLINEしているときは頻度に注意するべきです。時々既読スルーされつつも少し時間を空けて返信がある場合、特にそっけなさを感じないのであればあなたの「LINEする頻度」に問題があることも多いです。

この場合は嫌われているのではなくてちょっと面倒に思われている感じですので、LINE以外でも仲良くなっていくことで関係性が変わってきます。片思いのときは踏み込み過ぎるとあなたを深くまで理解されないまま嫌われてしまうことがあるので、しつこくするのはやめましょう。

LINEの既読無視の対処法については下の記事が参考になります。

男性は好きな人が相手でもLINEの既読無視がある!男性心理を理解しよう

LINEのやり取りは、個人の価値観がすごく出る部分で、生活スタイルや状況などでも変化します。特に、男性に至っては「好きな人のLINEを既読無視することがある」ので、女性は既読無視をストレートに脈なしサインと決めつけるべきではありません。

正しい男性心理の理解が女性の恋愛成就に欠かせない恋愛力なので、落ち込む前に下の記事を読んでおいてください。

前述している通り、確かに好きな人から既読無視されるのは脈なしサインになる可能性の方が高いわけですが、その他の態度や行動にも好きな人の気持ちは表れているはずですよね。恋愛にネガティブな人はたくさんの脈ありサインが一つの脈なしサインで打ち消されて恋をあきらめてしまうので、いろいろな可能性を考えるようにしてほしいと思います。

脈ありの恋愛にも既読無視の問題が出てくるところに恋愛の難しさがあるので、前向きに恋愛できるようにこのブログを活用してみてください。あと一歩で叶う恋が、付き合う前のすれ違いで壊れています。心を通わせる恋愛の仕方をしましょうね!

本気で恋愛と向き合う人は、下の記事も合わせて読んでみましょう。

まとめ

今回は「好きな人にLINEを既読無視された時の理由と心理」についてまとめました。色々な気づきがあったと思うので、是非好きな人と仲良くLINEするために参考にしてみてください。

恋愛している時は、大切な気持ちだからこそ傷つきやすく、好きな人からLINEを既読無視されたらショックも大きいです。

でも、LINE以外で問題が無かったり既読無視が初めてだったなら、あなたの気にし過ぎが気まずくなる原因となるので、客観的に今の状態を振り返りたいところです。相手にも事情や理由があるかもしれませんから、思いやりを持って好きな人と連絡をしていきましょうね。

もし脈なしサインが出ていると思われるときは、一度時間を置いてもう一度仕切り直していきましょう。

下の記事も参考にしてみてくださいね!