LINEで分かる男性の照れ隠しの態度9選!連絡する時、メッセージのやり取りに隠された照れ隠しとは?

好きな人のLINEを見ながら照れ隠しの態度を疑う女性。

感情表現が少ない男性の気持ちを知るには、意識する女性にだけ行う「照れ隠し」を見抜けることが重要なポイントになっています。

照れ隠しは好きな人になる手前の「気になる人」や「気に入っている女性」にも出る脈ありサインなので、男性心理をよく理解できている女性は好きな人の気持ちを把握しながら上手く恋愛を進めていますよね。

そこで今回は、男性の照れ隠しの態度について「LINE」に注目しながら解説してみたいと思います。男性と連絡する時、メッセージのやり取りに隠された照れ隠しとはどんなものでしょう。

恋愛中の女性はぜひ参考にしてみてくださいね。きっと、意外なサインもあると思いますよ。

スポンサーリンク

LINEと会った時の雰囲気が違う…?みんなと一緒の時は照れ隠しする男性心理

照れ隠しは「本音を知られたくない」という心理で行動や態度に出すものですが、最も本音を隠したいのが「恋愛感情」ですよね。男性も、女性と同じように「意識している人」や「好意を持っている人」を悟られたくないので、みんなで一緒に居る時は照れ隠しの態度を取ることが多いんです。

したがって、LINEと会った時の態度が違う場合は、誰にも見られない「LINEの態度」が本音の部分であり、会った時は照れ隠しの態度を取っているものと推測できます。恋愛の仕方は人それぞれ違いが大きいためにこれが逆になってしまう男性もいるのですが、連絡のやり取りが上手く行っているのに会った時にそっけないのは照れ隠しが確定的です。

特に最近は恋愛事を裏で動く人が増えているので、こんなタイプの男性を好きになった場合は「二人で会うように頑張る」のが正解です。みんなと一緒の場では照れ隠しで冷たい態度を取るので、誰の目も気にしない「二人きりの時間」を作っていきましょう。

LINEで仲良くできている実感がある女性は、みんなの目を気にしている彼の態度を「脈あり」だと判断してください。

LINEの末尾に「(笑)」や「w」を頻繁につける

基本的に、好きな人とのLINEは「装飾をしてくれる」のが脈ありサインですが、男性が照れ隠しの態度を取っていると、この装飾が「(笑)」や「w」になりがちです。LINEの末尾によく付けられている場合は、男性の照れ隠しである可能性が高いですから、頻度に注目してみてくださいね。

愛想笑いをしてるような、何となく恥ずかしがっている様子が見えてきそうですが、恋愛感情がある場合はそれだけが理由じゃありません。

LINEを盛り上げたいという気持ちも一緒に表されているんですね。笑っている・笑顔という意味の装飾をすることで意識する女性とのLINEの雰囲気を良くしようとする意味もありますので、そっけないLINEを送るよりも送りやすいと感じて、つい付けてしまう男性が多いのです。

好きな人とよく連絡を取り合っている女性は、「LINEを盛り上げてくれるか」という点はかなり気にしてみていると思うのですが、恥ずかしがっている雰囲気も感じ取れるようになると恋愛上手になれます。

彼なりに盛り上げている?よく「ふざけてくる」のは照れ隠しの態度

男性は、気になる女子にほど「自分の価値を証明したい」という心理を強くします。コミュニケーションの部分では、好意を持っている女子から「面白い」と思ってほしいんですね。

そこで気にしてほしい照れ隠しの態度が「よくふざける」「よく冗談を言う」という態度です。これは彼なりにLINEを盛り上げる態度になっていて、本音を隠す行動の一つです。

おふざけLINEで返信すればツッコミが次のメッセージになって本題から話がそれてしまいます。男性はあえてこの現象を狙ってわざとふざけたり冗談を言って照れ隠しをすることがありるんですね。結果、相手の女性が笑ってくれれば「楽しませることができた」と喜んで満足するコミュニケーションの形になりますから、使われる場面の多い照れ隠しの態度です。

10代後半から20代の半ばくらいまでの男性は、滅多に「口説き落とすような恋愛の仕方」をしません。好きな人には笑わせながら場を盛り上げて距離を縮めようとするので、楽しませようとする態度は脈ありサインになっています。

照れ隠しの態度としても相手の女性を笑わせようとすることが多いので、いずれにしても男性が主体的に会話へ頑張る態度は脈ありです。「真剣な話もしてみたいのに!」って片思いの初期のころは友達の雰囲気にがっかりする女子が多いのですが、照れ隠しの態度を取る男性には少し余裕をもって対応しましょう。

二人きりの時に冷たい男性は、LINEのハイテンションが照れ隠しの態度に

好きな人とのLINEを読み返している女性。照れ隠しの態度を探している。

二人きりの時に言葉数が少なくなる男性は脈ありと脈なしの両方の可能性があるのですが、普段のLINEのやり取りが「ハイテンション」の場合は、脈ありだと思って間違いありません。

理由は、会った時とLINEの両方で照れ隠しの態度になっているからですね。

会った時に冷たいと感じるようなタイプの男性は、好意を持っていない前提に立つと、LINEでも冷たいはずですよね。それが勘違いだとしたら、会った時に冷たい雰囲気なのが不可解ということになります。

したがって、おそらくLINEのハイテンションは、落ち着いて自分らしく連絡できない相手だからこそテンションを上げていると思われます。ちょっとコミュ症っぽい印象を受けるかもしれませんが、実際の恋愛ではもっと微妙な違いになってきますので、変化の大きさに関しては現実的に想像してみてください。

男性も、気になる女性とのLINEは多少なりとも緊張しますし、恋愛感情を持つからこそ心理は複雑になります。会った時に優しくできないタイプの男性がLINEで頑張るパターンもありますから、彼の態度をぜひ客観視してみてくださいね。

照れ隠しをする時期のLINEは、短文のメッセージを送る

LINEの脈ありサインを議論する時に必ずと言って良いほど出てくる話題が「短文か長文か」という問題ではないでしょうか。照れ隠しする男性心理とも関係しているので、ポイントを押さえましょう。

まず、好意を持った女性に対して、男性は「嫌われたくない」「しつこいと思われたくない」という心理を強くします。主流になってきている草食男子はもちろん、肉食男子だって複雑な恋心を持っていますからね。

したがって、いい雰囲気になる前の片思いの時期は、「短文のメッセージ」が男性の照れ隠しの態度です。本当はもっと話したいことがあっても、恋愛のサインが確認できるまでは嫌われないようにLINEする方がずっと多いんですね。

片思いから両想いになってきている時期では「長文のメッセージ」が脈ありサインとなるので、恋愛の時期によってLINEの恋愛サインは変わります。まだそこまで仲良くなれていない時期では、「気を遣ってくれるLINE」が脈ありサインとなるので、相手の気持ちがどんな風に変わっていくかをイメージできるようになってください。

恋愛下手な女性は「なんかそっけないLINEだな…」と、本当は脈ありの恋愛を脈なしだとよく勘違いしています。意識し合う男女は相性が悪いと簡単にすれ違ってしまいますから、相手の気持ちを深いところまで考えて恋愛しましょう。

嬉しいLINEと言えば「ハートマーク」が浮かぶ女性がいるかもしれません。男性心理を理解したい場合は下の記事を確認してみてください。

LINEの返信スピードは「バラバラ」なのが照れ隠しの態度

LINEの返信でも、脈ありと脈なしの違いを気にしている女子が多いと思いますが、照れ隠しをする時期のLINEでは、返信スピードがバラバラになっている方が脈ありです。

基本的には「返信が早い」のが脈ありサインになっているのですが、いつも早い返信をしていれば相手の女性に気持ちを疑われてしまうので、好きバレしないようにわざと返信スピードを調整するのが照れ隠しの態度になっているんですね。

恋をすると男性心理は非常に単純になっていくのですが、何も気にせず好きな人とのLINEを楽しめるようになるには一定期間のやり取りが必須となっており、最初の頃は照れ隠しで返信を遅らせてくることがあります。

ただ、気になる人以上になれていたら既読スルーされるところまではなかなか行かないので、何度も既読無視されたら現状では脈なしだと判断しましょう。

男性は、付き合う前であれば照れ隠しでも好きな人のLINEを無視することはほとんどありません。絶対にないわけではありませんから、ここも「頻度」に注目ですね。

返信スピードに気を取られていると返信が遅い時にショックを受けてしまうことが多いので、相手男性の気持ちになって、「何度もすぐに返信するわけないよね」って思えると、見方がだいぶ変わってくるはずですよ。

スタンプで逃げるのは「照れ隠しの態度」であるある

照れ隠しの態度は本音がバレないように行われるので、いまいち何を考えているか分からない「LINEのスタンプ」は、彼からすれば使い勝手の良いツールです。手抜きLINEになっていないなら照れ隠しの態度である可能性が高いので、一つのサインとして覚えておきましょう。

これも恋愛下手な女性がよく勘違いしているポイントですね。「LINEで男性がスタンプを使うのは私のLINEがめんどくさいからですか?」って何度も恋愛相談で聞いているのですが、実際のやり取りを見てみると照れ隠しで使われている場面が多いんです。

たとえば、好きな人を褒めた時とか、好意を伝えるためにあえて思わせぶりな態度を取った時など、照れてしまうようなLINEをしている時は照れ隠しのLINEが増えます。

その他に嫉妬している時なども、「何て言ったらいいか分からない」という心理でスタンプを使って逃げることがありますから、「LINEのスタンプ=めんどくさい」とは思わないでください。

付き合う前のLINEは微妙な雰囲気のLINEも当然あります。好きな人の態度に一喜一憂して、自分からせっかく上手く行きそうな恋をダメにしないように気を付けましょう。

他の女子をダシに使う?照れ隠しは恋愛の悪手になるパターンがある

照れ隠しの態度は、相手の女性が残念に思うようなものが含まれます。典型的なのは「他の女子の話題を出すこと」で、カモフラージュするためだったり、ダシに使うためだったり、本来良い意味の気持ちが発端なのに、態度はすごく印象の悪いものになってしまうことがあるんですね。

なぜこんなことが起きるかと言うと、「気持ちを隠したい」という心理が強すぎて、「照れ隠しの方法」にまで気を配れないパターンがあるからです。

不器用な男らしさと言ってしまえばそれまでですが、このパターンを見抜けない女子は表面的な彼の態度にショックを受けてしまい、照れ隠しの態度を脈なしサインだと勘違いする例が非常に多くなっています。

たとえば、気になる女子が最近可愛くなったことを褒めたいと思った男性がいたとします。この場合、「最近、可愛くなったよね?」とストレートに褒め言葉を言うのが恥ずかしい思った男性は、「最近、Aちゃん可愛くなったと思わない?」という話題から入って本命の女性を褒めようとすることがあるんです。

他の女子の話題が出ることはセオリーで言えば脈なしサインですから、カモフラージュやダシに使うパターンは勘違いのもとです。言い方や雰囲気から判断するのがコツとなるところですが、LINEで言われると文字でしか分からないので判断が難しいと思います。

対策としては、男性にはこんな態度を取ることがあることを知っておくことと、一つのサインで好きな人の気持ちを判断しないことが重要です。

付き合う前の恋愛はお互いに距離を測りながら恋愛しているので、複雑な気持ちを持ち合うことを覚悟して、相手と向き合った恋の仕方をしましょう。

LINEでフォローされる意味!男性が照れ隠しで失敗した行動のフォロー?

あなたは、好意を持っている人に「気持ちとは逆の態度」を取ったことがありませんか?

好きなのに冷たくしてしまう、好きなのに興味がないフリをしてしまう、こんなことは恋愛の世界のあるあるになっていまして、誰にでも経験があることです。

男性は気になる女性に照れ隠しが原因で失敗してしまった行動をLINEでフォローすることがあって、「誤解しないでほしい」「本心は違ったんだ」という気持ちを間接的に伝えてくることがあります。

頻繁にLINEでフォローされるのは完全に脈ありサインになっていますので、「あれ?今日はどうしたんだろう?」と思ってしまうような態度を取られた際も、しっかりフォローしてもらえるなら脈なしだと勘違いしないようにしましょう。

「失敗」以外でも、こんな時にLINEでフォローされるのは脈ありサインとなっています。

  • 他の女子と話し込んでいた
  • いつもは話しかけるタイミングで話しかけなかった
  • 話しかけられた時にそっけない態度を取った
  • バカにするようなことを言った

色々とパターンが多いので、何か引っかかることがあった日のLINEを気にしてみると良いかもしれませんね。男性が照れ隠しのフォローをする際は「ストレートにフォローしない」という特徴もあるので、様子見されるような関係ない話題でLINEが来る時も「フォローされている」と判断しましょう。

やっぱり気になる人や意識する人には嫌われたくないのが本音なので、二人きりでやり取りできるLINEでは、バランスを取るためのフォローも多くされています

まとめ

今回は、LINEで分かる男性の照れ隠しの態度を厳選した9つのポイントで解説しました。連絡する時に、メッセージのやり取りに隠された照れ隠しがイメージできたでしょうか。

男性は女性ほどうまく感情表現ができないので、照れ隠しの態度は非常に不器用なものが多いです。その中には一見「嫌われたかも…」とショックを受けてしまうような態度もありますから、男性の照れ隠しが見抜ける女性は恋愛力の高い女性ですよね。

今回の記事では「LINE」にテーマを絞って男性の照れ隠しを解説したので、下の記事で「普段の行動や態度」でも照れ隠しが見抜けるようになりましょう。

好意を持っている女性にほど照れ隠しをするのが男性ですから、見抜く方法が分かっている女性は、好きな人と付き合える可能性の高まるはずですよ。

男性に照れ隠しをされた時のリアクションについては下の記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました