無口な男性の心理と好きな人のタイプ|あまりしゃべらない男性はどんな女性が好み?

無口なタイプの男性がいつも通り悩んでいる様子をイメージした画像

無口な男性に、あなたはどんなイメージを持っていますか?

「あまりしゃべらない男は何を考えているか分からない…」
「テンションが上がらないから一緒にいて楽しいのか不安になる…」

口数が少ない男性や静かな男性は、好きになった女子に取ってコミュニケーションが難しく、無口な人が好きな女子はなかなか進まない恋愛に悩むが多いですよね。

この記事では「無口な男性の心理と好きな人のタイプ」をまとめます。あまりしゃべらない男性はどんな女性が好きなのでしょう?

喋らない男性の好みのタイプにも言及していくので、彼氏や好きな人が「無口な男子」だったら、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

口数が少ない男性は、ホッとできる女性が好き

無口な男性は、女性とのコミュニケーションに対して苦手意識を持っています。

あまりしゃべらない男性は「女子がいるならいいや!」とか「合コンは苦手だから…」みたいなことを言うタイプの男性が多いので、女性全般に苦手意識を持つ人も少なくないです。

その理由は簡単で、「女子はおしゃべりが好き」って感覚を多くの男性が持っているからです。よく男性の間で話題になるのですが、「男は多少チャラい方がモテる」なんて話は、要は「しゃべりが上手くないと男は女にモテない」と考えている節があるのです。あなたが女性ならこの男性心理は是非覚えておいてください。

口数が少ない男性は、女性に合わせてテンションを変えようとしてもできない人が大半ですし、「会話しないと!」って思っても口ごもってしまいますので、安心感を与えてくれてホッとできる女子に好感を覚えます。

無口な男性の好みのタイプは、「程よく会話を盛り上げてくれる女子」です。こんな女性には寡黙な男性でも落ち着けますから、「無口な自分」に落ち込まないで済むんですね。

あまりしゃべらない男性を好きになったら、一緒にいたいと思う女子になれるように頑張ってみましょう。無理に盛り上げようとテンションをあげる必要はないです。彼の雰囲気も尊重しながら、落ち着ける雰囲気を意識して会話してください。

無口な男性は、積極的に自分から行けない分、女性から来てほしい

無口な男性と付き合う女性の手。

無口な男性は女性から話しかけてもあまりテンションが上がらないと思いますが、それでも積極的な女性の方が好みです。

ガツガツされれば誰だって嫌な気持ちになるものですけど、頻繁に話しかけてくれる女性には好感を覚えるのが無口な男性なんですね。無理させないように、落ち着いた雰囲気で会話できると、口数も段々増えてくるでしょう。

無口な男性は「自分から女性に話しかける頻度が低い」という特徴を持っています。先ほども説明しているように、みんなが集まる場への積極性も低い傾向がありますし、グループで会話するなら聞き役に回ります。

そうなると、無口な男性は、恋愛のきっかけが生まれにくいことが明らかな弱点です。恋愛は積極的な人が幸せを掴む世界なので、無口な男性の恋はなかなか上手く行かないんです。特に社会人になった後は、この傾向が顕著です。

そんな恋愛事情もあって、無口な男性は心地良い雰囲気で話ができるなら、女性には積極性を求めています。外見が好みであればもっと良いのですが、あまりしゃべらない男性は自分との相性の方を重視する心理を持っているので、最初は無言になってしまうことがあったとしても、好きになったら短い会話を繰り返していく方が上手く行きます。

あなた自身が外見を気にし過ぎないようにして、相性の良さをアピールできれば十分に恋愛成就の可能性があります。

無口な男性にも、その現状に悩んでいる人から諦めている人まで様々です。もし口数が少ない男性を好きになったら、相手からのアクションを待っていても何も始まらい典型的なタイプなので、仲良くなっていくために自分から動きましょう。

既に仲良くなれてきた人は、女子から誘ってみましょうね。

無口な男性は、女性に「可愛らしさ」を求める

無口同士のカップルもいないことは無いのですが、付き合っても長続きしにくい相性なので、無口な男性の好きなタイプは「表現力豊かな可愛いタイプの女性」です。

自分から話さない男性は、表情がコロコロ変わって感情表現が豊かな女性に魅力を感じます。そんな女子は、ちょっとした会話に積極的だったりしますよね?

