告白が返事待ちになった時はいつまで待っている?保留期間の考え方と成功確率を上げる方法

告白が返事待ちになった人が見上げている観覧車の画像。好きな人とデートで乗りたい観覧車。

「少し考えさせてほしい…」

せっかく勇気を出して告白したのに、「告白の返事を保留された」という経験を持っている人は少なくありません。

こんな時、考えることは大きく3つあるんじゃないでしょうか。

  • なぜ告白が返事待ちになった?理由を知りたい!
  • 保留期間は?いつまで待てばいい?
  • 返事待ちになった告白の成功確率を上げる方法は何かないの?

この記事では、「告白が返事待ちになった時はいつまで待っている?」という疑問の解決を軸に、返事待ちになった保留期間の考え方と成功確率を上げる方法について解説します。

告白の返事待ちは辛いものですが、「保留期間にできること」があります。ぜひ、最後までじっくり読んでみてください。

きっと、いつまで待つべきかがはっきりして、良い返事をもらうために何をするべきか分かるはずですよ。

【告白が返事待ちになった理由】あなたの告白がなぜ返事待ちになったのか

告白が返事待ちになる時というのは、ある共通点があります。

それは、「OKするにも、断るにも、決め手に欠けた」ということです。

「突然の告白に驚いた」「予想してない急な告白に頭が真っ白になった」などの理由も絡みますし、相手によって個別の理由は様々あります。ですが、告白の返事はその場でしてしまう方が失礼もなく、常識的な人であれば次は自分から返事をするタイミングを作って気持ちを伝えないといけなくなるので、脈ありと脈なしがはっきりしている状況では告白を返事待ちにしないんですね。

確かに「断りにくくて告白を保留してしまった」という人もいないことはないのです。でも、可能性がないなら断る方が楽である以上、心に何か引っかかるものがあったと思う方が自然です。

つまり、保留期間の過ごし方で返事待ちになった告白の成功確率を上げる方法は存在するということで、「いつまで待つか」に間違った答えを持っていると失敗確率が上がるということ。

告白が返事待ちになるとすごく辛い期間を過ごすことになりますが、付き合える可能性が低いわけではないので、きちんと対処していきましょう。

まずは、「返事待ちを待っている期間」について具体化していきます。ずっと待ち続けるのが正解ではありませんから、しっかりポイントを理解してください。

【返事待ちを待っている期間】返事の保留期間はどのくらい待てばいいのか

告白の返事待ちは「待っている期間」に悩むものです。

あくまでも「成功確率を上げる方法」に拘って、保留期間の考え方を解説します。

ベストな期間は1週間

告白が返事待ちになった場合、待っている期間の目安は「1週間」を基準にしてください。長い期間待つことは得策じゃないですが、かと言って短い期間しか時間をあげないのは失敗確率を高めます。

その他にも、3つの理由があって「ベストな期間」を1週間としています。

  • 一定期間待つことで「告白の真剣さ」が伝えられる
  • 区切りのつく最低限の期間が1週間であるため
  • 返事をもらうのではなく、もう一度告白して返事をもらうため

先ほど申し上げた通り、告白の返事待ちは待ち続けることが正解とはなりません。なぜなら、保留期間が長引くと相手が返事のしにくい状況になるからです。

「今更、返事ができない…」
「返事するタイミングがない…」

なんて考えてしまいますよね。

自然消滅するような恋の仕方は到底おすすめできるものではありませんから、後半で解説する成功確率を高める方法を実践しながら、返事をもらうタイミングを間違えないようにしましょう。

3日以内は我慢!告白の返事待ちは「返事を催促する」のが失敗のもと

告白が返事待ちになった際は、最低でも3日は待ってください。あるアンケートでは男性の約4割の人が3日すら待つことができないという結果だったので、次の日や2日目までしか待てない人は十分に気を付けてくださいね。

告白した後、どのくらい待てますか?

  • 1日=15.9%
  • 2日・3日=23.4%

告白の返事待ちは、相手が「催促されている」と感じる期間しか時間を上げない場合はフラれる確率が高まります。

なぜなら、まだ迷っている状態で答えを催促された場合、消極的な判断である「振る」という判断の方がしやすいためですね。加えて、考えさせてほしいと言っているのにすぐに返事を催促されると、「自分勝手で優しくない」との印象も与えてしまい、フラれる可能性が上がります。

告白を受け入れると付き合うことになるわけですから、きちんと「選んでもらう」ことが重要です。まだ決めかねている相手に対して「すぐに催促する」と「じゃーいいや」ってなってしまいますから注意をしてください。

1か月待つのは待ちすぎ!待てば良いというほど単純じゃない恋愛の難しさ

告白が返事待ちになった場合、「待ち続ける選択」は間違いです。

メディアの中には1か月くらいは待ちましょうと言っているサイトもありますが、数百に及ぶ恋愛相談された私の経験上、1か月待って良い返事がもらえる確率は本当に低いです。失敗する対処法になってしまいますから、その前にアクションを起こすべきですね。

忙しい相手だった場合は10日から2週間くらい待つのが正解になり得るのですが、3週間などの長い保留期間になる条件は、長い時間がほしい旨を伝えられている場合のみです。

「考えさせてほしい」と言われた時に他の言葉がなく、考えた後で返事をくれる言い方をされた場合は、最初に言った通り1週間程度の保留期間にするのがベストでしょう。

返事がもらえないからと言って、待ち続ければいつか答えがもらえると思うのは、「相手の気持ち」を考えることができていません。

時間が経てば経つほど返事がしにくくなるのは人の心理なので、相手が奥手な人である可能性もありますし、「話が流れた」なんて思っているかもしれませんから、告白した人として恋愛をリードできるように1週間を過ぎたら自分から動いていくことを考えましょう。

最初から「返事待ちの期間は1週間だ」と決めて計画的に動いてもOKです。とにかく、待ち続けるよりもやるべきことがありますので、タイミングをすれ違ってしまうことがないように十分気を付けてほしいです。

では、返事待ちになった告白の成功確率を上げる方法について具体的に解説していきます。

【返事待ちになった告白の成功確率を上げる方法】あなたがやるべき5つのこと

告白が返事待ちになった時は「これからの行動」で成功確率が大きく違ってきます。告白後はどんな二人にも気まずさが漂うので、しっかり対処することが重要なんですね。

保留期間はどんな態度を取るべきか悩んだり、色々考えてしまうことも多いはずですから、5つのポイントを上げながら成功確率を上げる方法についてまとめていきます。

保留期間は「普通の態度を取る」!意識的に自然な態度を

告白が返事待ちになった際、最も大事なことは気まずい雰囲気を作らないことです。普通の態度を取って、意識的に自分の態度が自然なものになるようにしましょう。

相手は、保留期間であなたと付き合った時のことを考えて、付き合うべきか付き合わないべきかを考えています。しかし、告白後に気まずくなったと感じたら、むしろそれが原因でフラれてしまいます。

告白が返事待ちになる理由を解説した部分では「決め手に欠ける」と言っていますが、「付き合ったらどうなるんだろう?」という部分を良い方向で考えてもらわないと、恋愛に必要な勢いがなくなった「返事待ちの告白」は、まず成功しません。

会った時は笑顔で挨拶し、いつも話しかけるタイミングではいつも通り話しかけましょう。とは言っても、保留期間に仲良くするのは「このまま友達でも…」と思われてしまう原因にもなってしまいますから、接触は持ちながら距離を取るのが丁度いい距離感です。

保留期間に連絡はしない!会った時とのギャップを作る

普段通りの態度を取ることを前提に、「連絡」については基本的に禁止です。会った時と違ってあなたから好きな人に連絡をすれば、それは「催促されている」と感じさせる行動となってしまいますから、成功確率を下げる行為となります。

返事待ちの期間が連絡を控える方向で考え、連絡は返信だけにしましょう。

この点は恋愛テクニックとしても考えている部分です。会った時とのギャップを作るのがもう一つの目的です。あなたの告白を振ると今まで通り仲良く居られないと思わせれば、「まだ好きになったわけじゃないけど…」という状態でも付き合える可能性が出てきます。

この方法は普段から頻繁に連絡を取っていた二人にすごく有効な方法で、好きな人が「さみしさ」を感じれば成功確率をグッとアップさせることができます。前向きに検討してくれている状態であれば、「失いたくない」と思う気持ちが告白をOKすることにつながります

「このまま友達のままでも…」と、保留期間の辛さが諦めの気持ちを刺激してきますが、我慢して良い返事をもらいましょう。

友達からの協力で付き合えない理由を解決!キューピットの存在が告白を成功へ導く

告白が返事待ちになった際は基本的にアプローチをしません。理由は、しつこいと思わせないためですね。

「待ってほしい」と言われたのにアプローチっぽい行動を取ればどうしてもしつこいと思われてイメージダウンにつながるので、距離は一定のところで取ることになります。

しかし、距離を取れば「なぜ告白が返事待ちになったのか」について何の対策も取れないことになってしまうのがネックです。本当はやんわりと相手の個別的な理由にリーチしたいのですが、返事待ちの期間にアプローチをすることができないので、ただ待っているだけなのが辛いところ。

そこでおすすめの方法が「友達の協力を得ること」です。間に入ってもらって、キューピット役を頼んでみましょう。

友達の協力は、あなたの売り込みをしてもらうのが目的ではありません。なぜ迷っているのかを知って、後で解説する「もう一度告白する」というプロセスのために協力を頼みます。

「決め手に欠けるから告白が返事待ちになった」と前半で説明していますが、その他にも相手には迷う理由があったものと思われます。ここに解決の糸口を見つけることができれば、成功確率を引き上げることが可能ですよね。

もちろん、友達は頼まなくてもあなたと好きな人が付き合えるようにアドバイスをしてくれると思いますので、意思疎通の取れない「保留期間」に二人の気持ちがすれ違ってしまうことに対処できます。

保留期間もイメージアップを!アクティブに明るく過ごす

告白が返事待ちになった際は、その短い時間でも自分のイメージアップに頑張りましょう。今までは友達として見ていたところ、今度は恋愛対象としてあなたのことが再評価されている期間なので、少しでも成功確率を上げることができるように努力します。

時々、告白が返事待ちになったことを「フラれた」時と同じ受け取り方をしてしまってすごく暗なってしまう人がいるのですが、そんなネガティブな人と付き合いたいとは思いませんよね?

辛い気持ちは一旦やせ我慢してでも、「彼氏にしたい・彼女にしたい」と思ってもらえるような振る舞いをするべきです。アクティブで明るい生活をしている人の方が「付き合ったら楽しそう」と思ってもらえるのですから、考えてもらっている期間をぜひ有効に活用してください。

告白まで至る恋愛をしている中の「返事待ち」ですから、気まずさを感じてどうしても暗くなってしまう人が圧倒的に多いので、前向きさを大切にしましょう。

返事待ちになった告白の返事は「もう一度告白する」返事のもらい方が最後の一押しになる

返事待ちになった告白の返事をもらう際は、もう一度告白する方法が最もおすすめです。最後の一押しができるので、「返事を聞かせてほしい」と言うよりも、ずっと成功確率を高めることができます。

1週間は待つのが基本となりますが、相手から何のアクションもない場合は自分から返事をもらうようにしてください。告白から時間が経つと相手は返事がしにくくなるので、そのまま返事がもらえないで自然消滅することを防ぐやり方の方が、断然付き合える可能性が高いです。

しかし、あくまでも「催促する」のが不正解となる原則みたいのはそのまま1週間後も継続していますので、返事を催促せずに2度目の告白をして返事をもらう方法を取ります。

この方法を実践すると、あなたから告白相手により「真剣さ」が伝わります。告白を返事待ちにする人は基本的に真面目な恋愛観を持った人なので、軽い告白よりも真剣な告白の方が成功確率が高いんですね。

ずっと待ち続けることができる人は告白前の状態と同じ感覚で接しながら1か月以上待つのも悪くないのですが、付き合うということは友達からのステップアップなので、覚悟のある行動を取る方が最後の一押しに繋がるのは間違いないかと思っています。

友達を続ける選択は、迷った相手の「決め手がない状態」を続けることと同じ意味になってしまうので、ある程度の期間を考えてもらったら、最後はきちんと答えを出してもらう行動を取ることで付き合える可能性にアプローチしましょう。

友達に協力してもらえた人は、相手が引っかかっている部分を取り除けるような告白の仕方をして、最後の一押しをより具体的に行いましょう。

告白の返事待ちを成功に導くのは、保留期間の過ごし方と、2度目の告白にポイントがあります。脈ありの恋愛となっているから返事待ちになって検討してもらえたのですから、自信をもって気持ちを伝えましょう。

まとめ

今回は「告白が返事待ちになった時はいつまで待っている?」という疑問を解決するために、保留期間の考え方と成功確率を上げる方法についてまとめました。

告白が返事待ちになるとすごく辛い期間を過ごすことになりますが、保留期間にできることはちゃんとありますし、どのくらい待ってその後にどんな態度を取るかで「成功するか失敗するか」も違ってきます。

気まずさを感じさせればそれが原因で付き合える可能性はなくなりますので、これまで通りの自然な態度を取りながら、最後は2度目の告白でなくなった勢いをもう一度取り戻しましょう。

あなたの気持ちは好きな人の気持ちを動かします。

告白の返事はその場でする方が何かと楽なものなので、相手の真剣な考え方を受け入れながら、だからこそできることに努力して、幸せを自分から獲得できる行動力を持ちましょう。

「決め手がない恋愛」に決め手を作ることができれば、きっと付き合える可能性が高まるはずです。

なかなかデートの誘いができない人は、下の記事を参考に付き合える恋愛の仕方をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました