好きな人に効く「やさしさ」のアピール方法|いい人止まりで終わらないために

好きな人に優しさでアプローチしたい女性のイメージ。

好きな人に「やさしさ」をアピールするとき、あなたどんなことに気を付けていますか?

恋愛では、優しいだけの人がいい人止まりで終わります。友達になってしまいやすく、なかなか彼氏や彼女になれません。好きな人に表現する「やさしさ」は、どう伝えるか、どうアピールするかが大事なんですね。

そこで今回は、多くの人が気になる「好きな人に効くやさしさのアピール方法」をまとめてみたいと思います。せっかくアピールするやさしさが、いい人止まりで終わらないように、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)記事上

不特定多数へのやさしさは決め手にならない

誰にでも優しい人は、人からモテる部分はあるものの、恋愛対象の異性としてモテません。嫌われない性格なので多くの人に好かれる人気者にはなれますが、誰かの彼氏や彼女になれないことが多いんです。不特定多数への「優しさアピール」は、人間としてのイメージアップに貢献する一方で、恋愛関係への発展を妨げる効果があることを知っておきましょう。

なぜ不特定多数へのやさしさが恋を進める決め手にならないかと言えば、その「やさしさ」が特別な意味を持たないからです。優しい人というのは素晴らしい人であって、本来なら性格の良さが恋愛感情とも関係するはずですが、誰にでも優しいなら「いい人」であって恋愛に必要な刺激がないわけですね。優しい人だと思われると、その他の優しい人の特徴もイメージに付随することになるので、必ずしも個別の恋愛に好影響ばかりではないのです。

優しい人を恋愛相手と見た時の弱点

やさしさアピールは基本的にあなたの魅力を伝える手段になり得ます。優しくない人と優しい人を比較した場合、後者の方が「恋人にしたくなる人」であるのは一般的な感覚と言って良いでしょう。「優しい人が好き」という人も多いはずです。

しかし、先程もふれているように「優しい人」だというイメージには、恋愛的な視点で見てみると悪い意味も含まれていて、不特定多数へみんなに優しいタイプは異性としてモテません。優しい人を恋愛相手と見た時には弱点があるからなんですね。そこをもう少し説明します。

みんなに優しい人は本音を隠しているように感じる

優しい人がいい人止まりで終わるのは、その人の「本音」が見えないからです。みんなに優しいのは自己主張をしないだけのように思われる原因にもなります。

優しい人は、ズバっと言うのが苦手で、ふんわりしたイメージがあります。それ自体は別に悪いことではないですが、個別に付き合おうとすると「もっと自分の意見を言えばいいのに…」と不満も待たれやすいのが弱点です。本音を隠している人とはすごく仲良くなれるということも少ないので、恋愛相手に選ばれにくい特徴となるんですね。

優し過ぎる人とは深い話ができない

いい人止まりで終わる優しい人は、基本的に自分の黒いところを出しません。そこが表面的な印象を与える原因になっていて、いつも正しい行動や態度を取ると、恋愛関係のように深い仲になっていくのを妨げます。

優しすぎる人は受け身の上手いタイプですが、自己犠牲を払ってみんなのために働くタイプが多く、きれいごとを言っているように捉えられる面があります。やさしさアピールを間違えていい人と思われてしまうと、逆に得体の知れない人だと思われてしまうんです。「そんなに優しいだけの人はいない」みたいに思われるんですね。

やさしさアピールをする場合は、やり過ぎるとやっぱり逆効果になるのは、優しいだけの人に弱点があることも関係しています。あくまでもポイントを押さえた上でアピールしたいですし、弱点になる部分も知っておくとより効果が期待できるはずですから、「いい人で止まる理由」をしっかり認識しておいてください。

好きな人に効く「やさしさアピール」のポイント

ここまでを読んでもらって、恋愛では「ただ優しければ良い」というわけでもないことが分かってもらえたと思います。好きな人に効く「やさしさアピール」は、ポイントを押さえる必要があるわけですね。

ここからはいよいよ具体的な方法に移っていきます。

好きな人だけに特別なやさしさを届ける

好きな人が見ている場で、「他の人」にやさしさを提供することでアピールする場合がありますが、これは恋愛の意味で効果は薄いです。誰にでも優しい人もここは気を付けましょう。「好きな人にだけ特別な優しさを届ける」ことがどれくらいできるかが恋を進めるのに大切になってきます。

えこひいきのようになってしまうとまた違いますが、相手を選んで優しくなる方が確実に恋愛で効果があります。それがそのままアプローチになりますし、その行動自体に意味を与えているからですね。「いつも」でなくていいですから、「好きな人にだけ」という瞬間を作るのが「好きな人に効くやさしさアピール」の最初のポイントです。

あなたの提供するやさしさが「性格から出る」ものなのか「好意から出る」ものなのかの違いは非常に大きなものがあります。誰にでも優しい人が自分に優しくしてくれても、その意味を考えることはありませんが、普段そんなに優しさを振りまくわけではない人が優しくしてくれたのなら逆に意味を考えます。それでドキドキしたりキュンとしたりするかは分かりませんが、意味を考えるなら意識されることに繋がるので、恋愛に効果があるわけですね。

他の人に優しくしている姿を見せるなら、是非好きな人にだけ優しくできるように頑張る方が直接響くはずですよ。

「優しさ」から出る厳しい言葉と引っ張る態度

優しさとは、相手に合わせて縁の下の力持ち的にみんなのために何かをやったりすることだけじゃありません。スポーツの世界では、コーチが選手に厳しく指導をすることがありますが、本質を知る選手はそれをやさしさだと受け取るように、やさしさが厳しさや引っ張る態度に繋がることも多いのです。

好きな人には基本的に優しく接する中、いい人止まりで終わる人はやさしさアピールをとても表面的に行っています。好きな人が何かを言えば賛成して、何かをすれば褒めてあげて、困っていれば助けてあげる。こういった優しさアピールは接していて気持ちの良いものですが、心に響く行動や態度にはなりにくいという印象があります。「いい人だな」と思ってもらえますからきっかけにして踏み込んでいけるといいですが、表面的なやさしさだけじゃ最後の一線は超えられないのです。

好きな人には、優しさを持って接することを基本として居る人がほとんどだと思いますが、それでは決め手にならないアピールとなるなら、優しさから出る厳しさや引っ張る態度は是非表現する機会を見つけてみてください。何でもかんでも優しい人はいい人止まりです。

好きな人は特別な人ですから、複雑な気持ちを持つものです。男性なら好きな人の行動に「何やってるんだよ!」ってちょっとイラつきながらやさしさで何かをしてあげたり、何かしようとしているのを止めたりする機会がありますが、ただ優しいだけの人よりは相手の女性の心に響きます。

常に気にかけてあげて、実際に声をかけてあげる

やさしさアピールをする際は、ピンポイントで機会を見つけるものですが、相手があなたを意識していないのなら、恐らく単発の優しさはあまり意味を持たないでしょう。意識されてからならそれでも良いのですが、意識される前は「常に気にかけてあげて、実際に声をかけてあげる」ことを大切にしてみてください。

好きな人にアピールする際、それが単発に終われば終わるほど意味を為しません。まだ恋愛関係になれていなくて、意識されていない内は、基本的に自分がする「アピール」は空回りしていると考えるべきです。なかなか細かい行動や態度が届かないわけですね。あなたのことをそこまで気にしていない内は。

ですので、優しさアピールの頻度は重要です。どうせやるなら「常に好きな人を見ていて、何かあれば助けてあげる」ようなフォローができるといいです。「あっ」って思ったら実際の行動に落とし込んで気持ちを行動に繋げて下さい。恋愛に積極的になれない人ほど、ここは重要です。

「何か手伝おうか?」

「大丈夫?」

「何かできることがあったらやるよ!」

色々な声掛けのセリフがありますが、その時に合ったものであればどんな話しかけ方でも良いです。「何て言ったらいいか分からない」と思って最良の声掛けを考えるよりも、「何か助けになりたい」と思う気持ちを表現する方が大事なことなので、「実際の行動」をしっかり取りましょう。

好きな人に効く「やさしさアピール」の方法は、個別具体的に、届けるように、実際の行動を取ることが全てです。意識してしまう場面かもしれませんが、そんな時ほど声をかけてあげることが心に響く条件でもあるので、頑張るべきところでは是非アプローチの一環として声掛けをしましょう。たとえそれが受け入れられなかったとしても、きっとその気持ちが届いているはずです。

まとめ

今回は「好きな人に効くやさしさアピールの方法」をまとめました。いい人止まりで終わらないためのアプローチ方法として参考になったでしょうか?

優しい人は、多くの人から好かれるものですが、恋愛に発展させるためには好きな人に届く伝え方をする必要があります。好きな人にだけ届けるやさしさは、意識してしまってなかなかできないと思う人が多いと思うのですが、その分、それができる人は恋愛が上手い人です。

恋愛は気持ちをいかに表現するかが大切なので、やさしさアピールをしたいときは是非好きな人に届く伝え方をしましょう。特別扱いはほどほどに、でもしっかり「あなただから」という気持ちでやってみてください。

時には厳しくなったり強引になってしまうのも、やさしさから出たものであれば表現するべき時があります。ただの友達では沸かない感情も表現するべき時がありますから、そんなタイミングも大事にしてみてくださいね!