似た者同士の恋愛は、タイプごとに上手く行くか上手く行かないかが変わってくるのですが、無口な男性は同じように無口な女性とは合いません。基本的に恋愛が苦手な人ですから、たとえ惹かれ合ったとしても進展しない恋愛になってしまうんですね。

無口同士の恋愛はきっかけが生まれにくいという特徴が二人の間に壁を作ってしまうんです。

それと同時に「自分に無いものを恋愛に求める感覚」も手伝って、無口な男性は明るい天真爛漫な女性が好みのタイプです。明るい感じの女性でも外にパワーを発散するタイプは苦手で、会話を通して心地良い雰囲気を作るのが得意な女性を好きになります。

少し難しい表現になっているかと思いますが、要は「かわいらしさ」を意識しておくと無口な男性との恋愛が上手く行くということです。女の子と同じようにはしゃぐことは苦手な心理を持っていますが、いつもニコニコいるような女性とは相性が良いです。

自分が持ってない特徴なので、まぶしく見えるんですね。「可愛いな」と思ってもらえるはずですから、無口な男を好きになったら、相手に合わせてばかりではなく、笑わせるような努力ができると微笑んでくれると思います。

無口な男性はうまく会話できても「テンションが上がった」と思う機会は少ないと思いますが、笑ってくれるなら一緒にいて楽しいと思っています。感情表現が苦手な心理が強いので、彼からの言葉は少ないですが、雰囲気で見ると良いでしょう。

無口な男性との会話、ポイントは?

無口な男性との会話をイメージしたコーヒーの画像。

無口な男性との会話は女性側も困ってしまうことが多いと思います。好きな人が人見知りするタイプだと、彼の心理はなかなか表面に表れてこないので、リードすると言っても慣れていない女性はつらいですよね。

無口な男性との恋愛は時間をかけることで距離を縮める方が結果上手く行きやすいのですが、会話のコツは「質問力」ということになります。上手く彼の話を引き出せると好感を持ってもらえるのですが、質問の仕方にもポイントがあります。

無口な男性に話をしてもらいたいと思う時、多くの人は「質問攻め」になってしまって上手く行きません。話をするのが苦手だから彼は「無口な男」なのですから、適度なレベルで質問を抑えましょう。

あくまでも自分が話すことをベースにして適度に質問を入れていくと、「一緒に話している感覚」を彼にも持ってもらうことができ、プレッシャーを与えずに心地良さを感じてもらえます。

と言うのも、無口な男性は、「自分があまりしゃべらないこと」を良いことだとは思っていないところがあるのです。「もっと面白い話ができたらな」とは思っているけど、それができないから無口なのです。苦手意識が若干こじれている感じですね。「今の自分でいい!」と断言できる男子はすごく少ないです。

なので、質問攻めにする女性は、無口な男性が上手く会話ができないことで苦手意識を持つので、質問の量を適度に押さえながら会話をしていかないと、「めんどくさい」と思われる原因となります。そういった女性とは、会話が終わった時に疲れちゃうんです。場合によっては無口な自分がまた嫌になって落ち込む原因となりますので、無理に話をさせるのはダメです。

無口な男性に話をしてほしいと思う場合は、なるべく自分から多くの自己開示をして、話をする安心感を与えましょう。会話する時に「回数の問題」で慣れてもらうことも大切なので、「時間をかけること」が有効なのです。

質問力はどんな会話でも重要なコミュ力の源泉に当たりますが、無口な男性との会話ではこんなところに気を付けてみて下さい。

無口な男性は「自分を理解してくれる女性」が好き

無口な男性は、正直なところ、恋愛を前提にしたときに「口数が少ないこと」や「会話が続かないこと」をコンプレックスに思っています。せっかく会話をするのですから「楽しくおしゃべりしたい心理」を持っていないというわけではないのです。

でも、無口な男性は性格の問題で「話すのが不得意」だったり「みんなの前ではあまり話せない」といった特徴を持っているので、「自分を理解してくれる女子」は仲良くなるうちに好みのタイプに変わっていきます。人見知りする男性は女友達から彼女になれるタイプの男性ですから、好意を遠まわしに伝えていきながら、相手男性へ理解を示せると恋愛が上手く行きます。

カップルになったとき、「無言を楽しめる状態」になることがあるのですが、あなたは経験したことがありますか?もし、無いなら親友を当てはめて考えてみてください。

仲良くなって、相手に信頼感を持つようになると、「話しが続かないこと」は気になりますが、だからと言って「何かしゃべってないと間が持たない」という状態からは卒業します。そんな状態を無口な男性とも目指してみてください。

雰囲気的なことなので言葉にするのが難しいですが、お互いに一緒にいる状態に慣れていくようにすれば、そんな状態に近づいていけます。

「何も言わないのに分かってくれる」と彼が思えば、恋愛関係も少しずつ進んでいきます。無口な男性は自分に合う女性としか恋愛が進んでいかないと言った恋愛事情を持つ人が多いため、自分のアピールより、目指すべきは「自分を理解してくれる女性」です。通常は会話によって段々とお互いに理解を深めていきますが、なるべく「受け入れてあげる」感じで会話をすると、カレがあなたに安心感を持つようになるでしょう。

直接聞きたい言葉は彼から無い状態でも、一緒にいてくれてあなたを拒否しないなら脈ありです。めんどうな人からは離れたい心理が強いので、なんだかんだとコミュニケーションの時間が持てるようになれば、それは好きサインと見て良いはずです。

無口な男性は沈黙を気にしない女性がタイプ

無口な男性との会話中に、沈黙を気にしない女性。

あまり話さない無口な男性との会話では「沈黙になる」ということが頻繁に起きてしまうと思いますが、そこで気まずい雰囲気になると彼は「一緒にいるのがしんどい」という心理になってしまいます。

無口な男性は沈黙を気にしない女性がタイプなので、会話する時のプレッシャーをなるべく感じさせないようにしましょう。そばにいる時は、黙っている時でも表情を硬くしないように注意すると良いです。

無口な男性は心の中に流れる雰囲気が静かなので、沈黙する時間もそこまで悪い雰囲気だと思っていません。沈黙を気にする女性の雰囲気に居心地の悪さを感じるので、「あなたの雰囲気が好き」という気持ちを表現できると良いですね。

ぼそっとしゃべるタイプの男性や、話しかけないと話さない男性は、無言で一緒にいる時にプレッシャーを感じない女性ほど親密になろうとするので、「そういう人なんだ」と一種の割り切りも必要でしょう。

だからと言ってしゃべる女性と相性が悪いわけじゃないですから、「沈黙の過ごし方」が大事になってきます。無理やりしゃべるより、しゃべりたいことをしゃべるようにすれば気まずい雰囲気にならないので、おすすめですよ。彼とのリズムを意識してみましょう。

男としか話さない男の心理

最後に、無口な男性の中でも「男としか話さない男の心理」について解説します。

男としか話さない男は、基本的に「女性に苦手意識を持っている」と思っておいてください。女性と男性で態度が変わる様子があるなら、踏み込みすぎると一気に嫌われるため、距離感の調整がすごく重要な意味を持ってきます。

女性としゃべらないタイプの男性は女性とのコミュニケーションに過度な苦手意識を持っているので、よくしゃべる女性が苦手です。話しかける時は「短い会話」を意識し、彼が自分からしゃべるようになるまでは「話しかける頻度だけ」に頑張るべきでしょう。

長い会話をしようとすると、無理やり心を開かせるような感じになるので、男性心理としては非常にめんどくさい女に映ります。

ただし、男としか話さない男性は、仲良くなることさえできれば一気に距離が縮まることもあり、特別な存在になれた際は恋愛が進めやすい男性です。仲の良い女友達を作らないタイプなので、意識してもらえる確率が高いんですね。時間をかけながら彼の信頼を勝ち取りましょう。

最初は脈なしサインばかりになるので、焦らないことはポイントになります。

まとめ

今回は「無口な男性の心理と好きな人のタイプ」をまとめました。あまりしゃべらない男性は、どんな女性が好みか分かったでしょうか?

無口な男性を好きになったときは、相手に合わせてテンションを落とすよりも、はしゃぎ過ぎないようにしながらも、感情表現豊かに、会話をリードするように接してみて下さい。

相手のリアクションを気にするとなかなかアプローチが続けにくいですが、あまり話をしない男性の場合は時間をかけてゆっくり恋を進める方が上手く行きます。

今回は色々な心理や特徴もお話しできたと思うので、一つ一つ理解して、あなたらしく恋愛してみてくださいね。

無口な男性との恋愛は、細かな態度や仕草で彼の心理を読む必要があるため、下の記事も参考にしてみてください。

駆け引きに興味がある人はこちらの記事も合わせて読んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました